仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
年寄りといったところで一..
by tmshanagn304 at 22:40
あきのさんのお話、ニュー..
by fuchan_k at 21:26
今日、わたしの住む区で、..
by あきの at 18:56
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:48
304さん 旅行に持っ..
by oss102 at 13:46
あきのさん そちらは規..
by oss102 at 13:42
私もまず百均・・派です ..
by hanairomimi201 at 09:12
カスタネットで馬の足音、..
by tmshanagn304 at 21:54
残念、見たかった〜。 ..
by あきの at 17:56
fuchanさん 俳句..
by oss102 at 16:55
fu-an-boroさん..
by oss102 at 16:51
さなえさん 貴女までそ..
by oss102 at 16:49
hanairomimiさ..
by oss102 at 16:46
あきのさん なっちゃん..
by oss102 at 16:45
304さん 季語3つは..
by oss102 at 16:43
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:食べ物( 315 )

一汁一菜
 今朝の新聞に土井善晴の講演の1部が載った。この人はプレバトの盛り付けの部でお馴染み。
一汁一菜 日本人の美学の見出し。
あなたにとって世界一おいしい料理は「母親の料理」とフランスを始め、たいていの海外の人は答える。 しかし和食が有名になって認められても、メディアは京都の料理人に「オメデトウ」とマイクを向ける。

もっと日本のお母さんのやってきた仕事を大切にせなあかんと思う・・・

母は、7人家族の食卓を何十年も支えてきたのだな・・と改めて思う。
ささやかな庶民の食卓を大病もさせずに家族に提供してくれた。貧しい食卓だったはずだが、そう思ったことは、樺太からの引き揚げ後の食卓ぐらいだ。

よその食卓の贅沢を知らないから、ことさら考えなかったのだと思う。
今のようにお笑いがガヤガヤいいながら、分厚い肉をほおばるTVなんか無い時代。

母の家庭料理では特別に思い出すものはないが、私が熱をだして寝ているときの母は、私だけの母で、おかゆを食べさせてくれた。 水枕がチャポチャポ揺れた。
私だけに卵がでて、私だけに白桃の缶詰が出た。 キョウダイたちはみんな学校への時間。 甘やかな時間。

わが子供たちは、母親を懐かしむ料理なんてあるのかな? 100ヶ作った餃子・バケツいっぱい食べたいといったプリン? 全然自信ない。 料理ベタの母親、土井先生に叱られるなぁ・・
まぁ、すんだことだ。 健康に過ごしているからよしとしよう。

e0001808_10303657.png

[PR]

by oss102 | 2018-01-06 16:00 | 食べ物 | Comments(12)
初売り
 スーパーでは元旦から開けているところもあったが、近所の対面市場は今日が初売り。
大したこともしないのに、残り物で済ます夕食がつづくと、無性に魚が食べたくなる。

e0001808_12454552.jpg アサバ鰈がピカピカ光っていた。 煮魚にしよう。 税込みで270円。ホーレンソウより安い。

私が来た頃の2年前は、こうしたひと山いくらの安い魚は、頭を取ってくれなかった。
今は、頼まなくても頭を取ってくれる。 助かるなぁ・・

バス停2つ先の昔ながらの市場が去年閉店した。かなり長い間ガラ~~ンとしてたが、とうとう潰れて、今はスバル関係の建物が建築中だ。 他の市場も似たり寄ったり。

近所の市場だけが元気と言われていたが、大きなスペースを取っていたオカズ屋さんが、店主が急死していらい、長いこと後に入る店がなかった。 最近小さい区画でギョウザなど売り出したが・・

