仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
おお~!銀世界、見ている..
by orientexp at 05:03
音楽、美術、苦労の割には..
by tmshanagn304 at 21:49
何の世界も勉強して世に出..
by kiyoko at 17:35
演歌の人たちも年間600..
by あきの at 16:53
souuさん souu..
by oss102 at 16:16
あきのさん 初めは、声..
by oss102 at 16:13
kiyokoさん 次の..
by oss102 at 16:11
年月の経過と共に 講師も..
by souu-4 at 16:04
せっかく生きがいを感じて..
by あきの at 18:00
講師の交代は残念ですね。..
by kiyoko at 17:39
残念ですね、 でもせっ..
by fu-and-boro at 15:20
mikihanaさん ..
by oss102 at 10:36
せっかく楽しみに、また刺..
by mikihana922 at 16:32
さなえさん やはりお米..
by oss102 at 08:58
304さん 体は雪が保..
by oss102 at 08:52
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:いとしのネコたち( 660 )

あんちくしょう・・のいとしいものたち
 まったくこの頃のショウマときたら、頭にくる!! いつもは6時くらいにスルリと布団を抜け出して、エサ皿のまえで、「ごはんくれ~・・」とないていたのに。
間もなくネネが起きてきて、朝のゴハンはそれで終わり、またベットに・・のパターンだった。

ところが、その腹時計が狂ってきて、4時になり3時になった。
シ~ンとした早朝?・・夜中に結構大きな、なき声。

e0001808_1051353.jpg食卓椅子に飛び乗り、食卓に上って角に4つ足そろえてないている。最近は登らないように、小さな椅子を載せておく・・のだが、その足の間に窮屈そうに背をまげて泣いていた。

年寄の例で私は夜中、中々眠れない。ようやく明け方、困った夢などみてグッスリ眠る。
なのに、この貴重な時間をショウマに邪魔されるのだ。 どうしてくれよう!!

夜中用に沢山エサを置いておけばよいのだが・・吐く・・食べたての粒、そのまんまに、アチコチ吐く。だからチビチビしか食べさせられない。 あ~~ぁ・・

その眠れない夜を草花たちの越冬を考える。マンションの構内に埋めさせてもらおうか・・ダメなら菓子折り持って、向かいのハイヤー会社の空き地の隅に・・などなど考える。

そこでハタと気がつく。以前の家は一日中照明をつける日が射さない家だった。越冬は2階のネネの窓辺だけ。
今は、居間にも私の部屋にも置けるのだった。保湿に気をつければなにも雪の下にしなくてもよいのだった。 オルトランをしっかり撒いて、虫の発生を防ごう・・

ウトウト・・ニャ~ニャ~・・にゃぁ~にゃぁ~・・にゃ~ぁにゃ~ぁ~・・
にゃ~ぁにゃ~ぁ



e0001808_1043185.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-10-27 16:00 | いとしのネコたち | Comments(16)
ネコの里親譲渡会へ
 今日は11時から保健所で、里親譲渡会があった。私が保健所のボラをしていたころは、管理所の交通の不便なところだったから、街中の保健所なら大勢の人に見てもらえていいなと、様子を見に行った。
e0001808_17544854.jpg初めは、6匹ほどの狭い部屋へ、入り口で手と靴を消毒。
保護の経過や、性格など書き込まれている。
みんな可愛いが、中には片目の仔も2匹。風邪の熱で目が解けたとか・・劣悪な環境だったんでしょうね。

驚いたのは譲渡価格が3万円。医療費や注射の代金で、面倒を見てるボラ団体の資金になるらしい。
昔はその辺の仔を拾ったもんですがねえ。

e0001808_1802697.jpg隣り合った大きな部屋には、保健所で保護された猫たちが10数匹だったかな?

