仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
ナッツ類は1日3粒くらい..
by あきの at 16:32
お祭り大好き。だけど娘た..
by さなえ at 16:26
私もあまり賑やかな場所に..
by mikihana922 at 16:07
fu-and-boroさ..
by oss102 at 15:17
304さん 天はそこそ..
by oss102 at 15:14
あきのさん 語りの仲間..
by oss102 at 15:11
天は二物を与えず。美貌の..
by tmshanagn304 at 20:50
わたしも高い声は、かすれ..
by あきの at 17:20
さなえさん 農家のビニ..
by oss102 at 09:56
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:54
松風さん ず~っと以前..
by oss102 at 09:51
私も見てました。太田さん..
by さなえ at 21:41
少し見ていましたがテレビ..
by fu-and-boro at 21:01
今の世の中、そのくらい用..
by fu-and-boro at 20:51
私も見ていました ほん..
by 松風Ⅱ at 18:40
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

おおみそか
 なんでも区切りをつけたがる人がコヨミなんて考えたのかな? 明日から来年だって人間はいってるけど、昨日の続きでちっとも変わらない。

 変わるの大嫌い!! いぜんのいろんな匂いのしたボロ家が懐かしい。

ボクはこうして思い出にふけってるんだ。
e0001808_12485071.jpg

ショウマとも取っ組み合いもするけど、あんまり真剣にするとボクがオコラレル。
e0001808_12544328.jpg


ママチャンが来年もよろしくっていってるよ。

ボク、本当はバアチャンって呼んでるんだけど、耳が悪いからママちゃんって聞こえるらしいよ。
耳が悪いっていうよりも拒絶反応らしいんだ。

[PR]

by oss102 | 2015-12-31 13:00 | いとしのネコたち | Comments(12)
歳末ウオーク
  ここ数日運動不足だ。 歩こう!!とショッピングカートを引きずって、ピンつき長靴で雪道を歩き出す。 カートの中には夏靴が入っている。

大型スーパーの入り口で夏靴に履き替え、コインロッカーにユニクロのダウンコートと一緒に入れる。帰りにはコインが戻ってくるロッカーだ。
ダウンのベストと夏靴で軽装になって、800メートルの店内をウオーク・・・ダイソーでドアストッパーを買う。

食品売り場でソバを買う。よそさまはカートの上下を満杯にしてのお買い物。

帰り道にあるいつもの市場に寄る。人々でごったがえしている。
湯気の立ったお総菜売り場。
e0001808_1656258.jpg

ネネの好きなエビ天を買う。枝豆も・・ここは地物しか売っていない。

見てはならぬものを見てしまった。大出血!!と大きく書いた筋子とタラコの崩れ・・買ってしまった。 あぁ、塩分が・・・お正月くらいイイヨネ。
ついでに塩カズノコまで買ってしまった。大出血じゃないのに・・・味付きのカズノコは今までも少しだけ買っていたが、自分で塩抜きして漬けるのは、久しくしていない。

子供の時にキョウダイみんなで大ザルを囲んで、薄皮をむいたなぁ・・・小さく欠けたのをポリポリ食べたなぁ・・・ 
e0001808_17104287.jpg

財布が軽くなった歩数8760歩・・・

[PR]

by oss102 | 2015-12-30 17:13 | 日々のこと | Comments(4)
友遠方よりきたる

 遠方ではないけれど、サ高住の友人がようやく我が新居?にきてくれた。
ようやくというのは、お互いキョウヨウがありすぎて、やっと調整して決まったと思ったら、友が熱を出して・・という具合にのびのびになっていた。

年末ならば、お互いにヒマじゃ・・となって今日になった。

いつもご馳走攻めにあっている友は、ご馳走出さないでね・・という。
ヘルシーメニューならまかせといて。

市販の栗ご飯セットのご飯と長いもの千切り・マリネとレタスサラダ・かますと鮭の西京漬け半分ずつ・・それと・・マツタケのお吸い物に・・・
ふつうの揖保乃糸ソーメンを入れて1膳目。次に大古(おおひね)のソーメンを入れて、違いを味わった。 わかるかな?

見た目も味も違った。大古は半透明な麺だった。キレのよい活きのいい麺だった。

そんな食の遊びをしながら、4時間のおしゃべりをして、暮れのにぎわう市場で買い物をして友は帰った。

女ふたりの忘年会であった。
 なにせ食べてる途中の写真なもので・・・
e0001808_1625686.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-12-29 16:28 | 日々のこと | Comments(8)
フウロのストレス
 
引っ越しから2ヶ月経った。 2匹のストレスは落ち着いてきたかな・・と思っていたが。
フウロは夜な夜な、以前の家では聞かれなかった凄みのある鳴き声をだして徘徊してた。

