仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
独りの暮らしですからいろ..
by hanairomimi201 at 08:44
なるほど。上がっているの..
by あきの at 17:21
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:51
304さん まぁ、光栄..
by oss102 at 14:48
sakuraさん 貴女..
by oss102 at 14:45
あきのさん 私は自分に..
by oss102 at 14:44
継続することは力を得られ..
by hanairomimi201 at 09:32
私もブログを始めてoss..
by tmshanagn304 at 21:19
kiyokoさん 雪国..
by oss102 at 20:17
あきのさん 築85年の..
by oss102 at 20:16
13年おめでとうございま..
by orientexp at 19:10
こうやって改めて知ると、..
by あきの at 17:14
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

OSSが出来て10年経ちました。 2
 10周年の総会・祝賀会の日に先立って、初代会長の10年を振り返っての回顧録がメーリングされた。
感動をもって読ませてもらった。

初めはSSN(札幌シニアネット)が出来て、新聞にも載った。小樽からも何人かの人が入っていた。これだけの人が小樽にいるのならと、Hさんは小樽での独立をはかり、設立説明会を準備した。
e0001808_1795240.jpg新聞社にも要請した。 時代の波だろう。 イラスト入の記事が地方版に載った。

問い合わせの電話が殺到し、当日は110名以上が来場。 80脚の椅子も足りずに立ち見席まで出た。 資料も増刷におおわらは・・

2003年2月、会員77名で発足。
とにかく会員の親睦をはかるために7つのクラブを結成。
デジカメ・遊山・囲碁・カラダン・パーク・釣り・遊々。

会員たちの技量も趣味も分からず、急ごしらえの役員に、「アンタは絵を画くから良い景色を知っているだろう。」デジカメの部長に・・ 「アンタはゴルフをするそうだからパークの部長に・・」 ダンスの得意なO氏には「カラオケダンス部長」・・と適当に割り振ってスタートした。

今から考えても適材適所であった。 面白いのはH氏の趣味の釣りクラブが1回の例会で消滅したこと。 女性が7名ほど会員になったが、船代は出せない。釣った魚はほしい・・と言うことだった。(#^.^#)

プロジェクトも機材もない、なんにもないゼロからのスタート。SSNから借りての学習会、と私の知らない苦労話が書かれている。

順調に行ったと言えばいったのだろうが、その間の不安、準備、初対面の人との応接。どれほどのご苦労だったかと思われる。
             
                                                                           つづく

[PR]

by oss102 | 2013-04-30 17:28 | 日々のこと | Comments(6)
OSSが出来て10年経ちました。
 今日は総会・祝賀会がありました。10周年ということで役員の力入れで来賓も含めて103名もの出席者となりました。 OSSは現在143名です。 平均年齢72才と少し。

総会を終わって祝賀会場に移動して、オープニングは30名のよさこい踊りでした。
e0001808_1645168.jpg

上の写真の右端のE子さんとこの写真の左から2人目の鶴子さんはリーダーです。かっこいいでしょ!
e0001808_16471071.jpg

ヨサコイの激しい踊りをシニア向けにアレンジしての指導です。
素人のシニア30名も集めて17回も練習したのです。 シニア向けにアレンジしたとはいえ、中々の激しい踊りで汗ビッショリになります。 見事でしたよ~

e0001808_17285120.jpgこの衣装はすごいんです。
全て手作りで100円かからなかったそうです。

過去何年も美術展で使った布を使ってスタッフの2名が縫上げ、E子さんが花の形を不要の着物から切り取って粘着布で貼り付けたということです。

この展示台の飾りの布です。
e0001808_1723239.jpg

なんという手間仕事。!! なんという情熱!!

私はブログ用の写真をと撮っていて全体をよく見られなかったの。
あぁ、もう1度ゆっくり見てみたい・・と思ったけれど、こんな大きな会では進行の都合もあるかと遠慮して個人の希望は言い出せなかった。

私は音楽会へ滅多に出かけない女。世の中にはアンコールというよい掛け声があったのでした。
何故、拍手だけでなくアンコールと叫ばなかったのか。 例え希望が叶わなくても感動は伝わったのに・・・と後悔しきりでした。


                      明日もつづきます。

[PR]

by oss102 | 2013-04-29 16:52 | 日々のこと | Comments(12)
すんごい寒いっす!
 昨日は道内で雪が積もって、今日はきっと峠は雪でしょう。
ビオラも黄色い花びらをふるわせて縮んでいるようです。

