仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
松風さん 私も動画・エ..
by oss102 at 10:43
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:35
fuchanさん なに..
by oss102 at 10:32
パソコンサークルに参加し..
by 松風Ⅱ at 10:29
あきのさん 昨日はワー..
by oss102 at 10:28
いつも何かに挑戦するOS..
by hanairomimi201 at 08:49
学びの場がたくさんあって..
by fuchan_k at 22:22
わたしは子供達がMCなの..
by あきの at 20:03
sakuraさん 今年..
by oss102 at 08:26
総会は、お世話をしてくれ..
by orientexp at 01:55
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

花のカット
 ペチュニアとインパチェンスではカットに違いがあるのが初めて分かった。
e0001808_1435889.jpg

中央が八重のインパチェンス。(カリフォルニアローズ)1度もカットをしていない。次々と咲き続けて暑い夏もひと休みもしないで咲いている。

左右の鉢はミリオンベル(ペチュニア系)満開になって伸びてきたのでお盆のころに1度カットした。花のない淋しい1ヶ月を経てようやく満開になった。
カットしなければ今頃は、伸びてのびて茎は土色に枯れ、先っぽに花をひとつつけているだけの見る影もない形になっているはずだ。
ご近所さんにそういうサンプル鉢がある。(笑)

インパチェンスは毎年小さい壁鉢に咲かせていた。日陰に強い花なので正面に植えたことはなかった。こうして並べて植えるとインパチェンスはカットしなくても形が崩れないのだと初めて気がついた。

来年はペチュニアを止めよう。・・と思う。が・・来年になったらまた現れてくるかもしれない。そのときは笑ってください。

カットして次の花が咲くまでの間は、今年は特に長かったように思う。
e0001808_14521137.jpg

このデアスキアもようやく咲きだした。暑かったから耐えていたのかなぁ。
となりに見えるナスタチュームも暑いときはほとんど葉が黄色くなって、斑点がびっしりついてよほど抜こうかと思った。 涼しくなったら復活した。やはり地面に植えたのは強い。小さい鉢は復活が遅い。鉢植えは鉢が熱くなるから可哀そうだねぇ。

今夜あたりから最低気温がヒト桁になるそうだ。高い山は雪。秋花壇ももう少し。

[PR]

by oss102 | 2011-09-30 15:05 | いとしの花たち | Comments(10)
知ってた?
 白くまの毛は白ではなくて半透明。中が空洞になっています。
半透明だと太陽光を通しやすい。空洞になっているのは体温が逃げにくいため。
へぇ~凄いな~

通行人にムダ吠えする犬には、新聞をまるめてタイミングを見計らって、思い切りお尻を叩く。
パーンと物凄い音がして犬はビックリ。 2・3度繰り返すとムダ吠えがなくなるそうです。

よく夜とか早朝に犬を放して自由散歩をさせる横着な飼い主がいます。大型犬が多いです。
犬を散歩させていると後をつけてきて挑発してきます。
危険なので、そういうときは革ベルトの先に三味線の糸をつけて、犬が近寄ってきたら鼻先で大きく振り回す。弾けるような大きな音がして、あたってもいないのにヒーンと鳴いて逃げていき、もう2度と近寄ってきません。

猫の皮は三味線の皮になるくらい丈夫なので、内部で腫瘍などが出来ても、自然に皮を破って膿みを出せずに大事になるそうです。腫れてきたら気をつけましょう。

出典はTVとか他の書物からです。
今日はネタがありませんので、ふ~ん、そうなの・・と思ったことをネタにしました。_(_^_)_


e0001808_15285290.jpg

[PR]

by oss102 | 2011-09-29 15:28 | 日々のこと | Comments(6)
おひとりさまの集会
 先日チラとTVで見たのだが、おひとりさまの集会というのをやっていた。
老若男女大勢あつまって、ひとりじゃ淋しい・つまらない・話し合う相手がほしいと口々に言っていた。

わかるわかる。大震災の後カップルが増えたという。普段なら平気なことが、震災のときにはひとりぼっちは心細さが増幅される。

私も50代ひとり暮らし7年の経験がある。まだ体力もあったからスポーツ仲間と旅行したり、自分で企画してテニス・スキーの宿泊旅行をしたりした。オフにはあんまり親しくない、テニスで時々会う程度のひとにまで声をかけて麻雀のメンバーを揃えたりした。結構付き合ってくれるものだ。
積極的だったなぁと思う。

娘とふたり暮らしになってからは、娘にも悪いし、体力気力もなくなってヌクヌクと気楽な生活になってしまった。
娘もひとり暮らしの職場の人に夕食を誘われても、家では手抜きではあるが温かい夕食が待っていると思うと、つい断ってしまうという。 これも困ったことだが・・

