仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
いつも言いますが、ほんと..
by あきの at 17:38
hanairomimiさ..
by oss102 at 15:53
sakuraさん とっ..
by oss102 at 15:51
mikihanaさん ..
by oss102 at 15:49
あきのさん いろいろこ..
by oss102 at 15:47
kiyokoさん とう..
by oss102 at 15:46
母を介護したときのものよ..
by hanairomimi201 at 08:25
本当に何でも便利になりま..
by orientexp at 04:14
今日は実家で母と共にケア..
by mikihana922 at 21:56
こんなにいいのが出てきた..
by あきの at 20:07
我が家は介護用品が現実と..
by kiyoko at 16:39
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:49
304さん 雰囲気だけ..
by oss102 at 14:46
あきのさん 美味しそう..
by oss102 at 14:43
車があったときは感じなか..
by hanairomimi201 at 08:42
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

フウロ 4態
 ショウマが寝ているところを襲ってフウロが占拠しました。ムートンが乗っている椅子はこれしかありません。あとはショウマの気に入らない安売りのボアだけです。
ショウマは淋しそうに固まっています。
e0001808_15411313.jpg

ママチャンの掃除機タイムです。いつも座卓の前で使っている座布団と毛布を食卓にあげて・・・すると必ずフウロが乗ります。
e0001808_15421131.jpg

今朝は毛布が上でした。 ママチャンがお出かけのときはストーブの前に敷いていってくれます。 この頃は10度設定・灯油は安くなったのにケチ・・・いえCO2のためだって弁解してます。
e0001808_1543085.jpg

ネネは足が疲れると極楽仙人でマッサージをします。ママチャンは毎日20分です。
それが始まるとフウロは一目散に膝に乗ります。そして無茶苦茶甘えはじめます。
ごろごろご~ろごろご~~ろごろ・・・振動がフウロにも伝わって気持ちがいいらしいのです。
e0001808_15432052.jpg

[PR]

by oss102 | 2009-03-31 16:06 | いとしの花たち | Comments(16)
もったいない話 2 貝毒
 やはり50代の一人暮しだった頃、友人と市場で買った生牡蛎を肴に宴会を楽しんでいた。
友人が帰ると間もなく、猛烈な吐き気とお腹下しでトイレから動けなくなった。
この場合、洋式トイレというのは、上と下から同時使用というのには向いていない、とつくづく思った。

それから間もなく仲間と1泊でスキーに行った。
夕食はニセコの山なのになぜか生寿司を食べることになった。
隣に坐った女性は、ホッキ・ホタテの貝類が苦手という。ラッキーともらって食べた。
その夜温泉にも入り、仲間の会社のロッジで2次会のお喋りタイムに、私はロフトにあるベットで動けないでいた。とうとう我慢ができなくてシーツの中いっぱいに吐いてしまった。

あれだけのお寿司が、なんでこんなに大量になるのかと思うくらい、何度も吐いた。
苦しかった。
仲間の呼びかけに、「吐いてしまったの・・・」と弱々しく答えた。
飛んできた友達は手際よくシーツをはがしてまとめ、新しいシーツ、枕を用意してくれた。
水も運んでくれた。
彼女は札幌の養護施設の看護師さんなのだった。
プロは素晴らしいと感心した。

翌朝は元気よくスキーが出来た。魚介類にはどうしても貝毒があること・・・1度そうなると体に抗体が出来て死ぬ事もあると驚かされた。
それからは好きなのに生の牡蛎とホッキは火を通してからしか食べなかった。

先日20年ぶりくらいに生のホッキを食べた。白老で買って来たホッキは貝をあけると、
いかにもムギュッと弾力があり、大丈夫だよ・・・と云っているようだった。 
美味しく食べて無事だった。
でも市場の生牡蛎はまだ買いたくない。 もう抗体は消えたのだろうか。

e0001808_11294394.gif


「あなた様 おいくつですか」 「後期です」 「そりゃわかっています」だなんて
         ウフフ・・・今朝の読売歌壇より 男性です。
[PR]

by oss102 | 2009-03-30 11:15 | 思い出 | Comments(14)
もったいない話 いなり寿司
 元気な50代の頃、グループやスキー組織の中であちこちスキーをしていた。
その日は実家から1時間程のスキー場だったので、母親に顔を見せようと、前日から実家に泊まっていた。
1泊して翌日の昼に、ニセコのラーメンハウスで仲間と落ち合う約束だった。

