仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
ナッツ類は1日3粒くらい..
by あきの at 16:32
お祭り大好き。だけど娘た..
by さなえ at 16:26
私もあまり賑やかな場所に..
by mikihana922 at 16:07
fu-and-boroさ..
by oss102 at 15:17
304さん 天はそこそ..
by oss102 at 15:14
あきのさん 語りの仲間..
by oss102 at 15:11
天は二物を与えず。美貌の..
by tmshanagn304 at 20:50
わたしも高い声は、かすれ..
by あきの at 17:20
さなえさん 農家のビニ..
by oss102 at 09:56
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:54
松風さん ず~っと以前..
by oss102 at 09:51
私も見てました。太田さん..
by さなえ at 21:41
少し見ていましたがテレビ..
by fu-and-boro at 21:01
今の世の中、そのくらい用..
by fu-and-boro at 20:51
私も見ていました ほん..
by 松風Ⅱ at 18:40
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:いとしの花たち( 374 )

クレマチスが咲きました
 今年のクレマチスは例年と違います。いつもはといっても植えてから4年目なのですが、今の時期大きな花を沢山つけて、それが終わると上のほうにつるをドンドン伸ばして、夏にもう一度、少し小ぶりな花をつけるのです。
ところが今年は、花も咲かないうちからどんどんつるを伸ばしています。その分なのか花は去年のバカデカイ薄紫で八重でなくて、ちゃんとした紫で大きさも尋常です。
気候のせいとか、肥料のせいとか色々クレマチスにも事情があるのでしょうね。
e0001808_20483923.jpg


e0001808_20484978.jpg

このかごの中の植物達は、毎年このアーチの中央にデンとかけられるのです。
花苺ほかザット12種類の植物が入っています。みんな越冬出来る強いものばかりです。

かごの中にスーパーの袋に穴を開けて植えていますので、越冬時はそのまま土中に埋めておきます。春になったら少し要らない根を落として、そのまままたかごに入れるのです。

別々に土中に埋めると、春、根を大きく切ることになるので、生育が遅れますので考えたのです。 毎年アレこんなのがあったっけ、と忘れていた植物が顔をだして喜ばせてくれます。
[PR]

by oss102 | 2006-06-20 21:10 | いとしの花たち | Comments(10)
ターシャと私の共通点
 今日、念願のターシャの庭をテレビで見た。
いつも見損なっていて今日も危なかったが娘が知らせてくれて、2時間番組の後半をようやく見ることが出来た。

素晴らしいターシャの庭の四季。もぎたてリンゴで作るジュース。手で回転させるしぼり機。
昔ながらのコシ機。何度も何度も手をかけるローソク作り。
壁に掛けられた旧式の台所用具。 絵にならない空間は無い。

バケツが倍の重さになったのよ。でも年を取るのも悪くはないわ、みんなが手伝ってくれる。

一人が好きなのよ。 わがままなのね。 今が一番幸せなの。

前は膝をついてハナガラを摘んでいたのよ。今は腰が痛くてと、立ってハサミを使って切っていた。 コーギーがどこへでもついて歩く。

あぁ、私と同じダァ。今が一番幸せと思っていることとハナガラ摘みが好き。笑う勿れ。
こんなところで1ヶ月くらいハナガラ摘みのボランテアがしたいナァ。

ここにはミヒャエル・エンデの「モモ」の世界があった。いやモモはターシャかもしれない。


ターシャは或る日、花畑のなかで息絶えて、その安らかな顔に子や孫達は安堵の涙を流すのではないか。 その傍には、コーギーがうずくまっている。

私はそう願っている。

More ひめうつぎとレイウシア
[PR]

by oss102 | 2006-06-11 21:00 | いとしの花たち | Comments(2)
ネーミング
 最近花の名前は、やたら横文字だらけで覚えにくい。
私は自分の育てている花の名前ぐらいは覚えたいと思っている。
だが馴染みの英語名ならなんとかなるが、全く知らない横文字が並ぶとお手上げである。

そういう風になるのは道理もある。
地区ごとにチマチマ売られていた時代と違って、全国規模、世界規模で園芸業界は動いている。
だからどこの国へ行っても、どこの地域でも通じる、統一された名前が必要なのだ。
それで、長ったらしい、血の通わない花の名前がまかり通る。

私が去年から気に入って育てている花は、ヘリオフィラ・ロンギーフォーリア。リナム・チャーニーミックス。他にチェリーセージのホット・リップス。

このホット・リップスは園芸名で、熱い唇。馴染みのある英語でこの花らしいチャーミングなネーミングだ。

そこで私も、この愛すべきブルーの小花に愛称を考えた。どうしても私のカメラの腕前では、このブルーの美しさは出ないのだが、小さなブルーの小花の揺れるさまは美しい。
青いまたたき。 ブルーのきらめき。 ウ~~ン

e0001808_16404944.jpg


e0001808_1641425.jpg

リナム・チャーニーミックスは、薄い透き通るような花弁で、雨に濡れると透明になってしまう。
うすぎぬのゆらめき。 いまいちだな~

いっそ雅子とつけようか、繊細な花弁は心病む皇太子妃にふさわしいかも。


e0001808_16412099.jpg

 ホット・リップス

More
[PR]

by oss102 | 2006-06-07 17:28 | いとしの花たち | Comments(5)
朝飯前は・・・・・・
e0001808_1336563.jpg

