仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
松風さん 私も動画・エ..
by oss102 at 10:43
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:35
fuchanさん なに..
by oss102 at 10:32
パソコンサークルに参加し..
by 松風Ⅱ at 10:29
あきのさん 昨日はワー..
by oss102 at 10:28
いつも何かに挑戦するOS..
by hanairomimi201 at 08:49
学びの場がたくさんあって..
by fuchan_k at 22:22
わたしは子供達がMCなの..
by あきの at 20:03
sakuraさん 今年..
by oss102 at 08:26
総会は、お世話をしてくれ..
by orientexp at 01:55
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ワァ!! 大変ダァ
 娘がいきなり入院手術となった。 

早朝からお腹が痛いと言い出し、どんどん痛くなる。みかねて車で2分の救急病院へ行った。
検査、点滴、痛み止め注射。 私はひたすら待つだけ。 帰宅7時

帰っても一向に痛みはひかない。9時になるのを待って行きつけの車で1分の病院へ。土曜日なので何も出来ない、この様子だと入院となりそうだと、今朝行った病院に紹介状を書いてくれる。なんだかんだで11時くらいになる。

娘は7転八倒苦しむ。こんな苦しむ娘は扱えないから、救急車を呼ぶ。頼もしい救急隊員が3人も2階へ来て椅子ごと運んでくれる。 私はついてるだけ。

折角救急車に乗ったのに1分で病院へ。娘は検査検査。私はひたすら病院の椅子で待つ。

MRIの説明などあって、腸閉塞らしいと手術になる。 その前に担当医から手術について、あれやこれや、デメリット、後遺症の事、散々威かされる。

胃がんやなにかなら、もっと他の病院をと探したいけど、一刻を争うのにあぁだこうだと言ってられない。 先生はこの症例を何件執刀したことありや、などと質問は出来ない。

手術同意書にサインするしかない。

1時過ぎ手術開始、延々6時間。 ひたすら手術室の前の硬い椅子で待つ。「 長くかかるからお母さんはご自宅でどうぞ」なんて言ってくれない。 お腹も空いた。ネコどももお腹空かしているだろう。

PM7時、執刀医が出てきて、切り取った娘の痛んだ部品を見せてくれた。小腸だそうだが、腫れ上がったのかドス黒いでかいソーセージのようだ。くろく壊疽をおこしている。
伸ばせば6・70センチくらいはあったろうか。
これ以上時間が経過していれば危なかったらしい。 病気というものは突然やってくるのだ。

7時半、ようやくICUの部屋で娘と再会とあいなった。私は今日一日な~~にもしていない。


娘はこの日、豪華客船あすかの通訳ボランテアとして出かける予定だった。
私は秋晴れのこのよき日に、テニス仲間とジンギスカンの予定であった。

来週にはパーク仲間と定山渓1泊旅行。 あぁこれもキャンセルだ。

私が倒れたときのために、私は優しい声で看病して、貸しを作っておくつもりだ。 
[PR]

by oss102 | 2006-09-30 21:50 | いとしのネコたち | Comments(23)
ヘェ~ モナリザがベールを
e0001808_15161092.jpg 今朝の読売新聞の編集手帳によると、モナリザが薄い生地で、ほとんど透明なベールを羽織っていることが、美術館の委託調査でわかった。

当時は妊産婦の着用したベールで、出産直後と推測できるという。

ここでは日本の画家が、パリの巨匠と仰ぐ人に、塩と砂糖を描き分けてごらんといわれたことに結んで、天才の想像を絶する技に驚嘆している。

ヘェ~ レーザースキャナなど、最新の科学の目で、ようやく見えた透明なベールまで描くの。  他人には見えないのに。


そうかといえば、思い切り省略した大胆な絵も評価される。
いつも思うんだけど、評価する人が多いから、後世に名が残るのでしょう?
沢山のすぐれた感性の人がいなければ、名は残らないのでしょう?

沢山いるんですね。 芸術のわかる人が・・・・・

そして今、後世に名が残るすぐれた芸術品が目の前にあって、誰も知らんふりして通り過ぎていって、100年後には大評価されて、美術館には押すな押すなの人が見に行ったりして。
[PR]

by oss102 | 2006-09-29 15:29 | 日々のこと | Comments(11)
ICカード成人識別自販機
e0001808_20562856.jpg
 我が家はたばこ屋を営んでいる。
営んでいるといえばお叱りを受けるような、いつもシャッターの降りているたばこ屋だが、たばこ自販機とコーラの自販機を置いている。

店が開いていれば、店内でカートン(10ヶ入り)買いのお客さんも来る。両替目的の人も、ライターのサービスがほしい人もくる。

ところでたばこの税率がドンドン上がって、たばこへの締め付けは厳しくなるばかりだが、今度こんなパンフが入ってきた。




政府は最終的には自販機を撤去させたい。 店内売りにしたいのだ。
業界はこんなことに協力してでも、自販機営業を保持したい。

こんなものつけても役に立つのかなァ。逃げ道は一杯あるだろうに。
私は店の中に未成年が入ってきて、「たばこ!」といわれて小銭投げ出されて、「証明書は?」と敢然と応対できる自信がない。 こわいよ~~~

