仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
なるほど。上がっているの..
by あきの at 17:21
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:51
304さん まぁ、光栄..
by oss102 at 14:48
sakuraさん 貴女..
by oss102 at 14:45
あきのさん 私は自分に..
by oss102 at 14:44
継続することは力を得られ..
by hanairomimi201 at 09:32
私もブログを始めてoss..
by tmshanagn304 at 21:19
kiyokoさん 雪国..
by oss102 at 20:17
あきのさん 築85年の..
by oss102 at 20:16
13年おめでとうございま..
by orientexp at 19:10
こうやって改めて知ると、..
by あきの at 17:14
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
松風さん 10年目にな..
by oss102 at 09:29
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

85才で変わるよ。
 先日、娘が大学の音楽部の仲間数人とランチしてきた。
一人がイギリスへ行くための送別会。

高級官僚の奥様もいれば、キャリアウーマンもいる。お金に不自由もなく、子育ては終わったが長いこと夫の両親・自分の父母の介護に明け暮れている友人。
自然と話はそちらの方へ行く。

娘は、母親はまだ元気でいるというようなことを言ったらしい。
すかさず、「85才になったら変わるよ。」と云われたという。

私もそう思う。昨日のブログもそうだが、多くの本もその事実を教えてくれる。
日に何万だか一年に何十万だったか数字は忘れたが、体の細胞が日々減っているのだという。
いくら頑張たって残った細胞でいつまでも耐えられるものではない。

そういうことだと、娘の友人の実感あふれる言葉をしっかり受け止めた。


e0001808_181263.jpg


 昨日はリンクするために、一度非公開で送信しました。そのまま非公開のチェックを外すのを忘れていました。 失礼しました。_(_^_)_
[PR]

by oss102 | 2013-05-31 18:15 | 日々のこと | Comments(8)
老人施設の暮らし
 昨日メーリングで知った84才の男性のブログ。老人ホームの日々を毎日投稿している。
私の行っている朗読の同じ系列の施設でもあり、元々こういうことに興味があるので読みふけってしまった。

長年教師をしてスキーもバンバンして元気な経歴の方。
毎日更新である。12年の7月からの投稿を11月21まで遡って読んだ。
認知症の妻を介護しながら、かなり本音のブログである。

その中で、主治医に、他の2軒の病院の薬の処方も頼んだことが書いてる。心臓のほか色々な疾患を抱えている。 施設からはバスが1時間に1度、足が悪いのでそこからハイヤーとなるので、病院のハシゴが出来ないのだ。

主治医は、今までのよその病院の処方を見て、「あれも要らない、これも要らない」と沢山の薬を削った。 不要の薬を出して儲けようとしていたのか。・・と書いている。

そういうこともあろうし、医者の判断が違うと薬の出しかたもこんなに違うのだと思った。
素人は具合が悪くて医者に罹る。なんとか治して欲しいのだ。

自分で勉強しろといってもねぇ。

介護病棟ではない。自分のことは出来る入居者は6・7階に100人ほど。その入居者もどんどん高齢化が進む。料理をしなくてよいのだが、やはり集団生活である。 色々問題もあるようだ。

あと半年分も読むつもり。 知れば知るほど80代後半が怖くなる私。
でも怖いもの見たさ。 私の未来をしっかり見ておきたいのだ。


e0001808_18165563.jpg

[PR]

by oss102 | 2013-05-30 17:47 | 日々のこと
老人施設の鉢植え
 自分から売り込んだのに頼まれたつもりの花作業の日。近くのホームセンターで落ち合って花選びをした。
寄植えの本3冊もじっくり見てあれやこれやとイメージを固めていた。

ところが行ってみると社長の他、入居者さん2名とスタッフ2名と大所帯。朗読を聞いていてくれた方2名は比較的元気なので、見学に連れてきたのだろう。

花苗を見て歩く。一人は車椅子。91才の女性は歩き、しっかりした方。
やはり赤い花を欲しがる。 寄植えを真っ赤かにするわけにはいかない。 それでも可愛い・・と手にする花は植えてあげたい。 イメージはバランバランとなった。

社長が気前良く買ってくださるので、ドンドン買う。気持ちいい(*´∀`*)
e0001808_14255117.jpg

e0001808_14302736.jpg

若者が助手、よく働いてくれる。


e0001808_1433572.jpg
鉢の古い土を捨て、買ってきた花用の培養土を入れる。みんな大きく広がる花苗だ。これでは窮屈だが、その時にまた植え替えればいいと押し込む。

施設前に3つの寄植え。 横に2つ、計5つのプランターの鉢植えが出来上がった・・窓から眺めたり庭のベンチで、という場所。
e0001808_14401239.jpg

寄植えのトーンは不揃いでも、花が並ぶと気持ちがハイになる。 しばらくしたら様子を見にこよう。

[PR]

by oss102 | 2013-05-29 14:49 | いとしの花たち | Comments(10)
ダニ退治
 気温が上がってきた。昨日の帯広は32,8度ときた。小樽は23、5度。北海道の最高気温は短い時間だ。 朝晩はぐんと冷える。