 6時30分起床。すぐネコにエサをやり、食べ終わるとすぐ外に出たがるネコをつないで、私も鋏片手に外へ出る。

少しでも容色のおとろえた奴は見逃すまいと、すっかり容色のおとろえた私は、花の中に手で分け入る。花柄摘みは昨日もしたし、気温が低いのでそんなには無い。

プランターは1週間ごとに、表裏返して、日が満遍なくあたるようにする。結構面倒である。

ブッシュバラのつやのいい葉に目をこらす。どれも弱っている葉はないか。虫はいないか。
草花のわくらば、下葉の枯れ葉をとる。

このせまい庭園の隅から隅まで目が届く。これだもの一人っ子の暮らしは大変なのだ。
どうしても過保護になる。

しおれた花はビニール袋へ、少し容色のおとろえた花は部屋のコップへ。2・3日は楽しめる。

朝飯前のたのしみの作業である。
[PR]

by oss102 | 2006-06-05 13:48 | いとしの花たち | Comments(6)
ブログを始めて一年が経ちました。  その3
 ブログは楽しい。訪問するのは私の好きな犬、ネコブログが多いが、検索していると本当に多彩である。

水虫のブログもあって驚いた。なるほど水虫に悩んでいる人は、こうした治療経過を興味を持って読むのだろう。コメントにも熱が入ろうというものだ。

沢山の人に訪問してもらうのは嬉しい事だが、大衆雑誌ではないのだからブログは特徴を持ったほうがいい。
写真の好きな人は写真のブログを、映画の好きな人は映画の、個性をはっきり出した方がブログは楽しい。

花も毎年おなじようなものを植える。思いも同じ。ネコも変わらず。
一年を経てマンネリにもなると思うが、去年と同じおもいなら、同じ表現になってもいいと思っている。
まれに以前と同じようなこと読んだぞ、と長期愛読者の方が思われても勘弁していただきたい。

変わらぬ思いを抱きつづけている奴とおぼしめして・・・・・   おわり

Moreー続いて今日も花とネコ
[PR]

by oss102 | 2006-06-03 20:01 | いとしの花たち | Comments(11)
ブログを始めて一年が経ちました。  その2
 6月にはその後3回更新している。
7月~10月までは5・6回のペース。11月後半に火がつき旅行以外は毎日更新となった。
訪問してくださる常連さんも増えて勢いがついた。

初めは花とネコだったが、秋になって花も終わり、自分を表現する場として気ままに身の回りのエッセーなど書き出した。

私もアチコチのブログ訪問をする。コメントを残す。
無責任というか顔の見えない交流が私の気持ちにピッタリした。

中でも「あきの70路を語る」のブログに出会ったことは大きかった。http://blogs.dion.ne.jp/akino/
この人のエッセーは上質のブランデーの香りを放っていた。一年で6万通ものアクセスがあり
そこのブログが止める事になって、消してしまうのは惜しいと要請されてココログのブログに再登場となった。http://terayamaakino.cocolog-nifty.com/70/

この方のブログは勿論だが、私のブログもyahooで検索してみたことがある。ちゃんと出てきたので嬉しかった。 アハハ、単純細胞。
                                つづく
[PR]

by oss102 | 2006-06-02 17:18 | いとしの花たち | Comments(9)
去年の6月からブログを始めました。 その1
 この1年間アクセスいただいた方、コメントいただいた方、厚くお礼申し上げます。
何よりの励みでありました。
ブログ立ち上げを教えていただいた学習部長のやぎた様、お手伝いいただいた皆様、心よりお礼申し上げます。


私は子供の頃から本を読んだり、書く事が好きだった。
中学、高校と間断はあったが、大学ノートにビッシリ日記を書いていた。大人になってからは家計簿の延長のような日記、10年日記などもつけた。
年を取ってからは、いつ死ぬかも分からないので止めていた。 

そんなとき、新聞を賑わせていた電車男の話題でブログの名を知った。ホームページよりも簡単な日記形式とあった。 私にも出来るかもしれない。

折りしもネット仲間の学習会でブログ立ち上げの講習があった。飛びついた。
仲間うちではパソコンに詳しい人達が20人ほども集まった。ホームページを持っている人も多かった。