テニスもスキーもパークゴルフもネットの仲間も、たばこ派は極く少数になった。
私の小遣いも少なくなる。
[PR]

by oss102 | 2006-09-28 21:15 | 日々のこと | Comments(9)
最後の華やぎ  9月末の花壇
e0001808_1857189.jpg

ミリオンベルですが、苗屋さんではスーパーベルと名づけて100円高い値段でした。新色かなとよそのミリオンベルと見比べています。我が家の方が色が鮮明に見えるのは損したと思いたくないケチな根性であります。

みごとに咲いていたのを惜しみながら、根元までカットしました。2度目こんなに咲いてくれました。 本州の暖かい地方なら、何度もきり戻し出来るでしょうが、こちらではこれで、おしまいです。

e0001808_207537.jpge0001808_2072077.jpg








こんな写真では雑草にしか見えませんね。でも右のはガウラ(白鳥草)、左はみずひきです。
ガウラは丈夫で切り戻しさえしてやれば、いつまでも優雅に風に揺れる花をつけてくれます。

ミズヒキは斑入りのを知らない家の人に頼んでもらってきて、4年になります。本来の鉢はとっくに無くなって、こぼれ種からの縁石外に毎年出てくるのです。部屋に挿してもいつまでも花の引き立て役として素敵です。

e0001808_2014597.jpg

ま~るく繁るブッシュバジルです。今が花盛り。とても香りが強くてお料理には使う気がしませんが、手でなでるとその香りがただよってきて、新鮮バジル坊や!って感じです。
[PR]

by oss102 | 2006-09-27 20:19 | いとしの花たち | Comments(8)
カラス訂正  文化人類学シリーズ その4
e0001808_19312127.jpg 記憶というものは不確かなものだ。

先日の当ブログのおっぱいは広告塔の著者が誰か知りたくて、先日図書館に行った。

お目当ての本は見つからなかったが、コンラット・ローレンツのソロモンの指輪があった。
 e0001808_19525457.jpg


アレッ!と思った。
中をめくるとやはりそうだ。

カラスが妻ある夫カラスにしつこく言い寄っていく観察経過が書かれていた。

私はこれを同じ著者の攻撃からと書いた。
しかも未亡人カラスともっともらしく書いたのに、この本には単に若くて情熱的カラスとしか書かれていなかった。(カラスの名前がついている。)

私はどこで未亡人とつけてしまったのか。無意識的に話を面白くしよとしていたのかもしれない。

先日結末は忘れてしまったと書いた。
この本によると、初めは夫も言い寄ってくる若カラスを激しく攻撃していたが、いつの間にか攻撃は弱まり、食べ物を与えるまでになった。ときには本妻を攻撃することもあった。

しかしメス2羽の間に立った夫の抑圧、困惑はあきらかであった。

このロマンはある日突然、見知らぬ土地への2羽の逃避行となって終わった。

人間にとってと同様に、心の葛藤状態は、動物にとっても苦しいのだと書かれてあった。



e0001808_19302917.jpg 昨日ネット仲間のパークゴルフの例会があってその帰り、2時過ぎであった。

なんと電信柱3本の間の電線にびっしりカラスが止まっていた。
残念ながら写真では間隔があるが、肉眼では隙間なしのびっしりと並んでいるように見えた。
ときどき数羽が飛び立ち、止まりを繰り返している。

ソロモンの指輪によると、カラスは身分が近い関係ほど、いじめ、摩擦が多いそうだ。
団体生活をする以上、カラスもストレスが多いのだろうと眺めていた。
[PR]

by oss102 | 2006-09-26 20:03 | 日々のこと | Comments(10)
ネコと写真
 飼い主はどんなポーズでもどんな顔をしててもネコは可愛い。。

撮った写真は日付けをつけてフォルダに入れるが、あまり多くては重くなるので削除をする。

それが悩む。あれもこれも、ピンボケも可愛い。ちょっとした角度しか違わないのに捨て難い。

他人様がみたら、同じような写真を何故載せると思うだろうが、みんな載せたい。
見てほしい。

なに、私のブログだ、文句あるかと開き直りたいのだが、これで少しは遠慮しているのだ。

よそのブログを訪問する。同じワンコの写真が来る日も来る日も何枚も載る。

それをみて満足して、来る日も来る日も訪問する。 情が移るのだ。

私も同じような写真を載せ続けよう。 これでいいのだ。

e0001808_20483884.jpg

            ぬくぬくとしたこの可愛い寝顔。たまりません。

e0001808_20491223.jpg

食後の定例取っ組み合い。たいていショウマのほうからつっかけます。最近は時間が短くなりました。
e0001808_20495167.jpg

ショウマは屋根のあるところが好き。座卓の下にいるとパソコンをする飼い主の膝が出てきて温かいのです。
[PR]

