仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
たしかTVで見たような気..
by orientexp at 01:34
本は読んだ事がありません..
by tmshanagn304 at 22:43
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:13
鶏肉は必ず冷蔵庫にありま..
by fu-and-boro at 14:56
あきのさん 胸肉に味噌..
by oss102 at 10:42
mikihanaさん ..
by oss102 at 20:41
souuさん 動画なん..
by oss102 at 20:36
hanairomimiさ..
by oss102 at 20:32
鶏肉胸肉の方でいいです。..
by あきの at 16:58
わが家は戸建てですが ..
by mikihana922 at 14:45
このニュース読みましたが..
by souu-4 at 13:37
お久しぶりです クモ男..
by hanairomimi201 at 11:21
あきのさん そうですよ..
by oss102 at 09:39
先日の鍵騒動の時、ベラン..
by あきの at 16:59
sakuraさん 1時..
by oss102 at 09:51
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

夏の花たち
e0001808_2013391.jpg 涼しい日が続いていましたがさすが夏になると、キリッと可愛い顔をならべていたクリサンセマムもくたびれてきて、今日思い切って抜いてしまいました。

路地の一番奥、トイレのあるくびれたところに台付きのトレリスを置いています。ここはほとんど日が射しませんが、隣の動物病院の壁に当たる日の反射光があります。

植物というのはこうした反射光でも育つものなのですね。 何でもいい、緑ならということでコリウス、オリヅルラン、下にケマンソウ、コムラサキシキブなど日陰に強いものを置いています。
それとお勤めを果たしたビオラなど、けなげに2度咲きをしてくれています。


e0001808_202227.jpg 100円ショップのやしの繊維のハンキングに入れっ放しの2年目のアイビーゼラニューム。
普通のゼラニュームも2本入っているのですが、負けています。キチガイみたいに咲いています。

年中節操もなく咲くゼラニュームなどはキライじゃ、と思っていたのですが、夏過ぎて春の花たちの勢いが無くなると淋しくて、つい買ってしまいました。
       咲きすぎて恥ずかしくても、花が沢山咲くのはやはり嬉しいのです。

e0001808_2022924.jpg 

花フェスタで買った新顔のロドリゲン。ぶどうの仲間のような葉をしています。とても元気が良くてつるをどんどん伸ばします。
花はなんとも魅力がありませんが、紫の傘のようなガクがいつまでも沢山付いていて中々面白い風情をつくってくれます。

木の椅子の花台がありましたので、アーチの中ほどにくくりつけました。







e0001808_2025457.jpg
初雪かずらです。ようやく少し新梢が色付いてきました。
でも花屋さんで売られているように、華やぎのあるシロやピンクにはなりません。
どういう温度管理をしたらあの色が出せるのでしょうか。

今日で7月は終わりですねぇ、あたりまえですが明日から8月、短い夏がお盆を過ぎると去っていきます。
[PR]

by oss102 | 2006-07-31 20:43 | いとしの花たち | Comments(11)
今日は潮祭り
 毎年よく雨の降る潮祭りですが、今年は晴れてくれました。昨日は練りこみ、たいそうな人出だったそうです。
祭りに関係なく我らシニア軍団は土日、朝里ダムのテニスコートに集います。陽射しも強く夏らしい日です。
夏になると私たちは、コートのフェンスにご覧のように日除けのテントを張ります。
ここでワイワイガヤガヤと人の失敗プレーを笑い、昔話、ボケの話に花を咲かせています。
空にはつばめ、足許には蚊取り線香。山の緑が全身を包みます。

e0001808_21273215.jpg


海のほうからいい風が来ます。休んでいさえすれば涼しく快適です。コートに立てばヘボテニスでも汗はドッサリ。 午後3時になると、また来週と別れます。後はお風呂とビールの時間が待っています。