気温が上がって困るのは我が万年ベットにダニが巣食っていることだ。
毎年6月になって蒸し蒸しした暑い夜はダニにやられる。虫には負けないので痒いのを我慢すれば大抵は治まってきた。

だが年もとってきたし、不潔な2匹と不潔な人間が出入りするこのベットのダニをなんとかせねばとは思ってきた。
ダニクリンという洗剤をなにかの景品でもらった。検索してみると1本980円もする。高いなぁ。
TVのCMを見てると季節柄ふとん専用ダニクリーナーという電気製品をよく流している。
日本製とフランス製があり値段は同じ19800円。フランス製のレイコップという奴を選んだ。

気温が上がるというのでイザッ!とベットの上のものを全部はがして、洗えるものは全部洗い、マットや布団・枕にはコヤツを掛けた。
説明書によると枕の一箇所にも10秒くらい時間を掛けて往復させるとある。これを毛布や掛け布団にもとなると、相当な時間を要する。

もともといい加減な性格だから、適当にしてベットはキチンとなにやら清潔そうになった。 うん、いい感じ。

ところがきれいになったハズのベットの上には、シャワーも風呂にも入らない2匹がすました顔で箱座り。 

クイズ  今年のママちゃんはダニに喰われるでしょうか?


e0001808_15581146.jpg

[PR]

by oss102 | 2013-05-28 16:00 | 日々のこと | Comments(10)
億劫な花作業
e0001808_14281264.jpg お庭の広い御宅なら草取りなどが嫌でしょうね。 

私は植え替えが億劫です。庭のない分鉢が多い。
一年草が多いから晩秋には捨てておしまい・・が多いけど、宿根草は鉢の中で勝手に増える。
根詰まりする。

根分けしなくちゃと思いながら億劫がって伸び伸びにする。
イザ根分けしようと鉢から出しても、私の力では金輪際別れませんと根が絡み合っている。

フウチ草がそんなわけで、とうとう灯油タンクの下にレンガを積んでそのまま植えた。

e0001808_14273368.jpg ペンステモンは増えすぎている。
これでは大きな花が咲かない。

根分けして3本だけにした。本当は1本だけが理想。残った分は捨てるしかないのが不憫。

ミヤコワスレも増えすぎてるし、デージーも可愛いのが縁石周辺に一杯。
そこで朗読をしていたグループホームに持っていくことにした。
宿根なので放っておいても咲いてくれるだろう。

ここは聴き手が転居したので3月で止めたところ。
その後は花の相談役ということにしていた。

ミヤコワスレなどを持って行って植えていると、今度の水曜日に、一緒に花材料を買出しに行くことになった。
手のかからない寄植えはどんなのがいいかしら。
長く咲いてあんまり平凡じゃなく手がかからない・・・ウワー大変な宿題を引き受けてしまった。

[PR]

by oss102 | 2013-05-27 14:43 | いとしの花たち | Comments(13)
花苗屋めぐり
 花作り10年ともなると、新妻のワクワク感は無くなった。 けれどやっぱり楽しみな買出し。
先日、月に1度の朗読の打ち合わせ兼、顔見せの日が10時半からリーダー宅であり、午後3時から、近くの施設の朗読当番に当たっていた。

いつもなら、一旦自宅に帰るか、パーマなど美容院で費やす時間。それがこの日は花苗屋めぐりをしようと楽しみにしていた。
自宅周辺の花苗屋はもう視察済み。朝里近辺にも幾つか見たいお店がある。

ペアの人も一緒にというので、4軒の花苗屋さんをはしごした。毎年同じような花苗だが、少しの変化はある。 新種は高い。 だが欲しい。 
馬鹿だねぇ、野に咲く花が美しいと常日頃云ってもいるし思ってもいる。 だが、人が作り出した新種の花も欲しい。

30cの花壇だ。10株も20株もというわけじゃない。ネネに花苗代は母の日のプレゼントとしてもらっている。(^^)

280円の牛丼食べて、蕗を採って、花苗めぐりをしてたら3時間はあっという間。遅刻しそう!焦る。

今朝もまた花苗買ってきて20数種になった。色の統一もないこれらをセッセと鉢植えにする。
元気におおきくなれよ・・・と名前の札をみいみい呼びかける。

ホラホラ、また花咲ばあさんが始まったよ・・・と近所の人が通り過ぎる。


e0001808_15181926.jpg

[PR]

by oss102 | 2013-05-26 15:19 | いとしの花たち | Comments(12)
フキ 連チャン
e0001808_17234711.jpg 蕗を食べたいと思いながら、中々採りにいけませんでした。
昨日ようやくテニスコート脇の細い蕗を採って満足。こんなに遅い時期なのに土手の日当たりのよい場所なのに、ナイフを入れるとピュッと水がでてきます。

余熱を計算に入れないと柔らかくなりすぎるよね・・と友人と話ました。
油揚・チクワと薄味で煮物とお味噌汁。 満足 マンゾク!!

