仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

また同じパターンですが・・・
 朝6時半頃です。やぁ、いたね。ふうちゃん。 ジョウロの位置に注目してください。
e0001808_15541041.jpg

そこへショウマが・・・この匂いはチェリーね! 見えぬ目で強烈なビーム発射。
e0001808_15542349.jpg

あ、そんなに近寄ったら危ない! 女医先生必死に引っぱる。
e0001808_15543899.jpg

足をバタバタさせて遊びごっごをしたがるチェリー・・・ボク、負けないよ!引っかくからね。
e0001808_15545620.jpg

やるか!! あっ、大事な鉢がひっくり返された。
e0001808_15551270.jpg

可愛いチェリーのやることなら腹も立たない。土を集めて植えなおし。女医先生「ごめんなさい・・・」を繰り返して・・・チェリーは振り向きふりむき帰っていきました。

先日はこういうパターンのとき、フウロはショウマを守るようにつつっと前に出て行きました。 娘と見ていて「フウチャン、ショウマを守ったね」と感動していたのですが。
今回はさっさと自分だけ避難していました。
[PR]

by oss102 | 2009-05-31 16:18 | いとしのネコたち | Comments(19)
4年目のレイウシア
 今年も見事に咲いてくれました。去年より10日ほど遅れています。低温が続いていたのでした。
e0001808_1347387.jpg

近所の奥さんが「うちのは小さいまんま、花も咲かない。どうしたらこんなに大きくなるの?」と聞きます。
買ってきてから鉢を大きくした?肥料はやっているの?・・・・なんにもしないで水だけだそうです。

やっぱり・・・鉢を大きくして、栄養を入れた新しい土にして、根元の子を取ってやるの。花も終わったら根元から切ってやるのよ。  納得した顔をしていたけど、ほんとにその通り世話をするかしら。2匹のワンコちゃんたちで忙しそう・・・・

普通タイプのネメシア。強風で心配でしたがようやくきれいになってきました。
e0001808_13561278.jpg

姫キンギョソウですって。ちょっと地味だけど面白い色合いです。どこに置いたら引立つかな・・・アッチに置いたりコッチに置いたりして・・・結局地味すぎてどこに置いても目立たなくて、私が一番目にする店前に落ち着きました。
e0001808_13573529.jpg

昨日通りかかったおじさん。時々詩吟を唸りながら通る元気な方です。「あんた、花がすきだねぇ・・・俺は1度も花がきれいだと思ったことないよ。80年生きてきたけどね。・・・」

そりゃ好き嫌いはみんなありますよ。でも花つくりを楽しんでいる人に向かってわざわざ言わなくたって・・・・プンプンです。
[PR]

by oss102 | 2009-05-30 14:11 | いとしの花たち | Comments(21)
犬の保護施設と若者
e0001808_1452893.jpg

 先日地球ドラマチックというNHKの番組を2週にわたってみた。
イングランドの捨て犬を保護する施設での話だった。

非行を繰り返す10代の男女の若者6人に保護された捨て犬の世話をさせる。
犬は訓練を経て、ケンネルクラブのアジリテーに出場させ、人間を信頼させ里親に出すのが目的。

訓練師のいうことに反発し、遅刻し、やる気のない若者達。
犬たちの檻の掃除をさせられる。糞の始末に顔をしかめる。
訓練が出来ていない犬たちに訓練が出来ていない若者たち。

過去、その犬たちがどんな悲惨な暮らしをしていたか・・・若者に記録を読ませる。
涙する少女。
勝手に行動して言う事をきかない犬は、自分の姿と重なる。
一々声をかけ、ほめて訓練がみのって行く。

どこの国でも捨て犬や虐待はなくならない。だが、欧米の犬の位置は日本とははっきり違う。こういう施設があり、こういう訓練がある。
日本でもかなり動物にたいして意識が変わってはきたが、行政サイドではまだまだ道遠しの感がある。
今までなかったものを、新しく生み出すことは大変なエネルギーがいる。

