仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
ナッツ類は1日3粒くらい..
by あきの at 16:32
お祭り大好き。だけど娘た..
by さなえ at 16:26
私もあまり賑やかな場所に..
by mikihana922 at 16:07
fu-and-boroさ..
by oss102 at 15:17
304さん 天はそこそ..
by oss102 at 15:14
あきのさん 語りの仲間..
by oss102 at 15:11
天は二物を与えず。美貌の..
by tmshanagn304 at 20:50
わたしも高い声は、かすれ..
by あきの at 17:20
さなえさん 農家のビニ..
by oss102 at 09:56
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:54
松風さん ず~っと以前..
by oss102 at 09:51
私も見てました。太田さん..
by さなえ at 21:41
少し見ていましたがテレビ..
by fu-and-boro at 21:01
今の世の中、そのくらい用..
by fu-and-boro at 20:51
私も見ていました ほん..
by 松風Ⅱ at 18:40
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

となりのラーメン屋さん
 となりのラーメン屋さんは、親の代からここで営業していて40数年になる。
それがとうとう70才になったのを機に、6月いっぱいで廃業することになった。

まぁ、どんどん客の来る店なら、なんとしてでも続けるのだろうが、ここも過疎化してきた。
お手伝い2人、借家・地代・駐車場と除雪・・と経費がかかる。見切り時となったようだ。

こんないい人はいない・・というくらい、腰の低い気のいい人だった。
なにかと気持ちの上で頼りにしていた。

営業を止めます・・と店頭にあいさつ文が貼られてからは、急に賑やかになった。
カメラを構える人や、じっとあいさつ文を見て行く人。

店を借り切りにして送別ラーメンを食べていく金融関係・・・名残惜しむ人たちが引きも切らない。

昨日も娘が仕事から帰ってくる6時ころ・・「もうラーメン売り切れ・・」と頭を下げる主人。
中から、「・・・さ~ん、おごるからカレーたべて行きな~~・・」と声がかかる。
下町の人情はまだ残っている。 

今日は最終日・・大きな花束が狭い店に入りきらずに、プレハブの物置の前に置かれていた。

積み重ねてきた日々が、カーテンを開けたように見えてきたこの6月。


e0001808_15101279.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-06-30 15:13 | 日々のこと | Comments(8)
新漬けに玉ねぎを
e0001808_1114274.jpg 地元野菜がようやく出回りだして新漬けがおいしい。
農家が直接持ってくる朝採りキュウリと新玉ねぎの小玉をくし形に切って、新漬けにした。

とても美味しい!。今までこんな取り合わせはしたことがなかった。

セロリときゅうりとエリンギの冷凍を新漬けしたら、セロリの食感が抜群だった。
それで玉ねぎも思いついた。 

キュウリと玉ねぎはちょっと塩して時間を置いて、水を切ってから漬物の素を少なめに入れて、ビニール袋に入れてちょっと揉む。 野菜から食べ始める食事に、たっぷりの新漬けはうれしい。

カロリー制限しているsakuraさんも、野菜から食べると言っていた。

e0001808_1122595.jpgそれに今頃になっても、まだワラビが採れる。市場で木灰をつけて立派なのが売っている。

生姜と麺つゆと酒とごま油で食べるのが好き。

例年なら6月半ばで店頭から消えるが、低温のおかげだ。

ワラビの先はガンの元・・と聞くが、バケツ一杯食べてちょっと心配、と言ってたから穂先も食べる。


今朝の読売歌壇
小病は手当をすべし 大病は放置すべしと 八十なれば

男性の句が載った。 賛成。

[PR]

by oss102 | 2015-06-29 16:01 | 食べ物 | Comments(14)
へびを殺す
  昨日の人生相談。小3の息子が昨年夏、川で遊んでいた時に見つけた蛇を「お前もやれ」と友だちにいわれて殺したと・・・家族の雑談中にでた話。

50代の母親は、普段から命の尊さを折に触れて聞かせてきたが、「その蛇、怖かっただろうね。お母さんもいたかもしれない。もう家族の元へは帰れないんだよ」というと、多少は神妙な顔になりました。これから難しくなる年頃、親としてのどんな心構えでいたらよいでしょうか。という相談。

いつも思うことだが、よくマメにこういう相談を持ち掛けるものだと、まず感心する。
また、私も含めて、人の暮らしを覗きたい気持ちがあって、昔から人生相談のコーナーはある。

虫なら抵抗なく殺せる。カエルや蛇はちょっと・・と思う私がいる。
でも男の子だもの、そのくらいの体験はあっても不思議ではない。目くじら立てることではない。

昔は家に害をあたえる生き物は激しく憎んで殺した。ネズミ・狐・猪・・それには正当な理由があったが、遊びで蛇を殺してもいいのか・・・となると、なんとも言えない弱虫の時代になったと思う。