11時ごろ出かけようと準備をしていると兄嫁が、「みんなで食べて」といなり寿司を沢山くれた。要らないのだと説明してもわかってくれない。 困ったなぁ、みんなそれぞれ好きなものを選ぶし、それを食べたらもういなり寿司は食べないだろうと思った。 
若者の集団じゃないのだ。

ラーメンハウスに着いたら、もう皆は食事をすませていた。空いているうちに食べてしまうのはよくあること。いなり寿司をだしても誰も食べてくれない。
私もなれない雪道を1時間も走れば汁物の方がいい。その夜はニセコ泊まりで宿の食事が出る。よその知り合いのグループに無理矢理押し付けて、自分では捨てずに済んだ。

兄嫁は子供達が小学生の頃、家族でスキーに行っただけ。それ以来行っていない。
その頃はどこでも持ち込みOKの休憩所が別にあった。
家族でスキーをするとお金がかかる。家族のリフト代に割高なスキー場の食事は大変。
いつもオニギリ持参だった。 それが兄嫁の親切につながる。

それから20年も経って、大人1人でのラーメン代はたとえ下町のラーメンより200円ほど高くても苦にはならない。荷物は少ないほうがいいし、温かい汁物がいい。

後年、娘と実家に行ったときもまた気を遣ってなにか昼食を持たされたっけ。
帰りには「どこか素敵なところで食事しようね」・・と楽しみにしていたのだ。
それは持ち帰ってムダにはしなかったが、ケチケチ暮す妹に、外食は高くつくから・・とのおもいやりはちょっと困ることもあったのだった。 人に物をあげるのは難しい。

あのいなり寿司は結局だれが食べたのだろうと時々思い出す。

e0001808_162535100.gif

            いなり寿司のイラストが探せませんでした。068.gif
[PR]

by oss102 | 2009-03-29 16:35 | いとしのネコたち | Comments(14)
切り取る
 自分で作るという気はないが、新聞に載る短歌や俳句は楽しみに見る。
短歌も俳句も一瞬の情景、感情を詠みとるのだなぁと思う。

天狗の山頂の海の向こうの山、近くの家、空・・・目は素晴らしいなと思う。 
こんなに沢山見える。 
写真写真とみんな騒ぐが、こんなに見える目の中の情景の、一瞬を切り取ることなのだ。

絵だって、見えるもののある部分、そこにある訴えてくるものを汲み取ってそれを表現する。

私ってそんなことに無関心できた。そんなことも分らなかった。
この年になって少しわかってきて、写真にのめりこめないのも、俳句を作れないのも、
絵が画けないのも、私の冗舌な気持ちにあるのだと思った。

切り取る勇気がない。説明したくなる。説明は言い訳でもある。
そうか・・・芸術って裸で立つことなんだ。 私は芸術家にはなれない。
いっぱいボロ布をまとって、駄文を書き続けていくしかない。 
短歌欄を読みながらこんなことを思った先日の朝でした。

e0001808_1627359.gif

先日の読売歌壇から

公園にベンチがありてあたたかし

猫の仔をつまみあぐるに指二本

早春の陽をうけて野良猫はうづくまりをり廃屋の庭

車中にて読みはじめたる新聞の裏よまれてゐてたたみかねたり

[PR]

by oss102 | 2009-03-28 16:41 | 日々のこと | Comments(16)
ネット仲間のスキー納会はキロロで
 アウトドア3連チャンになりますが、最後の力を振り絞って昨日はキロロスキーです。
低温が利いて粉雪です。山頂で総勢16名の記念撮影の準備中。
e0001808_1526121.jpg
e0001808_1526565.jpg

今年は我がまま云ってリーダーを降りたのが大正解。引き受けてくれた人がSSN・札幌のネット仲間だったこともあり、そちらの方へもメールで誘いをかけてくれました。
参加者も増え賑やかな例会となりました。

