仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
あきのさん トマトスー..
by oss102 at 10:38
souuさん もう3度..
by oss102 at 10:37
さなえさん 同行者がい..
by oss102 at 10:32
mikihanaさん ..
by oss102 at 10:29
ごちそうさまでした。すっ..
by あきの at 17:35
こちらでも急に温度が替わ..
by souu-4 at 16:43
感服です。スゴイです。8..
by さなえ at 15:36
絶景ですね~~。 それ..
by mikihana922 at 11:56
松風さん 昨夜から左足..
by oss102 at 09:47
304さん 若いころス..
by oss102 at 09:43
お元気ですねぇ とは言..
by 松風Ⅱ at 03:37
場所は地図で確認しました..
by tmshanagn304 at 22:51
あきのさん 日本海の積..
by oss102 at 20:43
kiyokoさん 今日..
by oss102 at 20:41
読んだだけこちらまで疲れ..
by あきの at 19:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 03月 23日 ( 1 )

家族という病 2冊
e0001808_1524881.jpg 下重暁子の2冊を読んだ。政府は国力をつけるために、結婚させて子供をもっと産んでほしい。
というが・・著者は、家庭、家族の美談を夢として、「家族はそんなに美しいものではない。」と家族間の軋轢をあれこれと書く。

彼女自身、名家に生まれて、父親の兄への暴力・いさかい・母の溺愛とガンガン書く。

戦後肺病になって、人と会わない生活を続けて、一人部屋に閉じこもる性格になった。それがず~っと続く。

つれあい・・結婚しているが、婦人雑誌の座談会で、つれあいと表現したら、校正には主人と直されていた。またつれあい、と直して不審な顔をされた。

子どもは生まなかったが、生まれていたら名前で呼び合ったのだろうか。

年をとることは個性的になること。個性的な最期を迎えるためにはどうしたらよいか。
それには最後は一人と覚悟をきめておかなければ・・・家族はあてにできない。
義務として求めてはいけない。

家族だからという呪縛は、自分が自分をしばっていることだ。

やっぱり自分の仕事を持って、経済的に自立せよ・・ということですね。
曽野綾子しかり・・家族に甘えないでしっかり社会で仕事せよ・・ということか。

家族崩壊が多くなって、美談としてのなかよし家族に焦点をあてて、昔からそんな仲良しこよしの家族はなかったのだ・・と切りこんでベストセラーになりました。

[PR]

by oss102 | 2017-03-23 16:00 | | Comments(8)