仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
なるほど。上がっているの..
by あきの at 17:21
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:51
304さん まぁ、光栄..
by oss102 at 14:48
sakuraさん 貴女..
by oss102 at 14:45
あきのさん 私は自分に..
by oss102 at 14:44
継続することは力を得られ..
by hanairomimi201 at 09:32
私もブログを始めてoss..
by tmshanagn304 at 21:19
kiyokoさん 雪国..
by oss102 at 20:17
あきのさん 築85年の..
by oss102 at 20:16
13年おめでとうございま..
by orientexp at 19:10
こうやって改めて知ると、..
by あきの at 17:14
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
松風さん 10年目にな..
by oss102 at 09:29
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 06月 05日 ( 1 )

書家 金澤翔子
e0001808_1431742.jpg  この母娘の本を借りてきた。
TVでは何度か見ていたが、なんという魅力的な字を書く人だろう・・と改めて感動した。

書家の母親は、5才から筆を持たせる。泣きながら筆を持つ翔子。去年この本は出された。

国連本部で「世界ダウン症の日」に、日本代表としてスピーチをした。30才。そして一人暮らしを始めた。

ページごとに、書と母親の文章が載る。
e0001808_14133070.jpg

 生まれた時は、涙の日々で、ミルクを薄くして死んでもらおうかと悩んだ日もあった・・とある。
悩まない母親はいるだろうか。

社会の仕組みが分からない翔子は、世俗への欲望が全くない。欲望のない「無心」の心には、「喜んでもらいたい」という愛だけが満ちている・・・とある。

愛と教育で人はこうなるのか。一文字一文字に魅せられた本でした。

[PR]

by oss102 | 2017-06-05 16:01 | | Comments(8)