仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
ナッツ類は1日3粒くらい..
by あきの at 16:32
お祭り大好き。だけど娘た..
by さなえ at 16:26
私もあまり賑やかな場所に..
by mikihana922 at 16:07
fu-and-boroさ..
by oss102 at 15:17
304さん 天はそこそ..
by oss102 at 15:14
あきのさん 語りの仲間..
by oss102 at 15:11
天は二物を与えず。美貌の..
by tmshanagn304 at 20:50
わたしも高い声は、かすれ..
by あきの at 17:20
さなえさん 農家のビニ..
by oss102 at 09:56
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:54
松風さん ず~っと以前..
by oss102 at 09:51
私も見てました。太田さん..
by さなえ at 21:41
少し見ていましたがテレビ..
by fu-and-boro at 21:01
今の世の中、そのくらい用..
by fu-and-boro at 20:51
私も見ていました ほん..
by 松風Ⅱ at 18:40
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ドイツの犬  3
 ドイツの犬はよく躾けられている・・ということは当然犬の訓練校がたくさんあり、最低限「基礎クラス」には通う。犬の学校では飼い主も学ぶことを要求される。

仔犬クラス・基礎クラス・上級・問題犬の矯正クラス
「わが犬学校の基本は力ずくの教育とは完全に決別!」などのキャッチフレーズが出される。

厳しく訓練しようとする保守派と、体罰や強制をしないリベラル派に分かれるようだが、前者は50代以上で、犬の血統を重視する世代に多い。リベラル派は若い世代で、罰を与えるのではなく、褒めたり、褒美を与えたりやる気を起こさせる方を選ぶことが多い。

これは戦後の子供の教育と同じ方針になっている。

上級を終えると「犬の飼い主のための証明書」があり、飼い主と犬の実技試験・飼い主の筆記試験の両方に合格しなければならない。ドイツ人は資格試験が大好きである。

多くの飼い主がこうして犬の訓練を日常に取り込んでいるので、ロープなしの散歩が市民権を得ているのですね。

ロープなしでいられる犬はその能力を十分に発揮できます。もちろんロープなしで起きる事故は沢山あります。闘犬などはそのため保険代が7倍です。闘犬はロープ、口輪が義務付けられています。でもどんな闘犬もやはり飼い主次第。事故が起きると厳しい罰則が科せられます。

訓練を受けた利口な犬はロープなしで結構ですが、ネコは訓練をしてもよその敷地に入り込むでしょうね。ロープで散歩のネコは増える一方です。あ~ぁ・・・


e0001808_16562464.gif

[PR]

by oss102 | 2011-02-28 17:00 | | Comments(6)
ドイツの犬 2
 動物愛護団体の人たちは、過激派・穏便派いろいろだが、大抵はベジタリアンである。
ベジタリアンにも色々あって、厳格な菜食主義派は動物の皮でつくったバックや靴も拒否。穏健派は卵やミルクは摂取する。

過激派は動物実験のデーターを請け負う会社に潜入して、動物の実態をカメラにおさめ暴露した。株価はさがり会社の経営も傾き倒産した。

1970年代には環境保護と平和主義を揚げて緑の党が結成され、83年には総選挙で連立政権の1部として与党入りした。それだけ市民の支援が得られるということである。

家畜の輸送時、食肉になる前に、多大なストレスを受けないように動物ごとにトラックや貨車の広さなどが規定されるようになった。活動の成果である。
彼らはロブスターなどを生きたまま熱湯に入れて茹でることにも反対している。
どんどん、あれもだめこれもだめと論争が深まるそうだ。

犬の税金もある。地域によって違うが、1頭年間2万2千円~1万1千円。市民に責任を持ってほしいと願いがこめられた税金だが、脱税をしている飼い主も3分の1はいると推測されている。コストがかかるためチェックが厳しくないのだ。

税金を免除されている人も沢山いる。
生活保護受給者たちは、生活の中ですこしでも安らぎが得られるようにとのはからいだ。

こういうお役所のはからいは暖かいですね。
動物がいかに生活の慰めになるか、さすがドイツです。


e0001808_1718166.gif

[PR]

by oss102 | 2011-02-27 17:14 | | Comments(10)
ドイツの犬
 クライストチャーチの災害現場で救助犬が働いていた。首輪をしていなかった。
なにかに引っかかって動けなくなったら困るからだろう。
e0001808_15561013.jpgこんな本を読んだ。
日本も以前よりはましになったが、社会的な待遇はやはりドイツは犬大国である。