いつも話し相手がいて、支え合っていることは大事だ。
ある過疎の島では、ひとり暮らしの老人たちが毎晩集まって茶飲み話をしているという。ここには孤独死はない。

集会に参加した人のように積極的に求めていかなければ、都会で話し相手を見つけることは難しい。

それともコメは食わねど高楊枝の精神で孤高を守りますか? 殿。


e0001808_1733789.gif

[PR]

by oss102 | 2011-09-28 17:31 | 日々のこと | Comments(10)
「遅読のすすめ」
 よみうり堂から・・の新聞欄にこんなことが書いてあった。
スリラーものや剣豪ものなど、手に汗握る本は一気に読みたい。
だが、ゆっくり噛んで含めるように読んでこそ面白い本もある。

山村修著「増補 遅読のすすめ」には本の速読は<本のもたらすあらゆる幸福の放棄であるとおもう>と主張。


沢山読みたい本がある。だが、目にも悪いし字の小さな本を避けると、どうしても読みやすい軽い本が多くなる。図書館の本はタダだ。数冊かりてきては斜め読みしている。
サテ、全部読んだ。返しにいこうと本を揃えると・・あれ!こんな本を読んだっけ・・パラパラとめくって、あぁ、こんな内容だったと思い出す程度。印象が薄い。

若いときのように心に刻まれるような読み方はもうできなくなっている。
本のもたらすあらゆる幸福の放棄をしている。

自分のブログは・・と思う。アレ!昨日はなにを書いたんだ?昨日のことなのにもう忘れていることもしばしばだ。次々と更新に追われて、いつも何を書こうかとカラッポの頭を悩ませている。

まぁ、これはお喋り好きな女のたわごと。自分が忘れるくらいだから人様も同じだろう。読み捨てブログに徹している。


e0001808_1583428.jpg

[PR]

by oss102 | 2011-09-27 15:04 | | Comments(12)
ショウマはぼんやりと見えるのかな?
 ショウマはよく自分の尻尾の動きについてクルクル回っているときがある。
ぼんやり見える目の前を黒いシッポがよぎるのが気になるらしい。
e0001808_15384986.jpg

ひらりひらりと動く尻尾にじゃれているショウマ。ふうちゃんには真似のできない芸当だ。

ショウマの寝る場所は食卓の椅子の上と私のベット。2階の日の射す窓辺。
フウロは自由自在に快適な場所をえらんで寝ている。

今日は寒いからここで日向ぼっこ。ふうちゃん、今日はそこですか? ニャ~と答えてくれました。

e0001808_15441119.jpg

[PR]

by oss102 | 2011-09-26 15:46 | いとしのネコたち | Comments(10)
チェーン つながる
 あきのさんのブログに、作り方つきのゴーヤジュースが載っていた。
こじまさんがそれを真似て作って美味しかったとブログに写真を載せていた。
そしてゴーヤの味噌炒めも載っていた。 古いお付き合いのブログ友達。顔も見えるふたり。

冷蔵庫に2本のゴーヤがある。今夜使おうと思っていた。味噌炒めにしよう。
こんな連鎖はたのしい。

塩鮭のアラの冷凍もいただいたのがある。
残り物の大根を入れて三平汁だ。塩鮭の出汁がでてそれだけで美味しい。
ぼうぼうと伸びているプランターの小ネギをたっぷりのせよう。

外は暖かいけど動かないでいる家の中は寒い。遠いお友達と同じもの食べて体も心もほっかほかになるよ。


e0001808_14572636.gif

[PR]

by oss102 | 2011-09-25 16:10 | 食べ物 | Comments(12)
三婆で・・・
 胆嚢を摘出手術をした兄嫁を見舞いに行った。今日で4日目、ICUから出て普通の病室へ移ったところだった。
点滴の器材を持ちながらトイレにも一人で行けるという。だが咳がでそうになると痛いので、私が行ったときは体を起こしていた。

兄に付いていたベテランの付き添いさんを頼んでいた。病院では付き添いは御法度なのだが、身内の介護ということになっているようだ。その付き添いさんが凄い。プロってこういうものなんだと感心した。
肩を揉む、背中をさする。足もさする。パークをしてその足で見舞いに行った私は自分にもしてほしかった。