リーダーの気遣いがひしひしと伝わります。その分私は気楽なスキーを十分楽しめました。感謝です。
私の今シーズンのスキーはこれで終了です。 でもまだまだゴールデンウイーク過ぎまで高い山は営業するのですよ。

e0001808_15344740.jpg

出かけようとスキーウエアをテーブルに出しておくと、フウロがしっかり乗るのです。
犬もよくやりますよね。 出かけてほしくないようです。 カメラを向けると怒った顔をしました。
[PR]

by oss102 | 2009-03-27 15:42 | スキー | Comments(14)
パークゴルフ初打ち旅行
 去年11月に行った白老ヴィラスピカで、今シーズンのパークゴルフの幕明けとなりました。
いつもの友人のお世話でメールが流れると、たちまち16名の参加です。
どの車もETCのカードが搭載されていて高速も止まることなくスイスイです。
集金のおじさんの職場を奪っていますね。

気温が低い日が続いていましたが雪はすっかり消えた状態でしたのに、出発の朝起きると真っ白の世界です。 ご覧ください。みなさんこのようなスキー場とまごうスタイルであります。
e0001808_16255223.jpg

でもキチガイはどこにでもいて沢山の人がプレーしていました。芝はもちろん枯れ芝。
ラフもグリーンも遠慮なく転がってOB続出。

終わって車に戻った仲間のラジオ情報でサムライジャパンが優勝したことを知りました。仲間でバンザイです。 冷えた体を温泉・サウナで温め、15分フルコースの按摩機でほぐし、ビールでまた冷やし、ワインと会話であたため・・・といつものコース。

ホテル5階からの樽前山の噴煙。明日の快晴が約束されます。
e0001808_16412299.jpg


昨日より少し気温も上がって、2時ころまでプレーして、楽しみなお買い物コースへ。
写真を撮るのをわすれましたが、たまご館で新鮮卵を20ヶ500円で買いました。
卵かけごはんのブームでよく売れるそうです。 
元気に走らせて育てる元気な鶏が産む健康な卵ということです。

その後ホッキ工場へ寄りました。
e0001808_16472395.jpg 
広い工場でホッキ貝、大きなつぶなどを売ってくれます。
大きいホッキ貝3ヶで700円ほどです。






e0001808_16511947.jpg
帰宅して早速お刺身にして食べました。甘くて美味(*^。^*)(*^。^*)

いつもこうして遊ばせて下さる友人たちに深く感謝です。
この旅行のことは気の毒で兄嫁には言えませんでした。
いつまでこうして遊べるのかなァ・・・


乗せてもらった車の友人夫婦はさくらちゃんのもとへ・・・私はショウマとふうろのもとへ・・・いそいそ。
[PR]

by oss102 | 2009-03-26 17:04 | 運動 | Comments(22)
パーク旅行へ行ってきます。
e0001808_17475723.gif

e0001808_17494537.gif

まだ寒いけど白老のほうへパーク旅行です。

26日にぜひいらしてくださいね。









e0001808_17505013.gif

[PR]

by oss102 | 2009-03-24 21:46 | いとしのネコたち
ありふれた奇跡
e0001808_10412664.jpg

 いつもはドラマは見ないのですが、山田太一脚本といういうことで見ることにしました。
先日で終わりでしたが面白かったです。

外国での堕胎過剰ソウハで子を産めなくなった仲間由紀恵と左官業の加瀬亮。火事で妻子を亡くして電車に飛び込もうとした陣内孝則を二人が助けたところから物語りは始まります。
この二人も自殺をしようとした経験があります。それがこの3人をつなぎます。

全然境遇もちがう2人が惹かれあい最後はハッピーエンド。
父親同士の女装趣味があり、現代の中年男の息抜きをみせて笑わせてくれます。
頑固だが気のいいオヤジと、初めは見せる井川比呂志が、嫁の尻をなで、散々家業にこき使うしたたかな面もちゃんと見せる。

戦災孤児でどん底生活を味わったオヤジは、人を信用できない。人は裏切るものと生きてきたが・・・

今はどん底じゃない。豊かになった。そんなに疑ってばかりいては広がりがない、との孫の言葉を受け止める。
加瀬亮は全く草食男子で仲間由紀恵のホテルに行こうと誘うのを、今だけ、一回だけと言うのは嫌だと断る。
娘に「今はこんなふうに女の子のほうから誘うの?」と聞いた。
若い子が圧倒的に多い職場の娘は、「かなりそうみたい・・・」という。
変ったなぁ、昔はその気にさせるまでは誘い込んでも、最後の一線の誘いは男がするものだった。