同じようにボラの人たちが世話をしている。ここは無料だが、3種ワクチンは義務付けられていて、その代金は3千円。 ずいぶん差があります。
同じ雑種の猫なんですが。 ほしい人はやっぱり安いほうを選ぶのじゃないかな~

何匹が幸せをつかむのかな? ボラの人たちと少し保護猫談義をする。

国道脇の古い玄関に、7月生まれのネコあげます・の張り紙が・・しばらくして「猫がいますので、戸を開けるときは注意してください。」と変わった。 まだ、張り紙ははがされないが、何匹かは貰い手がついたのだろうか。

預かり主にもなれない私は、見学料を少々寄付するのみで、マージャンへと向かった。

[PR]

by oss102 | 2017-09-16 18:12 | いとしのネコたち | Comments(6)
猫専用アパート
 息子からこんなサイトが送られてきました。西洋では猫受難の歴史もありましたが、今のネコブームは凄いことになってますね。
ブームに乗って、無責任な飼い主が増えるのは心配なことですが、まぁ、助けられる命も多いということで、喜ばしいことかな。

猫を飼えるアパートを苦労して探しているうちに、それなら専用アパートを建てちまえ・・となってすぐに満室になったそうで。投資としてもうまい話になってるそうです。
ネコ好きな隣人なら、留守中のことも安心して預けられると。

まぁ、いいことばかりじゃないかも知れませんが、そこはどの世界でも同じこと。選択肢が広がるのはよいことですね。

私はやっぱり、老人施設や病院に動物がいてくれたらいいな~と思います。動物を中にして、もっと抱っこしてたい、イヤ、私も、ワタシも・・といさかいが起きるかしら。

今日は水曜日。水曜は「くだらない動物番組だよね。それでも他の番組よりはマシだから・・」とネネと動物番組を見ます。
なにがくだらないかって、猫や犬に飼い主が変装して、どんな様子かとか、競争させて、どれが1位だとか、〇✖とか・・クッダラナイ!!と二人。

それより保護猫に飼い主がきまるようすや、森泉が、保護犬たちの快適な運動場をつくったり、怯えていた犬猫の表情が、だんだん穏やかになっていく様子がいいですね。
何度見ても飽きません。


e0001808_13332523.png

 訂正 〇✖とかの番組は金曜日でした。今日のは面白かったです。(^◇^)
[PR]

by oss102 | 2017-09-13 16:07 | いとしのネコたち | Comments(10)
規約違反
 規約違反を承知でショウマを飼っているが、気の小さい私たち母娘としてはかなり気を使ってる。目が見えないから大きな鳴き声で訴えるショウマ。
すぐに足で^^ポンと背中を押すと「ンギャッ」と泣き止む。

先日の夕方、ベランダで草花たちの手入れをしていると、「こんにちは・・」と声がした。隣の奥さんだった。 グリーン系の花がらの長めのホームドレスを着ている。こんばんは・・とこんにちはの中間ぐらいの時間。
引っ越しのための工事のとき、何度か挨拶に行っていたが、いつも留守でそのままになっていた。

「お花きれいですね・・」と。「あら・・ぐちゃぐちゃで・・」トマトの手作りのぶざまな鉢が隙間から丸見え。ちょっとはずかしい。
なにか言っているが耳の悪い私には聞き取れない。適当に相槌をうつ。
仕事の関係で札幌と半々くらいに暮らしていると。

「お孫さんはいますか?」と聞かれた。一瞬迷ったが、いない・・と。猫の鳴き声を孫の鳴き声と聞こえたのか、確認か? 娘と二人暮らしと答えて・・娘の年を聞かれた。「もうすぐ60才ですよ。いつ老々介護になるか・・私は83才になるんですよ。」

「奥さん、おきれいですね。」と言ったら、「いえいえ・・私も75才です。」「まぁ、とてもお若い!60代にしか見えませんよ・・」私は必死にサービストーク・・ショウマの弱みである。