必ず終わりの日があるのは承知ですが、一日でもそれが長く続きますようにと祈ります。


潮祭りの我が家のご馳走は、出来合いの生寿司といただきものの新鮮ささげの煮物でした。
発泡酒の後はオーストラリヤ産のシャルドネ。

e0001808_21282399.jpg
e0001808_21284023.jpg




8時過ぎ、恒例の花火がドンドンと威勢良く上がります。玄関前に椅子をおいて見物する家族、海のほうへ急ぐ人々、夜は快適気温です。 7月も明日一日で終わりです。

ワインで手ぶれの花火です。
[PR]

by oss102 | 2006-07-30 21:35 | 日々のこと | Comments(10)
ショウマのハンストに根負けして・・・・
 ショウマは少し回復すると、エサくれ、エサくれが始まりました。
医者から買ってきた砂を溶かすというエサには見向きもしません。お刺身に混ぜたり、砕いて混ぜたり、と飼い主の努力も空しく娘の体によじ登ってワァワァわめき続けます。

何日も満足に食べていません。とにかく体力をつけなくてはと、今までのエサに少量の新しいエサを混ぜてやりました。

初めにフウロにエサをやりました。ショウマはフウロのお皿に猛然と頭を突っ込みました。フウロは驚いて引いています。思い直して頭を揃えて同じお皿から食べ始めました。

いつもはショウマが食べていても、フウロが頭を突っ込むとすぐに引いてしまうショウマです。
「やっぱり、気迫が大事だねぇ、このくらいの気迫があるとイジメには合わないね」と娘。

お腹が満ちると、元気が出ていつもの運動会が始まります。部屋の乱れには目をつぶってください(ムリカナ~~)
e0001808_21102960.jpg


元気が出てきたショウマを店前につないでおくと、近所のおなじみさんが「ショウマ、元気になったの」 「オ!ショウマ、三途の川から戻ってきたか」とか色々声がかかります。
ご機嫌な腹出しショウマです。

e0001808_2114210.jpg


お馴染みのワンコたちも通ります。

e0001808_21151911.jpg


あっち向いて、こっち向いて平和な夕方です。

e0001808_21162321.jpg


でもあのエサを食べないかぎり、この平和は長くは続かないのです。月に1度の注射で砂を溶かす薬はないものでしょうか。

More その時フウロは・・・
[PR]

by oss102 | 2006-07-29 21:29 | いとしのネコたち | Comments(14)
「お」の字のつく言葉
 新聞で「お」がつく言葉が取り上げられていた。
4人に3人が「お菓子」といい、2人に1人が「お酒」と使う。
少数派には「おビール」1.6%、「お靴下」0.9%、もあるそうだ。ホンマかいな。

私は道産子の庶民派で、本州から越してきた友人が「お酢」「おたくわん」というのに馴染めなかった。

昔から食べ物には感謝の心が出来るから、自然と「お」がつくのだろう。「ごはん」「お味噌汁」「おかず」「おひつ」「おへら」「お膳」等は庶民派でも自然に使っていた。

お味噌、お醤油はつかうが、お酢、おたくわんは無く、お漬物はあった。
道産子はどこでおたくわんとお漬物を判別して、たくわんの「お」を省略したのか。

最近はまた更に省略が進んで、漬物、醤油、味噌など、普通のことになった。

食べ物が豊富になって、感謝の心が薄れたのかもしれない。
[PR]

by oss102 | 2006-07-28 20:04 | 日々のこと | Comments(7)
私のダイエット その2
 昨日のコメントにこの機械が壊れているのだという優しいアドバイズがありました。
ア、そうなのか、機械が壊れているということもあるんだ。

この機械は10くらい違って表示されるのかも・・・・そうだきっとそうだ。 私はそう思うことにきめました。従って私の体脂肪は23・2であります(*^。^*)


今までも甘いものは苦手で間食習慣のない私が、体重を減らすのは他の人より難しいものがありました。 それで油抜きを考えたのです。

たとえば肉じゃが、豚汁などを作るときは、今までは食材を油で炒めてから煮ていましたが今は豚肉についている油だけで炒めます。少々肉は固くなります。

グット登場回数が増えたとりむね肉は、鳥皮はそのまま、ショウガ醤油に漬け、かたくり粉をつけて茹でます。つるりとした食感が食べやすく、サラダの付け合わせにも合います。
炒め物、天ぷらはメニューから消えました。

e0001808_1702913.jpg友人から教えてもらったトリハム簡単料理。
とりむね肉に、砂糖をよくすりこみ、塩コショーをすりこみ、袋に入れて一晩置く。
それを水で洗ってから、熱湯で5分~8分煮ます。
そのまま8時間以上おいて冷ます。スープもおいしいです。
私は甘みがないほうがいいので、砂糖ははぶきました。美味しかったです。

