仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 10月 02日 ( 1 )

アオバトで・・泣き言
 12月の発表会に向けて、先生の顔がだんだん厳しくなる。要求が高まる。
ずいぶん上手になってきたのよ・・でも、もう少し立ったり座ったりの動作をなめらかに・・表情をにこやかに・・ワタシのワは、ワァと・・と細かく指示を出しだした。

自分たちは、これでいいと思うのなら、それでもいいけど、もっと表現しようとしてみませんか・・
言葉は、あくまで優しいのだが。

「ハァ、そういえば、蜷川幸雄はすごかったなぁ・・」先生も、若いころはそうして演出を学んできたんだ。

私は耳が悪いので、そういう動きの指示がよく聞こえない。傍の人に聞きなおしてメモするので、1拍も2拍もおくれて、メモも乱雑になり自分でも読めなくなる。もう少し大きい声でお願いします・・とは云うのだが、みんなは聞こえるのだし、先生も忘れて普通のトーンになる。

劣等生で気分は落ち込み、帰宅するとドット疲れて、もう練習もしたくない。

学ぶ楽しさはあるのだが、緊張に耐えられない。 オ・チ・コ・ボ・レ。
こんな筈ではなかったなぁ・・とシオシオ気分なのだが、ここまで来て乗りかかってきた船は下りられない。 こんな年だからと甘ったれてはいられないのだ・・と気分を奮い立たせている昨今である。


e0001808_1463885.png

[PR]

by oss102 | 2017-10-02 16:00 | 朗読 | Comments(6)