反対側の隣は、40代か50代くらいの夫婦でいつも昼間はいないようだ。

ネネと偏狭な隣人たちでなくてよかったねぇ・・なにも被害を与えてなくたって騒ぎ立てる人もいるからねぇ・・と言っている。


2014年のショウマです。耳が聞こえないのに気がつかずにこんな記事を書いてます。
e0001808_10481373.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-09-12 16:00 | いとしのネコたち | Comments(10)
大型犬が好きだったネコ
動物とわたし
15年前捨て猫を拾った。 すでに家にはカラスに襲われて死にそうだった3ヶ月のノラの子がいた。

まぁ、遊び相手にいいだろう。
このキジ猫が近所のシェパードとハスキーを尊敬して、上手に挨拶する。犬たちの飼い主はハラハラしてロープを引っ張るが・・ローレンツの攻撃抑制のハラ出しポーズなのだ。

おとなしいラブラドールなどは、猫を怖がって歩道からおりて行く。

フウロ草から名付けたフウロというキジ猫は、小さい犬だと馬鹿にしてハラダシはしない。

懐かしい猫は2年前14才で突然死した。

e0001808_14305867.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-09-05 14:31 | いとしのネコたち | Comments(6)
アーカイブした日
今日はどこへも出かけず、ゆったりとPCに向かった。今日はなにを書こうか・・世の中お盆で新聞記事も戦争の記事がいっぱい。
読売新聞の気流に載った記事は・・戦後兄が無事復員してきた。家族は喜んだが、兄はすぐに仲間と落ち合って自決すると云って出かけてしまった。だが、その日のうちに帰って来て「誰も来なかった・・」と。そこで初めて兄は目が覚めたと。

みんな洗脳されていましたね。昨日のTVでも、北朝鮮の女性軍人が、一日も早い開戦をのぞんでいる!!と云っていました。 戦時中の町内婦人部長そのままでしたよ。笑えません。

こんなよい例がまだ記憶にある人が多いのに、なんの役にも立たないものです。語り継ぐ・書物で残す・それを読んでも知識にはなっても、目の先の喧嘩には役に立たないのです。

終戦後、引き揚げてきたときの私の記事を読み返しました。11年前です。やっぱり一番の愛読者は書いた本人です。^^ みなさんのコメントも読み返して、あぁ、長いお付き合いだな~と感謝でした。

お暇がありましたら、ところどころでも読み返していただければ感謝です。


e0001808_12555342.png
 
[PR]

by oss102 | 2017-08-16 16:00 | いとしのネコたち | Comments(6)
ショウマが占拠
e0001808_1159387.jpg  私の籐椅子をショウマが占拠してます。夜もここで寝ますから、私は気を遣わずに寝返りができてラクチンですが。

下りるときは、台所用に買った踏み台が・・・




e0001808_1282653.jpg最近はネネの部屋の戸を開け放しているので、チャッカリ風の通り道で・・・

海からの風が通って時には、クシャミが出ることも。暑さも・寒さも・・
大きな建物は影響が少なくありがたいですね。

それでも陽だまりで寝ることも・・
e0001808_12133840.jpg

道東の方は、37度なんて大館地方にも負けない高温。どうなっているんでしょう。
北朝鮮もこわいですが、温暖化は地球を壊してしまいます。人間が恩恵を受けながら壊しているんですね。

草地からの風は涼しいんですよ。舗道の風はムットします。

[PR]

by oss102 | 2017-07-16 16:00 | いとしのネコたち | Comments(10)
ブログ13年目 アーカイブ編
 12年という歳月、過ぎてしまえばあっという間・・平凡に日々を送って来られた有難さを思います。 後の12年は、変わりなく・・ということは考えられません。

