仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
人間の子を里子にした人た..
by あきの at 16:17
いよいよ始まりました。O..
by あきの at 16:12
さなえさん もう中学生..
by oss102 at 14:36
304さん 穴からお札..
by oss102 at 14:31
hanairoomimi..
by oss102 at 14:29
kiyokoさん まっ..
by oss102 at 14:26
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:24
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
松風さん 私も動画・エ..
by oss102 at 10:43
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:35
fuchanさん なに..
by oss102 at 10:32
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:いとしの花たち( 341 )

春の花たち
 パーク旅行から帰宅してみると花苗が大きくなっています。
 セラスチュームもレイウシアも満開・・白いイベリスは灯油タンク下を明るくしてくれます。
e0001808_11402922.jpg

黒ポットにひと苗もらったフロックスも数年経って・・・風に揺れるやわらかい花びら大好き。
e0001808_1141572.jpg

縁石に勝手にはびこった花イチゴもデージーも、なんて可愛いんでしょう。
e0001808_11434087.jpg

場所がないので仕方なしにデージーの間に植えた、オーリキュラ・ポリアンサも一輪だけ花を付け、アルペンブルーもひっそりと生きています。

路地奥の日当たりの悪い場所でも、黒百合・ミヤコワスレ・スズラン・他たくさんの越冬組が、厳寒に耐えて咲き出しています。 

花苗屋めぐりをしていますが、毎年同じ花ばかり。 それでも今年の花は今年のもの。

今年の猫は今年のものだし、私だって去年の私とは違ってる。 

まぁそんな気持ちで今年も花を愛でましょう。

[PR]

by oss102 | 2014-05-30 16:27 | いとしの花たち | Comments(10)
今でしょ!!!
 来週の火曜日に手宮公園観桜ウオークとなっていたが、毎朝犬の散歩に行く友人が「今が最高だ・・」というので9時に出かけてみた。

手宮公園の桜は樹齢を重ねていてイマイチ咲きが悪いと言われていたのに、今年は立派なものだ。こんもりしている。 続く植物園の桜も大盛りだ。 これじゃあ、来年の桜は貧弱かな・・と来年のことが心配になるが、今の花盛りを楽しめた。
e0001808_13461037.jpg

その足でなえぼ公園のウオークへ・・・
e0001808_1348497.jpg

まだ、彼女ができないひとりモンの鴨がいて・・・

e0001808_13494694.jpg

遅咲きの水芭蕉が残っていて・・・

夏は虫がいて・・とか雨の後は足元が危険だから・・とか、中々山へ入れないのが、今年はすんなり新緑の山中ウオークが楽しめた。

リーダーが「やっぱり若い葉はいいですねぇ・・・」という。 人手を入れない原生林の中は、寒さに耐えて準備していた命が噴き出すいきおいの新緑だ。


近くの老人施設の人たちも車椅子できている広場。 バーベキューに集まるカラスが多彩な声で鳴く。ハウハウ・・と聞こえる。 幼稚園児が来る。 ワンコが走る。
 輝く5月の一日。

e0001808_1358381.jpg

[PR]

by oss102 | 2014-05-08 14:07 | いとしの花たち | Comments(12)
ようやく花苗を
 先日ようやく壁にラテイスを取り付けた。 毎年同じことをしているのに、忘れてウロウロして、力を入れて押し込むところは「あぁ、力がなくなった~・・」とひとり嘆く。

花苗を見てもまたパンジーか~とそそられない。 でも止めるわけにいかない。

今日は一日予定のない日。 尻をひっぱたく思いで「サギソウの植え替えをするぞ!!」と自分に宣言した。
e0001808_11592170.jpg

もうこんなに白い芽が出ています。 増えて大きな鉢と中くらいの鉢2つに植えてもまだ20ヶくらい余りました。
誰かもらってくれないかなぁ・・・

e0001808_1221172.jpg

長持ちのするマーガレットとロベリアのステックタイプとミックスのミリオンベルを買ってきました。
後はまた寒くなるので、ゆっくり買います。

4年前に一粒もらった黄色いカタクリ・・・少し離れたところにも葉が出てます。あんまり増えても我が家では困るんです。

e0001808_1261970.jpg

[PR]

