仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
なるほど。上がっているの..
by あきの at 17:21
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:51
304さん まぁ、光栄..
by oss102 at 14:48
sakuraさん 貴女..
by oss102 at 14:45
あきのさん 私は自分に..
by oss102 at 14:44
継続することは力を得られ..
by hanairomimi201 at 09:32
私もブログを始めてoss..
by tmshanagn304 at 21:19
kiyokoさん 雪国..
by oss102 at 20:17
あきのさん 築85年の..
by oss102 at 20:16
13年おめでとうございま..
by orientexp at 19:10
こうやって改めて知ると、..
by あきの at 17:14
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
松風さん 10年目にな..
by oss102 at 09:29
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

あぁ、思うようにならない。 コスモス
e0001808_1522347.jpg ネット仲間のSさんのブログに、去年コスモスの写真が載った。
輪郭に細い赤いラインでかこまれている白いコスモス。あぁ!これが欲しい!!

去年は好みのコスモスを見つけて種を採り、3本をクレマチスの間に育てた。
白と、中心の紅色から淡いピンクへ変わっていくグラデーションタイプ。
陽光を求めて前にせりだしてくるのを押しとどめ、押しとどめして育てた。

来年は、Sさんのこのコスモスを植えたい。
コメント欄にこの種がほしいと書き込んだ。

暫くしてパークゴルフで会ったとき、彼女は「ハイ、コスモスの種」と渡してくれた。
薬袋はすこしふくらんでいた。

ありがとう・・・と言ったが、キチンと物事を伝える難しさを思った。

ところで、そんなに拘ったのに、今年はこんな派手な2本になった。
余市の野菜と花苗の店。パークに行くときは朝寄って「このアスパラとっておいてね・・」などと頼んでいく。
そのときコスモスも・・・と云ったら、「分った。コスモスなら大丈夫。帰りまであるから。」と言った。

帰りに寄ったら、好みの色は既になく、色はわからないつぼみのついたコスモス苗を2本タダでくれた。
咲いたらこの色だった。 アンタ派手ねぇ・・・と毎朝話しかけている。

[PR]

by oss102 | 2010-05-31 15:45 | いとしの花たち | Comments(10)
あぁ、思うようにならない。
 気温が上がったといっても朝晩はまだストーブがほしい。それでも季節はずんずん進んで、それなりに花も咲くので、1ヶ月遅れの花作業に精をだします。

日陰の花壇には稚児ゆりなどが好ましくさいています。手前のカンパニュラはなんというのでしょう。
この手の花はどんどん増えて、適当に間引くしかありません。
e0001808_171680.jpg

店前と横の人工的な花壇とラテイスには・・・はてさてどんな花がいい?
秋まで休みなく花が咲き続けて、丈夫で・・・となると毎年同じようになる。そこをなんとか新鮮な感じにしたい。
e0001808_1754269.jpg 店の中で新聞紙を敷いてプランターに。フラッシュ焚きたくないのでブレブレですが・・・サルビアです。

ホームセンターには外部から花屋さんが入っていて、おとといの金曜日、私は結構たくさん買ったのです。
今日は最終日という事でかなり安くなっている花がありました。ありゃ・・・今日にすればよかった!
ミニダリアが298円が98円です。黒に近い赤と渋系の赤を買ってきました。

植えつけようとして札を外したら、なんと黒ではなくて黄系だったのです。
良い苗を選ぼうとして、うっかり間違ったのでした。
いつもなら返品を考えるのですが、ごったがえすこの時期のレジに98円の花苗の返品をする勇気はありません。 どうしても黒ダリアがほしい私はまた行きました。

黒ダリアは1本だけ残っていました。でもなんとも頼りないひょろひょろ苗です。こんな苗ではいくら98円でも・と諦めて、朝気をそそられた新種だという花苗を買いました。それはなんにも安くなっていなくて298円。

別のコーナーでは同じ花の黄色が98円です。私はどうしても白が欲しい。買ってしまってからよくよくみたら、トレニアです。あ~ぁ、ちょっこと手を入れただけで新種ですって高く売るんだ。失敗しっぱい。

e0001808_17264264.jpg ハイドランジャーが半額になっています。

いま家にあるアジサイは大きくなって形が悪くなっています。こんな派手なのもいいか・・・598円で買いました。 買ってから、出先の業者ですから、500円ポッキリにしてよ・・・と負けさせればよかったと反省。
どうもこういうことが上手に出来ないのです。

青のアジサイは酸性土・赤はアルカリ性と覚えていたのですが、検索してみるとハイドランジャーは酸度調整済みのピートモスを使うとあります。へぇーやっぱりピートモスがいいの?
きれいな花を2節からバッサリ落として、2回り大きな鉢に鉢替えしました。