とり手羽か、とり手羽元の酢煮。
洗った肉をお鍋に入れて、ヒタヒタの酢で煮る。酢が無くなったらOK。それだけ。
昆布を入れてもいいし、ショウガを刻んでもいい。
コラーゲンたっぷり、冷凍保存も可。

私はこんな簡単なものしか作る気にならない。酢の味にはかなり強いのでトーストのおかずに愛用しています。

大皿に山盛りサラダが我が家の定番ですが、これも茹で野菜の方がたっぷり食べられます。
ポン酢とゴマ油をチョッピリ。これがお気に入り。

そして軽く一杯のごはんを食べるようにしました。今まではビールとおかずだけで済ます事が多かったのです。 どうしてもおかずを沢山食べる事になるし、その分塩分もカロリーも多くなります。
アッサリ系の夕食をすますと、11時ころの就寝時近くなると軽い空腹を覚えます。
それは快いものでした。そこで小さいグラスに一杯のワインを飲んで休みます。

こんな風にしてやせたのですが、娘は父親の血をひいて肥満体質です。一緒に油分の少ない食事を摂れたのは幸いでした。
これが高校生などの孫と一緒でしたら、こうはいかないと思います。
[PR]

by oss102 | 2006-07-27 17:28 | 日々のこと | Comments(6)
私のダイエット
e0001808_18164063.jpg この冬、私の体脂肪は38もありました。いくら70代とはいえ30くらいには押さえたいと思いました。
この体脂肪計は発泡酒を大量に買ったときに、おまけで付いてきたものです。

決心して2月ごろからゆるやかなダイエットを始めて、今4キロの減量に成功しました。
身長155cm、体重は52キロです。身長から103も引けますから充分ではないかと思うのに
今計ったら、まだかくれ肥満と出ます。 体脂肪率33.2%、脂肪がお腹に溜まる体質なのですね。

基礎代謝は1061カロリー、ベタット寝そべっていても、これだけは消費してくれるということです。 調べたら体重×35が適正摂取カロリーです。1820カロリーと出ました。

発泡酒350mlは約120カロリー、寝る前のワインと合わせると、食事で摂取できるカロリーは少なく、中々厳しいものがあります。でも私はあまりこだわりません。目茶食いしなければ大丈夫とゆったり構えています。

ともあれ4キロ減でお腹はかなりスッキリしました。寝ていても盛り上がって、ヘソまわり90以上だったのが、今は85になっています。洋梨形からズン胴へと変化したわけです。

食べる量も減らしましたが、なにより調理に使う油を減らしました。
減らす気になれば結構減らせるものです。 そのやりかたは明日に・・・・・
[PR]

by oss102 | 2006-07-26 18:46 | 日々のこと | Comments(8)
オレガノ・・・・この素晴らしきハーブ
e0001808_1716669.jpg

この3種はみなオレガノです。最近はオレガナムと書いてあるほうが多くなってきました。
このケントビューテーは3年目。通りかかるご婦人たちに人気があります。葉先がピンクに染まってきて、間に細いピンクの花をつけます。

e0001808_17162939.jpg

これはバーバラ、今年買ってもうカットしました。横の去年のケントビューテーと較べると、やはり今年のものは格段に色が違います。 もっとも去年のもアンテックな色で中々捨て難いのです。
e0001808_17163939.jpg

これも今年買ったアマナム。ピンクの花がこの後びっしり咲きました。まだ弱い苗のうちに雨が降り続いて、ちょっとこじれましたので、これもカットしていまいました。

オレガノは北海道でも越冬出来るということになっています。でも株がしっかりしていないとダメなことも多く、また種類によっては弱いのもあります。

越冬に失敗したロダンテーフォリュウムもグリーンが強くとてもいい色でした。
この外下の写真の花フェステで買ったディクタムがあります。まだ葉先の色が出ていません。これはオレガノに珍しく葉がラムズイヤーのように厚いのです。