戦争だって始まるかもしれません。でも庶民の私たちは耐えることしかできませんものね。
まぁ、なるようにしかなりません。今現在を感謝して楽しく暮らしていきましょう。

12年まえの懐かしいフウロ。2編。見てくださいね。
大きな犬が好きで・・歯医者さんの犬なんですが、今はこのワンコの子供たちが元気でいます。

高いところも大好きで、朝食中に大籠のドライフラワーと大ホコリとともに飛び降りてきたことが。(´;ω;`)ウゥゥ

水の流れるのを見るのが好きで、洗濯機のホースをほじくり出して洪水にしたことも。
みんな懐かしい思い出になってしまいました。

[PR]

by oss102 | 2017-06-23 16:00 | いとしのネコたち | Comments(4)
とうとう歯槽膿漏に
 ショウマが、しきりに首を振って口をあけたり閉じたりするようになった。
アゴが少しずれていて、上右側のキバだけが目立ち、左のキバは見えない。
唇をめくると、左のキバは下顎の唇に食い込むように内側に入っている。

それでも痛そうにしないし、食欲も排泄もいい。ほうっておいたが、首振りがひどくなって、明るいとこでよくみると、歯茎が赤い。 ははぁ・・来たか。

先代の白猫も最後は歯槽膿漏になった。ショウマはちょっと早いけど、エサがちがうからねぇ・・・

どこの病院へ行こうか・・この先何度通うことになるか分からない。7月には車もなくなることだし、近いところがいいな・・それに夜間診療のあるところの方が、マンションの出入りに都合がいい。

車で10分のところに、医師3人、4時から7時診療のところがあった。昼間下見に行って予約してきた。 2年ぶりにケージを出す。2匹押し込んで暗くなるのを待って引っ越ししてきたのだった。

4時前、ケージに押し込んで、鳴くショウマをゆすり、エレベーターや廊下で住人とハチ合わせしないように、素早く車に・・・もし知人に会ったら、「妹が急に入院してあずかったんです。」とセリフまで練習。

上下4本のキバを切り、ぐらついていた歯も抜き、炎症止めの注射して10分足らずで診察室を出る。
手早い腕のいい医者だねぇ・・・
誰とも会わずに我が家に入室。 注射で痛みがないのか、今朝はなんどもエサを催促するショウマ。

6680円也・・この先どうなるのかなぁ。

    ケージへ押し込まれる前のショウマ。まったりと日向ぼっこ。

e0001808_13244096.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-05-08 16:20 | いとしのネコたち | Comments(12)
先住猫との折り合い
 やはり生き物にサンキューの中の話。 7才の猫が高齢の飼い主の入院で、保護施設に引き取られた。 やがて2匹飼っていた1匹が死んで、寂しがっているからという飼い主が引き取ることになる。 7才猫は見知らぬ家に来て3日間何も食べない。人が近かづくとシャー・・先住猫は興味津々でうろつく。 無人カメラが追跡する。

それでもだんだんに慣れてきて、エサも食べ、先住猫とも遊び・かさなってのび~っとして寝ているシーンが。 あぁ、よかったよかった。 今までもかわいがられていたのだから、馴れるのも早いのだろう。

ウオークの仲間に13才猫2匹を飼っている夫婦がいる。ノラの子猫を飼いはじめた。
高齢猫は嫌がるし、コネコはどうしても引っついていきたい。タイヘンだよ・・遊び相手に子猫2匹にしたら?と無責任なアドバイスしてた。

高齢猫たちはシャー・シャーッ
 負けずにむしゃぶりついていく子猫・・といってもどんどん大きくなって早や6キロ。

疲れさせようと玩具振り回して遊んでやる。

そのうち、高齢猫たちも影響を受けたのか、おもちゃで少し遊ぶようになったと。(^^♪
若いエネルギーをもらったようだ。

娘さんが1週間ほど帰省してきて、猫と遊ぶのをたのしみしていたのに、若猫のほうはビビリでハァーッの繰り返しでベット下にかくれてしまう。
1度も撫でさせてもらえず娘さんは帰って行ったと。 なんというかわいそうな・・・

フウロはビビリだったけど、息子の帰省の時は、喜んで散歩に誘ってたな・・・


e0001808_937235.png

[PR]

by oss102 | 2017-04-08 16:06 | いとしのネコたち | Comments(8)