ほかにもなんじゃかんじゃと買った花を植えたり、鉢を洗ったり、あちこち探し物しながらムダに行ったり来たりして今日もよい運動をいたしました。

ようやくちょっと暖かくなっただけだけなのに、もうケマンソウの花にびっしりアブラムシがついていてびっくり。
危ない花たちの根元にオルトランをパラパラしました。油断大敵です。

[PR]

by oss102 | 2010-05-30 17:50 | いとしの花たち | Comments(8)
労災補償
 顔の傷での労災補償額が男女で違っていたのですね。昨日の読売新聞に載っていました。
女性は男から見られてなんぼのもの・・・の感覚がずう~~っと続いていたのでしょう。

これは70代の女性の顔も18才の女性の顔の傷も同じ額ということかしら。そこに差別はなかったのね。あぁ、よかった。 
もしかして、29歳までは幾ら、30才以上は幾ら・・と決まりがあったりして・・・

男性が顔の傷を受けて申請して認定されたときに、差別があることを知って異議申し立てをしたのだそうです。
京都地裁の判決で「合理的理由がない」と認定の取り消しを命じた。とあります。

厚生労働省は、今後の対応については関係省庁と協議して決定する。と答えています。

今は男性でも同じ扱いをするのは当然でしょう。
顔はかくせませんからね。指1本曲がっていたって、本能的にかくそうとしますから、
顔の傷はむごいです。
世の中の意識の変化に、お役所がついていくのは100年後では困ります。

障害等級表があるそうですが、この仕分けは本当に大変なことですね。
大変な事ではありますが、この際姑息な変更を考えないで、バンバン見直してほしいものです。


e0001808_16521771.gif

[PR]

by oss102 | 2010-05-29 16:58 | 日々のこと | Comments(8)
感謝状
  兄は白内障で手術をした。TVに流れるテロップもベットからは読めないようになっていた。
透析に通っている病院が新築されて、眼科が新設されるのを待って、先日手術をした。

眼科としては第1号の患者である。医者もスタッフも全員女性。
経過は良好で、すぐに充血もひき無事退院した。

世の中は鮮やかな色彩にあふれていた。トマトの赤にも感動したという。
女医さんに感謝状を書いた。

母親が晩年は盲目になった。自分もそうなるだろうと諦めていた。
ここで、こんな素晴らしい感動の世界をもらった・・・・

兄は文章がうまい。 まだ20代か30代の女医さんは、感激して目をうるませて喜んだという。 
退院してよかったよかったと家族で喜ぶばかりでなく、こうして表現することも大切だ。
これからの仕事にも励みになるだろうと思った。


e0001808_13554823.gif


老妻の顔を見て
[PR]

by oss102 | 2010-05-28 13:54 | 日々のこと | Comments(21)
エコな電球
e0001808_201668.jpg トイレの電球が切れた。
世の中エコエコと騒ぐのでエコ電球なるものを買ってみようかと思った。

なにせ60円くらいで買える電球を2780円も出すのだ。
もう私は値段を見ただけで決意が鈍るから娘に頼んだ。

娘の部屋の電球も切れている。

買ってからちょっと検索してみた。やることが逆である。
なんと、そこには点滅の激しい場所では、寿命が短いとあった。普通の電球だっていつ買ったのか忘れてしまうほど何年も持つのだ。

お母さん、電気代が安くつくよ・・・と娘は慰めてくれたが、トイレの電球ひとつで10年持つとしていくら安くなるのだろう。

あ~ぁ、エコはやっぱり水道・ガスなどの倹約で簡単料理にするのが一番だ。
トイレのスイッチを入れるたびに反省している私です。

[PR]

by oss102 | 2010-05-27 20:21 | 日々のこと | Comments(14)
ボランテア実践者との交流
 市では毎年ボランテアスクールというのを3日間にわたってやっている。
ボランテア活動の心構えの講義・車椅子の基本操作・高齢者や視覚障がい擬似体験・・・なんてのもある。
最終日のプログラムに座談会ボランテア実践者との交流という項目があって、それに訪問朗読会の代表代理として私が出席してきた。

講座を受講した8名と代表14名が輪になってお話した。因みに今はボラの団体は26だそうである。
障害児・保護観察中の少年・芸術・文化・自然環境保護など、多彩な集まりだった。

点訳友の会によると、昔は手作業だったものが、今はPCでと打つとの点字が打てるようになってるそうだ。楽になりましたね。でも中々新人が集まらないと・・・
音声で吹き込むCDは年間180冊とか。以前は私もこの会に入っていました。20年前のときはテープへの吹き込みでした。
もちろん我がドッグエンジェルの代表Nさんも来ていました。

