仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
先日の鍵騒動の時、ベラン..
by あきの at 16:59
sakuraさん 1時..
by oss102 at 09:51
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:49
あきのさん そうなんで..
by oss102 at 09:44
私の訪問先でも飽きてくる..
by orientexp at 01:33
20分も聞いていると飽き..
by fu-and-boro at 19:24
8月は終戦前後の話などB..
by あきの at 18:44
あきのさん 私のブログ..
by oss102 at 09:29
sakuraさん あら..
by oss102 at 09:26
304さん 世代が変わ..
by oss102 at 09:23
sakuraさん まぁ..
by oss102 at 09:16
「一番の読者が自分」なる..
by あきの at 03:49
コメントを残したと思って..
by orientexp at 03:04
ここのところNHKで終戦..
by orientexp at 03:00
私は冷戦が終わった時に、..
by tmshanagn304 at 21:28
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

引っ越し初日 2
  引っ越しは午後からでしたが、3人の若者はどんどんトラックに運び込みます。
ネネが道案内して行きました。 私はガランとした部屋をお掃除です。

どうせ2日から解体に入るのですが、あまり埃だらけなのも気が引けます。
ネネは4時過ぎに帰ってきました。

置いていくストーブだけが赤く、照明を外した部屋は、台所と隣の部屋の照明だけで薄暗い。
そのうえ荷物を出しやすいように、戸を外したのでスースーと冷たい風が入ってきます。

スーパーの安い寿司とカップのシジミ味噌汁を飲みました。暖かい味噌汁が美味しかったです。
ようやくフウロがベット下から顔をだします。

早く行っては、MCの人の出入りに出くわします。7時半まで待つことにします。
置いていく、お坊さん用のキンキラの座布団と毛布を掛けて昼寝です。

安心した2匹は背中をくっつけて一緒に寝ます。これから激動の移動が始まることも知らないで。

ようやく7時が過ぎました。決行です。ウムをいわさずペットケースに2匹を押し込みます。
大きなテーブルセンターで包みます。

車の中で、ショウマは大きな声で鳴き続けます。フウロはうんともすんともいいません。
どうなるのかなぁ・・・駐車場に着いて、大きな包みをそれぞれ持って降り立った女ふたり。 もう一つの大きな包みはトイレ2ヶです。

駐車場からの廊下は長く、大股で約40歩です。そこを必死でエレベーターまで・・・3階の部屋の鍵を開けて入ってドアのカギをカチリ・・・

やったー!! 誰にも会いませんでした。!! 快挙です。

フウロはエサも食べずにどこかに潜り込んでいます。ショウマはわめき続けるので、一緒に早寝します。 仕事は山ほどあるのに・・・夏でなくてよかった~~~

上下左右、コトとも物音が聞こえないところです。

                  つづく


e0001808_1750846.png

2匹の写真はありません。おかりした写真です。
[PR]

by oss102 | 2015-10-31 17:41 | 日々のこと | Comments(14)
引っ越し 初日
  無事マンションの住人になりました。
当日は雨の予報でしたが、晩秋らしい雨と陽の射すくりかえしで、晴れ間にすますことが出来ました。 ネットの回線がきられて、メールもブログも見られない淋しい夜でしたが、まぁ、引っ越しというものは、何度経験しても大変なものです。

ipadでみなさんの嬉しいコメントは拝見していましたが、コメヘン書くのもなれないipadでは時間がかかり読むだけでした。 ありがとうございました。

e0001808_219358.jpg

ネネの部屋を探検するショウマ。

移動中の車中は泣き続け、どうなることかとヒヤヒヤ・・・



e0001808_2154479.jpg

低い声で唸りながら点検するフウロ

元の家のベット下で、荷物を出し終わるまで姿を見せなかった臆病フウロです。

顛末はまたのちほど詳しく・・・(^_-)-☆


室内越冬組の花たちも無事運ばれました。この子たちは文句を言わないので気が楽です。
e0001808_21182059.jpg

荷物が置かれた部屋をみると、なんと多くのものに囲まれて人間は生きるのか・・と考えます。

でもそれが生きる喜びを生み出す素にもなるのだと、諦めてもいます。

                  つづく

[PR]

by oss102 | 2015-10-30 21:27 | 日々のこと | Comments(10)
私が捨てていくのは
 冷蔵庫・ベット2台・食卓用椅子・整理ダンス・温水便座・ガス台・電話機・ストーブ・客用布団・・などなど小物は他にもたくさんある。

冷蔵庫はセリ場で6千円で仕入れたやつで、もう17年ほど経つ。扉が左下方に下がってきていて、上の扉を開けると、野菜室も一緒にでてくる。 もう少しだ、ガンバレッ!と日々激励している。

ベットもセリ場で・ネネのベットはセミダブル。二人とも分厚いマットは止めて、長年固いマットを使用しているので、セミダブルにシングルマットはみっともないし狭いので捨てる。

