仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
松風さん 私も動画・エ..
by oss102 at 10:43
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:35
fuchanさん なに..
by oss102 at 10:32
パソコンサークルに参加し..
by 松風Ⅱ at 10:29
あきのさん 昨日はワー..
by oss102 at 10:28
いつも何かに挑戦するOS..
by hanairomimi201 at 08:49
学びの場がたくさんあって..
by fuchan_k at 22:22
わたしは子供達がMCなの..
by あきの at 20:03
sakuraさん 今年..
by oss102 at 08:26
総会は、お世話をしてくれ..
by orientexp at 01:55
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

内藤大助
 滅多にボクシングなどは見ないが昨夜のボクシングは気合を入れて見た。
内藤大助が豊浦の出身だったから・・・私もそこで小5~高校卒業までを過ごした。
彼がいじめられたという中学校までの登り坂を懐かしく眺めていた。

亀田大毅との騒ぎがあって、急に内藤に人気が出てきた。大毅のあくどいパフォーマンスに多くの人が反感を持ったせいだ。
本当にいじめに会うようなしっぺ下がりの貧弱な内藤の顔。だが、色々なバラエティ番組などに出て多くの人から見られていると、いつのまにか顔が変わってきた。
自信のようなものが顔に出てきてすっきりして見えるようになった。見られるということは凄い働きをする。

家庭での夫ぶりや、妻の実家をリフォームしてあげるなど(ビフォア・アフターで)、彼はいつもまわりの人に感謝して、それを表現する。
弟大毅との試合で亀田一族が結束して彼に襲い掛かってきたときも、むしろその結束ぶりが羨ましかったと云っていた。
彼はいつも一人ぼっちだった。忙しい母親はかまってくれない。淋しい生い立ちだった。

緊迫した試合が始まった。興毅は3ラウンドでノックダウンすると公言していた。
せめて3ラウンドは倒れないでいてほしい。
最後まで内藤の足は動いていたが、興毅の体は若くてゆるがなかった。内藤は敗れた。

彼には暖かい家庭が待っている。鼻骨が折れたらしい腫れあがった彼の顔に、よくやったね・・と声援を送った。


e0001808_16405259.jpg

[PR]

by oss102 | 2009-11-30 16:52 | 日々のこと | Comments(15)
ロボット
 先日TVで色々な動きをするロボットを紹介していた。
素晴らしい動きでブレークダンスをするロボットや力の無い人でも米50キロも持ち上げることが出来る体を支えるロボット。 ロボットもここまできたかと見ていた。

こんなのがもっと安く普及してきたら、介護現場も楽になるだろう。
ノーベル賞受賞者のおじさんたちが、最先端科学に資金を・・と鳩山さんに申し出ていましたが・・・
庶民としては失敗ばかりするロボット打ち上げに莫大なお金を使うのなら、こういう介護に役立つロボットに予算を沢山出してほしいと思う。

でも老人に老人にというのははばかられる。若者も子供も大変な時代だものね。

シューマイを次々みごとに作り出す食品ロボットを見て感心するが、これは昔はみんな手作業だったんですよね。
なにかするには人の手が必要だった。少ない賃金だったけど多勢の仕事があった。
そしてみんな助け合って生きてきたのだ・・・と複雑な思いでロボットの動きを見ていたのだった。


e0001808_15172197.gif

[PR]

by oss102 | 2009-11-29 15:23 | 日々のこと | Comments(8)
今事業仕分けが面白い
 とっては斬り、とっては捨てる殺陣師のようだ。小気味がいい。
こんなことやってたの・・・自給5,650円だって・・・

こういう無駄いっぱいの組織だって、末端の現場の人は一生懸命仕事してるし、志にも燃えているのよね。
組織を作って送り込まれる上部の人が甘い蜜を吸ってのほほんと胡坐をかいている。
この人たちだって、急に思いついてその席に坐ったわけじゃない。
連綿と昔からあったやり方で、順当に椅子が回ってきたわけで、悪い事してる意識はさらさらない。

よく公開してくれたとみんな喝采してる。
でも中々3兆円にはならないもんですね。

さて我家の事業仕分けをやってみた。
私のパーク代やスキー代は体力保持に必要不可欠だから削らない。花代も脳の活性化によろしい。
次は2ニャンのエサ代か。どう見ても太っている。健康管理のために少し削るか。
横綱格は娘の発砲酒代。500ccを2・3缶も飲む。
時々私の350ccも2階へ消える。

