仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
総会は、お世話をしてくれ..
by orientexp at 01:55
松風さん 松風さんとこ..
by oss102 at 20:47
さなえさん やはり食事..
by oss102 at 20:41
hanairomimiさ..
by oss102 at 20:38
あきのさん 総会が楽し..
by oss102 at 20:35
いいですねえ 楽しい総..
by 松風Ⅱ at 17:48
oss102さんの積極性..
by さなえ at 17:07
ホント・・参会費ありです..
by hanairomimi201 at 16:45
総会というのが楽しいなん..
by あきの at 16:29
こんにちはブロ友パソコン..
by PC-otasukeman at 12:09
sakuraさん 今、..
by oss102 at 09:45
kiyokoさん ちょ..
by oss102 at 09:42
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:40
ほんとに女性はどこでも元..
by orientexp at 00:35
女性はどこも元気ですね。..
by kiyoko at 17:06
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:運動( 139 )

ウオークの会 祝賀会と総会  2
 会場はビッシリ・・とてもOSSのように、宴席を踊り巡る場所はない。芸無しの私にはその方がいい。 祝賀会なので保健所からも、事情で古くから活躍されていて退会された方からも、大きな花束
e0001808_9583513.jpgが・・ちゃんと2本ずつラップされていて、全員が持ち帰られるようになっている。

う~~ん、花屋さんもいろいろ考えてますね。
垂れ下がっているハッパは、先日のバラの花束の時のそえ葉。ドライになってます。^^

飲み物もビッシリ、飲み放題。仲間の差し入れの白樺の樹液・・今の時期しか飲めません。

e0001808_103076.jpgご馳走はこんな風。
ア、茶碗蒸しも。

総会は民間のうるさ型株主のつっこみなどないので、粛々とすすみ・・長いことウオークの会を支えてくださった女性幹部の数人の引退がありました。お世話になりました。
 
となりの席の男性は、同じマンションの住人。「今度、園芸部に入られたそうですね・・」「えっ!ハヤ!!」古くからの住人は、やはりそれなりのコミュニケーションを持っているようです。 まだ、理事会だよりもでていないのに。

全員で歌う「北国の春」を歌い終えて、いつものようにコッソリと退席です。

ガンバッテ今年も歩きます。♪

[PR]

by oss102 | 2017-04-26 16:00 | 運動 | Comments(9)
ウオークの会 祝賀会と総会 1
e0001808_15283184.jpg 今日はウオークの方の総会でした。
全道で唯一選ばれた受賞の祝賀会でもありましたから、かなり力が入ってました。

今日のウオークはなし・・と申込書に書いてあったそうですが、かなり早くに申し込んだので、意識になくて、木曜日には園芸に出ていて、欠席。

祝賀会でのビール一杯のためにバスで出かけようかと、寝ないで考えて^^、やっぱり車を選んでしまった。 山に行くと誰も来ていない。アレレ・・サテハ今日はウオークなしか?

仕方がないので、公園を一回り・・女性が一人佇んでコブシの花を見上げてました。「あら、咲き出しましたね・・」と一緒に見上げる。かなりの大木だが、根本は2本くっついていて、片方は枯れている。 その途中から枝が出ていてその一枝に花は咲いている。種を残そうとの危機感か。

e0001808_161034100.pngキクザキイチゲもつつじの根元に・・・可憐に風に揺れている。
下のほうは、もうかなりの花が咲いているのよ。この公園は高台にあるから花は遅いの。
もう一人、私の班の女性がきて、また一回り。
もどるとベンチに今日入会するという女性が・・アラ、来てよかった。

火曜日にあると聞いて、入会申込書と会長から借りたというストックを持ってきた。
その女性と、もう一回り付き合おうと思ったが、病院の予約があるからというので別れ、二人で近くの図書館で小1時間を過ごす。