何気ない赤ちゃんの話でも、産めない人にとっては刃物で切りつける会話にもなるのだな、としみじみ思いましたが、癌で病んでいる人、身内に刑務所に入っている人、見かけからは分りませんからね。
そんなこと一々気にしていたら、気軽に楽しいお喋りもできません。

心に病む一点を抱えている娘にとって、加瀬亮のいかにもボーッとした生き方下手な男が救いになって惹かれていく。そんなところを題材に取る山田太一は、やぱっり裏切らないドラマを見せてくれました。
[PR]

by oss102 | 2009-03-23 10:48 | 日々のこと | Comments(18)
老々介護の兄嫁
 ギブスより出し指合わせ初日の出

 年の瀬や介護の右手骨折す

 子や孫にはげまされつつ晦日蕎麦

 ストレスを身に抱えつつ年用意

 介護する夫の手借りて蜜柑むく


大晦日に右手骨折した兄嫁が詠んだ俳句です。兄は俳句の会の主催者をしながら道誌では大きいアカシアという会にも入って投句を続けていました。 兄嫁も途中から入りましたが、いつも後輩の兄嫁の方がよい席に載ります。

今日も行きましたら嬉しそうにアカシア3月号を見せてくれました。表紙の見開きに初日の出の句が載り、その2・3ページ後にこの5句が載っていました。

骨折うんぬんが同時発表にあるので事情はあきらかだが、なんと情けない年末年始であったことか。
手を合わせではなく「指合わせ」と詠む悲しさである。 でありながら読者があべこべに励まされるような気力に満ちた作品群ではあった。お大事に。 

と選者の評が載っていた。 拍手です。

兄嫁の骨折は、なんとか周囲の友人や嫁さんに助けられて過ごしていましたが、今度は風邪を引いてしまいました。咳とタンに悩まされます。医者は薬よりも休養が必要と、兄の一週間の入院となりました。
兄は自分はなんともないのに入院させられて不満なのです。「私へのいたわりの言葉なんて一つも云わないんだから・・・」 なんて罰あたりな兄でしょう。 
明日は退院ですがまた兄嫁の風邪がぶりかえしませんように。

居間には長男が持ってきたという介護施設のチラシがありました。結構高額です。透析に通いますのでどの施設でもというわけにいかないのです。
ここへ兄が入ると兄嫁の生活費がなくなるといいます。
兄嫁の見舞いはなにより話相手が薬です。 
聞いて聞いて聞いて・・・氷雨の中を帰ってきました。

e0001808_17413084.gif

[PR]

by oss102 | 2009-03-22 17:36 | 日々のこと | Comments(12)
スキークラブ納会・・また今年も
 ネット仲間のスキークラブとは別のスキークラブの納会でした。
天狗は3月末で終わりですが、年々雪の状態が早くに悪くなりますので、納会も早くなります。
今日は気温は低いのですがこんなに見事に晴れ上がりました。
いつもとは違った角度で撮りましたがパノラマ写真でないのが残念です。
e0001808_1562574.jpg

暗い冬の海から明るいブルーの春色に変わっています。sakuraさん、あたしんちの上の方が塩谷ですよ。

e0001808_1593738.jpg

恒例のジンギスカンです。今年は会費を倍にして千円にして生ラムです。初めはこんなに沢山の肉!!と驚きでしたが、食べ終わってみると一人400グラムは食べた計算です。外で食べるとどうしてこんなにお腹に入っていくのでしょう。
家では娘と二人でせいぜい500グラムなんですよ。みんなで呆れながら食べまくりました。

始めるまでは一羽もいなかったカラスが集まりはじめます。最後に脂肉をほうってやりますと、うまくキャッチしたカラスが仲間から逃げ回って飛んでいきました。今日一日あのカラスは幸せな気分でしょうね。

More 能面展
[PR]

by oss102 | 2009-03-21 15:34 | スキー | Comments(16)