散歩はロープなしでOK。電車・地下鉄には子供料金で乗れる。
レストランOK。
犬の入れないパン屋や精肉店にはフックがついていて犬のマークにPがついている駐車場がある。
犬は訓練を受けてよく躾けられている。

賃貸住宅の広告に「犬OK・しかし子供不可」などという文面もある。

動物番組も沢山あり、飼い主探しの番組は高視聴率をあげ長寿番組になっている。
こんなに愛犬家がいて犬も社会的に高い位置を得ているが、やっぱり人間という生き物は一筋縄ではいかない。

当然虐待・放棄は後を絶たない。とくに7月~9月までの長い夏休みの前になると捨て犬は増えるという。

安楽死論争も派手になる。
秋田犬のシーザーは、皮膚病で体毛が抜け落ちて目もほとんど見えない。こんな犬を生かしておくのは動物虐待だ。苦痛をやわらげよ・・・と地元役所が安楽死を通達した。

動物の家では秘密の場所に移し、役所から追われる逃亡犬の身になったシーザーをかくまっているという。

                         つづく

[PR]

by oss102 | 2011-02-26 16:14 | | Comments(10)
ごはん
 新米の出てくる最初に買ったゆめぴりかはあまりにももちもちの食感で、私の口には合わずにおぼろづきなどに混ぜて炊いていた。

その最後の1合弱ほどを昨日買ったおぼろづきに混ぜて炊いた。2号弱ということである。
水加減を誤った。柔らかいのである。私は固めのご飯が好き。でも市販のお弁当のご飯の固さがいいのだから、とくに固めの好みというわけでもない。

同じ素材を使っても固め・柔らかめではこうも味が違うのか・・と思うほどまずい。失敗した。どうしよう。固めのご飯ならなんとでもなる。チャーハン・雑炊なんでもこい。

これならかえってお粥のほうがましだ。餅入りお粥にしちゃおうか。野菜炒めだってべちゃべちゃしたのは食べられない。適当な固さが大事なのだ。

以前兄嫁の家に泊まったとき、ゆめぴりかで炊いたごはんだった。人の家でご馳走になって文句は言えないがごはんは非常にまずかった。兄嫁は長年姑である私の母と同居してくれて、その上兄が病気になり、介護疲れで自分の胃も弱くなっていた。それで柔らかいご飯が定着したのだろう。
香り高いブランドのコーヒーも薄くて物足りない。

人の家の味というのはそういうものである。私の家で客人にだす料理だって、薄味すぎて、そのうえ砂糖抜きで、あんなものまずくて食べられないと言われるだろう。
コーヒーは炭焼きで濃い。

ケンミンショウという番組をときどき見る。同じ日本でこんなに違うか、というくらい違う味、違う食べ方が当然のように出てくる。秋田では炊き込みご飯に山ほど砂糖を入れて、そのうえ栗の甘露煮の瓶詰めを汁ごと入れていた。そうでなくちゃ美味しくないと県民は云う。

私は外国旅行をするときは、なるべく土地のものを食べることにしている。日本のものなんか梅干も持っていかない。そういう気鋭がありながら柔らかいご飯に辟易している。
これはどうしたことだろう。


e0001808_1636357.jpg

[PR]

by oss102 | 2011-02-25 16:43 | 食べ物 | Comments(14)
クライストチャーチ
 地震でえらいことになっていますね。足を切断して救出された子の、ちょっと顔をゆがめたVサインの写真は涙が出ました。
楽しみにしていた留学が地獄と紙一重だなんて考えもしなかったでしょう。

それでも日常はそういうことの連続です。
車で走っていたって、街中を歩いていたって、一瞬の差で事件に出会うかそのまま何事もなく過ぎるかがきまるのだ。ということを改めて思います。