ストレス解消の必要経費だと主張するが、仕分け人としてはぜひ1箱くらいは減らしてほしい。

9億円くれる母親がいる・・・と娘はぼやく。


e0001808_163854100.gif

[PR]

by oss102 | 2009-11-28 16:43 | 日々のこと | Comments(15)
衣替え
 10月末の写真ですが、このころ2匹はすっかり衣替えをしていました。
抜けるだけ抜いた毛の後に新しい毛皮を用意したのです。
ショウマもつるつるの毛になりましたが、なんといっても2重構造の毛皮を着ているフウロの衣替えは素晴らしいものです。いつも店前で汚れたコンクリートの上ですりすりゴロゴロ転がるフウロはもこもこと密生してすべりの悪い毛皮でした。

我家では昔からネコを洗ったことがありません。無精者の飼い主です。あんまり汚れるとペット用のぬれティッシュで拭きます。それで拭くとすべすべになりますが、ひんやり濡れたティッシュはフウロは嫌いです。見ると逃げ出します。
今はなんにもしなくてもつやつやすべすべ・・・気持ちのいい2匹の背中です。

いつもの風景
e0001808_154117100.jpg

新しい毛を用意するためか冬に備えるためか、秋は猛烈に食欲旺盛になります。ねぇ・・もっとごはん・・・
e0001808_154148100.jpg

おっとっと・・・落ちるとこだった。
e0001808_15421949.jpg


こういう毛皮のタイプの2匹のネコブログは、必ずショウマタイプが寒がりでフウロタイプは寒さに平気です。
アメショッす!のラムちゃんと銀ちゃん、うちにゃん@レオッチのレオちゃん、いちごちゃん。みんな同じパターンです。ショウマは南国で生まれたらよかったのですね。

以前に飼っていた真っ白と真っ黒のネコは毛皮の差に気が付きませんでした。
同じ毛質だったのかも。 模様で毛の質が違うなんて面白いですね。 

[PR]

by oss102 | 2009-11-27 16:19 | いとしの花たち | Comments(14)
だんだん短くなって
朝メシもすんだし・・・遊びたい気分のフウロ・・・かくれて獲物をねらっています。
e0001808_17363013.jpge0001808_17365124.jpg









e0001808_17373760.jpg

ショウマがまん前を通過・・・








e0001808_17381887.jpg

気配は感じています。毛繕いなどして気をそらしています。







やっぱりショウマの方から仕掛けました。
e0001808_17411061.jpg

でもたった3分で終わり・・・戦い終わるとアッチ向いてカキカキ、コッチ向いてカキカキ・・・もう6才と数ヶ月。来年の夏はシニア用のエサになります。 
我家は全員シニアが揃います。さびしいなぁ~

e0001808_17415987.jpg

[PR]

by oss102 | 2009-11-26 17:53 | いとしのネコたち | Comments(12)
今年も滑るぞ!! スキー同好会
 札幌国際スキー場も・人工雪のオーンズもオープンしました。
去年の今日は国際で千円で初滑りを楽しんでいます。
今日は気勢をあげるべくまた魚一心に集合がかかりました。
お料理が来る前にとりあえず乾杯!! 
e0001808_16244141.jpg

いつもの840円に生ビールがつくランチです。この写真は去年さくらさんとの会食時のものを回して使いました。
e0001808_177246.jpg

私が世話役を下りて、札幌のネット仲間の方が後を引き受けてくださって、見違えるように活気あふれた同好会になりました。札幌の方も一緒に滑るようになって人数も増え、楽しさ倍増です。

お世話役さんの挨拶がありました。今シーズンの2年目で世話役を下りると・・・
後は当番制にしましょう・・・
パチパチパチ・・・人に聞かれればなんということもない仕事内容ですが、内心のあれこれを知る私は盛大に拍手を送りました。 気が小さいというか社会的訓練ができていないというか、当日の天気にも迷ったものです。決行か中止か・・・彼女も胃が痛くなったと・・・

