仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
骨折一周年記念のお散歩、..
by tmshanagn304 at 21:48
さなえさん 湿り雪です..
by oss102 at 17:44
sakuraさん 脳の..
by oss102 at 17:37
304さん 基礎科学と..
by oss102 at 17:30
kiyokoさん 趣味..
by oss102 at 17:27
あきのさん 本当に世に..
by oss102 at 17:25
寒そうですねえ。窓からそ..
by さなえ at 11:01
おお~!銀世界、見ている..
by orientexp at 05:03
音楽、美術、苦労の割には..
by tmshanagn304 at 21:49
何の世界も勉強して世に出..
by kiyoko at 17:35
演歌の人たちも年間600..
by あきの at 16:53
souuさん souu..
by oss102 at 16:16
あきのさん 初めは、声..
by oss102 at 16:13
kiyokoさん 次の..
by oss102 at 16:11
年月の経過と共に 講師も..
by souu-4 at 16:04
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 06月 29日 ( 1 )

ふるさとは
 今日は杜のひろばで、室生犀星のふるさとは遠きにありて思うもの・・の詩をよんだ。

そして悲しくうたふもの よしや異土の乞食(かたい)となるとても 帰るところにあるまじや ひとり都のゆふぐれに ふるさとおもひ涙ぐむ そのこころもて 遠きみやこにかへらばや 遠きみやこにかへらばや

こういう古い詩はたいてい男性が持ってくる。^^語りにくる男性はロマンチストなのだ。

私は、はっきりした故郷という地を持たないが、懐かしく思い出すのは、やはり幼いころに住んだ札幌の家だ。2才から7才くらいまでしかいなかったが、友達との遊び、叱られたこと、いろいろ思い出す。

ベランダガーデンになって、以前の家の周囲よりもさらに制限されたところに鉢を並べるにあたって、サテ、どんな花を・・と考えた。 緑が欲しかった。観葉植物でない自然のミドリ・・ふつうの芝草ではあんまりだ。 でもエノコロ草なんかいいな・・フウロがじゃれたっけ・・

それでもやっぱり花もほしい。トキシラズがいい。札幌の山鼻の家の庭に牡丹をめぐるようにたくさん咲いていたっけ。 タイツリソウもよくオママゴトに使った。

トキシラズは、園芸店には売っていない。路地を入ればそこら中に咲いている。しかし路地はいかにもせまい。住宅の真ん前に散らばるように咲いている。 どうも根ごとは掘り起こせない。
チャイムを鳴らして、断ってからもらいたいが、もし、足の悪い老人が、昼寝の邪魔をされてヨタヨタと出てきては申し訳ない。

ウオークの仲間が持ってきてくれた。可愛い!! とりあえず鉢に入れたが、私は大きめの平鉢に宵待ち草とエノコロ草とネコマンマ(イヌタデ)・・そんなのをトキシラズと一緒に植えたいと思っている。 いつそろうかなぁ。 私のふるさと。


e0001808_17304331.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-06-29 17:33 | いとしの花たち | Comments(6)