さて、会場へ・・総会資料を見ると会員85名、女性62名・男性23名。平均年齢73、・・・才。
私のブログを見ている役員男性。「OSSより若いよ・・」総会出席者65名。

私もかなり押し上げてるからなぁ・・でも最高年齢じゃないの・・もっと高齢者もいて元気です。
励みになりますね。

            つづく・・・

[PR]

by oss102 | 2017-04-25 16:14 | 運動 | Comments(7)
最高気温9度
 今日のウオーキングは30名を越えた。暖かい穏やかな日はみんな外に出てくる気になる。
面白いのは、数の少ない男性が、天気に左右されないで出てくることだ。だから少々の悪天候の日は、半々くらいになる。

今日は公園の道路は除雪したところがつながっていないから、全員街中をあるくと係りの人は言ったのだが・・・行き止まりになったら戻ってもいいから、と私たちの班は公園に入った。

e0001808_13545261.jpg 正解!雪壁を渡ってくる風の気持ちの良いこと。

こんな雪壁から雪崩が起きるのね・・と若者の死を悼む。
企画を中止する勇気・決断は難しい。

イルクーツクのマイナス20度で、温かくなりましたという手紙や、マイナス50度のときでも洗濯物は外に干す。すぐに水分は凍ってパラパラ落ちるんですって・・と知識をひけらかす私。

雪壁の陰から中学生が自転車で疾走してくる。うれしい春だ。
そういえば今朝出てくるとき、タイヤ交換をしている男性がいた。峠越えがなければもうOKだ。

本州は桜満開の中、こちらも北国なりの春序奏。空き地にフキノトウが・・クロッカスが・・よい季節を迎えました。


e0001808_1411016.png

[PR]

by oss102 | 2017-04-04 16:00 | 運動 | Comments(10)
最後のスノーシュー
 
昨日は今シーズン最後のスノーシューでした。まだまだ公園には雪があるのですが、どこでスッポリ埋まってしまうか分からない。
以前は5月まで雪を拾って歩いたものですが・・ザンネンな気持ちも。

e0001808_11262865.jpg今年は積雪が少なくて、除雪費用が浮いたのか、火曜日に行ったらこんな道が出来てた。

この雪壁を登らなければ樹林帯へ行けない。行っても今度は下りられない。肩くらいか、背以上のところも。
公園の中の歩道にも除雪は入っていますが、繋がっていないところもあって、しばらくは街中をあるくことになります。 ザンネン!!

まだまだたくさんのスノーシューの山登りや遠出の企画がたくさんあり、私もお誘いを受けますが、みんな断ることにしています。 

公園の中なら、具合が悪くなれば、断って一人で帰ることが出来ます。でも山登りとなると、みんなに迷惑をかけることになります。 やっぱり自粛しなくちゃ・・・

火曜の雪にはまいりました。一足踏むとズボと埋まり、次の足をのばそうとすると、さらにズボ・・つまり2段回に埋まるのです。それが全部ですから、翌日にまでドップリ疲れが残りました。

でもグランドの雪壁を、リーダーの用意したプラのソリで尻滑りを楽しみました。
結構スピードが出て迫力あるんですよ。(^◇^)

最近はお掃除のとき、ベランダの戸をあけて風を入れます。網戸越しに外の匂いを堪能するショウマです。まだベランダには出していません。

e0001808_11434698.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-04-01 08:33 | 運動 | Comments(6)
賞状と取材のストックウオーク
 しばらく暖気が続いていたけど、今朝のウオークの集合場所は寒かった。
e0001808_1434423.jpg東京での表彰式に行って、表彰状をもらってきた会長が、役員と3人で、先週の木曜日、市長表敬訪問をした。

その際の記事を新聞に載せるにあたって、北海道新聞の記者が写真を撮りに来た。
万難を排して集まってほしい・・という連絡が入った。天気が悪くてチラホラでは格好がつかん・・ということだ。

