仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
先日の鍵騒動の時、ベラン..
by あきの at 16:59
sakuraさん 1時..
by oss102 at 09:51
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:49
あきのさん そうなんで..
by oss102 at 09:44
私の訪問先でも飽きてくる..
by orientexp at 01:33
20分も聞いていると飽き..
by fu-and-boro at 19:24
8月は終戦前後の話などB..
by あきの at 18:44
あきのさん 私のブログ..
by oss102 at 09:29
sakuraさん あら..
by oss102 at 09:26
304さん 世代が変わ..
by oss102 at 09:23
sakuraさん まぁ..
by oss102 at 09:16
「一番の読者が自分」なる..
by あきの at 03:49
コメントを残したと思って..
by orientexp at 03:04
ここのところNHKで終戦..
by orientexp at 03:00
私は冷戦が終わった時に、..
by tmshanagn304 at 21:28
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:いとしの花たち( 364 )

ハイドロボール
e0001808_15294755.jpg  これは高温で処理した人工軽石。 百均で買いました。

室内で植物を育てても虫がつきません。 とっくにご存じでしょうね。

小さなグラスにオリヅルランとアイビーを入れて、適当に水やりしてたらちょっと大きくなりすぎました。



e0001808_15345915.jpg

今度のマンションに移ってからも、これでカポックとか玉すだれとか育ててみようと、楽しみにしてます。

手前の小さなデミタスカップにも、今カットしたオリヅルランにアイビーを入れて、根を生育中。

ネネが沖縄時代に送ってきた坪屋焼き(琉球焼き)のコーヒーカップもあるんですよね。
捨てられずにいて、また植物の鉢になるのかも・・・

水遣りは2週間に1度くらいかな・・・私すぐ水やりすぎるので大きくなるんです。

小さい方が面白いのにね。

フウロは前と後ろにエサ皿置いて、ハンスト中。

e0001808_15595436.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-09-26 15:56 | いとしの花たち | Comments(10)
引っ越し先が決まって
 ビビビっときた住まいじゃないのですが、予算と首っ引きで、まぁ、こんなもんでしょうと中古マンションを決めました。

e0001808_11293157.jpg 
9月の花はきれいです。

挿し芽をした花も満開になりました。

この花たちも、もう育てられません。


横花壇です。
e0001808_1132218.jpg


ハツユキソウが見事に人目を惹きます。 昨夜あの白い花の名前が知りたいと・・ネット仲間からの電話でした。
e0001808_11321770.jpg


不動産屋さんと待ち合わせの時間に30分も早く現地に着きました。
朗読先から直接いきましたので・・・

そこでMCの前庭の花壇の世話をしている男性とお話をしました。

9階のベランダを見上げると、たくさんの緑が窓々に見えました。

強い植物なら育つようです。

オリヅルラン・アイビーと毎年かごに押し込む超強い草花を、少し連れていこうと思います。

明日この世を去るにしても、今日の花に水をあげなさい・・・souuさんのブログにこの長い題名の本の紹介がありました。

もう連れていけない花々に、心をこめて水やりをします。

[PR]

by oss102 | 2015-09-11 20:26 | いとしの花たち | Comments(12)
サギソウの球根育てテクニック
 今日、Eテレでサギソウの球根の手当てをやっていました。
私のところからお嫁に行ったサギソウが、みなさんのところで、きれいに咲いていましたね。

それが終わったらどうするの?と聞かれます。
簡単に紹介しますね。

花が茶色になって枯れてきたら、カットしますが、ウイルスの予防に、刃先をライターで焼いて消毒。 いちばん上の葉のすぐ上からカット。(私は消毒なしでパチパチ)
葉が枯れるまでは、少量の液肥を入れて水やり。 毎日の水やりが面倒なら腰水で・・(2重鉢もよさそうです。)
葉や茎が茶色に枯れてきたら、腰水を止めますが、完全に乾いてしまうと枯れます。

