仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 08月 28日 ( 1 )

ムリヤリ笑顔で

 先日書いた、羽田空港の掃除人のイメージを描きながらベランダのサッシの溝を掃除した。
今日は、なんの予定もない日。気になっていたサッシの溝の汚れには、ヤルゾ!!という強い決断がいる。 そうだ、微笑みだ!!

ムリして引っつった笑顔をつくりながら、竹グシ・カットしておいた古布きれ、古歯ブラシを取りそろえ、しゃがむとお尻にぶつかるホオズキ鉢たちをよけ、「もう1年半が経ってしまった。その間1度もサッシの掃除をしてないのだ。」と思った。 サッシの桟は網戸のも入れて10本ある。ベランダと私の部屋。
セッセとグッズを使い、忘れそうになる笑顔を作りつくり・・・結構な黒い汚れを竹串でほじくり・・掃除機で吸い揚げ、古布で拭きとる。

私の部屋側のベランダには、捨てかねて持ってきたカメが置いてある。その中には園芸グッズが・・邪魔になるので除けたとたん、ひっからびた雀の死骸が出てきた。ひゃっ!!

「どうしたの?雀さん、カラスにやられたの? でももう生きるための苦しみもなくなったのね。生きる喜びもだけど・・」などと笑顔をわすれて問いかけた。

びっくりするほど軽いひからびた元雀を、さわらぬように新聞紙に包み、ビニール袋につつんだ。
ここにはコトリ1羽、埋める土もない。許せ。 燃えるゴミの袋に入れた。こんな羽だけのようになったスズメは、鳥インフルも持っていまい。

網戸の裏表も拭きとり・・今度この溝を掃除するときは、今よりどこがが悪くなっているんだろうな・・再び掃除する日がくるのだろうか。 そのときは85才。

2年おきなどと言わず、もっと早くやれ!!と心でののしっているのはダレ??


e0001808_1338334.png

[PR]

by oss102 | 2017-08-28 16:00 | 日々のこと | Comments(12)