無事30人ほどが集まって、ととのったところで軽装の記者が来た。ヒェ~!さむそう!!
ところが、シャッターを切る一瞬の間だけ青空になった。2回シャッターを押して記者は帰って行った。

e0001808_1437761.jpgスノーシュー組は10人。白樺林に入ったとき、リーダーが、白樺は自分で枝を落とすのですと・・黒い筋が見えるでしょ。その痕ですって。 
一斉に伸びると枝に日光があたらない。枝に栄養が取られて本体がダメになる。太陽が当たる先端の枝のために、下の枝は犠牲になるのだ。
e0001808_14411553.jpg







これも白樺です。ここは1本だけの白樺で、よく日が当たるので、枝が下の方から繁っています。

すごい仕組みですねぇ。こんな話を聞けるのもスノーシューならではです。

[PR]

by oss102 | 2017-02-21 14:52 | 運動 | Comments(10)
リハ終了!!
 風の強い真冬日の中、20名の参加があったウオーク仲間。
白樺の枝からブラリとさがったブドウのつる。このどこを見ても枯れているみたいなつるは、この時期に盛んに生命の営みを続けているのだと・・リーダーの話。
そして夏になると大きな幹に向かってつるを伸ばして依存しながら、実をつける。

どの枝にだって小さな芽はしっかりついていて、少しでも暖かくなればふくらむぞ!!と待機しているのがわかる。

終わってまっすぐ整形へ・・最後のリハと診察の予約が入っている。最後と決めたのは私。医者は3月にもう1度レントゲン撮って確認したかったらしい・・が、私がもうこれで十分です。と頭を下げた。
先月のと今日のとレントゲン写真を並べて見せてくれた。先月はまだ骨がついていない黒い部分があり、今日のには、そこにモヤモヤと白い骨がついてきているのが分かる。
不思議だねぇ・・骨が集まってくるんだ。

リハの先生には、バレンタインのチョコでお腹をこわさないように・・と言って・・もう来たくないところだけど、また来ることになったらその時はヨロシクと挨拶した。

とんだイベントだったなぁ。

ぶどうのつるも、老人の体も見えないところで生命の営みをしている。
生きるってそういうことなんだ。


e0001808_15462471.png

[PR]

by oss102 | 2017-02-07 15:46 | 運動 | Comments(20)
1月もゆく
 今日で12分の1ヶ月が終わる。どんどん減って行く。
どんどん溜まるのは老いの日々だけ。

e0001808_13543978.jpg 

今日のスノーシューの空は・・・

こんなだったり・・・




e0001808_1356171.jpg


あんなだったり・・・





e0001808_13582699.jpg

リーダーが小樽の兼六園と言った休憩場所は、雪だらけなので・・・

ようやくきれいな青空を。

スノーシュー組は、リーダーを含めて12名。ほかに今日が初めての男性は別のリーダーとグランドをぐるぐる・・・スノーシュー組が増えてきてうれしい。

ウオーク組は、普段でも歩ける狭い歩道を・・なにが楽しい? まぁ、人さまざまじゃ・・

帰宅するとスノーシューにこびりついた雪を溶かす。・・でも暖かいのでストーブは夕方にならないと点けません。  ショウマがジャマ!!と怒りそう・・

e0001808_14253756.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-01-31 14:06 | 運動 | Comments(12)
ストックウオーク 新年会
 今日はウオークの後、新年会だった。スノーシューしたくて、宴会のビール犠牲にして車で行った。非常に残念だった。( ;∀;)

50名以上の参加なので、ほかのお客の分が足りなくなるので、料理の容器がふつうの弁当の容器になる・・と会場のすし屋からいわれていた。

松花弁当の容器から、ビニールのあの容器になるのか・・中身が同じならいいや・・と思うものの、やっぱり、チト、貧弱感はまぬがれまい。・・・と思っていた。

でもこんな感じ。まぁまぁではないか。
e0001808_15154376.jpg


会長からうれしい報告があった。
財団法人 日本公衆衛生協会・・というところから、衛生教育奨励賞・・という賞を受けることになった。これは全道のなかで、我がストックの会だけの栄誉である。
「地域における健康づくりの活動」に貢献してると認められたわけですね。

発足13年目にもなるのに、発足当初からの会員が20名くらいもいるんですって。
みんな若かったネ。 


支えてくださった先輩たち、リーダーの方々、ありがとう!! パチパチパチ!!!