深い鉢に植えると、水が底のほうに行ってしまって、上のほうが乾燥しがち・・サギソウは根があまり長く伸びないので、浅鉢に植えるのがよいと・・・

まぁ、プロがいうのは本格的で面倒ですが、私は水やりと、寒くなってから雪が遅いときは、家の片隅に鉢を重ねて寒風がかからないようにして雪を待つだけです。

私は園芸教室で教わった赤玉小粒とミズゴケですが、TVでは鹿沼土を水で洗って粉を落とし、1センチにカットしたミズゴケを混ぜて植え込んでいました。 まぁなんでも育つみたいです。

要点は、少量の栄養で、もらったまま水だけやっていた方のサギソウは、翌年は葉だけが出て花が咲かなかったそうです。


e0001808_15121345.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-08-31 15:00 | いとしの花たち | Comments(4)
早めにカット
 e0001808_14264688.jpg 今年は家の問題もあり、花づくりには心が向かなかった。

それでも少しは新種のミリオンベルなど買って育てている。
1苗で45センチに広がるとあった。でも、やっぱりはじめは小さくて淋しいので後方に背の高いロベリア・アズーロを植えた。

盛り上がってくると狭い・・根元の青々しているうちにカットした。

こちらでは、いつもカットの時期がお盆とかさなって、花が淋しい。これならお盆にちょうどいいだろう。
e0001808_14334674.jpg
もうこんなに咲いてきた。 アズーロを抜いた後には、カットした枝を挿し芽したがしっかりついている。

e0001808_14363578.jpg
ハツユキ草のタネをプランターに押し込んで冬を越した。

せまい少ない土の中で、大きいのは1メートルを越す背丈となった。
矮少処理をしていた種なのだ。 薬品で抑え込まれていたうっぷんを晴らしたのか。
風でひっくり返りやすい。 支柱・柵・ヒモと倒れるのを防いでいる。(写真が鮮明でないのでゴメン。)

カラッとしないジメジメの夏。それでも花は咲き、野菜は新鮮。 
夏はいいなぁ・・・でも、もう7月も後がなくなった。

[PR]

by oss102 | 2015-07-31 14:45 | いとしの花たち | Comments(8)
花 一口知識
 いま売れっ子の林修のクイズ番組だったかな?
福寿草の花は蜜もださないのに、虫が集まる。なぜか?という問題。

答え・・・暖かいから。
雪の中で咲く福寿草。 周囲はまだ2・3度。

パラボラアンテナのような形をした花は日のほうへ動く・・・花の中は最高10度にもなる。温まりたい虫が集まる。
受粉が出来る。

な~るほど。

オレガノ・ロダンテーフォリュウム。
まだこんなですけど好きで毎年植えます。本当は越冬できるのですが、大きく育てるのは時間がかかって待ちきれません。

e0001808_16174160.jpg



[PR]

by oss102 | 2015-07-03 16:08 | いとしの花たち | Comments(4)
7月の花
 今日から7月。6・7月とこの2ヶ月がいちばん北国の花は美しい。

食卓に向かうと、唯一居間からの窓ごしに見える花。2階で越冬したゼラニュームが派手な赤を見せてくれる。
e0001808_14301617.jpg

もう3年目の土。新しい土に替えてやらねば・・と思いながら無精を重ねる。
替えてやらないのに、こんなにモッコリと咲くからいけない。

e0001808_1433876.jpg
表からみると・・・2階から下ろして4月にバッサリ丸坊主にした。
挿し木するほうがいいと云う人もいるが、挿し木では初めからこんなに大きくはならない。
e0001808_14382923.jpg



ラーメン屋さんとの間の60センチほどに、リシマキアが満開。
これも鉢からスッポリ抜いて土に埋めて越冬。
雪が溶けたら引っ張り出して、そのまま鉢へ。


e0001808_1447429.jpg











100均のゴミ箱に穴を開けて、10年になるホタルブクロ。

土も替えてやらずに、今日は花虐待シリーズです。

みんな強すぎていたわる気になれないの。

[PR]

by oss102 | 2015-07-01 15:00 | いとしの花たち | Comments(6)
6月の花
 10年間のブログをあれこれ読んでいる。 6月といえば、まぁ花の話の多いこと。
たった30センチの花壇と壁にはりつける鉢だけで、すごく楽しんきたなと懐かしく思い返した。

