仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
独りの暮らしですからいろ..
by hanairomimi201 at 08:44
なるほど。上がっているの..
by あきの at 17:21
hanairomimiさ..
by oss102 at 14:51
304さん まぁ、光栄..
by oss102 at 14:48
sakuraさん 貴女..
by oss102 at 14:45
あきのさん 私は自分に..
by oss102 at 14:44
継続することは力を得られ..
by hanairomimi201 at 09:32
私もブログを始めてoss..
by tmshanagn304 at 21:19
kiyokoさん 雪国..
by oss102 at 20:17
あきのさん 築85年の..
by oss102 at 20:16
13年おめでとうございま..
by orientexp at 19:10
こうやって改めて知ると、..
by あきの at 17:14
雪国の暮らしを垣間見る事..
by kiyoko at 19:34
犬との戯れ、昨日のことの..
by あきの at 17:16
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:32
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

雹がふりました。
e0001808_12101139.jpg
 
きのうは激しい雨が断続的に降って、すごく近くで落雷があり、その地域では停電があったそうです。 夕方にはヒョウも降ってネネの会社の近くの側溝にはビッシリの雹だったそうです。

e0001808_121434100.jpg今朝はストーブを点けました。早速2匹があつまってきます。

はじめはベッタリ、ストーブに引っ付いてますが熱くなって少し離れます。










あたたまったらちょっこと絡み合います。
e0001808_12161014.jpg

まだ、我慢できる程度なんですが、今度のマンションはガス暖房なので、灯油はおいていきます。
それで気前よく部屋をあっためました。(^^♪

[PR]

by oss102 | 2015-09-30 16:07 | いとしのネコたち | Comments(10)
口の渇き
 口が渇く。今までも酔い止めの薬を飲むと、てきめんに口が渇いた。
いくら水を飲んでも止まらない。

夜中にも、口の渇きを強く感じたこともあった。以前は激しく汗をかいときとか、運動のあとの疲れがひどい時に多かった。 
糖尿病かと危うんだが、血液検査では異常がなかった。

検索してみると、風邪薬で口の渇きが激しいと訴える質問が多かった。
私は、若いころは風邪薬で口の渇きを覚えたことはなかったのだが・・アレルギーとか薬の副作用とも無縁に生きてきた。

体の老化で、そういう作用を吸収する体力がなくなったのか?
風邪薬は2回ほどで、後は体を温めるために、葛根湯を飲んでいた。
一緒に風邪を引いていたネネは、これも口が渇くと言う。 ふ~ん、そんなものか。

しかし、水をいくら飲んでもダメなので、ポカリスエットにしたが、やっぱり止まらない。
飴が一番、なんとかごまかせる。

よく末期の水、という。夫も酸素テントの中で、しきりに水を欲しがった。
医者に止められていて、ガーゼで氷を包んで含ませたが、思い切り水を飲ませたかったな。
でも口の渇きはとまらないのだ。

細胞が弱ると、元に戻りたくて水を要求するのかな。

今日はウオーキングのバス旅行で、白旗山に行く予定だった。3500円払ったのに、キャンセルの電話をした。

体は普通に動くし食欲もあるけど、薬も飲んでいないのに口の渇きが治まらない。
細胞が弱ってるのね。 (泣;;;


e0001808_14511899.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-09-29 14:47 | | Comments(9)
この世にこんな愛らしい・・・

ものがあるなんて・・昨日風邪ひき二人は夕食をしながら、録画を見ていた。
先週の生き物にサンキュー。
ちょっと曲がったまま、TVから失敬。
e0001808_10211275.jpg

せんぱいねこたちからシカトされた、子猫まりもちゃんは、フクロウさんと仲良し。

お互いに頭すりすりしながら遊んでいる。動画に載ったら世界中に反響して、諸国から旅行者が来てた。 サイトをリンクしようとしたら拒否された。 まりもとふくろうででてくるから、ぜひ見てね。

バカみたいと思うなかれ。

今日のOSSメーリングに載った言葉をお借りします。
①反省しない
②自分を責めない
③直ぐに忘れる


これは9月21日の「道新」の「卓上四季」に出ていた精神科医で作家の斎藤茂太さんが書いたものだそうです。

老後を快適に過ごす為の3カ条との事。

救われますね。肩の力抜いて生きよう。 もう抜いているけど・・・もっと

[PR]

by oss102 | 2015-09-28 16:15 | いとしのネコたち | Comments(6)
収納術
e0001808_1424473.jpg 図書館から借りてきた本はあるのだが、どうも頭に入っていかない。

