仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
松風さん 私も動画・エ..
by oss102 at 10:43
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:35
fuchanさん なに..
by oss102 at 10:32
パソコンサークルに参加し..
by 松風Ⅱ at 10:29
あきのさん 昨日はワー..
by oss102 at 10:28
いつも何かに挑戦するOS..
by hanairomimi201 at 08:49
学びの場がたくさんあって..
by fuchan_k at 22:22
わたしは子供達がMCなの..
by あきの at 20:03
sakuraさん 今年..
by oss102 at 08:26
総会は、お世話をしてくれ..
by orientexp at 01:55
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:朗読( 105 )

イノックアーデン朗読  2
 渡辺淳一文学館会場は中島公園の西隣りの、こじんまりした地下のホールです。
収容人数はちょっとわかりませんが、ほぼ一杯のシニアで埋まりました。

ピアノ演奏とコラボの朗読。 前日読んでいった文章とはちょっと違ったところもありましたが、これは他の人の翻訳があるのでしょう。  

田中則子さんは、初朗読ですが、さすが表現もよく胸を打つ朗読です。 感情を込めて朗読してハンカチで鼻を拭きます。 胸が迫るのでしょう。 でも声は変わりません。 2度ほど小卓の水を口に含みますが手もふるえません。 プロだなぁ・・・私だったらブルブルだよ・・・

問い合わせのメールをしたとき、則子さんはすぐに返信をくださいました。
署名のブログアドレスで幾日分か私のブログも読んで下さって・・・そのメールには、朗読は歌と違ってすごく疲れる。 1度読むと倒れこむぐらい消耗すると書いてありました。

その後、数日風邪を引いて寝込まれたと。

よほど気を入れて練習するのでしょう。

イノック・アーデンでなければ、札幌までは出向かなかった私です。

昔の思い出のおかげでよいひとときを過ごせました。

中島公園でひととき涼む

e0001808_121411.jpg


イノック・アーデンあらすじ
[PR]

by oss102 | 2014-08-24 16:01 | 朗読 | Comments(8)
イノック・アーデン朗読
 先日OSSとキョウダイのネット団体SSNの会員さんから、メールが流れました。
メールの主の田中則子さんは札幌で活躍しているプロの歌手なのです。

彼女は、初めて朗読に挑戦するのです。昔懐かしいイノック・アーデン・・・と知って是非聞いてみたいと思いました。 鍛えた声の朗読はどんなかしら・・・

イノック・アーデンはテニスンの叙述詩で当時大変ヒットしたそうです。

高校2年のとき、私は学校祭でこのイノック・アーデンの劇をしたのです。
本を読んだ記憶もなにもかも忘れているのですが、当時、演劇部なんかなかったのに、私が取り仕切って出演者を集めて、女主人公のアニーをやったのです。

どんな衣装を着てどんなふうに・・とうことはスッカリ忘れ果てています。
ただ、そんな男女の色恋をテーマにするのはけしからん・・と先生からクレームをつけられたことと、船乗りの夫の遭難を知って嘆き悲しむシーンは覚えています。

セリフの練習のとき、みんなが恥ずかしがって平坦に読むのに、私は感情を込めて言うので、「よくそんな風に言えるなぁ・・・」とボーイフレンドに言われました。

改めて検察して、イノック・アーデンを読みました。有難いですねぇ、文章丸ごと出てきます。

そんな訳で今日、札幌の渡辺淳一文学館へ行ったのです。

                                  つづく

e0001808_20415356.jpg

[PR]

by oss102 | 2014-08-23 20:42 | 朗読 | Comments(2)
講師の舞台
 昨夜は、私たちの朗読勉強会アオバトの講師の舞台を見に行った。 去年も講師の舞台を見に行っている。
初めて見て講師のすごさに驚いて、しみじみこういう講師に出会って教えていただいている幸せを思った。

今年はもっと凄かった。 踊りの部も一流ぞろい。(肩書きよると) もっとも私には見る目がないのだが、それでも飽きずに惹きつけられたのからやっぱり一流だ。

長唄・清元・大和楽・ときて、創作舞踊 花若 
これは芸術大学で学ぶ学生や、踊り関連の子供たちが出演するドラマを、私たちの講師の語りを中心にして進められる舞台です。

