仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
↑の方の「大学の先生に触..
by さなえ at 06:14
私の場合、穴からお札とお..
by tmshanagn304 at 23:24
科学の進歩のために、人間..
by mikihana922 at 22:40
人間の為に実験用としての..
by kiyoko at 20:16
なんと残酷な実験なのでし..
by hanairomimi201 at 18:12
松風さん 私も動画・エ..
by oss102 at 10:43
hanairomimiさ..
by oss102 at 10:35
fuchanさん なに..
by oss102 at 10:32
パソコンサークルに参加し..
by 松風Ⅱ at 10:29
あきのさん 昨日はワー..
by oss102 at 10:28
いつも何かに挑戦するOS..
by hanairomimi201 at 08:49
学びの場がたくさんあって..
by fuchan_k at 22:22
わたしは子供達がMCなの..
by あきの at 20:03
sakuraさん 今年..
by oss102 at 08:26
総会は、お世話をしてくれ..
by orientexp at 01:55
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

カンブリア宮殿を見て
 先日のは日航を再建させた稲森和夫をやっていた。京セラなど生産産業畑を歩いてきた凄い人である。このままでは確実に潰れる日航に乗り込んでたった2年で大きく利益を出した。

どっぷり老舗のブランドに乗っかってきた体質である。16000人を斬り34000人を救った。辛かったと。
名将は仏の将軍ではいけない。100人を救うために後を死地に置いてゆく決断ができるのが名将と言えると。以前本で読んでなるほどと思ったことがある。

国から300億を借りている。それを返済しなければならない。整備工場にはビニール袋4円・10円・軍手クリーニング代11円と箱に書き入れ、ウエスは社員のTシャツを集めて使用。
今までは1ヶ月の航路で利益を計算していたが、今は小グループに分けて、1回の航路の経費・利益を全員が分かるようにした。

稲森に見込まれてパイロット畑にいた片岡知恵蔵(わかる人いるかな?往年の大スター)の4男・植木義晴が社長になった。
社長を受けるにあたって自分に問うたことは、自分は無私になれるか・・だったと。

小さなサークルでも長く続いているのは、どこにも無私の心を持った長がいる。・・・あの人もこの人も・・と頷いたことだった。

私は絶対に無私にはなれない人間だが、国の政治をする人に無私になれる人が欲しい。

最後に村上龍が質問した。東電の再建を頼まれたら受けますか?「とんでもない!受けません!」と激しく稲森は手を振った。


e0001808_16261585.jpg

[PR]

by oss102 | 2012-06-30 16:23 | 日々のこと | Comments(10)
かわいいショウマ 2
 ネネが帰ってきた。何度言っても奥へ片付けない。ショウマは点検中。
e0001808_10241182.jpg

猛烈スリスリ始まる。この匂い好き!!
e0001808_10254245.jpg

ややしばらくして人心地・・・いやネコ心地。 気が済みました。
e0001808_1028867.jpg


昨日は午前中に更新をしましたので非公開にして出かけました。
遅くまで外出していて、慌ただしく夕食をつくり食事して・・非公開の✔を外すのを忘れていました。 だから予約投稿にすればよかったのに・・・失敗しっぱい。
訪問くださったかたゴメンナサイ。m(_ _)m;;

[PR]

by oss102 | 2012-06-29 10:33 | いとしのネコたち | Comments(18)
かわいいショウマ
 動きが激しくて気持ちを伝えてくるフウロに引き換え、なにかと損をしているショウマ。
でもそれなりにそこはかとなくかわゆい・・というのが母娘の評価だ。

朝、一番に外の匂いを嗅ぎに出るほかは、ほとんどの時間を寝ているショウマ。
私たちが夕食を終えてそれぞれに座ると・・・やおら出てきて・・・
e0001808_922993.jpg

お尻トントンを娘にねだるのがパターン。

それが先日はどうしたことか・・いきなり仰向けになって小さくニャァニャァとないている。
e0001808_924392.jpg

アリャ・・どうしたショウマ?と思ったが・・少し気温があがってきて腹ナデを思い出したのか。 それにしてもよく肥えているお腹。運動不足じゃねぇ。

その後はやっぱりフウロのアゴ乗せ台になっている気のいいショウマ。

e0001808_9272310.jpg

[PR]

by oss102 | 2012-06-28 09:30 | いとしのネコたち
札幌大通り花フェステバルへ
 今年も大通り花フェステバルのニュースが流れた。久し振り、行ってみたいな・・行ってみよう。
丁度甥親子の画展案内が届いている。数年もらっているのに1度も行っていない。
e0001808_16293011.jpg 時計台が目印。時計台なんて中学時代の修学旅行以来だ。