若い方たちがこの運命に見込まれて亡くなられるのは本当に口惜しいです。
残念です。

小樽も温泉が沢山でるところです。いつ爆発したり地震に襲われるかわからない。
でも明日も明後日も日常が続くだろうと生きているのです。

クライストチャーチは16年前に私が3泊したところです。クライストチャーチの有名な寺院という近くのホテルで朝、仲間と散歩に出て見に行きました。サクラがちらほら咲きかけていました。
スキー仲間とスキーツアーで行ったニュージーは楽しいものでした。
60才になっていましたが今から考えるとやはり若くて元気です。

ホテルにスキー靴を忘れて、スキー場のレンタルで借りようとしても大人用には足に合うのがありません。子供用の頼りない柔らかいスキー靴で滑りました。

e0001808_1715405.jpgオプションで乗馬もしましたが、草原は遠くで見ると美しいのですが、下一面は羊のウンコで一杯なのです。
気難しい馬に当たって、ウンコの上に落ちたくな~い!と必死の乗馬体験でした。

ワインをホットで飲むこともここで覚えました。


山頂へはロープ塔で上ります。後方はワカナ湖です。記念に買った写真枠つきのをそのままスキャンしたらものものしいですね。赤いウエアが私、仲間は30代。親子のような年代差です。
e0001808_17192156.jpg

悲惨なニュースと楽しい思い出を一緒にして不謹慎でしょうか。ごめんなさい。
60代の貴女。貴女は十分若いのですよ。60代の日々をお楽しみください。私、この写真みて・・まぁ、サングラスしてますけど「いいなぁ、若かったなぁ・・」って思うのですよ。

これからも80代になったら70代を若かったなぁ・・と懐かしむに決まっていますが。

[PR]

by oss102 | 2011-02-24 17:40 | スキー | Comments(16)
抜け毛
 2月はまだまだ寒い日が多かったのに、フウロは毛が抜ける。毎日毛梳きをしているのに抜け続け、少し暖かくなった最近はもっと抜ける。
e0001808_14274840.jpg

DVDプレーヤーにチャプターというCM飛ばしをする機能がある。それと早送り。
録画をすると必ず早送りとCMはとばして見ていた。かなり時間が短縮される。

その動きが悪くなった。超スローで動いたり止まったりする。早送りやチャプターは機械にはストレスなのだ。それからはおとなしくCM入りの録画を見ていた。

去年の4月に買ったプリンターも早くから調子が悪かった。だが、月に2・3回程度の使用なのでヘッドクーニングしながらだましだまし使っていた。
とうとうひどくなって保証期間が切れる前にと修理に出した。出来上がって店員は「ヘッドが汚れていました。きれいにしておきましたが、なにか汚れがつく部屋に置いてありましたか?」と聞かれた。

フウロの毛か・・と思ったが、なに食わぬ顔で、「前のキャノンは同じ環境で6年もったのですよ。エプソンは汚れがつきやすいところにヘッドがあるのですか?」と聞き返した。
女店員は品物を渡してくれた。
プリンターは気持ちよく印刷してくれるようになった。その上、警告が出ていたインクも満タンになって戻ってきた。
それ以来面倒だが、一々紙を抜いて蓋をして布を掛けておく。

ストーブも4年ぶりに分解掃除に出したオジサンがびっくりしていた。「毛が凄かったよ! こんなに吸い込むのなら毎年毛の掃除だけでもしなけりゃな・・5・6千円はかかるけど・・」

こんな毛が空中遊泳している部屋に住んでいる女ふたりは、今のところさして故障もなく暮らしている。 機械は弱いなぁ。

[PR]

by oss102 | 2011-02-23 14:54 | いとしのネコたち | Comments(12)
2月22日 ネコの日です。
e0001808_1934265.jpge0001808_193383.jpg ショウマ!ショウマと呼びかけてもこちらを見るのはフウロだけ。
ショウマは呼んでも返事をしない猫です。

戸をあけて~・・メシくれ~・・と要求のあるときだけ大声をだしてなきます。


無視していると7色の声で変化をつけてなきます。にゃ~  
にゃ~   にゃあ~~  ♪








したがってあんまりメンコクありません。でもうっすら目が見えるらしく、ときどき自分の尻尾にくるくる回ってじゃれているのです。目の前をひらひらするのが気になるらしいです。そんなときや・・・
e0001808_19405672.jpg