それでも春なんだからね!とママは10度設定でお出掛け。
2匹はピッタンコ。 フウチャンは抱え込みです。
e0001808_16315875.jpg

ア、ママちゃんが帰ってきた。
e0001808_16331276.jpg

でもまだ寒いよ。
e0001808_1633544.jpg

今年は夏がこないのかなぁ。

[PR]

by oss102 | 2013-04-28 16:38 | いとしのネコたち | Comments(8)
4分の3
 4人の訪問朗読のメンバー。リーダーの男性は83才。一番若い鶴子さんでも60才以上になる。
その4人のうち3人に高齢の母親がいる。

リーダーの母親はなんと105才。もう一人の母親は、このゴールデンウイークの初日に100才のお祝いをするという。鶴子さんのお母さんも100才近い。(聞いたのに忘れてしまった。)
「憎まれ口を叩く・・」とリーダーは言う。 
なんと憎まれ口を叩くくらいしっかりした方なのだ。100才過ぎまでパークをして、お邪魔したとき時折見かける姿は、がっしりとした姿勢のよい姿。

一人息子が難病で悔しいのだろうなぁ。

たった4人のなかにも現代の社会の縮図がある。 みんな母親だ。女は100年を生きなければ死ねない世の中になったのだ。 

生きている間は健康でいたい。 だけど簡単には死ねない世の中になってしまった。
親はいつまでも元気に生きていて欲しいものだろうか。・・・・・・・・

コメントに困ると思いますのでコメ欄は閉じます。


e0001808_18593984.jpg

[PR]

by oss102 | 2013-04-27 18:59 | 日々のこと
リーダーのお庭
 月に1度のリーダー宅の打ち合わせ・顔合わせ会は、この時期は特に楽しみです。
普通の小さなお庭ですが、日当たり良く風通しよく奥様の丹精の花々が一杯です。

まだよその庭では整理の時期ですが、ここは予想通り沢山の花が咲いていました。
なによりスノードロップが楽しみでした。

でもちょっと遅かった。スノードロップは今年の豪雪が解けるのが待ちきれずに雪の中で咲いていたそうで・・・今は倒れそうに伸びていました。
でもドンドン殖えて、よほどこのお庭が気に入っているのでしょう。

今はチオノドクサが満開です。

奥様と散々花談議をしてからようやく2階へ。
5つの施設の6月の朗読担当を決めます。 仕事を持つ鶴子さん優先で2ヶ所決め、その後私たちがスケジュール表を見ながら決めて行きます。
仕事を持っていないとは云え、リーダーは難病ですので通院の合間・もう一人は農作業に打ち込んでいます。趣味の農業ですが趣味の域をこえて本格的です。
私は朗読優先とはいえ、なるべく遊びも犠牲にしないようにして嵌め込んでいきます。

6月には1ヶ所、40分を一人で朗読に挑戦します。 別のところの一人で行っている少人数でお喋り半々とは人数も違います。 飽きさせないで引き込む読み物は何がいいか。

楽しみな課題が出来ました。


e0001808_16301890.jpg
 
[PR]

by oss102 | 2013-04-26 16:31 | いとしの花たち | Comments(8)
おいしいもの
 世の中においしいものは沢山ある。
高級なものはほとんど未体験の私だから、そちらの方のことは言えない。

不精者で旅行には行かない私だが、外国ものは好きでよくTVを見る。
最近とくに未開地の山奥の暮らしぶりのTV番組も多くなった。

そんな庶民の暮らしを見るに付け、どこの庶民もかなり美味しいものを日常に食べていると思う。
それは産地直送の食材だからだ。

以前のテニス仲間に漁師の子で育った女性がいた。
漁船が帰ってくると家族は総出で出迎え、ロープを力いっぱいに引く。
船が安定するまで砂浜に引くのだろう。

砂浜のかまどには、鉄の大鍋にグラグラと湯が沸いている。
そこにとってきたコウナゴをドッサリ入れる。
すぐに茹だったコウナゴを丼にもらう。
そんなおいしいものはなかった。・・・と。

私には未体験のことだが、私は見えるように想像することが出来た。
労働の後の新鮮食材。 うん! それは美味しい!!