この後メンバーはカラオケ・その後スナック・ぞろぞろと出かけました。パワフルです。
芸無しの私はそこで退散。足にしびれは残るけど今年も頑張ってすべるぞ~

緩斜面を体をだましだましタラリタラリになるけど・・・あぁ、急斜面に向かって挑む緊張の快感は過去のもの。振り向くのはいけないけど、振り向いちゃった~;;;

[PR]

by oss102 | 2009-11-25 16:54 | スキー | Comments(10)
2度目のさくらさん 酒肴満載
 さくらさんの同級生のNさんは、以前から顔見知りだった。
リサイクル屋をやっていた頃、2・3点買っていただいて家も知っている。

さくらさんがいつ現れるか、私の日程もあるのでNさんに連絡していただいた。
さくらさんから電話があって「Nさんがウチで会えばいいでしょ・・・と言っていたけど気を遣うでしょ?」
「イヤ、Nさんの家で会いたい・・」私はすぐに飛びついた。

Nさんはキリッとした美人。べたべたしない物言いが知性を感じで好感を持っていた。
さくらさんと一緒にお話が出来るなんてラッキー!
それでも遠慮があるので、夕食前にお茶をいただきながら小1時間お喋りするつもりだった。
が、こんなことになった。 しゃこ弁当の紙を抑えているのはさくらんの手です。
e0001808_17324726.jpg

ハタハタの煮付け・イカ・イカゴロ・ニシン・ひらめのエンガワのうにキムチ和え・白和え・三升漬け・・書ききれない・・・落葉きのこの味噌汁も出た。みんな彼女が山で採ったもの。
慌ててカメラを取りに走った。 手作りの小樽らしいつまみがこれでもかと出てくる。

当のNさんはアルコール全然ダメ。それなのに網にいれて干した大根で漬物などなど、感激の献立。
さくらさんのために一生懸命作ったんだろうな。
友達をこういう気持ちにさせてしまうさくらさんも特殊能力の持ち主だ。

熟女3人、政治・人種差別・今昔の世評・料理・パソコン・・・あぁ、恋の話はでなかったなぁ。
2人で話したいこともあるかな・・と少し遠慮した私は8時においとました。
3時間半も足投げ出して喋って、それでも遠慮かよ・・・
あぁ、楽しかった。 さくらさん またブログで会おうね。

[PR]

by oss102 | 2009-11-24 17:57 | 日々のこと | Comments(12)
2度目のさくらさん
 去年会ったばかりのさくらさんがまた今年も来るという。アメリカからですよ!その行動力もさることながら金力も凄い! ブロ友のあきのさんhanairomimiさんのブログで刻々来道が近付いているのが分る。・・・さながら台風情報である。

いよいよ小樽に上陸したとの情報が入るがまだ中々姿を見せない。友達とあちこちで温泉三昧のようだ。
昨日は運河公園でシャコ祭りがあった。それを友人と見に行くという。我家には4時過ぎになると連絡が入った。
運河公園なら徒歩で5分。アメリカから来た人が見に来るというのなら私も見ておこう。さくらさんと会えるかも・・・hanairoさんと会っていたときの電話によると新調のコートを着ているはずだ。さくらさんのことだからひと目でわかるような素敵なロングコートを着ているに違いない。
e0001808_12143729.jpg

お昼近く、凄い人出だった。とてもさくらさんは探せなかった。

4時チャイムが鳴って、薄暗くなった逆光で店先に顔をのぞかせているフード付きの黒い短いコートの人は若い女性に見えた。 アレ!さくらさんだ。!去年はロングヘアで後ろにシンプルに束ねて黒ブチのメガネをかけていたのに今回は肩までのヘアスタイル。・・・手から足まで真っ赤なマニキュアをしていたのに、ジーンズはいて黒のタートルネック。眼鏡なし・すっぴん。 ふ~~ん、素顔見せてくれたのね。

小型のノートPCを持ち歩いている。メールチェックがしたいそうだ。
東京ではPC喫茶で・あきのさん宅で・・・携帯では間に合わなくなってるのね。

チェックが済んですぐに歩いて3・4分の同級生のNさん宅へ。そこでNさんと一緒に1時間ほどお喋りするつもり。
                                       
                                          つづく

[PR]

by oss102 | 2009-11-23 12:43 | 日々のこと | Comments(6)
チェンバロのコンサートへ
 宣誠寺というお寺でときどきイベントをやる。今回は明楽みゆきコンサート。
お寺は寒い・・・行くたびに風邪をひく。思い切り着こんで出かけた。
e0001808_105344.jpg

