仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 09月 04日 ( 1 )

ある日のマージャンで
 土曜日が午後からマージャンの日。だいたい囲むメンバーは決まっているが、都合で来れない時は、フリーで来た人を探し頼む。

先週は、いつもの気心が知れたメンバーが揃ったのに、リーダー格の男性を別な卓へ・・と世話人が云う。そのKさんは、「絶対イヤダ!!」と強硬に断っている。
世話人は次に私に「行け・・」という。

いつも献身的に世話をしてくれる人なので、シブシブその卓のメンバーになった。
どうして、4人揃っている卓から、別の卓へ行けというのかな・・・

その卓では、もう一人足りないメンバーを別の世話人を入れて始まった。初めての人たちとやるのは緊張する。途中から知り合いの女性が遅く来て、世話人が変わり、ホットした。

このところ私は憑いていて結構調子よい卓になった。男性が、「前に一緒にやったことあるかな?」というので「こんないい男とやったのなら覚えている筈だけど・・」と返した。
もちろんパイを動かしながら・・・最後にルールなど少し教わって無事終わった。

1昨日のこと。早く行った人たちがたむろする部屋へいくと、目礼するくらいで話したこともない女性たちが、「先週はどうだった?」と声をかけてきた。みんなも私に注目している。
「エッ・・どうして?」 
みんなは、絶対に組みたくない人だ・・という。あぁしてこうしてと指図するのがイヤだ・・と。
特別上手い人たちの卓らしかった。 世話人はみんなに断られて私に来たらしい。

だって、メンバーが都合で来なかったら、相手がいないよりは、下手でもいたほうがいいのがマージャン。お礼を云ってほしいよ。引け目なんて感じない。

ここでマージャンを始めてからもう6年近く経っている。
その間、誘ってくれたOSSの男性2人が、あの世の人だ。


e0001808_1822039.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-09-04 16:00 | あそび・旅行 | Comments(6)