TVの中の奥地の料理もそんな感じだ。 
家族揃ってニコニコして新鮮なものを食べている。


e0001808_14502574.jpg

[PR]

by oss102 | 2013-04-25 14:53 | 食べ物 | Comments(8)
花壇の整理
 ストックウォーキングの会に入ったおかげで、30分位の距離は平気で歩くようになった。
麻雀へ行く道々、中通りを抜けていくと、日当たりのよい場所にボウボウの枯れた葉を乗せた鉢がびっしり並んでいる。 

e0001808_13425154.jpgフフフ・・・我が家もおんなじ。 

これがひと月ふた月で美しい花鉢になる不思議。
ボサボサ鉢は厳冬を耐え抜いた勲章の姿。



雪の中から掘り出したビオラは咲きだしました。苗屋さんの花より小さくて可愛いです。
e0001808_13421458.jpg

e0001808_13432955.jpge0001808_13434871.jpg







ミスミ草・クリスマスローズ・・カタクリはつぼみをつけて・・みんな元気に顔を出しています。

ラテイスを壁にとりつけ、縁石の泥を集め、枯れ草をカットして行ったり来たり、いつものウオーク分を歩いた気分。

あぁ、腰が痛いです。

[PR]

by oss102 | 2013-04-24 13:52 | いとしの花たち | Comments(6)
ストックウォーキング総会
 今冬初めてフタ桁の13度になるという予報で、ストーブを消してストックウォーキングに出かけました。 

でも集合場所にくるといつも家よりは2度位低い体感温度です。
天狗山の雪渓を吹き下ろしてくる冷たい風が集まってくるのです。
でも歩き出せばOK。 ほかほかです。

ウオークがすめばそのまま総会々場へ集結です。発足9年目、来年は10周年記念行事ということです。 冬だけの運動にと思って入ったこの会は、思いがけなく魅力的でした。
昨日はパークに、今日はウオークとちょっとハード過ぎない?と心配しながら参加してます。

130名ほどの会員数で総会出席者76名。どこのシニア団体も同じですが女性の方がかなり多い。
面白いのは3組に分かれて歩くのですが、一番早く歩く1班がほとんど女性です。
先日は人数が少なくて2組だけでしたが、分かれてみれば遅い組の2班の女性は私だけ。1班は全員女性でした。 女性は強し!!

会をここまで育ててくれた役員の方々に感謝です。
お弁当の後は、いつものカラオケに入りますので無芸の私は退去です。

e0001808_15242786.jpg


ストーブを焚かない部屋でも2匹はくっつくこともなく・・・暖かいのはよいことだ。

[PR]

by oss102 | 2013-04-23 15:30 | 運動 | Comments(6)
ネネの当番
 休日はネネの当番。 イタリアからのお土産にサラミ・チーズ・ジェノベーゼ・バルサミコ酢などを買ってきた娘。 でも散々パスタは食べてきたので暫くはパスタは出なかった。

昨夜作ってくれたパスタは美味しかった。
写真は食べ始めてから思いついて撮ったのでミニトマトが少々なくなっている。

ショートパスタにジェノベーゼとかいうバジルとチーズが入ったトロリとしたものを混ぜている。 アルデンテの芯を残す固さは、私には固すぎて美味しくない。

私好みに茹でてくれた。サラミのカットは歯ごたえがあっておいしい。すりおろしたなんとかいうチーズもグー。 オリーブのカットも普段の我が家のスパゲッテーには載らないものだ。

それにいつもこの時期には感激しながら食べる新たまねぎのスライス。
ちょっとミスマッチの小松菜・油揚げ・椎茸の炒め煮。これが小松菜パリパリ、薄味でチーズ味の口を休ませてくれる。

イタリアの人たちは、この何倍も食べるそうだ。大して日本人と変わらない体型の人も沢山いるのに、どうしてそんなに食べられるのだろう。そんなに代謝がいいのだろうか。???


e0001808_16135646.jpg

[PR]

by oss102 | 2013-04-22 16:14 | 食べ物 | Comments(10)
体験しないものは
 私が初めてPCを相手にウロウロしたように、今の子供たちも体験しないことが沢山ある。
今朝の読売新聞の「日曜の朝に」の中で。

マッチを擦ったこともない。蛇口をひねる手首の動作がうまくできない。ハサミがないと紙が切れない。モノサシで代用することを知らない子供たち。
マッチなんて家にないから、マッチの持ちかたも擦りかたも知りませんよね。

徹子さんがよくTVで言っていますけど、奥地で車の故障で川を挟んで用件を伝えなければならなかったとき、手紙で石を包んで投げて成功した。 周囲の若者は誰も気付かなかったとか。
物のないところにいくと、古い人間は俄然応用がきく役に立つ人間になるようです。

この記事では「体の記憶を豊かに」という表題がついています。

どんな体の記憶を作れば、長い人生を乗り切れるのだろう・・と。

洗濯機を使わずに衣服を手洗いする。専用の道具がなくても工夫する力を養う。
「楽しく遊ぶ学ぶ くふうの図鑑」小学館出版。

地震や災害などで逞しく生き抜くために、大人も子供ももう一度、こんな本で写真を見たりおさらいしておいたほうがいいかもね。


e0001808_17221086.jpg

[PR]

by oss102 | 2013-04-21 17:15 | 日々のこと | Comments(8)