仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 09月 02日 ( 1 )

花で生きる
  先日NHKの仕事の流儀を見た。花のついたタイトルに惹かれた。
昔から華道というものがあり、奥深い道であろうことはわかっていた。が、この番組でもヘェ~ホォ~の世界だった。

考えてみれば・・考えなくても・・のことだが^^花は生き物だ。それを商うのだから影の作業は大変なわけだ。 温度管理・毎日の水切り。
しかも花束のデザイン。アーティストでなければならない。

鮮魚屋さんや野菜果物屋さんだって大変だけど、そこに芸術の部門も加わるわけなんですよね。

金スマやプレバトで度々見る仮屋崎だって、こういう世界で生き抜いているわけだ。

パリコレなどからも注文がくる。

最後のところで、蜷川幸雄の1周忌の花の舞台裏を見せる。気温があがらずシャクヤクのつぼみが固い。 室温を上げて、おびただしいシャクヤクの蕾を手でなで続ける。花の蜜で固まって開花しづらいのだそうだ。 毎日毎朝つぼみをなでなで蜜を落として・・・当日見事に開花させて式場を飾った。 

仕事の流儀は久しぶりに見ましたが、やはり見せますね。まぁ、それがプロですが。

TVからちょいと拝借

e0001808_10135690.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-09-02 16:00 | いとしの花たち | Comments(10)