チェンバロという楽器、見るのも聴くのも初めてだ。明楽さんは美人、曲の説明・楽器の説明などをやさしい笑顔を絶やさず話す。40名に満たない客は私も含めてコンサートに馴染みのない客も多い。

ものをはじいて響かせて音をだす。オルゴール・琴・ハーブなど沢山あるが、チェンバロもその仲間。木質なので雨の日、晴れの日、それぞれ音がちがう。
休憩時、間じかに楽器を見せてくれた。こういうことは大きな会場では出来ないこと。
来てよかった~の声があちこちから・・・勿論私も。 フタを開けて中の様子を・・・
e0001808_10154394.jpg

赤いフェルトが差し込んであります。黒い部分は合成樹脂をカットしてさしこむ。昔はカラスの羽が良く使われたと・・こだわる人は猛禽類の羽を使ったり・・カットの仕方でまた音がちがってくる。
e0001808_1016816.jpg

後方の音を響かせる部分。透明な線が2重に張ってある。
e0001808_10162378.jpg

上の部分は桂で足は楢、埼玉の奥地の工房で手作りしたもの。15年経ってようやく楽器らしいものになってきたと明楽さんはいとしそうに語る。

バッハ・ラモー・ヘンデル・・・他、卒業写真・涙そうそう・・などお馴染みの曲も2時間たっぷりチェンバロというやさしい音色の演奏を楽しませていただきました。

大きなフタにはラテン語で・・・音楽は喜びをともにする友、悲しみを癒す友と書かれているそうです。

e0001808_10355961.jpg

[PR]

by oss102 | 2009-11-22 10:30 | 日々のこと | Comments(10)
体の異常
 先日老人の病気は生理的現象である・・・と書いた。その生理的現象がまた増えた。
一難去らないで二難・三難と増え続けるのが後期高齢者の正しい姿だ。

腰骨が傾いてしびれだるさに騒いだのはこの2月からのこと。医者には治りませんと宣告されて、医者通いもリハビりもクスリも止めていた。

この9月からはまた異常があった。
左目が朝起きるときに違和感がある。普通と痛いとの中間くらい・・たまにゴミが入ったようにゴロゴロすることもある。気になって眼科へ行った。

左黒目の上にかなり大きい傷があるという。炎症をおさえる目薬を2種もらって日に4度さしているが変化はない。はっきりした原因が分らないときは経過観察が必要、ときどき通院するように云われた。やれやれ、また病院通いだよ。

別の医者にも診てもらおうか・・と思案していたら、兄嫁から電話がきた。
「Yちゃんの症例にそっくりな例が道新の夕刊にでているよ・・・」 友人からその夕刊を借りてきて読むと、まぁ、そっくりではないか。 私の症状はごく軽いものだが同じ系列の眼病かもしれない。

切り抜いて眼科の医者に読んでもらった。だが、この症例とは違うと言う。
モニターに大きく私の眼球が写しだされて、傷は大分小さくなってきていると言う。
違う2種の目薬を処方されて帰ってきた。

患者が切抜きを持ってきて・・あぁ、それでした・・というのは医者のプライドが許さないのかな・・などと考えたり・・やっぱり違うのかな・・と思案したり・・普段はほとんど違和感を感じない程度なのでまた放っておくことになるかも。 医者だって症状が大きく出ない事には判断ができないんですよね。

我ながら可笑しかったことは、夕刊を借りに友人の家まで車で出かけたことです。
スキャンしてメールに添付してもらえばいいのに、そんなことは頭に浮かびませんでした。文明の利器を手にしながらまだまだ昔の女の頭は固いのでした。

余分のことながら・・・私の右足のだるさはすっかりなくなりました。しびれも当初は立ち上がる度でしたが、今は突然思い出したように日に2・3度です。
血流は損なわれた部分を補修するのですよね。


新聞記事です。ご参考までに
[PR]

by oss102 | 2009-11-21 11:28 | 日々のこと | Comments(8)