でも助けられるのは犬1匹の命ではない。荒れた若者の心も人生も救われるのに、日本全国にこうした施設ができるのはいつの日だろう。

ところで今朝はまた嫌な記事を読んだ。
一週間犬という記事。中国の話だ。 様々な犬を集めて売る市場に、染色をされて売られる犬たち。強力な毛染めで染められ、犬は息もたえだえ、売る前に鎮痛剤を与えられた犬は数時間は元気に跳ね回る。売られた犬はやがて元気を失い1週間ほどで死ぬ。
チャウチャウの雑種は口が本物よりとがっているので、口の周りに塩水を注射してふくらませる。などなど・・・

中国はにせもの天国。拝金主義の波は想像を超えると・・・やりきれない記事でした。
[PR]

by oss102 | 2009-05-29 15:32 | 日々のこと | Comments(18)
さくらのじゅうたんに・・・
 裏の家の八重桜が強風で全部落花です。ショウマが散歩、贅沢ですね。
ショウマはこのピンクがうっすらでも見えるのかな?
e0001808_1656617.jpg

お気に入りのあじさいの下で・・・ここへつないでおくとノラちゃんの匂いがついているらしく、小1時間も大人しく枝にこしこし顔をすりつけています。
e0001808_16582771.jpg

フウロはちっともじっとしていません。伸び上がったり・・・・
e0001808_1659743.jpg

崖によじ登ったり・・・
e0001808_16595463.jpg

よその家の板をはがそうとしたり・・・
e0001808_1783945.jpg

お付き合いしてるのも大変です。その間にみつ葉を摘んだり、つなぎっぱなしにして花に水遣りしたり、通りかかる人の花談義のお相手や・・・あぁ、夕食の支度が遅れます。
[PR]

by oss102 | 2009-05-28 17:10 | いとしのネコたち | Comments(20)
陽だまりの2匹
 1週間くらい前の写真です。この時期我が家はストーブを焚くと暑く、焚かねば寒いという状態です。
ママちゃんはお出かけです。2匹はベットの上でひっついてアンモナイト状態で過ごします。
3時ごろ遊びほうけた飼い主が帰ってきました。 2匹いそいそ・・・・

e0001808_17203753.jpg

毛梳きをしようと近付くとフウロはいつもズルリンコです。
e0001808_1720545.jpg

あちらこちらとこねくっているうちに、紐が絡みつくのです。
なが~く紐を足しているのは散歩のときのためです。

e0001808_17212062.jpg

気持ちが良くてウットリです。春はいいですねぇ。
e0001808_17213763.jpg

[PR]

by oss102 | 2009-05-27 17:33 | いとしのネコたち | Comments(20)
千本ねぎ
e0001808_14452734.jpg 我が家のミニミニ菜園に青ジソは植えた。
次は小葱と思って友人の庭のを当てにしていたのがチャイブだったと判明。
チャイブも西洋あさづきというくらいだから、何度も薬味にしたことはある。

だがこの際あくまで小葱にこだわって、スーパーの小葱を買ってきて植えてみようと思っていた。
きれいに洗われて158円。特売なら98円。ちゃんと根もついている。
いつ頃抜かれて出荷され、売り場にならんで幾日経ったのか・・・それでも根付くのか、丈夫なものだと聞いていたが試してみよう。

文化祭でその話をしたら、自宅にあるという。早速ドッサリ濡れた土のついた固まりが2ヶ届けられた。
植えるというので掘り出した土をそのまま付けて届けてくれたのだ。
あまりに多いのでひと固まりは友人に分けて、念願の小葱を植えた。千本ねぎというそうだ。

それでも沢山余っている。土を落として先が枯れているのをより分け、草の根も抜いた。
雨上がりのぐっしょりと多量の土を外で洗い、家の台所で根を切り、根元の薄皮をはがす。大変手間のかかる仕事である。