やっぱり魚・野菜・揚げ物などだけでは、調味料などあれやこれやと必要なときには間に合わない。
スーパーでまとめ買いになる。

魚屋さんも、気持ちを切り替えたんだろう。愛想もよくなった。

ところで、この魚の煮付け。 水をいっさい入れないで、酒とミリンと醤油だけで煮ると、きりっとしまった美味しい煮魚になると、北のオカンブログが教えてくれた。

安い酒をゴボゴボ入れて、そばつゆを少し入れて煮た。

ネネはこういう煮魚は苦手だけど、お付き合いで黙って食べる。
1度、宗八の子で当たって酷い目にあったと、それからはどんなにシッカリ煮込んだ魚卵でも食べない。 私は喜んでもらう。 たった2人の食事でも好みが違う。

[PR]

by oss102 | 2018-01-05 16:00 | 食べ物 | Comments(6)
一度は外へ出ないと

 もう今年は外出の用事がない。でも1度は外へでないとなぁ~・・本バッカリ読んでいると目に悪い。 まだ、少し風の残っている外へ買い物に出た。
マンション構内はブルがガーガーやっている。ご苦労さん。

川沿いにあがっていくと、一軒家のみなさんがセッセと雪かきしてる。川の鉄柵をあけて川に雪を捨てている。 この辺の人はかっこうの雪捨て場があるからいい。 以前の家だと、バス通りを越えて暗渠の鉄蓋を開けて捨てなければならなかった。
だから家の前とかに捨てて行ってトラブルの原因になるの。

でも雪はどんどん溜まるし、奥へと捨てないとすぐに壁が出来る。奥へと踏み出すと危ない。
まぁ、みなさん長年やってるのだから、コツを心得ていると思うけど。

几帳面な人は、雪に角をつけて、隅から隅までくっきりと・・そうでない人は適当に・・まぁ、春になれば必ずなくなるからね。

今日は久しぶりに巾着、フキと高野豆腐の煮物。 雰囲気につられてトリモモなんぞ齧ってたから、薄味にしたこんなものが食べたくなった。 巾着にはひき肉と玉ねぎと生シイタケを刻んで入れました。

もう新聞紙に包んで保温中。 これでゆっくり本を読めます。

            巾着とはいうもののつまようじで・・・

e0001808_1435138.jpg

[PR]

by oss102 | 2017-12-27 16:00 | 食べ物 | Comments(2)
フランスパン
 先日トットちゃんの番組で、お母さんのチョウさんとトットちゃんが、フランスパンを丸ごと齧る場面が出た。

あぁ!懐かしい!! 最近こんなことしてなかった。歯に力がなくなってたし、いつもカットするのが当たり前になっていた。

私が高校生のころだったか、7才違いの長兄が札幌の三越からドンクのフランスパンを買ってきたことがあった。
私には初めてのフランスパンとの対面だ。
兄は、いつもどこそこのと、銘柄を得意げに云うのを嫌っていたのだが、このときは、ドンクを得意げに云っていたっけ。

そうしてデッカイ、フランスパンにかじりついて、外国ではこのまんま持って歩いて帰るのだといって、丸かじりしてみせた。
私も、反対側から丸かじりしてみた。 「ウマイ!!」「おいしい!!」・・7才ちがいの長兄と私は笑い合った。 塩だけの味で、なんとも美味しかった!!

それ以来のフランスパンのファンで、いまだにフランスパンを見ると、つい買ってしまう。
昔のような食べ方はできなくなったけど。


e0001808_9562791.png

[PR]

by oss102 | 2017-12-23 16:00 | 食べ物 | Comments(2)
好み
  のんびり和風総本家を見ていた。日曜の昼間だから再映もので、屋台グルメをやっていた。
最近の屋台でヒットしているオヤツ。 見ていると「最近はかなりよい素材を使っているのだなぁ・・」と思った。 

お祭りが沢山ある小樽にいて、祭りは避けてとおる私。そういう事情に疎かった。

うるち米ともち米、半々をこねてサクラエビをたっぷり入れて、筒で形をととのえ・焼いて海苔を大きくベッタリと貼る。サクラエビの他にグリーンのものともう1色。
3枚で300円。 ワッ!うまそう!と思った。