精神科医の回答者は、ポイントはその時の息子さんの「神妙な顔つき」でしょう。
このときあなたの思いは確実に息子さんに届いたと思う。と・・・

回答者は、限られた字数の中で難しいものですね。


邪魔するフウロ
e0001808_1125119.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-06-28 16:00 | 日々のこと | Comments(8)
旭山動物園に天売島の猫
 最近は猫の本がたくさん出版され、漫画も売れて本当に猫ブームだなと思う。
ネコの位があがって、猫の理解がすすむのはネコ好きには嬉しいことだ。

天売島の猫の里親探しの運動があり、友人も里親に申し込んだが、残念ながら年齢に問題があり、一時預かりならと言われたそうだ。

先日のニュースでは、旭山動物園が天売島の2匹を引き取ることになった。
他の種の猫と交わらない和猫の研究もかねて、展示していくと園長の坂東さん。

馴れたら子ども牧場に・・ということだが、ハテ、展示に向いた性格ならいいが。
写真で見るとキジ猫と黒猫。どっちがそうなのかチロルという名だった。

知らない人には見られたくない、触られたくない、というのが猫本来の性格。
でもたま駅長の例もある。 あんな帽子被せられておとなしく、抱かれたり触られたり。

ネコ動画をよく見るが、ほんとうに素っ頓狂なネコが多い。 頭に物を乗せるならともかく、投げ出した後足にボールや人形乗せてじっとしている白猫。 物を乗せたらじっと動かないのだ・・ということを理解している表情がたまらない。

天売島の2匹もはやく馴れて、みんなに可愛がられる猫生を送ってほしい。

お借りしてきました。

e0001808_16464218.jpge0001808_1647031.jpg
[PR]

by oss102 | 2015-06-27 16:32 | いとしのネコたち | Comments(6)
3度目のさくらさん
 3時少し前にグリーンパーク場に着きました。 いつもは9時前から始めるのでこんな遅くに来たのは初めてです。 無風のくもり日。 午後は空いています。

最初に買った安いクラブをさくらさんに貸します。(私のも古くて安いのですが・・)
何十年前にゴルフをやっていた。パークは初めてのさくらさん。

こういう人はヤバイのです。クラブの面がしっかり出来ているので上手いのです。
私はいつまでたっても下手なので、スコアはつけないことにしました。@@

打つ音もいい。ボールの芯をとらえています。いいなぁ・・・センスのある人は。
ほっそりしたさくらさんの後ろ姿は10代の細さです。 それなのにすごいパワー。
パーク場、上方からの撮影ですが、高さが出ません。
e0001808_1402728.jpg

黒のジーンズ、黒い足首の出るソックス・・夕方になって黒に蚊が集まりだします。

3コース回って、築港駅でお別れしました。 またきてね!! またくるからね!!
次回お会いするときは84才くらいかな?  元気でいたいものです。


美術館で
[PR]

by oss102 | 2015-06-26 14:31 | 日々のこと | Comments(8)
3度目のさくらさん
 アメリカ在住のブログ友達、sakuraさんに会った。 これで3度目である。
私より10才若い人で、子供時代を小樽の私の住む近所で過ごしたという。

午前中の杜のひろばの語りの会を終わって、12時すぎ、駅前で待ち合わせた。
初めて会ったときはものすごく素敵なオシャレをしていた。2回目はスッピン。3回目の今回もスッピンながらものすごく日焼けしていた。(2回目に会った時の記事が見つけられない) 

素敵な装いができるセンスを持ちながら、しない選択をするのも、いつでも出来るぞ・・という自信があるからかもしれない。

カロリー制限をしてる彼女と、レストランで延々2時間のお喋りをした。
彼女はアメリカの老人施設で、日本人あいての朗読ボラをしている。話が合う。
アメリカの中の狭い日本人のなかのお付き合いの難しさも話していた。

どこの世界でもそういうことはある。

さくらさんは、今回アメリカの友人を数人連れてきて、お世話役などしていた。長崎・博多などあちこち回って、別れてこちらに来て昔の友人と会うというタフな旅行だ。

                           つづく

おしゃべりの後、パークゴルフをした。
e0001808_17365180.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-06-25 17:31 | 日々のこと | Comments(4)
昔はお行儀がよかった
 枕辺訪問は月に3度もあるので、Kさんも私もかなり馴染んできた。
どんなによい文章でも寝てしまうこともある。 いつも寝ている時間なのだから仕方がない。
が、寝てしまわれると途方にくれる。 施設なら半数が寝ていても、2・3人でも反応を示してくれるから困らない。

