仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
さすが。ほう好きうまくい..
by あきの at 20:06
sakuraさん 早速..
by oss102 at 09:35
fu-and-boroさ..
by oss102 at 09:31
hanairomimiさ..
by oss102 at 09:28
さなえさん ボラを積極..
by oss102 at 09:26
あきのさん 施設長の挨..
by oss102 at 09:21
松風さん 台風のことは..
by oss102 at 09:19
このようにお元気なひとは..
by orientexp at 05:46
笑顔の素敵な方、会ってい..
by fu-and-boro at 22:12
母が居た頃姉妹三人でデイ..
by hanairomimi201 at 17:13
↓で生花の話、母がどれほ..
by さなえ at 16:41
近頃90歳過ぎの元気な人..
by あきの at 16:31
台風の被害はありませんか..
by 松風Ⅱ at 16:19
hanairomimiさ..
by oss102 at 11:40
304さん 家を建てて..
by oss102 at 11:38
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

義足
e0001808_13414146.jpg 義足の世界も進んでいますね。
パラリンピックを見ていて、義足や車椅子の進歩が成績を左右するなと思っていました。

少し前ですが、オリンピックの中で、一人義足の人がいて1位をとり、問題になったことがありました。

ジャンプだってバネの良し悪しで成績が左右します。

優れた義足作りの技術者が、遠い沖縄の人の義足のデザインも3Dで送られる世の中。ありがたいことですね。

この技術者は、眠ったり食べたりしないのかな・・と思うほど仕事に打ち込んでいます。
そうしてスポーツ用の義足もそれぞれに合わせて作っていきます。

大量生産のできない世界です。怪我の具合もそれぞれ違います。

歩行用の義足は国から補助が出ますが、スポーツ用には、スポンサーでもつかないと本人負担です。
それでも、使われなくなった義足からパーツを集めて、工夫して作るのです。

義足のファッションショーも開かれました。ミニスカートがはける義足もつくりました。

スポーツチームも立ち上げてます。だれに気兼ねのない義足同士のスポーツ仲間との交流は、さぞ楽しいことでしょう。ここに至るまでの苦しみ悲しみを、みんなが持っているのですから。

以前は交通事故による切断が多かったのですが、最近は高齢化で血流が悪くなっての切断の方が多くなっているということです。 

今年8月の出版で、子供たちにも読んでもらえるように、分かりやすく大き目の文字で書かれています。

[PR]

by oss102 | 2016-10-31 14:03 | | Comments(4)
野菜がこんなに
 先日パーマを掛けに行った帰り、ホクレンに寄った。
まぁ、野菜の大盛に驚いた。
e0001808_1644788.jpg 近郊農家のセロリ、1株が150円。
国産のセロリなんて、1本150円くらいしますよね。 赤カブちょっと小さめ、3ヶ100円。
春菊100円。小松菜100円・・エリンギ大4ヶ入り40円・・ヒェッ、夢中で買って、サテどうやって食する?
e0001808_1649159.jpg
セロリは浅漬けの素、を少々入れて即席漬け。

赤カブはスライサーがないので、ガンバって薄切りしたけど、こんな具合。甘酢にしました。
e0001808_1762079.jpg

この10日間ほどは、ネネのコンサート練習と、イタリアの人の出張のお相手で、ほぼ夕食を食べないの。 あ~ぁ、無駄にしないようにお腹に納めなければ・・・

トマトも最後の出荷で、色の載っていない、ヘタの汚れているやつが店頭に並ぶ。
ガマン出来ない。カットしてなんにでもぶち込む。先日は石狩鍋にも・・おいしいよ!!

晩秋の最期の饗宴

ところで、ホクレンでは、レジを通って、イザ支払い・・となると機械相手になりました。
料金支払い・・領収書支払い・・とたった2ヶ所のボタンを選んでポチして、お札を入れる。小銭は別口へ・・小銭入れたら2円戻ってきました。

やっぱり初めての機械に向かうとヘドモドする古い人間。

[PR]

by oss102 | 2016-10-30 17:03 | 食べ物 | Comments(6)
ボラ団体の交流
 たった3人のグループでも、ボランテアとして登録してる。
去年も参加して、感じるものがあって、自主的に参加を申し込んでいた。
去年は、担当の人に「出てください」と泣きつかれて仕方なしだったが・・去年参加してみてよかったので、早々と申し込んでいた。 2時半からである。