他にもウインナーにでこでこと煉った小麦を巻き付けて、その上にズワイガニのような食感のものを乗せてる。 昼食後、お腹が空いているわけでもないが、みんなこれなら、今でも・・というふうに見えた。

昨日の土産物の差し入れの、抹茶のお供のようなラクガン?羊羹を細くはさんだカステラ・・などはパスだが。 私はやっぱり庶民の好みなんだなぁ。

柿の種や落花生などは大好きで、売り場の前でピーナツたちが呼びかけて来るような気がする。ガマン・ガマン。

育ちもあるけど好みって、生まれつきのような気がする。だって亡き兄なんか、けっこう甘党だったもの。


e0001808_15391167.png

[PR]

by oss102 | 2017-12-17 15:39 | 食べ物 | Comments(8)
LED野菜
 先日探検バクモンを見ました。LEDで育てる植物の工場が出ました。
もやしやキノコなどの工場はよく見てましたが、野菜もこんなに!!

いいですね。農薬も使用しないし洗って出荷する必要もない。みんな同じように育つからロスがない。7色の太陽光線のうち、赤・黄・青の光線の当て具合でリーフレタスの色が変わる。
そしてやわらいかい緑・シャキっとした紫がかったのなど、自在に作っていました。

魚もヒメマスなどを大きく育てる水槽など・・

人手が足りなくなったり、気候の激変で食料難になったり・・の危惧を乗り越える科学ですね。
どんどん世の中かわっていくなぁ・・エライ人たち、まだ沢山いるね。

きっと花も光線の当て具合で、多彩な色を作り出しているんでしょうね。
本ばっかり読んでいないで、こういう番組をもっと見てみようと思いましたよ。


e0001808_1049239.png

[PR]

by oss102 | 2017-12-15 16:00 | 食べ物 | Comments(6)
白菜を焼いて
e0001808_13421814.jpg  昨夜は冷蔵庫にはグリーンのパプリカと白菜があった。パプリカは持ちがいいのよね。
白菜は炒めると水気がでるので、焼いてから炒めることにしました。

グリルの両面焼きで焼くと、いい・・匂い!! トウキビを焼くような甘い匂い!!。

うすいところの葉は、ちょっと焦げますが・・美味しかったですよ。肉は生姜焼きです。

後は、大根とコンニャクとさつま揚げを味噌・酒粕煮。
泥付きの長いも・・これは旬で、今が一番おいしいです。すりおろしで・・ちょっぴりのご飯にたっぷりでした。

 ネネは今朝早く東京へ社員旅行です。明日夜にはもう帰ってきます。ハトバスに乗ると云ってました。 東京は21度の予報でしたね。

こちらも予報15度、最後の小春日和らしいです。ウオークで3班に入り、とろとろカサカサとスローで最後の紅葉を楽しんできました。

e0001808_14242.jpg


註 またやってしまいました。非公開のままでした。<(_ _)>
今度こそ、文章の直しなどは予約投稿でしますので、出戻りだった方お許しを。

[PR]

by oss102 | 2017-11-08 11:21 | 食べ物 | Comments(6)
初鍋

 マンションは暖かいのでまだストーブは点けていません。そろそろ鍋もいいかなと白菜鍋にしました。 先日友人からタ○○の麴2倍減塩という味噌をもらったのです。これがおいしい。

私はもともと酒粕が好きなんです。麹もそんなおだやかな味がします。
特売の牛肉の細切れが冷凍庫にあって、ゴボーが1本乾き気味のが残っていました。長ネギとシイタケも。

コンロを引っ張り出して、みそ味の白菜鍋。〆はインスタントラーメン。
ラーメンがすっかりスープを吸い取って、1滴も残りませんでした。

今夜は孤食の夜です。残りのスープにウドンでも・・との心づもりが・・・まぁ、同じようなものを今夜も食べることにします。

暑がりのネネは、部屋着を夏物に着替えていました。鍋はあったまりますね。キムチがあればなおよかったかな?
いつもは、味噌とゴマ油とスリゴマの、ラムシャブ鍋ですが、おいしい味噌ならこれだけで大満足でした。