by oss102 | 2006-09-25 20:56 | いとしのネコたち | Comments(18)
秋の路地  日が短くなりました。


e0001808_19404753.jpge0001808_1941828.jpg










オシッコタイム。 ショウマはなが~~いので落ち着いて撮れました。フウロは短いので慌ててブレます。

e0001808_19414053.jpge0001808_19422045.jpg
これが野菊です。

ひめじょおんと較べると、少し色が濃くてキリットしています。

アカマンマも咲いています。






e0001808_1942422.jpge0001808_1943134.jpg










この辺をノラネコが通るのです。家の角は長々と匂いをかぎます。飼い主はその間、ボーット立っていなければなりません。


e0001808_19434834.jpge0001808_194499.jpg










フウロも同じところで点検中。 穴のところも真剣に・・・・毎日のお勤めです。


e0001808_19444131.jpge0001808_1945095.jpgこの細い路地を抜けると、グルリと一周してバス通りに出ます。

アホな飼い主は、こんなことに付き合わされています。 寒くなったら断固やめにします。
[PR]

by oss102 | 2006-09-24 20:20 | いとしのネコたち | Comments(16)
広告は大きいほど効果がある。 文化人類学 その3
 子育て中の親鳥は忙しい。

虫をくわえて巣に帰ると、4・5羽のひなが大きなくちばしを開けてエサをせがむのはテレビなどでもよく見るシーンです。

一羽のひなの口に虫を入れてやり、親鳥はすぐ次のエサを求めて飛び立ちます。
次に虫をくわえてきたとき、親鳥は前にエサをやった子を覚えているのだろうか。

親鳥はどの子にも順番にエサをやろうとしているわけではなく、より大きく口を開けている子にエサをやるそうです。

ひなの口は黄色で、中心に赤いマークがある。(のどのこと)
そのマークを見ると、親鳥はエサをやるように仕組まれている。

マークは大きいほど有効だから、親鳥はセッセと大きいマークにエサを入れる。

自然の摂理では、ひなはエサをもらうと眠くなり、大きく口を開けない。お腹が空いた方は大きく開けるので、自然と順番になるそうだ。

弱ったひなは、口を大きく開けられないので、見捨てられる運命になる。

                             おっぱいは広告塔の本と同じ本からです。

小さい看板より、派手な看板の方が、一度の宣伝より、ガンガンやる宣伝のほうが有効なのは自然界でも同じなのである。
[PR]

by oss102 | 2006-09-23 17:47 | いとしのネコたち | Comments(8)
イクラ丼  ダイエットはしたものの
 生協に行ったら、イクラが沢山出ていました。

以前は2腹くらい買って、お醤油とお酒に漬けて沢山食べていました。でも作るときに手に付く脂肪が半端ではないのです。 こんなに脂肪があるのではダイエットの身、控えねばなりません。

でも1回くらいならよかろうと、イクラの筋をとったのを少しだけ買ってきました。
早速イクラ丼です。  自家製の青ジソと海苔は、写真を撮っている間に縮むので食べるときに・・・・・
e0001808_1951441.jpg


e0001808_1952195.jpg 前日トリハムを作ったスープにアサリを入れてお吸い物。

昨日農家から最後ですといわれて買った枝豆、
なた割り大根とセロリの漬物(既製品)
イタリアワインの赤。

それに姫だらの干物。
結構な組み合わせではないですか(笑)

しつけの悪いネコどもが姫だらをねらっています。あまり可愛いのでピンボケのも載せます。

e0001808_19582842.jpg

e0001808_19595622.jpg


これだから、来客のもてなしはおことわりなのです。
[PR]

by oss102 | 2006-09-22 20:09 | いとしのネコたち | Comments(12)
自動撮影
 先日の話

5年の優良運転手の期限が切れて、9月の誕生日前に免許更新の手続きをしなければならない。
70才以上の高齢者講習はすでに受けているので、今回は書類と2100円の証紙、写真一枚を警察にだすだけでいい。

写真屋で写せば高い。 駅前スーパーの自動撮影を利用することにした。700円で済む。
どんなにひどい顔に写ったってかまうものか。

こわごわカーテンをあけて、お一人様で満杯のコーナーに入る。
千円を入れる。 椅子に座ると音声ガイドが指図する。

正面に鏡があり、中央についているマークに顔をあわせろとか、写真の種類を選べとか言う。 
← →がついている。決定のボタンがある。 
免許証用と履歴書用とあって、矢印ボタンで選び、決定ボタンを押す。

誰も待っているわけでもないのに、ボタンを押すのに、一々ヘドモドする。

部屋の外の横から、お釣り300円とともに写真が出てくる。 なんと、一枚に8つのバァサンの顔が連結している。 こんなに誰が使うか! 一枚だけでいいのだ。


ヘドモドと書いて、はて、これは方言かと不安になり娘に聞いた。娘は電子辞典で調べ、方言ではないと言う。
 慌ててうろたえて、ものが言えなかったり、返事につかえたりするさま・・・・例「不意をつかれてヘドモドする」広辞苑

娘に「お母さん以外に聞いた事がない言葉」といわれた。

昨日ホーマックに行った娘は、ホーマックの自動写真は600円だったよと言った。

口惜しい!
[PR]

by oss102 | 2006-09-21 21:14 | 日々のこと | Comments(10)