こんなときは・・・かなりかっわいい!!と思います。
e0001808_1942321.jpg

今日はマグロをひと欠けもらいましたが、食べつけないものをがっついて食べたフウロは後で全部吐いてしまいました。もったいないことでした。

[PR]

by oss102 | 2011-02-22 20:00 | いとしのネコたち | Comments(6)
地デジになった
 娘の地デジ対応のTVとDVDが届いた。予告時間ぴったりに若者2人が大きな荷物を抱えてドカドカと部屋に入ってくる。

フウロはこれ以上大きくならないというまで一杯に目をまんまるにした途端、ネコ穴からどこぞへ遁走した。

若者たちはテキパキと作業をし、居間のTVも地デジ対応になった。その間たった20分であった。

TVはいままでも鮮明だと思っていたが、更に鮮明になった。
ちょっと年を取った人はシミもシワも残酷なほどしっかり映る。若者に混じった西城秀樹なんかも目立っていた。
これじゃぁ、女優さんは気の毒だ。なんとかぼかしの方法はないのかしら。

シワがアップになったり3Dとかで飛び出したり世の中忙しいことだ。

それがマニュアルなのか礼儀正しい若者たちが去って、娘がフウロを呼ぶ。何度も呼んでようやく2階のベットの下から顔を出した。

にゃ~ 怖かったよ~   おまえの方が怖い顔だねぇ・・

e0001808_14423584.jpg

どんなに緊張したのか、いつもの夕食後のショウマとのからみもなく爆睡していた。
ショウマはじっとしていただけ・・

[PR]

by oss102 | 2011-02-21 14:48 | いとしのネコたち | Comments(20)
信仰
 どうも私には信仰が足りない。これも信仰というのかどうか分からないが、占い・風水・星座・血液型などにも関心がない。
またTVネタだが受験シーズンでお守りは持っているかと街頭で聞いていた。大半の人が持っていて、持たないと落ち着かない、必需品ですともいっていた。・・もちろん中には関心がないという若者もいた。 

そんな気持ちに乗って商魂もたくましい。お菓子やさんは五角の焼き紋をドラヤキ・まんじゅうなどにつけて五角→ごうかくとゴロ合わせをしている。
不吉なものより吉運をと選ぶのは人の素直な心だろう。私は車にさえお守りをつけていない。印鑑も子供の名前にも姓名判断のようなことはしなかった。

血液型も初めて本を読んだときはなるほどと思ったが、A型だってO型の系統・B型の系統と複雑に交じり合っていてなんともいえない。

どこの世界にも立派な寺院があって、民衆は熱心に祈っている。貧しい地域の人ほど来世を期待して祈る。
神仏に手を合わせないで生きられるのも、飢えない困らない豊かな時代に生きていられるからなのだろう。

動物たちにもこのような信仰のようなものがあるのだろうか。道具を使う・遊び・笑い・言語・・人間のものだけと言われていたのが研究によって打ち消されている。言語はコミュニケーション能力といういう意味でだ。

象など仲間の死への悼み、とむらいの行為があるのは分かっている。神仏に祈るという信仰は遺された人類の砦だろうか。 信仰が希薄な私は動物に近いのかもしれない。


e0001808_1475897.gif

[PR]

by oss102 | 2011-02-20 13:49 | 日々のこと | Comments(8)
はるさめ大好き
 新聞屋さんがサービスでくれる料理の小冊子。電子レンジだけで作る春雨料理が載っていた。
煮魚はあるし、長いも千切りの梅酢和え・・あと1品なにかと思っていたところだった。

私は大雑把でレシピ通りに作ったことがない。
この日も材料の分量も調味料もいい加減だったが美味しくできた。

ちょっとはるさめの上のほうが固めだったから、わが家のパワーのない安物のレンジでは5分チンして一度取り出して混ぜ合わせてまた5分チンしたほうがよかったかもしれない。

私は意識的に砂糖小さじ2というのをカットした。そしてスリゴマ(白)大さじ1というのは入れ忘れた。
少し味は濃い目に出来上がった。この味に酢を入れてもいいなと思った。

この味に砂糖小さし2なんていらないよね・・半額につられて買ってきた大ぶりのエビチリも、この甘味がなければもっと美味しいのに・・というわが家の味である。


More ご参考までに
[PR]

by oss102 | 2011-02-19 16:28 | 食べ物 | Comments(10)