それでも食欲はあり、夜中の運動ととらえていたが、昨日のこと。
ふたりは買い物からかえり、ネネは部屋にこもった。

以前はネネとの部屋への出入りは自由だったのに、今はどう考えても出入り口は作れない。
フウロは私のベットで寝ているショウマをいきなり襲った。いつものなめなめ作戦とはちがう襲い方だ。 ショウマは本気で怒った。

2匹を引きはがした私は、ネネに責任をとりなさい・・たくさん遊んでやりなさいと部屋にほうりこんだ。

我が家は昼間、留守が多い。いつもおとなしくひっついて寝ているのに安心していた。
でも家族がいるとやはり人間の傍がいいのねぇ。
14才の老猫でも甘えたいのだ。

抱っこしていると仕事ができない。おんぶ紐がほしくなったワタシ。

ネネのお尻にひっつくフウロ

e0001808_1159095.jpg


道新いずみ欄から
[PR]

by oss102 | 2015-12-28 16:24 | いとしのネコたち | Comments(10)
雪かき
 きのう日中の気温がマイナスになって道路はツルツル路面になった。バスが来たから走りたいのだが走れない。 ノロノロペンギン歩きで恨めしく見送った。 まぁ、5分後には来るのですが・・

e0001808_14445352.jpg
プラス温度で湿った雪が降り、その上に粉雪が降った。

サァ・・雪かきだ!! こんな具合に積もってます。
最初に湿った雪だったので、簡単には落ちません。

ガリガリ・・そこは車用の雪落としの道具があります。


e0001808_14494352.jpg車を出してから、私が雪を集めて、ネネは来客用の駐車場まで運びます。
そこに雪を集めておくと業者が持っていきます。

ちょっと吹雪っぽい雪降りです。

二人でよかったね。

イオンの大型スーパーへ行くと、もう福袋が・・お雛様が・・
e0001808_14564249.jpg

こうして日々は流れていきます。

[PR]

by oss102 | 2015-12-27 14:54 | 日々のこと | Comments(12)
災難
 世の中には災難が多い。今朝の新聞の見出しは患者取り違え乳房全摘出とあった。30代女性だそうだ。 なんとも気の毒なことだ。

化血研だって、どんなワクチンを打たれてるのかわからない。

外にも出さない猫に、毎年律儀にワクチンを打っている飼い主もいる。やめなさいよと言いたくなる。

たまにchiyomiさんのブログに行ったら、もらい事故に会っていた。
赤信号で止まっていて、居眠り男に追突された。100パーセント責任はないのに、車は直しても、もはや新車ではなく事故車になった。 むち打ちの症状もでる。 医療代は出るだろうが痛み・不快感までは背負ってくれない。

世の中、こんなに災難が多いのに、やっぱり災難に会わない人のほうが多いのだ。
いままで会わなくたって、今日これから会うかもしれないが、こればっかりはどう防いだらよいのかわからない。

事故を恐れてハンドルを放す仲間もふえてきた。用心にこしたことはない。
といいいながら、車検が切れる83才まではとおもう極楽トンボの私である。


e0001808_10175353.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-12-26 16:00 | 日々のこと | Comments(10)
杜のひろば 語りの会で
 去年のクリスマスイヴには発表会をやった。 今年もイヴにぶつかったけど、今度は仲間どうしで朗読を聴いてもらう。 5分程度のよみものを・・と注文があった。今日は4人。

角幡唯介 「空白の五マイル」チベット最大のツアンポー峡谷に挑む
渡部和子 置かれたところで咲きなさい
志賀直哉 夫婦
私は 向田邦子の香水

空白・・では未踏の地に足を踏み入れる冒険家の話。こういうの大好き。以前は山岳ものや植村直己や、アラスカの写真家・星野道夫の本などを夢中で読んだ。

置かれたところでも、夫婦でも、読み方というよりは、どういうところが面白かったかと視点に興味が集まった。

夫婦・・は佐野洋子編集の夫婦がテーマのエッセー集である。
電車の中で、子供のガムを口から取り出した妻は、捨て場に困ったのか夫の口に入れる。抵抗もなしに夫はガムを噛み続ける・・・雨でぬれた足袋を駅の雑踏の中で履き替えた妻は、ぬれた足袋を夫のコートのポケットにねじ込む。
この時代の夫は威張っていて、妻も夫を立てているのに、不意と夫婦の心を許しあった関係がもれ出る可笑しさ。

置かれたところ・・では、読み手の81才の男性が、「そうだ、生きてる間で一番若い日が今日なんだ・・」と感激。

香水は、汲み取り屋の話。水洗になって人様に下のお世話をしていただいている後ろめたさもなくなって、街からあの匂いと汲み取り屋が消えたのと一緒に「含羞」という文字も消えてしまったのである。と・・・ 