by oss102 | 2014-05-04 16:03 | いとしの花たち | Comments(16)
いとしの花 第1号
 路地の花壇第1号の花はミスミソウ。 本当はもっと早く雪の下で蕾をつけていたクリスマスローズなんだけど、地面にへたばって首を上げるのが遅いので、2号にした。
e0001808_1450185.jpg

e0001808_1452353.jpg

クリスマスローズは去年の硬い葉がだらしなく地面に広がって出てくるけど、これはすぐに切り取ってもいいのですって。

これはもう葉は切り取った後です。



石狩のパークに行ってきました。 一昨日はバカ混みで300名。どこのコースも6・7組も並んでいて4コース終わっただけで、ものすごく疲れました。 ただ立っているだけって凄く疲れるもんなんですね。
それでもふた桁の温度で暖かかったのが救い。

今日は、いきなり7度くらいに下がって強風とあって、やっぱり4コース回っただけです。2800歩くらいです。
木の周囲に植え込まれたクロッカス・チューリップ・水仙が踏まれて可哀想でした。
e0001808_150194.jpg

春を待って待って、暖かさを待って待って、本州のサクラを羨み、半年が過ぎてしまうのが北国です。
山ほどいいところがあるけれど、もう少し春が順調に来てくれればねぇ・・・とストーブを背にぼやく4月。

[PR]

by oss102 | 2014-04-16 15:09 | いとしの花たち | Comments(6)
春じゃ春じゃ
 ニュースは連日桜が咲いたと本州の方ではのたまっている。 こちらでもとうとう最高気温が2ケタになって、ストーブは15度設定にする。 
12単衣みたいに着込んでいたグッズも減ってきた。 かなり体もスッキリした。

e0001808_1552455.jpg ロベリアがとうとう窓辺で越冬した。

寒さで花も固まったまま咲き続けた。
ウイ奴じゃ。
もう少し気温が上がったらカットしてみよう。


いつものイオン系のスーパーへ行った。家の前の歩道は乾いている。それでも園芸用の足首までのゴム靴を履いて行った。
やっぱり正解だった。 深いところは踝までくる水たまりだった。 脇の雪道を歩こうとすると斜めなので滑って落ちそうになる。 
e0001808_15151492.jpg

一番汚い北国の春に来る観光客が気の毒です。 これからもまだまだ真っ白になる朝がきます。

[PR]

by oss102 | 2014-03-26 15:22 | いとしの花たち | Comments(10)
猫のなわばり
 BBCの地球伝説を見た。 この日は猫のなわばり。
猫を飼う人なら、猫の一日の行動を見てみたいと願わない人はいないだろう。
私たち母娘もよくフウロの行動を見てみたいと言い合う。

イギリスの美しい地方都市で、研究班は飼い猫50匹に無線を取り付けて、一日の行動を追った。
ブルーの首輪に無線が取り付けてある。
e0001808_9521325.jpg

パネルには行動がラインで示される。
e0001808_9535161.jpg

猫のテリトリーは案外狭い。同じところを行き来している。 縄張りが重なる猫も多いが、猫はトラブルを避けるために時間帯を違えて行動する。

この猫は午後1時半~別の猫は夕方ときちんとルールが出来ている。

テリトリーが分かると次はカメラを付ける。邪魔くさそうなカメラを前にぶら下げても猫は平気なようだ。

広い敷地に芝生が美しいレンガ造りの家々には、必ず猫の出入り口がある。
飼い猫の他に出入りしてエサを食べていく猫がいる。 ほかにももう1匹。 よく肥えた猫だ。(^^)

飼い主は猫の夜の行動を知らない。うちの猫はぐっすり眠っていると思っている。
美しい街の自由な猫たち。 あぁ、こんなところで猫と住めたら・・・面白い番組だった。

[PR]

by oss102 | 2014-03-07 16:00 | いとしの花たち | Comments(6)
窓辺のお花見
 太陽の日差しが好きなシクラメン。 でもあまりにも低温で鉢底が凍りつくなって居間の台所の窓辺に持ってきた。 日はほとんど射さないが、気に入ったらしい。

