仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
松風さん なんといって..
by oss102 at 21:21
わたしも若い頃は遠慮もあ..
by fu-and-boro at 13:05
「自由に外出も出来ない」..
by tmshanagn304 at 21:13
一人になってよかったと思..
by 松風Ⅱ at 16:38
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 11月 02日 ( 1 )

こはる日より 
  今日も暖かい素晴らしい日になった。木曜ウオークに行って、すがれた草たちの姿を堪能する。
俳句ではこういう風景をどう表現するのだろう。

そして、枯草の中に、3番手・4番手のタンポポの鮮やかな黄色。 もう首を伸ばさないで地面に貼りつくように咲いている。
紫ツメクサも仲間。また我が学芸員の解説を聞く。 ムラサキツメクサを何故ツメクサと言うか・・昔外国から貴重な陶器などが送られてきた。それのクッションとして詰められてきたのでツメクサ・・と。 外来種なのだった。
私たちは馬の資料として、クローバーと大雑把によんでいましたが、

シロツメグサの方は、少し背が低いのでよく踏まれる。そのストレスで4つ葉や5つ葉のクロバーが出来るのだと。

公園も住宅の小さな庭にも、ドウダンツツジが今を盛りと真っ赤に燃えています。

わが家のベランダのチェリーセージも、夏の3倍の大きさの花をつけて元気です。
先日の園芸教室では、青森あたりでも、雪をかぶっても元気に越冬出来る・・と云ってました。
刈り取って、根だけ残して暗いところで室内越冬を考えています。

クルマ葉草と園芸教室で植え込んだスイートアリッサムが元気なので、ミニシクラメンも仲間に入れてやりました。

e0001808_14555377.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-11-02 15:04 | Comments(6)