オレガノが売られていると、どうしても欲しくなります。もう少し日当たりが良いといいのですが。手で触れるとほのかないい香りもします。

e0001808_17494650.jpg


More 今日のショウマ
[PR]

by oss102 | 2006-07-25 18:04 | いとしの花たち | Comments(15)
床上げしたショウマ
 ショウマの病気については、訪問いただいた皆様に沢山の暖かいコメントをいただきました。 とても嬉しく力になりました。

おかげさまでショウマはひと山越えたようです。垂れ流しも止んで無事床上げもしました。
検査で分かるほどの血尿が僅かありますが、とにかくオイシイモノクレ~の食欲が戻ったのがなによりです。 食器棚の前でエサをせがんでいます。横には拒否をしている新しいエサがあります。
e0001808_20134476.jpg

e0001808_2014096.jpg

ショウマは昨日食べたようなおいしい本マグロがほしいのです。久しぶりにワメキネコになりました。飼い主は嬉しいのですが、ショウマはもう死ぬまで砂を溶かすというエサを食べ続けなければならないのです。度々マグロなど与えていると、他のエサを受け付けなくなるので、心を鬼にして無視です。

e0001808_20141147.jpgショウマは砂が出来やすい体質なのだそうです。フウロが食べても一向にかまわないそうです。どういう訳かこのエサは健康なネコが好み、必要とするネコは嫌うのだそうです。

栄養注射と僅かなエサでふらふらしながら、別のものをねだるショウマを見るのは辛いものがありますが、涙にくれた昨日の昼間から、笑顔が戻った私たちでした。

             皆様 有難うございました。
[PR]

by oss102 | 2006-07-24 20:35 | いとしのネコたち | Comments(20)
病むショウマ  少し回復へ
e0001808_20194664.jpg
e0001808_20201286.jpg ショウマは夜中と私のいない午前中、2度けいれんを起こしました。 以前死んだ愛犬の死のときと同じ。もうショウマはだめだ。と娘は涙ボロボロです。
もう何も食べなくなって5日目です。栄養注射と点滴はしましたが、初めの3日は水も飲めません。 昨日から水は少し飲めるようになっていました。

垂れ流しになっていましたので、私の羽毛の夏掛けに古タオル、それにペットシーツを買ってきて壮絶な介護の部屋になっていました。 救いは血尿がなくなったことでした。
娘が移動すると目で追うのです。つきっきりでティッシュの山を築いています。

高濃度のペースト状のエサをやっても顔をそむけます。でも水は飲めるようになってきました。
寝ている姿もこころなしか苦しそうではありません。

夕方、少し表情がはっきりしてきて、こころみに本マグロのお刺身を与えたところ、食べたのです。1切れを食べました。まだ欲しそうにしています。
e0001808_20363194.jpg

感動でした。 いきなり沢山やっては、吐いてしまうかと少しでやめましたが、まだ欲しそうにしています。
e0001808_20365945.jpg

フウロは物凄いいきおいで迫ります。とうとう抱っこして外に連れ出しました。

e0001808_20422587.jpg

鼻先をつけて安眠するショウマです。予断を許しませんがなんとか先が明るくなってきました。
[PR]

by oss102 | 2006-07-23 20:54 | いとしのネコたち | Comments(14)
病むショウマ
 実はショウマは重態なのです。
膀胱炎になったのは以前に書きました。注射と薬で1時はよくなったのですが、またぶり返していました。膀胱に砂がびっしり詰まっていて血尿が出口をふさがれ溜まっていたのでした。
ショウマは一日中、こうしてうずくまっています。
e0001808_20191085.jpg

水は飲みたいらしく、水のところへいくのですが、そのまま固まっています。
毎日病院へ行き、尿をだしてもらいます。

e0001808_2019258.jpg娘は居間の床に寝てショウマに付き添っています。砂を溶かすというエサはショウマは食べずにフウロが食べます。

今日は点滴をして、高カロリーのペースト状の缶詰をもらってきました。口に押し込んだ一口のほかはまだ食べようとしません。 
でもいささかの好転は見られます。

いつもはフウロがショウマにじゃれつく時間になっても、何かを感じるのかおそっていきません。  いつものワメキねこが懐かしいです。

動物はどんなに具合が悪くても、ジット、只ジットしているだけです。
[PR]

by oss102 | 2006-07-22 20:41 | いとしのネコたち | Comments(9)