びっしり花を揃えている。数えたみたら30本も真っ直ぐに花をつけている。周りにはつんつんした蕾みがやはり30以上。葉陰には小さな蕾の予備軍がたくさん。

一体幾つ花を咲かせるのかしら。 直径5センチほどの小さな鉢である。となりのポリアンサも元気。陽が射せばもっと赤みが強くなるのだろうが、ピンクも可愛いものだ。

花たちの後ろの窓が、カーブを描いて白くなっているでしょう? それは雪なんですよ。
e0001808_17584173.jpg
 
この写真は2週間前のもので、ちょっと今より花は少ないです。
[PR]

by oss102 | 2014-01-27 18:02 | いとしの花たち | Comments(10)
最低気温 -7・1度
e0001808_15552465.jpg 雪が少ないと言っていても来るものは来る。 
ちゃんと大雪になっています。小樽積雪96センチ。
申し訳のようについている歩道の除雪は体の巾くらいなので、行き交うときはどちらかが深い雪の中によけなければなりません。 その譲られた道だってカマボコ型に真ん中が高くなってツルツルです。
若者はヒョイヒョイと身軽に飛ぶように歩いていますが・・・

両脇は背くらいの雪壁。 娘さんらしい人と一緒に手押し車を押して歩いていたおばあさん、滑って転んだけれど起き上がれません。 娘さんは両脇抱えて起き上がらせようとしても力が足りず。 身悶えしながらようやっと立ち上がれました。

信号待ちしながら一部始終を見ながら、大腰筋鍛えなきゃ・・・あんまり身重にならないように・・・と雪国の老人のハンデを思ったのでした。

除雪が入った雪壁からはツンツンと連翹の枝が顔を出しています。また数本ヘシ折っていただいてきちゃいました。 唯一この枝だけは良心の呵責がないのです。 だってまた除雪で折られるのですから。

2日目でもう芽が広がってきています。
e0001808_15442664.jpg

ウインドウに置いていたポリアンサ。 鉢底が凍ったので窓辺へ・・・ちょっと暑いかなぁ・・・

[PR]

by oss102 | 2014-01-06 15:58 | いとしの花たち | Comments(12)
まだ咲いている
 ロベリアのカットの3回目がちょっと遅れました。 ところが花たちの始末をしようとしてた11月からどんどん咲き始め、今でもウインドウーの中でこんなに咲いています。
e0001808_1534966.jpg


白いレイウシアはなんと6月から咲き続け。もうこの花をカットして休ませてあげようか・・いや、これだけ咲き続けたのだから、もう来年は休眠か枯れてしまうだろう。

200円のポットの花だから惜しくはない。このままにしとこうか・・・と迷っています。
e0001808_1537994.jpg

ミニシクラメンは先日買ったものです。 店頭でつけていた花はしおれてきたので、根元から回して抜きました。 すぐに蕾が上がってきて、葉ぐみをしてやったらツンツンと真っ直ぐに伸びてきます。

可愛い!!!  今日もプラス気温です。1度だけど・・・(^O^)

[PR]

by oss102 | 2013-12-21 15:31 | いとしの花たち | Comments(8)
ボラ先の花じまい
 週に1度とは中々いかなかったが、ボランテァで小さな老人施設の花の手入れをしていた。
近くに行く用事のときにと思っていると雨。 それでも花柄摘み、施肥・支柱立てなどそれなりに手入れしていた。 

もうすぐ寒い日が来るので、このへんでと先日花じまいに行った。
花はシーズンで今が一番かと思うほど、綺麗に元気よく咲いていた。 ちょうど下がってきた気温が花の乱れを少なくしているようだ。

主任の女性に「もう片付けますから・・」というと泣きそうな顔になった。 室内でも越冬できないのか・・と聞かれたが、ガラス越しの日光では花は咲かないし、土の中には虫の卵がいて出てくるし、よほど管理が出来る人がいないと無理です。と説明した。

出入りの度にこの花たちにどんなに慰められたかという。 雪が来るまでダメですか?と聞かれた。

毎年私も心を鬼にして片付けるんですよ。・・と言ったが、雪が来たら玄関先に入れておいてもいいかな、と思いなおした。 一度初雪が降ってもまた小春日和の日もあるのだ。

それじゃぁ、そちらで片付けお願いしますね。 また5月末に花選びしましょう。・・・と別れてきた。


e0001808_15152054.jpg

[PR]

by oss102 | 2013-10-26 15:16 | いとしの花たち | Comments(10)