私が動画や、ムービーを習ったように、どんなものか知りたかったのだと思う。
講習を受けた人たちは手慣れたもので、次々写真を貼り付け発表していった。

私はブログへの熱い思いがあって、暫くは公開せずに編集していった。
自分を表現したかった。 私のパソコンの技量では一杯一杯のことだった。

6月21日公開した。友達も見たよと声をかけてくれる。お祝いコメントも仲間から入る。
 嬉しかった。        
              つづく
 

Moreー花もネコも
[PR]

by oss102 | 2006-06-01 19:32 | いとしの花たち | Comments(8)
花鉢のローテーション
 庭の無い庭である。
雪が解け陽光に力が入りだすと、日当たりの良い家の前に、汚れた鉢をズラリとならべる。
これがあせって、室内越冬の鉢にも外光をあてたくて早まったりすることもある。

花苗の植え付けが徐々に始まる。場所を取られた鉢たちが優先順位に依って、路地の方へ回される。 だが今頃になると充分花芽はつけている。アジサイも、秋明菊も、姫うつぎも。

ポリアンサ、ムスカリなどの最盛期の花たちも、灯油タンクの下に回される。雨が当たらず、日の射す時間も短いので長持ちする。灯油タンクの下が華やぐ。

園芸本に日陰に強い植物というのがある。これは関東地方に合わせて書かれてあって、真夏に弱い植物達のことで、どんな植物でも基本的に気持ちの良い陽光は好きなのだ。

今日はインパチェンスをプランターに植えた。暫くは家前で充分に陽光を吸わせ、力がついたら裏口の路地を明るくしてもらう。

足の無い植物たちに、鉢植えの利点を有効に使っているつもりだが、これがあらかじめ考えていた色彩のデザインを目茶苦茶にすることにもなる。

e0001808_19123675.jpg

去年は咲かなかったレイウシア、今年は咲いてくれてありがとう。
レイウシアは葉が厚くて多肉植物みたいな奴なのに、寒さに強い。鮮やかな色々な花色がある




e0001808_19161949.jpg

姫しゃくなげ、小さい木にびっしりピンクの小鈴が愛らしい









[PR]

by oss102 | 2006-05-28 19:24 | いとしの花たち | Comments(2)
買い物症候群てこんな気分かな?
 若い頃はデパートが大好きだった。
子供が小さくて自由時間がない。ゆっくりデパート巡りをしたい願望が強かった。
自由時間も出来て、チョットした洋服ぐらいなら買える身分になった。
な~~~んにも欲しくない。

今何が楽しいって、花やめぐりが一番。今日もテニスの帰りに友達と花屋を2軒ハシゴして
15株くらい買ってきた。友達は買う気も無かったのにつられて買ったみたい。
一杯買ったって安物のブラウス一枚程度の出費。

狭いところによく治まるもんだと思うが、まだまだ余裕がある。朝日が射して午後には陰る場所ならもっと選択範囲が広がるのだが。まぁいいだろう。
今が一番購買意欲の旺盛なとき、後は夏咲きの苗をボチボチ。

先日豪邸の奥様が、エルメス買い物症候群でエルメス本店にも登録されている、とかテレビでやっていた。な~~~んにも羨ましくない。

e0001808_2018289.jpgツルニチニチソウの花、今年はまだ数輪は咲きそうだ。

平和だなぁ、幸せだなぁ、とつくづく思う。
[PR]

by oss102 | 2006-05-27 20:21 | いとしの花たち | Comments(10)
こんな変な花みたことありますか?
e0001808_2052935.jpg

ファリセナという花のピンクとブルーを買いました。千日紅小鈴にひなびた感じが似合うと思って選んだのです。ところがピンクの方が、おかしいのです。花びらが咲き終わったようにそっくりかえっています。沢山つぼみがついていましたが、まだ咲いていないのです。
変だなァ~、花柄摘み大好き人間は摘もうかと思いました。思い直して様子をみていました。

今日は少し気温が上がり、私も早めに帰ってきて花を見ましたら、ピンクはしっかり花びらを開いてきれいに咲いていました。「アラ、ちゃんと咲けるじゃないの」 そして夕方もう1度見たら、また花びらがそっくりかえってコインのようになっていました。
ブルーの方は普通です。寒くて開ききらないのならわかりますが、こんな咲き終わり状態なんて初めてです。

どなたかこんな花を見たことありますか?

たいていの花は朝開き夕方閉じますが、日が射さないと開かない花があります。
ガザニア、リンドウなどです。朝晩花の手入れして、日中は外遊びしている私は咲いている状態を見られないので、これらの花は買いません。いつも閉じていてつまりません。

e0001808_2025472.jpge0001808_20264514.jpg








縁石外の花いちごと白すみれが可憐に咲きました。奥の花に水遣りの時、どうしても踏んでしまうことが多いのですが、健気に毎年咲くのです。
[PR]

by oss102 | 2006-05-26 20:34 | いとしの花たち | Comments(8)