仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
8000はちょいとキツか..
by tmshanagn304 at 22:14
毎日の散歩でも日によって..
by あきの at 20:16
カッコいいカートですね・..
by hanairomimi201 at 17:01
fu-and-boroさ..
by oss102 at 11:56
sakuraさん 奮発..
by oss102 at 11:52
松風さん なくなったら..
by oss102 at 11:49
あきのさん 新しいしま..
by oss102 at 11:47
kiyokoさん 洋服..
by oss102 at 11:44
さなえさん 置く場所を..
by oss102 at 11:41
hanairomimiさ..
by oss102 at 11:38
私もあります、しょっ中で..
by fu-and-boro at 10:21
安いマグロは食べないので..
by orientexp at 05:42
引出しの掃除をしながら ..
by 松風Ⅱ at 23:17
まったく他人事とは思えな..
by あきの at 20:08
しまい忘れは私もあります..
by kiyoko at 19:19
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 06月 26日 ( 1 )

極限レースを走った犬 アーサー
e0001808_1494594.jpg この本が出たとお知らせがあって、早速図書館に注文しました。

先日入荷のお知らせがあって、一気に読みましたよ。

以前このブログに紹介した時は、ネットの写真を見て、もっとチビ犬と思いましたが、結構大きい犬でした。

泥沼・崖・水中と自転車や色々を背負って、過酷なレースをするキチガイみたいな^^男たちがいます。チームを組んで、熊やオオカミの出るコースの危険なレース・・これも達成感なんでしょうね。

アーサーと名付けた犬は、レトルトの肉団子をもらって、この人!!と決めたみたいで一緒に走り続けたのです。健康だって辛いレースなのに、なんとアーサーは推定8才くらいで、背中に大怪我をしていて、その上、後で獣医にみせたところによると、前歯がほとんどない・・なにかものすごく固い物・・クサリとか鉄の柵か鍵か・・そんなものを噛んで失なったのだろうと言うことです。

エクアドルの犬は、ほとんどノラで、過酷な運命にあるようです。昔の日本もそうでした。

一緒に帰国はハードルが高くて、ボートに乗せないで別れようとしたのですが、泳いだこともないヘタクソな泳ぎで、飛び込んで追ってきた。 ついにボートに引き上げてしまうチーム。

長くなりますので、明日に・・・

[PR]

by oss102 | 2017-06-26 14:25 | | Comments(10)