フリートークになって、あまり何度も代表が若い人が入らない・・とぼやくので我慢できなくなった私は発言しました。だって75才で初めてボラを始めたのですから。

運営していく上で若い人を求める気持ちは分るが、あんまりそういうことを強調されると私のような年代のひとはいじけてしまう。悪いことをして年をとったのじゃない。年をとっても活き活きして暮らすのは若い人にとっても励みになるはずだ。日野原先生は75才で更に新しい事に挑戦しなさいと言っている。障害者や施設の高齢者に向けるやさしい心があるなら、仲間としても暖かく迎えて欲しい。

終わって顔見知りのその人は、近付いてきて、「やっぱり若い人がほしいのよ・・」と言った。(笑)

行政はタテ糸・ボランテアは横糸、献立に色と香りをつけて世の中を暖かいものにしていきたいと思う。

e0001808_17131517.gif

[PR]

by oss102 | 2010-05-26 17:19 | ボランテア | Comments(16)
養老孟司の講演
 例年小樽仏教会が主催する花まつりの夕べ。4年前の長嶺ヤス子の講演に味をしめて毎年行くようになった。 「今年は養老孟司だって・・・行こう行こう」
e0001808_15471114.jpg

会場は満席だった。さすが有名人、ようやく左側の前から3番目のかぶりつき。

e0001808_15553146.jpg講演は笑い声が絶えなかった。ジョークをまじえて脳の話や体の仕組み・意識のことなど新鮮な切り口で話す。
脳みそは3つのことしかしていない。感覚入力・演算・運動出力。
脳が働かなければ体は動かない。
筋肉がなければ脳が働いても動かない。

ロボットをつくるには3億かかる。人間はすぐれたプログラムを持って生まれているのに、脳も体も、動かさないように動かさないようにと生きている。
何故舗装された道にするのか。階段は同じ間隔なのか。階段の巾や高さをランダムにしたらもっと脳も体も働くようになる。
中国の家はそうなっている。工事がずさんだから一々高さも巾も違う。だから中国人は今に世界を制覇するだろう。(笑)

運動会に今は1等賞がないそうだ。なんでそんなことをするのか。ビリの子はトラに襲われるかもしれないが、だがトラは前からやってくるかもしれない。そのときは1等の子が食べられるのだ。 人生とはそういうものだ。

同じということ。a=b  ここらへんで算数の世界から落ちていく人が多くなる・・どっと笑いがくる。落ちた覚えのある人たちだ。私もその中の一人。
等価交換・・これは人間だけのもの、動物にはない。これの究極がお金、経済生活である。
お金を生むために機械を使うようになる。
機械にかこまれて楽をしている私たちの生活を浮き彫りにする。

蝶のとりかた、解剖の話、笑わせながらの2時間はあっという間に終わった。

こうしたすぐれた人はいるものだ。母親の本のことなど思い出した。女医さんをしていた母親にはほったらかされて育ったはずだ。なにがどう違うのでしょうね。

講演はいいが、ちょっとなにかに気をとられていると聞き逃す。本だったら何度もページをめくって元に戻れるのにと思った。
彼は白板のある右側ばかりに立って話すので左側の私は首が痛くなった。

何枚撮ってもピンボケでした。ノンフラッシュです。

e0001808_16223356.jpg

[PR]

by oss102 | 2010-05-25 18:52 | 日々のこと | Comments(12)
里親譲渡会 2
 犬たちはつながれ、猫たちはケージに入れられていますが、柴犬のモリゾウ君だけは犬舎のオリの中です。
吠えたり噛み付いたりする犬はだいたいが臆病なのです。
朝からの喧騒でモリゾーはオリの中でうずくまっています。

そこも開放されていますから、沢山の人がモリゾーを見て行きます。モリゾーオリの前には、絶対に手を出さないでください・・の貼り紙が下げられています。札付きのモリゾーというわけです。

両親と高校生の兄妹を連れた一家がモリゾーの前を動きません。妹はテイッシュを何枚も取り出しては涙を拭いています。母親は「この目がそっくりなんですよ・・・死んだのですが」と言って携帯の写真を見せてくれました。
雑種の耳がたれた犬が写っていました。 似てはいませんでしたが、犬のこの哀しい、やさしい、とまどったような目は共通なのでしょう。
「何度もウチに来るかい?」と呼びかけて1時間以上も動きませんでした。
この仔はまだ当分ここにいるでしょうから、決心がついたら連絡してくださいと申し上げました。