温水便座は、持ち込んでも取り付け工事がかかるし、これも10年以上経つので捨てる。

今、明日引っ越しというときになって、座卓を捨てていくか悩んでいる。
これもリサイクル仲間の店から1500円で買ってきたもの。 彫った飾りはいいのだが、この桟が足を入れるのに邪魔。 下がフラットな座卓がほしい。 どうしようかなぁ・・

古色蒼然でハゲハゲは我慢するとして、重いのですよ。飾りには埃がたまるし・・・


e0001808_14493479.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-10-28 14:51 | 日々のこと | Comments(18)
固定電話
 携帯を持ったので、倹約のために固定電話は持たないことにした。
ところが聞くと、月の経費はたった500円だという。
それならあったほうがいいかな・・・

電話機も古くなって、子機も使えなくなっていた。この際、小さな電話機を買おう。

そんなこんなを兄嫁に話したら、「固定電話を止めると友だちなくすよ・・」という。
固定から携帯にかけると電話代が高い。そのうえ、小さなたくさんの数字を押すのが面倒だと言う。

たしかに・・・携帯にかけると、まず早く出ない。折り返しかかってくることはあるが、タイミングが狂う。 ばあちゃんたちは、それが面倒だと言う。

まぁ、私は電話では長話ができないタチで、メール派だが。
そんな私相手でも、兄嫁は最低でも30分は話す。 特技だ。

若い人たちは携帯同士だし、固定じゃかえって落ち着かないのだろう。
固定電話も新聞も過去のものになるのかも。


e0001808_155325.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-10-27 15:01 | 日々のこと | Comments(16)
立て続けに2回・・・
 先日のアリガトウコンサートで携帯を落とした。フィナーレ・・会場全員とアイカさんとアリガトウ!!!と連呼して拳を突き上げた。 上着が邪魔で横の席に置いた。

まったく携帯は使っていないでもっぱら歩数計ばかり・・・帰宅途中でアラ、ない、ない・・・あのコンンサートは内輪の人ばかり。 必ず戻る・・帰宅して会場に電話したら「事務所でお預かりしてます。」

普通の人なら、その場で飛んでいくでしょうが、私は悠々と「明後日伺います・・」
だって、明後日そっちのほうへ行く用事があるんだもん。

その明後日がきて、交換した夏タイヤや、トランクルームに入れておきたいものを満載して、携帯は無事手もとに戻った。

そして、照明器具やワイファイの器具など買って、ニトリの家具など見てると、携帯がないのに気付く、「ア・・電器屋のカウンターかも・・」

今日戻ったばかりなのに・・・

買い物もすんで車に戻ると、「ア、助手席にあった!・・」 どうもこのウインドウブレーカーのポケットは滑りやすいのだ。

首から下げようか・・でもかなり重い。ネネに「滑りにくい袋に入れて持ち歩いたら・・」と言われたが、そんな面倒なことはしたくない。

ネネの介護を受ける日も、案外近いのかもしれない。ウウウ;;;


e0001808_15421047.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-10-26 15:38 | 日々のこと | Comments(10)
みぞれの中を
 一昨日タイヤ交換をした。今日はみぞれが降っていた。
外した夏タイヤを積んで、ネネとMCへ・・トランクルームに一番近い入口に車を止めても、タイヤ1ヶずつを入り口に置いて、扉を開けて長い廊下をころがし、一番奥のロッカーまで運ばなければならない。 ハァ~・・・やっぱり共同住宅に住むということは、そういうことだ。

功罪相半ばかな・・半ばですむといいけれど。

リフォームの済んだMCへ行き、思ったより狭い・・押入れロッカーの改造がイメージと違う。
イメージってどんどん膨らんでいくのね・・いいほうへいいほうへと。

ちょっとがっかりしながら、もう後戻りはできない。

ガタガタの食器棚や、食卓の椅子・ベットなどを捨てて、ニトリの家具を買う。
これが、安いものはみんな自分で組み立てなんだ。 二人で頑張ることにする。
本当は、リサイクル屋の食器棚やベットの方が、しっかりしているのだが、探すのは大変。

なんだかんだと想定外のお金がかかり、老人施設行きの資金がなくなる~~とぼやく。

今日はネネの誕生日。 魚一心で特上の寿司を買う。 
天狗のゲレンデが真っ白になっていた。


e0001808_17171048.png

[PR]

by oss102 | 2015-10-25 16:59 | 日々のこと | Comments(8)
ありがとうコンサート
  昨日のキョウヨウは歯医者のほかに後2つあって、タイヤ交換、と夜にはマリンホールで「ありがとうコンサート」というのがあった。