スーパーのきれいに揃っている小葱、あれはこんな作業の後の姿だったか。
158円は安い!
働く主婦は土付きの野菜など買わないだろうと思った。都会の子供たちは土まみれの野菜を知らないだろう。
e0001808_14594391.jpg
洗って水につけておいた小葱は、貰ってきたときの姿はなくて、みずみずしくピンとして、獲れたての小魚のようだった。
ワカメと酢味噌和えにしよう。
[PR]

by oss102 | 2009-05-26 15:06 | 食べ物 | Comments(21)
OSS文化祭 さくらちゃんとオエカキ
 また文化祭に戻ります。

デジカメ出品作にさくらちゃんがでました。あんまり可愛いのでご紹介します。
クリックすると大きくなります。
e0001808_1405571.jpg

これはアーカイブ篇ですが、もう1年以上経ちました。でもまだまだ甘ったれやさんです。

タイトルはなにしてるの?
e0001808_1423338.jpg

私に切り取りをアドバイスしてくださった方は、「動物の可愛らしさにはどうやってもかなわない。」と云います。
本当にムギュムギュしたくなる可愛さです。

この方は花も景色もなんでも撮りますが、山登りもなさるので雄大な山の写真も撮ります。
あの広い山のパノラマをどう切り取ったら一枚の写真に表現できるのか、といつも考えているのでしょう。

またヘタクソなパソコン画をご紹介します。今年出した2点です。
e0001808_1494381.jpg

e0001808_1410980.jpg

オエカキクラブはとうとう今年から止めました。それでも出品数を揃えるために協力しなければなりません。
下の絵はメルヘンの森というタイトルをつけましたが、5年前に描いたものです。普段なんにも描かないので上達していませんので、古いのでも同じ事です。 でもなんとか出そうとしてしばし楽しみました。

昨日で文化祭は無事終了。私の当番の日は2日とも150名を越えた来館者でした。名刺作りのコーナーも好評でしたよ。 みなさまご苦労様でした。
[PR]

by oss102 | 2009-05-25 14:24 | オエカキ | Comments(8)
女の集まりにだんな同伴
 今朝の読売新聞・発言小町というコラムでこんな見出しがあった。
インターネットの掲示板での話題のようだ。

「お茶しよう」「飲みに行こう」と誘うと、必ずだんなさんを連れてくる人がいます。はっきり言ってテンション下がります」 夫の同伴について熱い意見が交わされた。
多くは違和感を感じるようだが、「夫婦なら当然」といった声もあり、価値観の違いが浮き彫りになった。

「気を使って話しかけても会話が続かず、こっちの居心地が悪くなる・・・」「女同士でしたい話もある」「だんなは友達じゃない・・・」
これに反論も・「夫婦で交友関係を広げたい」「娯楽は夫婦単位で」「夫といるほうが楽・・」


若い世代なのだなぁ、と思う。 我々の世代なら第一夫が付いてこない。いやいやぬれ落ち葉もいるかも。
話も合わないのに女の「お茶しよう」の誘いについてくる感覚が、もう私の世代では分らない。

私はいつもサークルでのお付き合いなので、たまたまそこに男が一人だったとしてもなんの違和感もない。
だが、サークルの仲間でも女性だけで集まって、そこにサークルに入っていない誰かの夫が来たとしたら、テニス談義もスキー談義もままならず、気を使うだろうと思う。
正直うっとうしい。逆の場合も同じ感覚になる。

「お茶しよう」の声に夫とは友人関係になくても気楽に二人で参加する。
この感覚にはやはり大きな世代の違いを痛感した今朝の私でした。
今は過度期、これからはどんどん夫婦単位でのお付き合いが増えていくのでしょう。

