仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2015年 02月 14日 ( 1 )

麻酔は怖い
 枕辺朗読のKさんが、年末年始入院した。どうせ介護の人手の手薄をカバーする入院なのだろうと思っていたら・・・心臓の働きが悪くなったのだという。

そうしてなんと15日間も意識不明だったそうだ。よみがえったKさんは、点滴をするにも血管が細すぎるので、心臓の近くの血管につなげるように手術をするので、朗読はもう少し先にということであった。

92才でなんという生命力だろう。
退院しましたと連絡を受けてお顔拝見に行ったときは、点滴中で自分で腕などをさすっていた。 だるいようだ。顔の表情もすぐれない。
さすってあげたいが、外部の者は体には触れてはいけない。

2度目は2人で行って朗読したが、反応は鈍い。これからどうなるのだろうと淋しい気持ちを抱えて帰宅した。

3度目、以前の明るいKさんが戻っていた。(^^)/
ペアの読んだ小樽在住の人のカレイの煮付けのことなどで、小樽の魚の美味しさなどを話した。

後見人の姪御さんもいらして、麻酔の体への負担を話した。その麻酔から抜けきって明るい表情が戻ったのだった。

よかった、よかったと嬉しい反面、私はすぐに眠っているうちに逝かせてあげたかったという気持ちも隠せない。 不遜と言われようがKさんが大好きな私は、そう思う。

毎週でも来てほしいと言われて、3週続けて行くことにしている、大切なお客様だ。


e0001808_1619436.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-02-14 16:02 | ボランテア | Comments(6)