今日はパークに誘われて仁木へ。 ここの蕗は大物。
e0001808_1728939.jpg

大きいけど虫もつかずにナイフを入れるとサッと気持ちよく切れます。友人の車のトランクに山盛り採って、ラーメン屋さんや花友だちへ配りました。

今日は蕗はシーチキンと煮てみました。お味見のつもりが中皿山一杯食べちゃいました。

大きいのを配った後なので我が家の分はこれだけ。 でもこれを食べるとなると5連チャンで蕗料理が続くことになります。
e0001808_17355785.jpgコート脇からはコゴミも採って胡麻和え。となりのドライブインからウドも、これは天ぷらです。 クタクタに疲れているのに、山菜の処理だけはせっせとする私です。

遅い春ですが、虫もつかずにこんな時期に蕗やコゴミが食べられるなんて幸せです。


落ち込みました。
[PR]

by oss102 | 2013-05-25 17:40 | 食べ物 | Comments(8)
80才 エベレスト登頂
 三浦雄一郎が80才でエベレスト登頂でTV・ニュースが賑わっています。
心臓手術を2回もして凄いことです。

今朝の読売編集手帳で、富士山に登ろうと決めた人が富士山に登ったんです。散歩のついでに登った人はひとりもいませんよ・・と。

昔スキー仲間に山岳家がいました。登るときは苦しくて辛くて・・と言いましたので、山頂にたった時は楽しいのでしょう? と言いました。

達成感だけで、すぐに下りることばかり考えます。という返事でした。
厳しい山は下りるときも更に厳しいのでしょう。

誰にでもは簡単にできない事をする喜び。人に称えられる喜びは結果の附属なのだと思います。
なんで、そんな難しいことするの・・と不精者の私は思うのですが、結果を出す人はそういう人なのだな、と分かります。

雄一郎をフォローする息子たち。コロコロと太っていたやんちゃな豪太・雄太兄弟も立派になったな。太ったパワフルな奥さんも元気そう。 一緒の上級クラスで滑っていた抜群の佐藤君は、今日の新聞で見ると56才、三浦スクールの校長になっています。昔手稲ハイランドの会員で三浦スクールにいた私は、一緒に春スキーをしたりしたご縁があります。

達成して山頂で「今世界一気分がいいです。」 そう貴方はそれを求めて決めたのですね。
おめでとうございます。!


e0001808_8593822.jpg

お借りしました。
[PR]

by oss102 | 2013-05-24 16:03 | 日々のこと | Comments(14)
最後のさくら
 木曜日はなえぼ公園でストックウォーキングです。1週間ぶりとなると植物たちも変わっています。 先週はここの桜はまだまだでした。
私が函館に行っていた3日間はここも快晴だったようで、そのころがお花見ざかりだったようです。

でもあちこちにまだまだ美しい桜がポツンポツンと離れて咲いています。駐車場の桜もまだきれいです。
e0001808_14162147.jpg


今日はmc12度という寒さ。でも公園を抜けて住宅街の中の庭は花盛り。
勿忘草・チューリップ・連翹・モクレン・水仙etc・・小住宅の庭を見るのが大好きな私はキョロキョロ、忙しい首の運動です。 体が温まって冷たい風が心地よく、「今が一番ウオーク日和ね。」と話しながら歩きます。
e0001808_7382825.jpg
公園の餌付けをしている木にリスが・・・ようやく撮れました。(#^.^#)

みんなはドンドン行っちゃうので、じっくりカメラを向けている暇はありません。

集結所に帰ってくると若い親子たちがバーベキューをしていました。
4才くらいの子に仲間がストーックを1本貸してあげると、私たちを真似て体操をします。

カラスがまた肉の匂いにつられてグルグルと甘えたなき声をあげています。
今日が最後のお花見ウオーク、来週は新緑の中です。

[PR]

by oss102 | 2013-05-23 14:29 | 運動 | Comments(6)
ガン日記  中根孝次
e0001808_15244816.jpg 彼は2004年2月に癌が分かって7月には亡くなっています。

彼は晩年ローマの哲人セネカに親しみ・・・誰かに起こりうることは、誰にでも起こりうるのだ。・・・誰かがガンにかかったのなら、あなたもガンにかかりうる。それをなぜあなたは自分だけはそんなことが起こらないと思っていたのか。
その考え方がいつか身にしみついていたのだ。
と書いています。

彼は従容としてその告知を受け止めたのでした。

ですから彼が亡くなったとき、医者に説得されて癌治療を受けたと知って、彼ほどの人が最後にはそうなるのか・・と思ったのでした。 

でもこの本を読むと、やはり今の医療界ではそうなるのか、と思います。

彼は急激に体力が弱ってきます日々衰え、病気進行していく人間と共に暮らす者、すなわち秀の心労はいかばかりや。・・・・すでに老いたる人間をして日々苦労させるは必然なり。

そうして入院を決意しますが、周りの善意の医者たちに一生懸命尽くされて、ホスピスを望んでも「まだ貴方はその段階ではない。」と諭され何クルーかの癌治療となります。

もう癌治療は終わった。後は体力の回復だけと云われ退院しますが、回復のないままに亡くなります。 医者は癌だけを見て人間を見ていないのです。


犬の散歩
[PR]

by oss102 | 2013-05-22 15:34 | | Comments(6)