それで読んでる途中でも、ガンガン話しかけることにした。

親同士の話で籍だけ入って、出征を見送ったKさんである。 その後の人生で再婚話や恋愛もあったにちがいない・・・とさぐりを入れるが、どうも何もなかったようだ。

長年女学校で教員をしてきた方である。こんな話をしてくれた。
職員室で4・5人の男性が股火鉢で談笑している。
Kさんが通りかかると・・「貞婦は2夫にまみえず??・・・・」トコトン・トコトンと火箸で火鉢の縁を叩きながら繰り返して冷やかすのだと。

色白の若い時はどんなにと思う美人のKさん。若い男性教員は胸を焦がしたに相違ない。
それでもストーカーのようなことも、愛を告発されることなく、再婚話もなくお姑さんと暮らしていたという。

ふ~ん、昔の男はお行儀がよかったなぁ・・と思った私。


ウオーク途中で採ってきたきたクローバー。
昔は王冠編んだり蜜を吸いましたね。
アカツメグサですが、クローバーとばかり呼んでいました。

e0001808_14393396.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-06-24 16:00 | ボランテア | Comments(8)
6月の花
 10年間のブログをあれこれ読んでいる。 6月といえば、まぁ花の話の多いこと。
たった30センチの花壇と壁にはりつける鉢だけで、すごく楽しんきたなと懐かしく思い返した。

隣のラーメン屋さんが7月から廃業になる。わが家と密着した家なので、取り壊しも、こちらの家の補修もと問題が山積。 花どころじゃない。今年は休むかと気持ちが向かなかった。

ほったらかしでも、強い宿根草たちは次々と春を知らせる。クロユリもカタクリもスズランも、ひっそり咲いて終わっていく。 やっぱりいとしいな。

花友達の実家の、日あたりのいい部屋で越冬できたホットリップスも、戻ってきて早々と花をつけだした。 鉢がえもしてやらないのに姫ウツギもいっぱいに咲く。
e0001808_14183788.jpg


e0001808_1422245.jpgこんな新種のミリオンベル系。45センチの鉢いっぱいに広がるというので丸鉢に植えた。

あとはオレガノ2種。 根詰まりしている雑草群の寄せ植えも、そろそろ植え替えなければ可哀そう。 心ここにあらずのオーナーの花壇は一目でわかりますね。

[PR]

by oss102 | 2015-06-23 14:36 | いとしの花たち | Comments(4)
ブログ生活10年が過ぎました。
 今日から11年目へと歩き出します。
昨日までの記事数3519件とでましたが、これは旅行時などアーカイブ編も入っていますから、もうすこし少ないです。

過ぎ去ってみれば早い10年。楽に書ける日もあれば、ギリギリPCに向かってもなにも思い浮かばない日も。 それでも絞り出す。(^◇^)

体の衰えは日々感じますが、なんとか日常をつつがなく過ごせた健康に感謝です。

なによりも、アクセスいただいている、みなさまの応援が、書き続ける原動力となっています。

ただ、単にアクセス数だけでなく、コメントいただける方々へのブログ訪問も、私を豊かにしてくれます。とっても私に合っているブログという公開日記。

始めてよかった。!!

私より先輩の方々のブログも訪問してます。みなさん意気盛んです。
先輩めざしてまた1年。 私のおしゃべりにお付き合いくださいませ。m(__)m

あんまりバトルがなくなった2匹。なめあいで終わったりします。

e0001808_10284090.jpg
 
[PR]

by oss102 | 2015-06-22 16:00 | 日々のこと | Comments(16)
枕 2
 病院を出て向かいにある調剤薬局に行った。処方の眠剤を待つ間、いくつかの枕の展示品を見た。
思い切って12000円のを購入した。

枕の中心にはタテに15センチほどのプラのパイプが入っていて、これはイビキ防止のためらしかった。
それはすぐに抜いて、以来25年の愛用品となった。

このころは続々と、こういうタイプの枕が売り出されてきて、たいてい3980円だった。
ちょっと早まったかな・・・でもいまだにスポンジはへたらず、しっかりしたスポンジだ。

e0001808_12215583.jpg今度の1980の2割引きの枕は、中が2段構造になっている。上段が2つ折りになっていて、中は薄手のパイプを細かくカットされたもの。下はスポンジだ。 洗いやすくなっている。

昔はみんなそば殻の枕だった。枕を洗うなんてことは考えなかった。
戦後洋風の暮らしがいきわたって、枕も大きなサイズになった。

抱き付いて寝る1メートル以上もあるダッチ枕も体にいいそうですね。
日野原先生は愛用してるとか。内臓は上向きよりも横向きが自然なのだという。
だからあんなに首が曲がるのかな?

そんなこんなでダニ除けから、夏場の寝具が大きく変わった我が家ですが、6月の低温が続いてダニの産卵期が遅れているようです。

洗濯とダニピタと効果があるのかないのか、早く確かめたい私。(^◇^)

                        おわり

[PR]

by oss102 | 2015-06-21 16:00 | 日々のこと | Comments(2)