でも美味しい物の味をしめると不経済ですね。"(-""-)"


e0001808_1024282.png

[PR]

by oss102 | 2017-10-19 16:00 | 食べ物 | Comments(4)
野菜たち
近郊農家の野菜の収穫も終わりに近くなった。規格外れの安いキュウリ・トマトもだんだん値が高くなった。
枝豆もサヤが黒ずんでいるのが混ざるようになった。「これは、枝豆か?大豆か?」とそのアイノコのように育った、まぁ、枝豆をせっせと食べ・・冷凍もしたら豆が柔らかくなって・・やっぱり素人にはムリだったかと反省し、朝は納豆・ひるは既製品の揚げ豆腐・夜は解凍枝豆・・と大豆づくし。

これじゃ、戦後の生活とカワラン。しかし、店頭に並ぶうちは買う!!

ずっしりした大玉のキャベツが100円を切り、トマトが一山300円、しあわせだったな~

とうとう最低気温がヒトケタになった。一軒家に住む人たちは、もうとっくに暖房を入れている。
目の見えないショウマもストーブの前に座ったり。

世の中選挙で騒がしい。ピカドンと落とされれば、どうしようもない。ではそれを阻止できる日本なのか。あの人が落ちても、この人が当選しても・・と、野菜の値段と日本の行く先を同等に見てる私。 こんな老女が、カシコイ人と同じ1票。 矛盾ですなぁ・・・


e0001808_17254961.png

[PR]

by oss102 | 2017-10-11 17:25 | 食べ物 | Comments(12)
天然のあゆだよ~
先日お彼岸の入りの日。札幌から元OSS会長夫妻が、あゆを届けてくれた。
ショウマのために、天狗山あゆのバーベキューに参加できなかった私のためにと・・
ガッチリ冷凍してある包みを渡してくれた。

ヒデキ・かんげき!!・・ならぬY子感激!!である。

e0001808_11322841.jpg水でゆっくり解凍して・・と彼は云った。すぐにもブログアップしてお礼の代わりとしたかったが、あいにく、急いで食べなければならぬ食材と、ネネと一緒に食べる夕食が少なくて、冷凍庫に1週間も眠っていたアユ。

昨夜こそと、ネット検索。すると四万十河で捕れるあゆを冷凍するが、そのまま焼いた方がいい・・という説も。動揺するが、やっぱり彼の言うとおり、冷たい水でゆっくり解凍。
鮎は、天狗山で食べた鮎より小ぶりで、今にも泳ぎだしそうに私の手から滑りだしていく。

e0001808_11331362.jpg3時間くらいたって解凍がすんだところで、レシピにあったように鮎のぬめりをとり塩をひとふり・・外を見ると風が吹いている。ちょっと夕方の風に当てた方がいいかな?

やっぱりどこのレシピにも書いていないことは止めようと・・と小1時間で取り入れ・・

長い串が2本だけあったので、真似ごとして挿してみた。それなりにうねっている。

e0001808_1155979.jpg両面焼きグリルで焼く・・うん・上手く焼けた!! 竹串は1本焼けちゃってない。もう1本は真っ黒け。そうだ、ヒレにアルミ箔をとレシピに書いてあったな。

食べた。うん! どの小魚にもない、これはアユなんだ。クセがなく身がしっかりしていておいしい。ネネも小魚は苦手なのだが、美味しいと食べた。

解凍するとグンニャリする小魚が多いが、やっぱり激流で天然クロレラの苔を食べる鮎はちがう!!

彼は私と同じ年。この年齢で鮎つりする人はいないという。でもさすがにもう止める決心をしたようだ。最後と思うので・・とくださった鮎。

ありがたくありがたくいただきました。!!! ごちそうさま。<(_ _)>

[PR]

by oss102 | 2017-09-27 16:16 | 食べ物 | Comments(12)