[PR]

by oss102 | 2017-01-24 15:27 | 運動 | Comments(8)
ようやくスノーシューに
 ストックウオークの活動日は火陽と木曜日。ようやく先週の木曜日に行くことが出来た。

まだ、朝起きるときに肩のテッペン?の骨がちょっと痛い。でもストックをついてみて、肩へのショックがないことが分かった。 よし! スノーシュー・・いくぞ!!

ウオークの会も、長いこと冬休みだったのだ。最高気温・最低じゃなく最高ですよ・・マイナス7度の予報の朝は、どんよりと暗く、車も半分はライトをつけて走っている。 私もライトをつけたが消し忘れが心配で・・・ある一定の時間エンジンをかけないと、自動的に消えてくれるそんな仕掛けは我が車にはない。

無事ライトも消して、仲間と「おめでとうございます・・」木曜はいつも参加が少ないけど、特に少なかった。 スノーシューはリーダーとサポートの夫婦にはさまって3名だけ。

低温の雪は軽くてふっかふか・・ネコ3匹飼っているサポート隊とネコ談義しながらガンガン歩く。
この夫婦は12才の2匹と、最近飼った6ヶ月のネコ3匹。若いチャトラと先輩ネコの関係に頭を悩ませている。 先輩のエサはたべちゃうし、遊びたくてたまらない茶トラ。 見えるようだな・・

よ~し、スノーシューも快適にこなせたぞ!と喜んでいたら・・中1日おいて、疲れがドッと出てきた。(´・ω・`)
まぁ、なんとか持ち直して、火曜のスノーシューは、もう体が慣れた感じ。

2年くらい前、階段から落ちて骨折した仲間と、話が盛り上がる。体験って仲間と親しくなれる要素だ。
得意な体験は自慢と嫌われるが、失敗の体験はよきものだ。ちょっとやせガマン。
たびたびは体験したくはない。


e0001808_13482815.png

[PR]

by oss102 | 2017-01-18 13:48 | 運動 | Comments(12)
紅葉
 ちらちら雪の舞う中を集まったウオークの仲間に、ご褒美の紅葉めぐりを役員のかた達が案内してくれた。 もう遅い、銀杏の紅葉しかないと諦めてカメラも持って行かなかった。 大失敗。

北海道の紅葉は、赤が少なくて淋しい・・と言われていたのに、あるところにはあるもんだ。
まずちょっと登って行って正行寺・・まぁ、なんと門のぐるりの紅葉の見事なこと!

ここは夫の菩提寺。何回も来てるのに、無信心な私はお彼岸とかお盆にしか来ていない。
11月なんて来てなかったよ。

それから天上寺・・ここも桜の盛りに連れてきてもらったところだ。鮮明な赤もたっぷり、今日が見どころ。明日ではダメだ。だって粉雪が舞っているんですもの。

お寺が二つでてきたついでに書こう。

永六輔の葬儀に、娘が挨拶した言葉。
父は人の死について常々こう言っていました。人の死は2度ある。 1度目は肉体の死。2度目は、知っている人が忘れるか、死んでしまうか。
父はまだ、1度しか死んでいません。皆さんの記憶にある限り生きています。
どうか父のことを忘れないでください。


永六輔は寺の息子でしたね。みんな聞き知っている言葉ですが、こういう葬儀の挨拶は、みんなの心に届いたでしょうね。

カメラがないのでお借りきてきました。

e0001808_14554647.png

[PR]

by oss102 | 2016-11-01 15:03 | 運動 | Comments(11)