こんな本ばかり読む?いや見ている。

TVで見る若い人の部屋は格好いい。わざと古めかしくするのも流行のようだ。
図書館にいくとそんな本がドッサリだ。

100均グッズで収納という本も。
そうか・そうか・・整理された部屋は美しい。

などと感心して見ているが、実際はまた作家のデスク状態になるのは目に見えている。

夫はいつも整理整頓が得意だった。 使ったら戻す・・のが基本と。

同じ家具みて、同じネコみてネネみて・・だれも客の来ない家で、変身できるわけがない。

でもでも、ああしてこうしてとシュミレーションを繰り返しては脳が疲れている。

二人で風邪をひいてしまった。 今日は静養・・・"(-""-)"

[PR]

by oss102 | 2015-09-27 14:40 | | Comments(8)
ハイドロボール
e0001808_15294755.jpg  これは高温で処理した人工軽石。 百均で買いました。

室内で植物を育てても虫がつきません。 とっくにご存じでしょうね。

小さなグラスにオリヅルランとアイビーを入れて、適当に水やりしてたらちょっと大きくなりすぎました。



e0001808_15345915.jpg

今度のマンションに移ってからも、これでカポックとか玉すだれとか育ててみようと、楽しみにしてます。

手前の小さなデミタスカップにも、今カットしたオリヅルランにアイビーを入れて、根を生育中。

ネネが沖縄時代に送ってきた坪屋焼き(琉球焼き)のコーヒーカップもあるんですよね。
捨てられずにいて、また植物の鉢になるのかも・・・

水遣りは2週間に1度くらいかな・・・私すぐ水やりすぎるので大きくなるんです。

小さい方が面白いのにね。

フウロは前と後ろにエサ皿置いて、ハンスト中。

e0001808_15595436.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-09-26 15:56 | いとしの花たち | Comments(10)
最期の枝豆
 北国だって秋は10月ごろまであるんだから、野菜たちもそのころまでどんどん収穫できるといいのに、もう農家の売店にはキュウリもズッキーニもピーマンはなかった。と、パーク場へ行った仲間は言った。 残念!!
e0001808_10334014.jpg

最後の枝豆と、仲間からもらった山ブドウを届けてくれた。山ブドウはカメラに入らなかったが、この3倍はある。

休日のネネがせっせと手伝ってくれた。私は山ぶどうを枝からはずす。
最後の枝豆は晩成種なので大きくて超甘い!! なんという幸せ。
冷凍するのは勿体ないけど、半分冷凍。

山ぶどうの小さな実をとるのは大変。昔は足で踏みつぶしたのよね。
実の間からワラジムシの小さなのがたくさん出てきた。どうせ煮るのだから、昔はこんなことは頓着しなかったのだろう。
山ブドウの表面には、なんとかいう貴重な成分がついているから、洗わないように・・去年の検索で知った。こうなると洗いたいのだけれど、ぐっとガマンする。

煮出して、1リットルあまりができた。沸かないように焼酎を少し足して、新聞紙を栓にする。

こういう作業は、料理下手・面倒ガリ屋の私でも真面目にする。
なんとなく野のものへの敬意がある。

お風呂からあがっても爪にビッシリ黒い色が染み込んでいる。
今朝になって水作業をしてもまだ取れない。 
午後からアオバト・・"(-""-)"

[PR]

by oss102 | 2015-09-25 16:00 | 食べ物 | Comments(8)
父と母
 思い出はもういらない・・とネネもどんどん写真は捨て去っている。
ネネのほっそりしたウェデイングドレス姿も、「ほそかったねぇ・・」と見入って「いらない! もう元にはもどれない!」とベリベリと台紙からはがし、資源ごみと燃やすごみに分別している。

ところがネネのアルバムからこんな写真が出てきた。アラ、オジイチャンのトットの毛!
e0001808_181312.jpg

父は18才の母の入り婿になった。 あごひげを生やしていて「結婚式くらいヒゲをそるだろう。」との友人たちに反発してヒゲを剃らなかった。母とは10才違い。

この写真は姉が4才・兄が1才くらいだから、まだあとの3人は生まれていない。
父はせいぜい軍曹くらいだったはずだ。 それでも何かの儀式に出席するときは、このトットの毛がついた帽子をかぶっていた。

子ども心に「かっこういいな・・」と嬉しかった。

家庭は、典型的な男尊女子の教育だった。
でも子煩悩な父は、夕方になると兄たちと相撲をしたり、私を足車でくるくる回してくれた。

父さん 母さん 若かったですね。
私たち5人キョウダイも2人だけになりました。 もうこんな写真をしみじみと見るのも、これが最後になるでしょう。

[PR]

by oss102 | 2015-09-24 18:29 | 思い出 | Comments(12)
好きだった服
 昨日の半コートと一緒に、30代のころ着ていたワンピースが出てきた。
今日の記事にするなら写真を撮っておけばよかったと後悔したが、もう燃えるゴミとともに去っていってしまった。