隣のラーメン屋さんが7月から廃業になる。わが家と密着した家なので、取り壊しも、こちらの家の補修もと問題が山積。 花どころじゃない。今年は休むかと気持ちが向かなかった。

ほったらかしでも、強い宿根草たちは次々と春を知らせる。クロユリもカタクリもスズランも、ひっそり咲いて終わっていく。 やっぱりいとしいな。

花友達の実家の、日あたりのいい部屋で越冬できたホットリップスも、戻ってきて早々と花をつけだした。 鉢がえもしてやらないのに姫ウツギもいっぱいに咲く。
e0001808_14183788.jpg


e0001808_1422245.jpgこんな新種のミリオンベル系。45センチの鉢いっぱいに広がるというので丸鉢に植えた。

あとはオレガノ2種。 根詰まりしている雑草群の寄せ植えも、そろそろ植え替えなければ可哀そう。 心ここにあらずのオーナーの花壇は一目でわかりますね。

[PR]

by oss102 | 2015-06-23 14:36 | いとしの花たち | Comments(4)
長い葉をたばねる。
 ベネシアさんの猫のしっぽを見た。
ベネシアさんはお友達と庭の手入れをしているところで、花の終わった葉の処理をしていた。

水仙やムスカリなど、花が終わって葉がだらしなく地面に伸びるでしょう。あれって気になっていました。

それをベネシアさんは、結んで束ねていました。
そうすると球根に栄養がたまるといいます。

そうか・・地面に葉がべったりついていると、腐りやすいし直射日光で焼けるし、よくないのね。
早速夕方束ねていたら、蚊にさされました。 今年の刺され第一号です。

覚えたての知識をパーク仲間に言ったら、以前から知っていたそうです。
あら、常識だったのかしら・・・みなさんは知っていましたか?


e0001808_15582144.jpg

 註 みなさんへ・・・昨日ベネチアさんと書きましたが、ベニシアさんでした。m(__)m
[PR]

by oss102 | 2015-05-23 15:59 | いとしの花たち | Comments(16)
嫁入りどき
 宿根草がぞくぞくと咲き出して美しい。 どれもこの地に合った平凡な花たちだが、狭いところで主張しあって風に揺れる。

冬には会わない近所の人たちとも顔が会う。 
e0001808_15311340.jpgきれいね・・といわれれば、「差し上げましょうか?」とスコップを入れる。

せっかくきれいに咲いているのに、本当は花が終わるまで待ってほしい。
でもいつ会えるかわからない。
e0001808_15331514.jpg






                      フロックスにもスコップを入れた。

ピンクの花イチゴなど、つるが伸びた小苗を上げたいのだが、またいつ会えるのかわからないし、わざわざ、いつと時期を指定して取りに来るようにとも言えない。

辛いところだ。やっぱり一番きれいなときが、輿入れどきか・・・

スズランは陰にヒッソリと花をつけていた。 コップに挿して眺めよう。

e0001808_1539683.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-05-22 15:40 | いとしの花たち | Comments(8)
レイウシアの子を
e0001808_15175746.jpg  レイウシアが8分咲きです。セラスチュームも咲き出しました。

e0001808_15152394.jpg








今年のレイウシアは大きな子苗を2ヶ茎につけていました。
こんな大きな子苗は初めてです。直径17cmもあります。
いつもは4・5cmくらいなんですよ。

近所の花友達のネネ(シバわんこ)のママは、初孫が生まれるので3ヶ月も名古屋に行ってます。
そのママには何度レイウシアの小苗を上げても、生きてるだけ~といった感じで花をつけません。

お留守の間に苗を育ててあげようと思いました。

こういう葉の厚い植物は、一日ほうっておいて、根元を乾かしてから土に乗せるのがいいのです。
発芽をうながすルートンを根元にまぶして・・浮かないように爪楊枝で刺しておきました。

7月までには結構大きくなっている筈です。
e0001808_15293934.jpg
お腹のお孫さんは男の子なんですって・・・名古屋は暑いでしょうね。

ネネとパパさんは淋しそうにお留守番してます。

[PR]

by oss102 | 2015-05-17 15:32 | いとしの花たち | Comments(6)