ビルの画廊の3階にあった。息子の方は30代。甥はもう定年を過ぎて第2の職場で働いている。
中々力のあるグループの画展、好きな絵が何枚かあった。(わからん癖に生意気いうな)
息子の方がいい絵を描くなぁ。
e0001808_1639452.jpg
この日26度近くまで上がった気温の中をいそいそ歩く。観光馬車の馬さんも暑そうだ。
こういう時は一人がいい。



先日ニュースで高校のコンテストの植え込みをやっていた。雨の中を遅くまで植え込んでいた高校生たち。
旭川高校が優勝していた。暑さで花たちはぐったりしているのと混雑しているのでこんな写真しか撮れなかった。若々しい花壇。
e0001808_16443435.jpg

数年前に買った宿根アネモネがお目当てだった。ひと苗も見逃すまいと頑張ったけど無かった。

一年草のサルビア、秋までチラホラ咲くというご婦人との会話でその気になる。ついでにチョコレートコスモス。
サルビア4苗デカクテ重い。手に下げれば地面に着くし腕に下げればふくらはぎにドンドンとぶつかる。手を広げて下げる。左右交代に下げて頑張った。 パークより歩いた。
おそば屋さんに寄ったら、手が震えてお箸からお蕎麦が落ちる。お店の人は中気のばあさんと思ったことだろう。

今日もまだ二の腕が痛い。

[PR]

by oss102 | 2012-06-27 16:55 | いとしの花たち | Comments(12)
さわやか6月の花
 6月から7月が北国の一番の花どき。さわやかな陽光と風。過密花壇を相手に8年を経て、植物たちにとって光と水、そして風通しの3点がどんなに大切なものかを知った。

だが、必ずしもその3点が揃わなくても、それなりに合わせて生きる植物たちも多い。
水捌けが悪いところが好きな奴。暑いところが好きな奴。
半日陰が好きな山野草は、私の暮らしと似ているなぁ。

暑くても過密でも風通しが悪くても、少しくらい水をやらなくても頑張っている逞しい寄せ植えです。このまま植え替えもせずに4年目。
根が絡んで固くて私の手に負えません。 でもこんなにきれいです。
e0001808_15182528.jpg

ゴールト柾木・オニオエンテマ・リボングラス・勝手に飛び込んだ白すみれ・やや!下の方にミズヒキの葉も見えるゾ。

まだうっすらと雪の残る3月末に石灰と乾燥牛糞を撒いたせいか、今年はとても花付きがいいクレマチスです。これは10日程前の写真です。いまはもう散り始めています。
e0001808_15284442.jpg


まだ虫も病気もでない6月は、花たちも安心して見ていられます。

[PR]

by oss102 | 2012-06-26 15:33 | いとしの花たち | Comments(6)
またまたカラスに
 庭がないので壁に3枚ラテイスを立てて壁掛け鉢を飾る。満艦飾である。
e0001808_17191715.jpg
その中央にはどれにも大ぶりの鉢に入れられて、野の花があふれんばかり盛り上がっている。

園芸花ばかりだとうるさい感じで、中央の野の花たちがそれをしずめてくれる。大好きな鉢だ。

それが毎年カラスにやられる。巣作りに使われて大穴を開けられる。棕櫚がやられる。補修してもまたやられる。

「またカラスがやっていたよ~」と、犬の散歩の奥さんが教えてくれる。

ホームセンターのカラスよけのコーナーに行くとCDをぶら下げたり、カラスの屍骸をかたどったグロテスクなものと使いものにならない。

困った末にこんな感じにした。

100均の猫よけのトゲトゲをカットして、園芸用のワイヤーで棕櫚鉢に取り付ける。手前には短いワイヤーをツンツンと上を向けて結ぶ。
e0001808_17305017.jpg

これで今のところは無事である。だがこれが功を奏したのか、たんに巣作りの時期が終わっただけなのかは定かではない。

[PR]

by oss102 | 2012-06-25 17:37 | いとしの花たち | Comments(4)
サヴァン症候群
 22日のTV 金スマでサヴァン症候群の人が出ていました。私は初めてこういう人たちを見たのです。もうビックリでした。

自閉症や知的障ガイを持った人のうち、特定の分野に限って常人では及もつかない驚くべき才能を発揮する人の症状を云う。記憶力・演奏力・絵画・計算など多岐にわたる。

アメリカから招いた黒人は、1度見た風景を詳しくデッサンしていきます。街の中のスカイツリーも手前のビルの窓の数も間違いなく素晴らしいデッサンです。

床屋さんの盲目で自閉症の息子(37才)は、店の洗濯物を手伝っていました。1度聞いた曲を正確にピアノ演奏します。金スマのスタジオに来て初めて聴く曲を即座に演奏します。
両側から別々のピアノ演奏を同時に聞いても、ちゃんと演奏できます。