あれは大宮のデパートの布地売り場で、フランス製のコットンで、薄いピンクとブルーと紫が交錯している。なんという織り方か忘れたが、とても柔らかい薄手の布地だった。 行きつ戻りつして迷いながら買ってきた。

当時流行っていたミニのワンピスに仕立てた。その上から短い白いレースのボレロを買えばバッチリと思ったが3980円だったかのボレロは我慢した。

気に入って気に入って何度も着た。 その後ミニが流行らなくなって、残り布で裾にフリルをつけて、また何年も着た。 そのころにはレースのボレロも買えるようになっていた。

何十年も経って、もう体が入らなくなっても捨てずに、なんとかスカーフにしたいと取っておいた。
スカーフにするには端の始末に自信がなかった。 いちばんトキメイタ洋服だった。

 ネネとどっさり買い物などしたとき「パパのおかげでこんなに買えるね・・」とふたりは度々いう。
今度のマンションも中古ながら買えるのは「パパのおかげ・・・」と。

「でもね、ママだって沢山ガマンしてきたの。若くて細くて、似合うものが沢山あったのに我慢してきたから、貯金もできたのよ・・」と諦めたあのレースのボレロを思い出したのだった。


e0001808_11415210.png

[PR]

by oss102 | 2015-09-23 19:47 | 思い出 | Comments(4)
なにやってんだか・・・
 お彼岸でパークのお誘いもかからないので、毎日うろうろと整理に励んでいる。
フウちゃんの憧れの未造作の部屋から、またドッサリアルバムが出てきた。
「アレー、まだこんなにあったの・・・」

e0001808_1347893.jpg 段ボールからは衣類が3点。商売をしていて景気のいいときに買った3万円のニットのジャンバーとキルテングの半コートと縞のYシャツ。

捨てたと思っていて、この半コートは捨てるんでなかった・・と時々思い出していた。
また着よう。

縞のYシャツは次男が昔着ていたものだ。裾が長い・・今はかなり丈のながいのが流行っている。
これ、ウオーキングにいい、と早速今日着ていった。
長いからウエストポーチがうまく収まる。

3万円の方は捨てたが、減らした衣類がまた増えた。

捨てようと思っていたカーデガンなどが、また着られるようになった。
買ってから20年以上が経つ。 丈の短い上着がはやり、20年たってまた長いのが戻ってきた。
あれもこれもあったら今着られるのに・・という衣服が頭をよぎる。

流行を追っているわけでないと、思いつつ流されている。
やっぱり白州和子や寂聴のように、最後は作務衣か法衣に落ち着かないとダメかな。

[PR]

by oss102 | 2015-09-22 16:00 | 日々のこと | Comments(12)
ガラケー登場
e0001808_1481615.jpg とうとう私も携帯を持つことにした。

こういうものは、もっていない本人よりも周囲が迷惑し不便に感じるものだ。
携帯を持たない、PCもしないスキー仲間がいて、幹事は一斉連絡ができずに苦労していた。

そうとは知りながら、年に1度か2度、あったらいいなというときは、ネネに借りて済ましてきた。

今回、マンションに引っ越しをしたら、固定電話を止めて携帯だけにしようと決めた。
それなら、そんなに使わなくてももったいないとは思わない。

ネネがチェロの練習の後は、大型スーパーで、まずラズベリーのシャーベットをたべてから、照明やカーテンを見て歩く。
どんな便利な整理グッズがあるのか見て歩く。コンマリさんのようにはいかないが、サッパリと清潔に暮らしたい。・・願望

auの前で、いま買って練習しとこうか・・一番大きな文字で一番簡単なタイプでいちばん安いのを選んだ。 パール・ホワイト・ピンクがあった。白いのは紙の間などでは見失うのでピンクにした。

ネネの番号をいれてもらった。 
今朝、出勤途中から電話があった。携帯にかけても出ないと固定電話に・・マナーモードにしたままだった。

カツナイ川に鮭がのぼってきて跳ねてるよ・・・マナーモードは取説で解除したが、さてネネの電話が削除できない。 みろみろ・・とうるさく点滅している。

この忙しいの、にいちばん嫌いな取説を読まなければならない。(´・ω・`)


いつもは、文字が薄いのでメモ帳に保存しいる濃い色の記号で、コピー貼り付けしています。
それが今日はどうしてもダメ・・メモ帳には貼りつくのですが・・不思議です。
[PR]

by oss102 | 2015-09-21 14:49 | 日々のこと | Comments(14)