仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
刑務所も「人道』に反した..
by tmshanagn304 at 22:31
刑務所って、そんなに快適..
by fuchan_k at 20:34
病気をしても面倒を見てく..
by あきの at 20:09
ナイターが始まるまで特番..
by hanairomimi201 at 14:38
sakuraさん バブ..
by oss102 at 13:49
さなえさん 猫を飼って..
by oss102 at 13:45
304さん 北国のブロ..
by oss102 at 13:41
mikihanaさん ..
by oss102 at 13:39
あきのさん 女中さんを..
by oss102 at 13:35
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:31
良い話ですね〜。ホント、..
by orientexp at 13:17
怖いですね。びっくりした..
by さなえ at 07:00
よく無事で終わりました。..
by tmshanagn304 at 21:02
懐かしくて楽しくて、そし..
by mikihana922 at 20:56
どこの家でもかなり頑張っ..
by あきの at 20:03
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:運動( 135 )

賞状と取材のストックウオーク
 しばらく暖気が続いていたけど、今朝のウオークの集合場所は寒かった。
e0001808_1434423.jpg東京での表彰式に行って、表彰状をもらってきた会長が、役員と3人で、先週の木曜日、市長表敬訪問をした。

その際の記事を新聞に載せるにあたって、北海道新聞の記者が写真を撮りに来た。
万難を排して集まってほしい・・という連絡が入った。天気が悪くてチラホラでは格好がつかん・・ということだ。

無事30人ほどが集まって、ととのったところで軽装の記者が来た。ヒェ~!さむそう!!
ところが、シャッターを切る一瞬の間だけ青空になった。2回シャッターを押して記者は帰って行った。

e0001808_1437761.jpgスノーシュー組は10人。白樺林に入ったとき、リーダーが、白樺は自分で枝を落とすのですと・・黒い筋が見えるでしょ。その痕ですって。 
一斉に伸びると枝に日光があたらない。枝に栄養が取られて本体がダメになる。太陽が当たる先端の枝のために、下の枝は犠牲になるのだ。
e0001808_14411553.jpg







これも白樺です。ここは1本だけの白樺で、よく日が当たるので、枝が下の方から繁っています。

すごい仕組みですねぇ。こんな話を聞けるのもスノーシューならではです。

[PR]

by oss102 | 2017-02-21 14:52 | 運動 | Comments(10)
リハ終了!!
 風の強い真冬日の中、20名の参加があったウオーク仲間。
白樺の枝からブラリとさがったブドウのつる。このどこを見ても枯れているみたいなつるは、この時期に盛んに生命の営みを続けているのだと・・リーダーの話。
そして夏になると大きな幹に向かってつるを伸ばして依存しながら、実をつける。

どの枝にだって小さな芽はしっかりついていて、少しでも暖かくなればふくらむぞ!!と待機しているのがわかる。

終わってまっすぐ整形へ・・最後のリハと診察の予約が入っている。最後と決めたのは私。医者は3月にもう1度レントゲン撮って確認したかったらしい・・が、私がもうこれで十分です。と頭を下げた。
先月のと今日のとレントゲン写真を並べて見せてくれた。先月はまだ骨がついていない黒い部分があり、今日のには、そこにモヤモヤと白い骨がついてきているのが分かる。
不思議だねぇ・・骨が集まってくるんだ。

リハの先生には、バレンタインのチョコでお腹をこわさないように・・と言って・・もう来たくないところだけど、また来ることになったらその時はヨロシクと挨拶した。

とんだイベントだったなぁ。

ぶどうのつるも、老人の体も見えないところで生命の営みをしている。
生きるってそういうことなんだ。


e0001808_15462471.png

[PR]

by oss102 | 2017-02-07 15:46 | 運動 | Comments(20)
1月もゆく
 今日で12分の1ヶ月が終わる。どんどん減って行く。
どんどん溜まるのは老いの日々だけ。

e0001808_13543978.jpg 

今日のスノーシューの空は・・・

こんなだったり・・・




e0001808_1356171.jpg


あんなだったり・・・





e0001808_13582699.jpg

リーダーが小樽の兼六園と言った休憩場所は、雪だらけなので・・・

ようやくきれいな青空を。

スノーシュー組は、リーダーを含めて12名。ほかに今日が初めての男性は別のリーダーとグランドをぐるぐる・・・スノーシュー組が増えてきてうれしい。

ウオーク組は、普段でも歩ける狭い歩道を・・なにが楽しい? まぁ、人さまざまじゃ・・

帰宅するとスノーシューにこびりついた雪を溶かす。・・でも暖かいのでストーブは夕方にならないと点けません。  ショウマがジャマ!!と怒りそう・・

e0001808_14253756.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-01-31 14:06 | 運動 | Comments(12)
ストックウオーク 新年会
 今日はウオークの後、新年会だった。スノーシューしたくて、宴会のビール犠牲にして車で行った。非常に残念だった。( ;∀;)