それと1998年9月5日は何曜日ですか?という様々な質問にも即答出来ます。

人間の頭脳の素晴らしさ・不思議さ。どこがどうなってコンピューターのようにコピーされるのか。以前の殺人鬼 サカキバラセイトもこういう能力を持っていたといいますね。

普通の人で良かったとは思いますが、今更に脳の不思議を思います。動物たちにもこういう不思議な能力を持つものがいるのかしら。


e0001808_10262977.jpg

[PR]

by oss102 | 2012-06-24 16:02 | 日々のこと | Comments(10)
微分積分
 今朝の読売新聞の[学ぼう]に、効率的に記憶するには、覚えた直後が繰り返しの好機と書いていた。
「覚えてすぐ」「忘れる前」に繰り返すのが鉄則だと。

私は片端から忘れていくのは自信があるが、つまらないことを覚えている。
もう10年近くなると思うが、やはり新聞の小さなコラムで記憶法が載っていた。その記事には空手のことと・・車が走ってきて、そのスピードをみて道路を渡れるかどうかを判断するのは微分積分の世界だとあった。それを読んで妙に感心した。

そうか微分積分なんで別世界の数学と思っていたが、私はいつもそれをやっていたのか。
道路を渡るときや、車で右折できるかどうか、直進してくる車のスピードをみているとき、いつも微分積分という学問の世界の判断を私はしているのだ・・と思って心がニヤリとしてる。

知らぬ間に繰り返し思い出しているのだ。空手の記事だったことはその微分積分とくっついているので一緒に思い出すのだが、どういう内容だったかはまったく覚えがない。

それにしても、もう少し役に立つことを思い出したいものだ。


ご近所の花ともだちさんからいただいた一輪。3日経ってかなりほころんできました。
e0001808_11293841.jpg

[PR]

by oss102 | 2012-06-23 16:02 | 日々のこと | Comments(4)
種から育てて
 5月末、朗読先の小さなグループホームへ行ったら、スタッフの男性が一生懸命花苗を植えていた。朗読をほったらかして見ていると、プランターの去年の古い土をほじくりかえして花苗を入れている。時には鶏糞などをザーッと混ぜ込んでいる。

セントポーリアの鉢も一緒に植えようとしている。アカン アカン
見かねた私は口を出す手を出す。でもこの先お手入れなんか出来ないのだろう。そんな暇も気持ちもないのだろうなと思う。
春だから一時庭を華やかにしたいだけなのだ。

それでもセントポーリアは室内に入れて、大きな丸鉢にちょんと入ったコイン菊の寂しげな周囲に、翌日ナスタチューム2苗とスイートアリッサムを植え込んできた。粒肥料も撒いてきた。
これなら少々土が悪くても、乾燥にも栄養不足にも強いだろう。

その時だって、毎日水やりをしているというのに鉢底までカラカラに乾いていたのだ。腐葉土を入れないから水持ちが悪いのだ。

 友人が毎年ペチュニアの種を蒔き3月から大事に育てている。友人たちにも沢山配るが育ちの悪い小さな苗は捨てるしかない。捨てるのなら頂戴とグループホームへ持っていった。

玄関前の硬い土を掘り起こして持参の肥料をパラパラ撒いて小さな苗を10ヶくらい植え込んできた。育つかな・・・私の植えたナスタチュームとアリッサムはこの2・3日の雨で元気だった。

今度朗読を止めてスタッフに花作りの講習をするから・・と恐縮しているオーナーに笑った。

捨てようかと思った更に小さい花苗は家で育てることにした。こういう幼い苗は、花苗屋の花たちがくたびれてきたころちょうど大人になる。じっくり育ててみようと思う。

e0001808_15343525.jpg

[PR]

by oss102 | 2012-06-22 15:45 | いとしの花たち | Comments(10)
ブログ8年目へ
 また6月が巡ってきてブログ8年目へ入るご挨拶です。
初期の頃からの訪問者は、長いお付き合いになりましたね。

毎日の更新です。訪問いただけるのは毎日とはいかなくても、、これだけ私のおしゃべりを読んでいただける関係は、どんなに仲良しの友人でもありえないことです。

私もいくつかのブログを訪問しますが、他人の生活を覗ける興味、考え方への共感、生活のヒントなどなど、読書とはまた違った楽しみがあり、一日の貴重な楽しみの時間となっています。

それぞれの事情でブログが途切れ、途切れるとこちらへの訪問もなくなり、淋しい思いをしますが、また新しい訪問者が増え、それも大きい喜びとなります。

緩やかでいて濃密な不思議な関係が気に入っています。
変化のない生活で毎年同じようなことを書きますが、この年で変化のない生活を深く感謝もしています。

どうか8年目の私のブログへ変わりなくお付き合いくださいますようお願い致します。m(_ _)m


8年前はまだ1才だった2匹。今は9才のオジサン猫になりました。でもとっても元気です。(#^.^#)
e0001808_16313358.jpg

[PR]

by oss102 | 2012-06-21 16:18 | 日々のこと | Comments(12)