仔犬のときから噛み付いたときは口にゲンコツをねじこんでやると治るのだ、とベテランらしいおじさんが云っていました。エサや玩具が身近にあるときに、それを守ろうと吠え掛かる犬には、両手に玩具を見せて、交互に遊ばせて、片方は取り上げる・・そうして取り上げることに慣らしていくのだと。これはTVでやっていたそうです。
犬もどんな個性の仔がくるか分りませんので、飼い主も勉強しなくてはいけませんね。

e0001808_1651317.jpg

仔猫は次々貰い手がついて嬉しかったのですが、一日外でさわられてストレスを抱えた仔猫たちは、家に帰りついたとき、そっと休ませてもらえたのかな、とちょっと心配になりました。
小学生姉妹にそれぞれ渡された2匹のときなど、お家に帰ったら遊びたいのを我慢してそっと寝かせてやってね、とアドバイスすべきだったと悔やみました。

60代女性の急死の後に残された、30数匹の保護されたネコも2匹きていて無事に飼い主が決まり、引越しのときに置き去りにされたらしい3・4才のネコも飼い主が決まりました。
可愛い仔猫がたくさんいるのに、「このくらい落ち着いたネコがいいのですよ」と優しい女性。

仔猫はどれも愛らしいのですが、その中でも図抜けてきれいで愛らしい仔猫が2匹いました。その猫たちは4倍の競争率です。射止めた中年の女性は大喜び。トイレのことなど聞いて連れ帰りました。
後に残されたのは仔猫4匹だけです。持ってきた人が連れ帰ったのですが、その後の運命は如何に・・です。

この日でどれだけの命が助かったことでしょう。有意義な行事です。

みんなみんな幸せになってね。


e0001808_1557238.gif

[PR]

by oss102 | 2010-05-24 16:06 | ボランテア | Comments(12)
里親譲渡会
 すっきりと晴れた今日、里親譲渡会がありました。何年か前までは市内中心部のグリーンロードで開かれていた譲渡会ですが、今は収容所で行われます。

バスの路線でもなく、こんな不便なところに・・・と思っていましたが続々人は集まりました。
この方が、ひやかしが少ないのでいいと思いましたよ。
e0001808_14572446.jpg


ネコばかりがドッサリ集まりました。全部で仔猫は20数匹いたと思います。
e0001808_14594397.jpg
e0001808_1502140.jpg

人気のあるネコにはクジで決めていました。ちょっと家に持ち帰って娘とフウロに見せてやりたいと思いました。どんな反応をするかしら。

2ヶ月に足らないので持ち帰りになった4匹の飼い主はまだ若い女性でした。幅広く動物の世話をしている女性は、「このまま大きくしてるとまた年に何度も仔を生むのよ。絶対に避妊・去勢をしなくちゃダメ!」とこんこんと諭していました。 不幸な仔たちをなくしたい・・・熱意が伝わってきます。

ここへ来たばかりのビーグル犬も若い優しそうな夫婦に引き取られて、私たちボランテアはまた明日から休業に入ります。 よかった、よかった。

e0001808_15154857.jpg

ここで里親を見つけて幸せになったワンコたちのポスターが貼られていました。ホウっておいたら殺処分だった命。ボランテアの力は凄いです。

[PR]

by oss102 | 2010-05-23 15:19 | ボランテア | Comments(14)
5月の農道
 風薫る5月・・といいたいところですがまだ風は冷たい今年の5月です。それでも八重桜が咲き、かっこうの声を耳にしました。 もうなにを植えてもOKの合図です。

農道を走っていると、梨・リンゴの花道が続きます。フルーツ街道と名が付けられています。若葉もわんさか、やっぱりこちらの方面はいいわあ・・・

e0001808_1704255.jpg先日のフキ採りから5日経って、また同じところで採りました。
もうここは最後でしょう。

半分はオトナリへ上げて、その後半分は通りかかったご近所さんにあげました。
e0001808_1752228.jpg



今日は朝採りのワラビをいただきました。お初です。
ネコの散歩場所からみつ葉も採って山菜ずくめ。

土日だけ開いてる帰り道の花苗屋さん。
e0001808_1779100.jpg

今日は白い花弁に真っ黒な花芯のブラキカムを2株買いました。狭い花壇なのにまだスカスカです。
もうすぐ5月も終わってしまいます。美味しいものは食べられても、こんな寒い5月では大損をした気になります。

夜、ストーブをたかないで我慢しているとネコたちはこうなります。

e0001808_17142556.jpg

[PR]

by oss102 | 2010-05-22 17:19 | 食べ物 | Comments(12)