仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
松風さん 10年目にな..
by oss102 at 09:29
kiyokoさん 漱石..
by oss102 at 09:25
souuさん ありがと..
by oss102 at 09:22
あきのさん 新聞で出会..
by oss102 at 09:18
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:15
おめでとうございます。 ..
by fu-and-boro at 08:51
学年は一緒でも ブログ..
by 松風Ⅱ at 23:26
おめでとうございます。1..
by kiyoko at 19:49
おめでとうございます。 ..
by souu-4 at 17:49
もうそんなになるのですか..
by あきの at 17:32
おめでとうございます ..
by hanairomimi201 at 16:37
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:19
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 05月 07日 ( 1 )

わぁ! 野田知佑だ! 2
 2冊目はカヌー犬第1号ガクに焦点を絞った本。
子犬が産まれたから1匹飼えや・・と飼った雑種の仔。 彼は犬のことには全くのゼロ知識だった。

カヌーに子犬を乗せると、ガクはカヌーから水面を歩こうとしてポチャリ。2度そんなことをして水というものを学ぶ。
カヌー仲間のカメラマンや、椎名誠親子なとと、いつも焚火や、魚釣り・キャンプ・筏になじんで育つ。 激流のカヌーはものすごい動きをする。その中で踏ん張り、野外を駆け回って筋肉もりもり。

近くの大型の犬の喧嘩をかって、20キロのガクは、首筋に噛みつくや一瞬でひっくり返す。相手は降参。

雨ばかり降ってドロの中で、釣りもできずたき火もできずに飢えたことがある。ガクはどこからかサケの頭をくわえてきて、半分ずつ食べる。

難所がつづく激流を二人は互いが何を考えているかが分かる濃密な時間を持つ。
それが終わってカメラマンたちの待ち合わせ場所に移ると、仲良しだったカメラマンにも敵意を見せる。野田が、カメラマンに心を向けるのが嫌なのだ。

こういうシーンは別の犬物語にも出てくる。このなんでも忘れてしまう私が、今も覚えている「吠えろアンデス」のシーン。 スパイで命をねらわれての逃避行。戦闘の弾がとびかう中を逃げる二人、そんなシーンを幾たびも乗り越えて、平和が来る。 主人は夜のバーなどへたびたび飲みに出かける。 主の心を失ったアンデスは外へ出かけて帰ってこない。

ガクはそんな心境だったのだ。 カヌーの上での二人の息遣いが聞こえてくるような気がする。

e0001808_14465414.png

[PR]

by oss102 | 2017-05-07 16:08 | | Comments(8)