遠慮しながら、シャッター音とフラッシュを切って写しました。
e0001808_1026171.jpg

e0001808_10261183.jpg


朗読ではなくて語りです。この長い舞台を台本なしでセリフを言うのですから、凄いです。
役者さんはみんなそうですね。 暗記する能力は年を取っても衰えない・・と先日の渡辺昇一は言ってましたが・・・私は外郎売を暗記しようとしても、すぐにつまずいてしまうのですよ。;;;

こんな機会でもないと、私には無縁に過ごしてしまう舞台を堪能させていただきました。

[PR]

by oss102 | 2014-08-22 16:03 | 朗読 | Comments(14)
朗読の訪問先が増えました
 福祉協議会というところに、私たちの訪問朗読はボランテア組織として登録しています。
そこからのお話で、介護付き老人施設の個人宅への訪問朗読が決まりました。

嬉しい!! 92才の高校の国語教師をしていらした女性です。 読書好きだったのですって。
施設での2・30人相手では、なんとなく一般受けしそうなのを選びますが、この方だけなら好みを聞けます。 リーダーと一緒に打ち合わせに行って来ました。

部屋には立派な応接セットもあり広い空間です。 でもそのSさんは寝たきりの方でした。
白い美しい方でした。 いつもパークやウオークの仲間の日焼けした顔を見慣れていると、白い顔って美しいですね。

初めはメンバーの顔を覚えてもらうために、2人で行きますが、そのうち小説などの要望があると、1人になります。 心配したのは、先日の洗濯機配達のように、物が失くなったり、お金が失くなったと思われないかということでした。 私はしょっちゅうアレナイコレナイと探し回っていますから。

面倒を見ていられる姪ごさんは、「頭はしっかりしていますから、お気遣い無く・・」とおっしゃいました。
あら~・・私だったら置き忘れを人のせいにするかも・・・いいわね、その絶対的信頼。

打ち合わせの後、向田邦子の「眠る盃」6分を読みました。サンプルです。(^^)
さぁ、何を読んだら喜んでいただけるでしょう。 嬉しい悩みが増えました。


e0001808_11122815.jpg

fu-and-boroさんへ
青木新門のことを書いた日に、コメントいただきながら見逃していました。m(_ _)m
貴重なコメントをいただきながら、今日になってお返事を書きましたが、みなさんにも読んでいただきたかったのでここにリンクさせていただきます。

[PR]

by oss102 | 2014-08-13 16:03 | 朗読 | Comments(10)
カラオケルームで・・・
 朗読の先生の都合で昨日の勉強会は中止だった。 特訓を受けていた4人に自主練習をしますか?と言われて、鶴子さんがセットしてくれ会場はカラオケだった。

夏休みのこととて駅前のカラオケは混んでいた。
e0001808_153037100.jpg

初めてこういう場を体験した。 暑い日だったのに冷房が利いた室内は寒かった。
4人はアイスコーヒーを頼んで、神妙にワンリートンキーの朗読をした。 ゆっくり4人で読んでも7分。
e0001808_1536523.jpg

その後は雑談。 いかに私たちはよい講師に恵まれたか・・・朗読のタイプにも色々あるが、講師は俳優である。 朗読に語りや感情の起伏を表現する。
それが私たちには楽しい。 

日頃こういう時間がない。時間一杯勉強して終わればサヨナラ。

いいねいいね、こういう場所は落ち着くね。今度みんなでここで親睦会をしましょう。
最期にもう一度朗読してから、カラオケを入れた。
文字の色が変わっていくのに声を合わせなければならない。
ハミングでもずっこける。ダメダ・こりゃ・・・

2時間びっしり使って割りカン480円。

帰宅すると隣のラーメン屋さんが暑い!!とバイクを前に汗を拭いていた。
「暑いですね・・」と挨拶したけど私寒かった。

鶴子さんありがとう! またよろしくね。

[PR]

by oss102 | 2014-08-02 15:46 | 朗読 | Comments(10)