いい人と出会ったなぁと思う。私も入院したらこういう人に面倒を見てもらいたい。私もできないし娘だって出きっこない。

付き添いさんも70代、似たり寄ったりのお年頃。みんな未亡人。夫の亡くなったときのことや自分の物忘れのことなど話が弾む。

困ったことがあった。手術して体に力のない兄嫁の話が半分しか聞き取れない。付き添いさんは私より離れているのに聞こえている。兄嫁は話ずきだから力のない声でドンドン話す。
適当に相槌うって疲れてしまった。 早く元気になってね。兄の1周忌は10月半ば。
一年は飛ぶようにすぎる・・と平凡な言葉しかでない。


e0001808_19101284.jpg

[PR]

by oss102 | 2011-09-24 19:10 | 日々のこと | Comments(4)
ストーブをたきました。
 動いているうちはいいのですが、座り込むとシンシンと冷えてきます。フリースを着ても毛布を膝にかけても・・・ついにストーブ今シーズン初点火です。
旭岳にも初冠雪だそうです。

それで猫たちは・・・
e0001808_1044444.jpg 
こんな風に座卓したで毛布の上で丸まっていたのが・・



e0001808_104639.jpg

ショウマはいち早く察知して出てきました。




e0001808_10471424.jpg

フウロは2拍ぐらい遅れて・・あららブレブレ・・




e0001808_10503798.jpg
しっかり胸をそらして暖まっています。







相変わらずフウロはショウマを枕にしています。フウロはポンポコリン

e0001808_10514198.jpg


新しいカメラは苦労しています。PCへの取り込みが今朝になってようやくできました。でもCtrlを使えないのです。一枚ずつ取り込んで・・そんなわけないのですが。
ムカツクけど我慢して取説と格闘です。

[PR]

by oss102 | 2011-09-23 16:04 | いとしのネコたち | Comments(10)
新しいカメラ
 喜寿のお祝いに自分でカメラを買った。さして拘わるタイプでもないのに、新しいカメラを買うのは気が進まなかったが。
大型店のチラシのキャッチフレーズについその気になった。

夜景も暗い室内でもキレイに撮れる・・とあった。
8年前初めてデジカメを買ったのはオリンパスだった。これが壊れてカシオを通販で買った。
これが室内の猫を撮るときに不満があった。動物の設定をしてオートで取るのだが、素早い動きに合わせるのでシャッターが早いのだろう。その分明るさが必要なわけで暗い我が家では光量不足になる。フラッシュを使わないのならよいのだが、それではブレブレになる。
オリンパス時代のブログを見るたびに不満に思った。

そういうところは技術的に継承するだろうから、今度買うときはオリンパスにしようと思っていたが、それはニコンだった。ISOが今までのは最高が400、これはオートでも1600まで上がる。最高では3200だ。これでは暗くてもきれいに撮れるわけだ。

暗い室内のわが家むけのカメラを手にしたわけだが、肝心のネコたちは8才。めっきり動きが少なくなったのは残念だ。

因みに8年前オリンパスを買ったときは300万画素。3万円台。
カシオは4年前1200万画素。39800円。
ニコン1600万画素。ケース・メモリーカード・色々ついて17260円だった。
お安くなりました。

新しいものは勝手が違う。苦手な取説読まなくちゃ・・イライラ。

e0001808_16535711.jpg

[PR]

by oss102 | 2011-09-22 16:59 | 日々のこと | Comments(8)
秋の味覚
e0001808_21145355.jpg 今年もイクラ漬けを作った。
コレステロール値が高いのだが、一年に1度だけ気にしないで食べる日をもうけている。

特売日を待ちかねていた。普段は100g398円。特売は298円。
中々特売にならなかった。今年は筋子は高いのかな・・・10月に入ると筋子は皮が固くて口の中で卵が逃げる。
長持ちはしないが9月の筋子がいい。

パークから帰ってすぐに筋を取る作業に入る。熱めのお湯を蛇口からかけるとサーっと皮が白濁して縮む。外皮は簡単に剥ける。
だが、鮭にとっては大切な卵。筋子とはよくいったものだ。ひとつひとつの卵はほそ~い筋で囲まれつながっている。卵を潰さないようにていねいに親指と人差し指で挟んで取り除く。ヌルヌルするのをしっかりつまむ。

毎年必ずバネ指になる。人差し指と親指が硬直して戻らなくなる。ようやく戻っても歯磨きするとまたピンとなる。

菜園から青ジソを採ってきてワサビと海苔をかけ、いただきま~す! 枝豆とこれだけで他のオカズは出しても手がのびない。 秋が来た。

フウチャンのお腹にも秋が来た。
e0001808_21312456.jpg

これで4回目のゴハンの催促。無視しているとドンと降りてきてジット娘を見上げて視線を捉えてからまたエサ場に戻る。
毎年この時期は底抜けのお腹になるフウロ。冬眠もしないのに先祖は熊か・・・

[PR]

by oss102 | 2011-09-21 21:38 | 食べ物 | Comments(6)