仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
待ちに待った百花繚乱の季..
by fuchan_k at 20:49
北海道の春は一度にやって..
by あきの at 19:42
雪国は花が咲きだすと一緒..
by kiyoko at 17:34
さなえさん こちらの奥..
by oss102 at 14:21
あきのさん カヌーは少..
by oss102 at 14:12
304さん 山奥や雪道..
by oss102 at 14:04
mikihanaさん ..
by oss102 at 14:01
kiyokoさん 幸か..
by oss102 at 13:56
誰しも楽なところが一番で..
by さなえ at 05:49
面白そうな本、カヌーなん..
by あきの at 21:27
寒さ、暑さは別にしても大..
by tmshanagn304 at 20:45
どこに住むかで人の生活は..
by mikihana922 at 20:30
このような男たちの家庭は..
by kiyoko at 17:52
松風さん 一人住まいは..
by oss102 at 10:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:26
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 02月 26日 ( 1 )

こわいもの見たさで・・
e0001808_1953712.jpg 私は医療関係とか介護の実録ものが好きだ。

永六輔の、奥さんの在宅介護の本・城戸まあこの姑の介護などなど、50代くらいから関心を持ち始めて、かなり読んでいる。

この本も、よく介護の実態を伝えている。
介護の大変さもよく分かるが、著者は、ケアマネジャーや自宅訪問看護師の実力にも目を開かれている。

プロは凄い!と。

真摯に介護する兄・姉、その息子と・作者。父親は認知症で90才で亡くなるまで、ほぼ在宅で看てる。 穏やかな父は大声をあげることもなく、ニコニコと介護を受けるが、大・小の始末・その匂い、大洗濯、大変さが伝わる。

しっかりした、愛情ある5人が一生懸命の介護生活なのだ。それでもものすごく大変。
大抵は一人で介護だろ。

あぁ、どうしたって長生きすれば、こうなる確率は高いのだ。

ネネに辛い思いをさせたくない。 スイスの安楽死旅行を前倒しにしなくては・・なんて思うが、どういう手続きを踏むといいのかな。

グズグスしてると間に合わなくなるよ。

こんな悲観した気持ちになる本だけど、とても参考になることが多い。
みなさんにお薦め・・^^

[PR]

by oss102 | 2017-02-26 16:00 | 日々のこと | Comments(16)