50名以上の参加なので、ほかのお客の分が足りなくなるので、料理の容器がふつうの弁当の容器になる・・と会場のすし屋からいわれていた。

松花弁当の容器から、ビニールのあの容器になるのか・・中身が同じならいいや・・と思うものの、やっぱり、チト、貧弱感はまぬがれまい。・・・と思っていた。

でもこんな感じ。まぁまぁではないか。
e0001808_15154376.jpg


会長からうれしい報告があった。
財団法人 日本公衆衛生協会・・というところから、衛生教育奨励賞・・という賞を受けることになった。これは全道のなかで、我がストックの会だけの栄誉である。
「地域における健康づくりの活動」に貢献してると認められたわけですね。

発足13年目にもなるのに、発足当初からの会員が20名くらいもいるんですって。
みんな若かったネ。 


支えてくださった先輩たち、リーダーの方々、ありがとう!! パチパチパチ!!!


[PR]

by oss102 | 2017-01-24 15:27 | 運動 | Comments(8)
ようやくスノーシューに
 ストックウオークの活動日は火陽と木曜日。ようやく先週の木曜日に行くことが出来た。

まだ、朝起きるときに肩のテッペン?の骨がちょっと痛い。でもストックをついてみて、肩へのショックがないことが分かった。 よし! スノーシュー・・いくぞ!!

ウオークの会も、長いこと冬休みだったのだ。最高気温・最低じゃなく最高ですよ・・マイナス7度の予報の朝は、どんよりと暗く、車も半分はライトをつけて走っている。 私もライトをつけたが消し忘れが心配で・・・ある一定の時間エンジンをかけないと、自動的に消えてくれるそんな仕掛けは我が車にはない。

無事ライトも消して、仲間と「おめでとうございます・・」木曜はいつも参加が少ないけど、特に少なかった。 スノーシューはリーダーとサポートの夫婦にはさまって3名だけ。

低温の雪は軽くてふっかふか・・ネコ3匹飼っているサポート隊とネコ談義しながらガンガン歩く。
この夫婦は12才の2匹と、最近飼った6ヶ月のネコ3匹。若いチャトラと先輩ネコの関係に頭を悩ませている。 先輩のエサはたべちゃうし、遊びたくてたまらない茶トラ。 見えるようだな・・

よ~し、スノーシューも快適にこなせたぞ!と喜んでいたら・・中1日おいて、疲れがドッと出てきた。(´・ω・`)
まぁ、なんとか持ち直して、火曜のスノーシューは、もう体が慣れた感じ。

2年くらい前、階段から落ちて骨折した仲間と、話が盛り上がる。体験って仲間と親しくなれる要素だ。
得意な体験は自慢と嫌われるが、失敗の体験はよきものだ。ちょっとやせガマン。
たびたびは体験したくはない。


e0001808_13482815.png

[PR]

by oss102 | 2017-01-18 13:48 | 運動 | Comments(12)
紅葉
 ちらちら雪の舞う中を集まったウオークの仲間に、ご褒美の紅葉めぐりを役員のかた達が案内してくれた。 もう遅い、銀杏の紅葉しかないと諦めてカメラも持って行かなかった。 大失敗。

北海道の紅葉は、赤が少なくて淋しい・・と言われていたのに、あるところにはあるもんだ。
まずちょっと登って行って正行寺・・まぁ、なんと門のぐるりの紅葉の見事なこと!

ここは夫の菩提寺。何回も来てるのに、無信心な私はお彼岸とかお盆にしか来ていない。
11月なんて来てなかったよ。

それから天上寺・・ここも桜の盛りに連れてきてもらったところだ。鮮明な赤もたっぷり、今日が見どころ。明日ではダメだ。だって粉雪が舞っているんですもの。

お寺が二つでてきたついでに書こう。

永六輔の葬儀に、娘が挨拶した言葉。
父は人の死について常々こう言っていました。人の死は2度ある。 1度目は肉体の死。2度目は、知っている人が忘れるか、死んでしまうか。
父はまだ、1度しか死んでいません。皆さんの記憶にある限り生きています。
どうか父のことを忘れないでください。


永六輔は寺の息子でしたね。みんな聞き知っている言葉ですが、こういう葬儀の挨拶は、みんなの心に届いたでしょうね。

カメラがないのでお借りきてきました。

e0001808_14554647.png

[PR]

by oss102 | 2016-11-01 15:03 | 運動 | Comments(11)
バス紅葉ウオーク  2
 知事公館の中へは入ったことがなかった。今回は館長の説明付きで見学で来た。

前庭の白い大きな石は、安田侃作(童心帰)で、母親が子供を守る背を表現したものという。
昭和11年に作られていて、バスの中で「この会員の中に11年生まれ・・80才の方が4人います。」と名前をバラした。