含羞って漢字、書けませんでした。

まる2年が過ぎて、とてもとても楽しみな会に育っている。 また来年がたのしみです。


e0001808_13194763.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-12-25 13:19 | 朗読 | Comments(10)
ぜいたく  2
 先日もちょっと書いたけれど、まいとし施設で読む「いっぱいのかけそば」は、男の子2人を連れた母親が、「かけそば、一人前だけなんですが、よろしいでしょうか。」と10時過ぎの蕎麦屋にくる。 翌年も同じ一人前。 その次の年には二人前。 

お父さんが運転する事故で、お父さんも、多くの人が亡くなった。保険ではまかないきれない分を、毎月5万円ずつお母さんが働いて支払っていた。 やっと最後の5万円を支払い終わった。
息子たちは、新聞配達、夕飯の支度と母をささえていた。

そんな話を厨房で聞きながら、蕎麦を大もりにして応援する夫婦

それから10数年経って、蕎麦屋に表れた親子は、医者と銀行員になり、「今までの人生の中で最高の贅沢を計画した。それは母と3人で北海亭さんを訪ねて、3人前のかけそばを頼むことでした。」という話。

 これを読んでから、「みなさんは、人生の中で一番の贅沢はどんなことだったのでしょう?」と問いかける。 返事はないが、それぞれの過去を思い出してくれることだろう。

私も問いかけながら、長い平凡な人生の中で「一番の贅沢は、どんなものだったろう・・」と考えた。

やっぱりアレかな? スキーツアーでカナダのヘリスキー・アメリカ・ニュージーランドの山などを滑ったことかな。

思い切って贅沢してよかったな。 あなたのイチバンの贅沢の思い出は?


e0001808_15551759.png

[PR]

by oss102 | 2015-12-24 15:55 | 日々のこと | Comments(10)
ぜいたく  
 わたしは贅沢のできない女だ。このくらいは贅沢をしてもいいんじゃないか・・とたまには奮発することはあるものの、やっぱり元に戻ってしまう。

息子にも、要らないものをもらっても勿体ないから、こちらの注文品にして・・と頼んである。
厚意だけを喜ぶなんて、そんな勿体ないことはできない。

厚意も品物も両方喜びたい。

そして盆暮れがくる。何がいい?とフェースブックで聞いてくる。
さぁ、困る。 ネネと首っ引きで検索してほどほどのを選ぶ。

今年はソーメンにした。ヒネソーメンというものがあるのを知った。いつもは揖保乃糸。これだって他のより高い。私たちは贅沢してると思ってた。

揖保乃糸でもワンランク上の老(ヒネ)ソーメン・・・贈答の季節が過ぎたころ半額で買った。ウン・ピチピチ感が強いかな?

息子に揖保乃糸のヒネソーメンを・・と注文を出した。

じみ~・・もっと他にないの?」ときた。 彼にしたら、ワット盛り上がるブログのネタになるようなもの・・と思ったにちがいない。

それなら・・とまた二人は注文を出した。

馬路村のポン酢を・・彼はあきらめたのかポン酢セットを送ってきた。
マーマレードなんて何十年ぶりかな・・・ここのはアッサリ感のゆずたっぷり、パンが美味しい。
e0001808_15351429.jpg

でも、これらが無くなったら、やっぱり私たちはイオンブランドのポン酢やただの揖保の糸ソーメンにもどるだろう。 たまの贅沢はいいもんだ。

このソーメンには大古(おおひね)とフリガナがついていた。 どんだけ口の中で跳ねるの・・・

e0001808_15363727.jpg

[PR]

by oss102 | 2015-12-23 15:27 | 食べ物 | Comments(16)
今年さいごのスノーシュー
 雪が降らない。去年は12月5日でいきなり豪雪で、春までニセコを除くと北海道一であった。
その分遠慮したのか今年の幹線道路は夏タイヤでいい。 でもちょっと小路に曲がるとツルツル路面だけど。

まぁ、雪は降らないに越したことはない。今まではお金で解決していて除雪作業はゼロだったが、これからは、車の屋根や周囲の雪を自力でなんとかしなければならなくなった。

木曜の24日が最後のスノーシューの日だけど、木曜は語りの会があるから今日が納めになった。
バリバリバリ・・・と雪の表面は凍っていて一足ごとにうるさいこと。
ザラメせんべいの上を割ってあるいているような気分。

ザラメが表面いっぱいについた、せんべい・・もう何十年も食べてません。
昔はけっこう好きだったんです。 最近食べた人いる??

e0001808_13531170.jpg

これ・・なんの穴かわかるかな?

卵から孵った幼虫が、笹の先っぽのまるまった柔らかい葉を食べて出てきた痕なんですって・・・
こんな野のおはなしが、自然にはたくさん詰まっています。

ファーブル昆虫記や、ぶらタモリにでた小樽花園や、歴史解説つきのウオークでした。
来年は12日から・・・お世話になりました。 

来年も変わらずに歩けるとイイナァ。

[PR]

by oss102 | 2015-12-22 14:07 | 運動 | Comments(8)