仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
話の内容をそこまで詰めて..
by あきの at 18:07
いろいろ工夫をして続けら..
by kiyoko at 17:54
fu-an-boroさん..
by oss102 at 16:01
304さん おくさんは..
by oss102 at 15:57
fuchanさん 七之..
by oss102 at 15:53
さなえさん 勘九郎の両..
by oss102 at 15:49
あきのさん 伝統の世界..
by oss102 at 15:47
知らない世界がたくさんあ..
by fu-and-boro at 07:38
奥様は皆大変でしょう。
by tmshanagn304 at 21:30
大好きな役者さんでした。..
by fuchan_k at 21:25
>こういう世界の主婦は、..
by さなえ at 17:19
また、凄い世界の紹介で、..
by あきの at 16:12
まりさん ネコも死期を..
by oss102 at 14:00
5年、10年、年月を考え..
by まり at 13:44
kiyokoさん まぁ..
by oss102 at 10:57
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2017年 12月 02日 ( 1 )

伯父さんのこと
 父方の年の離れた伯父さんがいた。ず~っと昔々の思い出。
この伯父さんは、道南の海辺の近くに、お菓子や乾物をおいた店屋をしていた。

札幌の私たちの家に来ると、5人キョウダイ全員にそれぞれに5円のお小遣いをくれた。
1銭店屋というものがあった時代。ゴム風船・飴玉・コウセン・ノシイカ・・1銭でなんでも買えた。 それが5円だ。

伯父さんには子供がいなかった。いつもやさしい笑顔で遊んでくれた。その5円は、「ちょっと貸してね・・」と母に借りられたこともある。 生活苦しかったんだ。

樺太から引き揚げてきたときは、同じ町に住んだが、もう伯父さんは入院していて、亡くなるまで私は会ったことはない。

引き揚げてきたときは私11才・父は51才。だから伯父さんは61才くらいだったのか・・

「背中がかゆいかゆい・・」と苦しんでいたそうだ。 今考えると痩せていた伯父さんは、老人性脂漏症でもあったのか。
それは死に至る病ではなくても、なにかと併発していたのかもしれない。

 私はお風呂に入ると背中に入浴洗剤を1週間に2回ほどしか使わない。伯父さんを思い出すのだ。
今、調べて見ると、女性には少ないそうだ。脂多いからねぇ・・

みんな死んでしまった。伯父さんも父も母も姉も兄も・・
でもお風呂に入って背中を洗うとき、この伯父さんのことを思い出すんだな~ 大金のお小遣いとともに。


e0001808_157967.png

[PR]

by oss102 | 2017-12-02 16:00 | | Comments(2)