快晴の中庭は開放されていて、子供たちが整備された芝の上でボールを蹴って遊び、なんとも美しい風景だった。 女性の高橋知事が要人と会談するときなどに使われると言うが、寒そうな室内で、あまり有効には使われていないようだ。 記念館というものは、そういうものなんでしょうね。

e0001808_1445552.jpgバスから見る街中は、自転車で走る若者が多く、坂の街から来た私たちには、サッポロは平らだなぁと思いましたよ。

ずらっと並ぶ銀杏並木の一番手。場所によってこんなに違う。
もう少ししたら、銀杏拾いの人でにぎわうことでしょう。

見学が終わると恒例のスパで、ビール・昼食・お喋り。座卓の向かいに座った、私より少し年上とみられるご婦人。「今日は1万歩・・・」と歩数計を見て言った。「アラ、私は8千歩・・」とガラケイを見たが、歩幅を何センチに設定してるのかな?

役員の方の「なにもかもうまく行った。」・・の言葉が聞こえてくるバスの中。

ほんとうにほんとうに、ありがとうございました。よい観楓会でした。

北大構内最大の巨木・・と思われる。

e0001808_14315746.jpg

[PR]

by oss102 | 2016-10-19 14:34 | 運動 | Comments(11)
バス紅葉ウオーク
 まだまだ紅葉には早いよな~と思ったけど、北大構内ウオークへ行ってきました。
スカッパレ!!の好天に恵まれました。総勢36名。

期待しなかっただけ紅葉がきれいに見えましたよ。なにしろ青空が引き立て役です。
e0001808_17323019.jpg

蓮池の縁で寝ていたカモを起こしちゃいました。
e0001808_17352090.jpg

名物ポプラ並木をみて、クラーク像をみて、ひろ~い北大構内を散策。

知事公邸の中も館長の解説付きで見学できました。

今日は疲れましたので、明日に続きます。

ネネは社員旅行で函館へ一泊。 また手抜きのブッカケメシを食べて早寝します。
なにをぶっかけようかなぁ・・・とまとに塩辛? 味噌汁に卵も古典派だけど捨てられない。
レトルトのカレーもたまにいいなぁ~ 
 
[PR]

by oss102 | 2016-10-18 17:44 | 運動
ウオーク仲間の87才さん

 私はまだこの女性とお話はしたことがないのですが、リーダーから最近天狗に登ったと聞きました。山に登っていたそうで、仲間はみんな山を止めてしまった。

もう一度天狗に登りたい。連れて行って・・と頼まれたそうです。リーダーはサポーターを二人連れて、5時間かけて登頂したと。 まぁ、普通なら2時間なのですが、リーダーも大事をとったのしょう。 2日おいてウオークの日には元気な姿を見せていました。

その方が、今度ゆっくり組の5班を担当することになりました。
今までは自分のスピードや体調に合わせて班を選びます。人数にもよりますが・・私はいつも2班です。
元気な方たちが多い仲間ですが、ちょっと4班でも遅れがちな方もいました。
その方たちのお世話をしたいと希望されたそうです。

自分はまだまだ健脚でも、人のお世話をすることは、この方にとってもよい選択と思いました。

ウオークのイベントは沢山あります。私は10キロ20キロコースのイベントに、何度誘われても参加しません。

自分の年齢を考えて、いつでも一人で引き返せる状態にしておきたいのです。ほかの方の足を引っ張ることは避けたいと、いつも考えます。それに次に控えるたのしみな会合に影響がでるのもイヤ。

なんでもホドホドと考える無難な道を選ぶ私ですが・・この方のように積極的に行動する方も、またよきかな・・と感心しているのです。


e0001808_1025431.png

[PR]

by oss102 | 2016-09-02 16:00 | 運動 | Comments(6)
なえぼ公園でジンギスカン
 年に1度のウオークの会のジンギスカン。雨マークが入っていて心配したが、昨夜のむしむしも抜けて、さわやかなウオーク&ジンギスカン日和となった。
e0001808_16172978.jpg

むかしは幹事が、手分けしてコンロ・炭・ウチワ・肉・野菜・タレと準備が大変だったものだ。

今はセットでレンタルしてくれて現地に運んでくれる。しかも今年は生ビール!も飲めるのだ。

しか~し、私は、常日頃お世話になっている男たち二人を乗せて走る役目を、みずから買って出たので麦茶だけ@@

だが、いつもは中々ゆっくりお喋りできない方とも、身の上話なども出来て楽しかった。
e0001808_1628362.jpg

カボチャ・自家製野菜の漬物など差し入れが回ってくる。
私はアジウリ・・・好評だった。

いつもは周囲の樹木にカラスが取り巻いて、脂身のお裾分けをねらうのだが、今年は来ない。
夏は食べ物に不自由してないのかな。子育ても終わったのかな。

[PR]

by oss102 | 2016-08-09 16:35 | 運動 | Comments(4)