仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
昔は楽しみがあまりなかっ..
by あきの at 23:55
松風さん あら、もう根..
by oss102 at 10:23
fuchanさん この..
by oss102 at 10:20
あきのさん 新緑も短い..
by oss102 at 10:18
kiyokoさん そち..
by oss102 at 10:14
今朝のラジオで 根室の..
by 松風Ⅱ at 07:58
待ちに待った百花繚乱の季..
by fuchan_k at 20:49
北海道の春は一度にやって..
by あきの at 19:42
雪国は花が咲きだすと一緒..
by kiyoko at 17:34
さなえさん こちらの奥..
by oss102 at 14:21
あきのさん カヌーは少..
by oss102 at 14:12
304さん 山奥や雪道..
by oss102 at 14:04
mikihanaさん ..
by oss102 at 14:01
kiyokoさん 幸か..
by oss102 at 13:56
誰しも楽なところが一番で..
by さなえ at 05:49
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 05月 12日 ( 1 )

また野田知祐
e0001808_9233333.jpg 今度は1993年・20年前出版の本です。
この人が文章で食べていけるのがわかる、面白い本です。

カヌー初心者のカメラマンと別々のカヌーに乗って釧路川を下ります。撮影のためある程度の距離がいるためです。
若いカメラマンは「女のことを一日に1度も考えずに暮らしたのは、何十年ぶりだ。」という。毎日が「大極地大冒険太平洋ひとりぼっち翼よあれがパリの灯だ」的な日々で女どころではないのですと。
川旅は男の世界。孤独で・危険でシンドクて、いつも野の風と光の中で生き、絶えず少年のように胸をときめかせ、海賊のように自由で・・・ここには男の望むものがすべてある。


北海道の余市のアリスファームのオーナー、藤門とは椎名誠同様カヌー仲間なんですね。
藤門は世界中をヒッピーして歩き、彼や奥さんの本も何冊か読んだことがあります。

集まるんですね、こういう少年から脱皮できない男たち。 
座してそういう本を読むのが好きな私。^^

ひなびた露天風呂では車から裸のじいちゃんや子供が下りてくる。バアチャンの背中を流しながら、開拓時代の労働生活1代記を聞くのも楽しみ。

そしてやっぱり下流にくると、河岸にはブルドーザー・・川床はごろごろ尖った石が投げこまれ、魚は傷つき、曲がりくねった栄養豊富な河岸を失い、ただのまっすぐなコンクリートが続く。

今は、カナダが唯一政府の保護のもとに自然のままの河が守られている。

山の木は水なのだ。木がなければ川はなくなる。そういうことなんですね。

[PR]

by oss102 | 2017-05-12 16:00 | | Comments(9)