われらのアオバトの先生が、毎年これに出演するので、そんなからみで毎年行くことになっている。

スタッフが受付のところで、そろいのTシャツとキャップをかぶって「ありがとう・アリガトウ・・」と両手をあげる。 それに応じて「アリガトウ・・」とハイタッチ。

ここの主催は東北大地震の応援から始まって、とても精神性のつよい団体のようだ。

わが先生は、ペリュリー島の島人と日本兵との絆の語りをした。スライドに次々と映像が映り、いかに日本兵が島人に尽くし、愛されて戦死していったか。

私は以前このTVを見たことがある。島人に愛され尊敬された日本兵を弔って、パラオの人は黄色い円で周囲はブルーの国旗を作った。

日本の国旗は白地に赤。その赤が太陽なら、パラオは月の黄色、そして空のブルー。

激戦地で亡くなった枕辺訪問のK子さんの夫のことなど、頭をめぐり涙がこぼれた。


アイカ・サウンドセラピー
[PR]

by oss102 | 2015-10-24 16:09 | 日々のこと | Comments(6)
接着剤
 今日のキョウヨウは歯医者。定期のチェックのためだが、前歯の接着を新しくした。
前歯下、1本に歯根がない。 それを両脇の歯に接着剤でくっつけてもらう。 もう数年来3回くらいくりかえしているが、中々しっかりとくっついてくれている。 2・3年は持つ。

前歯下って1本でもぐらついていると、ものを噛みとれない。上前歯だけではダメ。

つくづく強力接着剤に感謝する。昔は抜かれて入れ歯になったのかな。

犬猫の避妊手術も、今はあのわずらわしい、可哀そうなエリザベスカラーをつけなくてよくなっている。舐めてもとれない接着剤で傷を塞ぐそうだ。

店奥のガラクタが見えないように、2m×2mの生地をぶら下げていた。
それをマンションの押し入れをロッカーがわりにしたところの、カーテンにすることにした。

巾はいいが長さは178でいい。ミシンはないし友人に頼むかな・・手縫いでがんばるか・・と思案していて思いついた。 
100均の裾上げテープを使おう。

お風呂場で洗剤かけて足踏みして、洗濯機にかけた。アイロンをかけて仕上げたら「いいじゃないか・・」 フックの部分は両面テープでいこう。

接着グッズはありがたい。


e0001808_125624.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-10-23 16:00 | 日々のこと | Comments(6)
発表会
 アオバトの語りの会と、杜のひろばの語りの会に入っている。
今日は、午前と午後と重なって、やっぱりキョウヨウは一日ひとつでいいなぁと思った。

どちらも発表会を控えて猛練習中。
アオバトは年に1度、12月なのだが、その準備は7月ごろから始める。

読むだけならいいのだが、歌やら動きが入る。2週間ごとに行くと、先回いわれた動きを忘れている。 ちょっとはメモしているのだが、言われてから、「あ、ここに書いてあった・・」

ボロボロと抜け落ちていく情けない頭。4・5才若いだけの人だってちゃんと覚えているのに。
やっぱり80代はダメか・・・あら、しっかりした80代に悪いわねぇ・・・

杜のひろばの語りのほうでは、11月の誕生会にご披露する。
こっちは少しは気楽で楽しめる。

一日中出かけているので、久しぶりにビーフシチュウの下準備をして出かけた。
市販のルーには、ビーフ500gとあるが、大きな骨付きのチキンのももを使った。

さっと塩胡椒して、皮をフライパンで焼いて、丸ごと炒めた野菜のなかに抛りこんだ。冷凍のミニトマトも抛りこむ。
鍋の中で骨からザット肉をはがす。

チキンシチュウはおいしそうに出来たが、コマイを焼いていて忘れて焦がした。 やっぱりキョウヨウで鍛えてもスカスカ頭は進行する。(涙・・・


e0001808_18421821.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-10-22 18:45 | 朗読 | Comments(4)
さしあげます
 毎日、不用品をせっせとゴミ袋40リットル入りにいれて、各週ごとの燃やせないゴミの日に出している。 解体業者の親分は、まとめておけばその分も値段に入っているから・・と言ってくれるが、すこしでもスッキリさせて出たい。

それに、もし使ってもらえるものなら、命をあたえたい。
花鉢を乗せていた窓辺の棚に、丼・小鉢・花瓶をならべて・・差し上げます。と書いた。

2・3日するとボツボツ減っている。先日は「本当にもらってもいいのですか?」と大きな花瓶を持って「嬉しい・うれしい」と帰っていった女性も。

嬉しくなって、踏み台にもなる釣り用の椅子・キャスター付きの椅子・大きな地球儀も・・一日で消えた。 この調子なら・・ネネ用に、以前セリ場から今風のデザインの新品同様の机をかってきたのがある。
あまり使わないで未造作の部屋に置かれたまま。

あれを出そうか。

でも考えた。解体業者の若い人たちも、欲しがるかも。 すこしはマシなものを残しておこうか。

よく、解体業者が現場から持ってきた壷などが、鑑定団でウン万円の値がつき、喜んでいるのをみたことがある。 置き土産もいいかもしれない。
お宝はないけど、残しておこう。

思案の日々もまた楽しである。

これは無理かな? 大きすぎだけど・・・窓辺には土鍋

e0001808_15335042.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-10-21 15:34 | 日々のこと | Comments(10)