仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 04月 01日 ( 2 )

気持ちを伝えるということ
 昨日の新聞の気流に、こんな投書が載った。
見守りかわいいお礼 登校する児童を見守っている。「おはようと」と声をかけても恥ずかしがって、返事をしない子もいるが、慣れてくると「おはようございます。」といってくれるようになる。

ある朝、「この時間に登校するのは、今日で終わりです」と、6年生の男の子が、母親と一緒にお礼を言いにきてくれた。チューリップやガーベラの花束とともに。温かい家庭なのだろうと想像できた。プロ野球選手になるのが夢とのこと、心から声援をおくりたい。うれしいうれしい一日になりました。  

76才の女性からです。

この女性の嬉しさとともに、この子の家庭の居心地のよさが伝わってきます。
母親と一緒に花束をねぇ。 6年生男子が。

思ってはいても、中々こういうふうに表現する行動は起こせないものです。

そして亡き兄のことも思い出しました。
兄が晩年、白内障の手術を受けて、鮮明にTVが見えたり、新聞を読めたりしたとき、そのときの担当の女医さんに、感謝状を贈ったこと。
兄は教員でしたので、よく感謝状や表賞状を書いていましたのでお手の物です。

国立病院に赴任してきた若い女医さんは、ここで初めての執刀だったのです。
女医さんは涙ぐんで喜んでいたと。(何年前かに、このことは書いたのですが、記事が探せません。)
伝えるということは大事なことだなと、改めて思いました。とくに褒めたり嬉しかったことはね。

不快だったり文句があるときは、すぐに言いたくなったりする人間ですから。

e0001808_9155670.png

註 
昨日は非公開のまま、忘れていました。訪問いただいた方、ゴメンナサイ。<(_ _)>

[PR]

by oss102 | 2017-04-01 16:00 | 日々のこと | Comments(12)
最後のスノーシュー
 
昨日は今シーズン最後のスノーシューでした。まだまだ公園には雪があるのですが、どこでスッポリ埋まってしまうか分からない。
以前は5月まで雪を拾って歩いたものですが・・ザンネンな気持ちも。

e0001808_11262865.jpg今年は積雪が少なくて、除雪費用が浮いたのか、火曜日に行ったらこんな道が出来てた。

この雪壁を登らなければ樹林帯へ行けない。行っても今度は下りられない。肩くらいか、背以上のところも。
公園の中の歩道にも除雪は入っていますが、繋がっていないところもあって、しばらくは街中をあるくことになります。 ザンネン!!

まだまだたくさんのスノーシューの山登りや遠出の企画がたくさんあり、私もお誘いを受けますが、みんな断ることにしています。 

公園の中なら、具合が悪くなれば、断って一人で帰ることが出来ます。でも山登りとなると、みんなに迷惑をかけることになります。 やっぱり自粛しなくちゃ・・・

火曜の雪にはまいりました。一足踏むとズボと埋まり、次の足をのばそうとすると、さらにズボ・・つまり2段回に埋まるのです。それが全部ですから、翌日にまでドップリ疲れが残りました。

でもグランドの雪壁を、リーダーの用意したプラのソリで尻滑りを楽しみました。
結構スピードが出て迫力あるんですよ。(^◇^)

最近はお掃除のとき、ベランダの戸をあけて風を入れます。網戸越しに外の匂いを堪能するショウマです。まだベランダには出していません。

e0001808_11434698.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-04-01 08:33 | 運動 | Comments(6)