仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
待ちに待った百花繚乱の季..
by fuchan_k at 20:49
北海道の春は一度にやって..
by あきの at 19:42
雪国は花が咲きだすと一緒..
by kiyoko at 17:34
さなえさん こちらの奥..
by oss102 at 14:21
あきのさん カヌーは少..
by oss102 at 14:12
304さん 山奥や雪道..
by oss102 at 14:04
mikihanaさん ..
by oss102 at 14:01
kiyokoさん 幸か..
by oss102 at 13:56
誰しも楽なところが一番で..
by さなえ at 05:49
面白そうな本、カヌーなん..
by あきの at 21:27
寒さ、暑さは別にしても大..
by tmshanagn304 at 20:45
どこに住むかで人の生活は..
by mikihana922 at 20:30
このような男たちの家庭は..
by kiyoko at 17:52
松風さん 一人住まいは..
by oss102 at 10:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:26
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 03月 06日 ( 1 )

ケガのリハビリということで
e0001808_13321293.jpg 温泉に行きました。・・いや温泉がやってきました。^^

ポイントがたまったので、リハを兼ねて入浴剤を・・と送ってくれました。

もう、リハなんて忘れていました。でも朝、起き上がるときなど、肩の骨がズズっと嫌な音を立てるときもしばしばなんです。 このくらいの後遺症は仕方がないや・・

そうか、やっぱり私はまだ病み上がりの状態なんだ。と思い返します。

いつもは398円くらいの入浴剤でカラスの行水ですが、この道後温泉は美人の湯・・肌がつるっつるになるんですよ。ちょっとの間だけですが・・ せっかくだから、いつもより長めに浸かっています。 送り主さん、ありがとうネ。

語りの会で、江戸時代のお風呂の話がでました。本に挿絵が入ってます。
木のお風呂で手桶も木で、焚き口に子供がはりついて、お湯加減を聞いています。

私は、もちろん木のお風呂で育ちましたが、樺太から引き上げてきたときは、五右衛門風呂の経験もあるんです。これが一番燃料が少なくすむんですって。

背もたれで、足を長く伸ばして・・なんてダメ。真ん中に神妙にしゃがんで温まったものです。

あ、樺太時代は銭湯にも通いました。洗った髪も、手ぬぐいもピンと凍りつきましたよ。


e0001808_1405180.png

[PR]

by oss102 | 2017-03-06 16:00 | 日々のこと | Comments(16)