タイトルはベランダの恋
e0001808_1814273.jpg

動画クラブから名称が変わってかこう画クラブとなりました。今年の文化祭出品作です。あくまでネコにこだわります。ビールも卓も、上のものもみんな手作りです。
[PR]

by oss102 | 2009-05-24 17:59 | 日々のこと | Comments(8)
OSS文化祭 写真の切り取り
 今年の写真部門の出品作は2年前のショウマとフウロの写真でした。
これはテンプレートにも使っている写真です。
オリンパスが壊れて2年前にCASIOを買いました。以前は30万画素、今度は120万画素です。
ところが室内のネコの写真を見るとなにかハッキリしません。設定はペットに合わせています。

家は暗くて朝から電気をつけている部屋です。ペットの設定に合わせるとシャッターが早くて暗くなるのです。
ものの本で読むと、そういう場合はISO感度を8000に上げる、と書いてありますが私のカメラは4000までしかありません。

以前のブログの2匹を見るとずっと鮮明に写っています。それで2年前の写真を出すことにしたのです。
フウロはお風呂場の窓から飛び降りた瞬間です。ちゃんとブレずに写っています。
e0001808_17541259.jpg

ショウマの写真について今日はアドバイスをもらえました。向かいの黒いドアに写っているショウマの眼、こちら側の眼、この可愛らしさを強調するためにもっと建物の邪魔なものを切り取ったほうがいい。
いつも道展などで入賞を繰り返している仲間のアドバイスです。
e0001808_17404881.jpg

帰宅して切り取ってみました。ショウマがぐんと引き寄せられました。

写真は見えている全体から写したいものを切り取るものだ。対象を切り取るカメラの目が大事とおそわっているのですが、また漫然と写したままを出品していました。

そういう上級者について他の方の写真の前でも積極的に聞くと、いろいろ解説してくれます。
ここはこういう風に切り取った方がいい・・・仲間同士ではもっと専門的な話になるのでしょう。
デジカメクラブのみなさんの熱意について行かれないで、今年はクラブから抜けましたがここで見ること、聞くことはとても勉強になります。

今日も午後から当番でした。こんな収穫があった上に、まだ暖かいタイ焼きをご馳走になりました。
シッポまで餡の入ったタイ焼き、60年は食べていません。懐かしく・そしてとっても美味しくいただきました。
[PR]

by oss102 | 2009-05-23 18:21 | 日々のこと | Comments(18)
OSS文化祭 09年度は5月。
 去年の暮れに文化祭をしたばかりなのに、もう今年の文化祭が始まった。
無料で借りられる美術館は市民サークルで押し合いへしあい。平和なことである。
ジャンケンで負けて芸術の秋、というわけにはいかなかった。

19日搬入、それぞれのクラブを率いて下さるリーダーにお尻を叩かれて、それぞれの作品作成。忙しいことであった。 
今日、明日と午後から当番に当たっていて、今日はじっくり仲間の作品を見た。
去年あんなに出品したから、もう出すものがないだろうと思うのは、なんにもしない私が思うこと。みなさん、あふれるほどの手工芸作品であった。

手工芸クラブというのがあり、みなさんお喋りしながら口も手も激しく動いているようで、見事な作品群でありました。
e0001808_19355212.jpg

e0001808_1936946.jpg

一ひときわ目をひいたバラの花。
e0001808_19375531.jpg

木綿で作られたバラは遠くから見ても近くから見ても・・・みなさんのお家にはこうしたものを飾るふさわしい場所があるようで、いいわねぇ、欲しいわネェ・・とため息をついていました。一輪だけのアップをご覧ください。
e0001808_1939121.jpg


また仏像も出ていました。5月には間に合わないといっていたのですが、ぎりぎりセーフだったようです。見事ですネェ。
e0001808_19425594.jpg

クリックして大きくして見てください。こんなに楽しいクラブ行事があり、みなさん積極的にシニアライフを過ごしています。パークワンで練習会でヘンテコなフォームで打っているのは私です。(恥!)
e0001808_19433064.jpg

[PR]

by oss102 | 2009-05-22 19:26 | 日々のこと | Comments(8)