午前中は図書館に行くから、そのあとで、どこで何をたべようか・・

10時半~杜の広場のフリーマーケットがあって、ちょろっと見て回って、目ぼしいものがなく、そのまま図書館に行った。

今年は創立100年の行事として、一日いっぱい、講演や、読み聞かせや、手遊び・・お琴演奏など夜まで続く。 せっかく行ったのに、申し込んでいないからダメと断られた。
よくみれば、パンフの裏に受付に申し込むこと・・・と書いてあった。 あぁ、裏なんか見なかったよ。なにがあってもそんなに満席になることなんかないのに・・・
e0001808_18361046.jpg

トボトボとスーパーなどへ寄って買い物して、ソーメンなど食べていたら・・いきなり思い出した。
「2時半からボラ会議だ!!」

昼食半分でキーをつかんで駐車場へ・・「エッ!このキーはトランクルームのではないか・・」
また長い廊下を走り戻って車のキーを・・あ~なんでこうドジばかり踏む。

昨日と同じ、5分遅れで会場へ・・・

去年のようにボラの2つのグループが、こんなことしてます・・とデモして笑わせる。
パワーあるなぁ。

それから8人くらいずつ分かれて別室に・・それぞれの活動のトーク。

母親が働いていて、夜も一人食の子供がたくさんいる。寡婦と子供の支援ボラ。
大変なことをしてますねえ・・20人くらいで交代で作ると。
子供の成績も上がってくるそうだ。

頭が下がる分、大変なことなので、会長のなり手がないと困っていた。

保健所の犬のボラをしていたときの会長さんにも会った。
今は飼い主が決まった犬と、迷い犬のボダーコリーっぽいのが2匹だけ。
会長さんたちの働きが実を結んでいる。

参加してよかったけど・・それにしてもこうドジばかり踏んでいて、わたし大丈夫か??
もっと増えていくよね。シクシク(ノД‘)・゜・。 カメラも忘れたの。


e0001808_1831937.png

[PR]

by oss102 | 2016-10-29 18:13 | ボランテア | Comments(8)
ボラ懇親会へ
 まだまだみんな賑やかにおしゃべりしてるのに、後ろ髪ひかれる思いで席を立つ。
朝里のH病院で、院長・スタッフ・ボラの人の懇話会がある。

はじめて乗るバスで不安。寒風の中バスは5分も遅れてきた。今年は山の紅葉は終わって、街中の紅葉がきれいだ。
となりの奥さんに「きれいですね・・」と思わず声をかける。その奥さんに下車の停留所の名前をおそわって、会議室にかけこむ・・・ムム・・5分遅れ・・バスがわるいんだもん。

ここは院長が出席するせいか、スタッフはいつもアルバム作りとか、部屋の装飾などに手を掛けている。
 プロジェクターにお馴染みのおばあちゃんが、いつもありがとう・・とか、次々写って・・
e0001808_1410418.jpg

ボラ側は、書道2人、料理・園芸・その他のボラを一手に引き受けてる男性と、朗読2人の出席。

「最近、紙芝居や絵本が多くなった。子供扱いすると反発も出るかと、心配してる。でも、今は絵本・紙芝居が見直されていて、大人の「読み聞かせ」などのグループも増えている。」
と私の持論を聞いてもらう。

ここに通うようになってから早くも6年が経つ。入居者さんも年をとった。だんだん反応が鈍くなる。まぁ、自然の摂理じゃ・・・

みなんでかわいい・・といって記念撮影でチョン

かわいい・・のいいで、チーズみたいな笑顔になるのね。^^

帰りもうまくバスがきて・・・これなら車放してもいいかもしれない。

昨夜ネネとトランクルームから冬タイヤ出して、車に積んで置いた。
業者は、猛烈忙しい時期なのに、今朝もう交換して戻っていた。

その夏タイヤを頑張って、一人でトランクルームに片づけた。筋トレ・筋トレ・・と称えながら。ちょっと腰が痛かった。(^◇^)

[PR]

by oss102 | 2016-10-28 13:47 | 朗読 | Comments(6)
身内だけで発表会
 今日は杜のひろばの語りの会で、メンバー7人だけの発表会をした。(一人欠席)
いつもは4角に向き合うだけだが、今日は7人がズラリと横並び、読む人は一人前へ出て読む。
e0001808_1625432.jpg 講師も含めて8人の中の2人の貴重な男性。

高校生がメル友ならぬ文通相手に会う話。相手は91才の男性。

いつも思うことだが、1m離れただけでも、こちら側とひとり向き合う読み手とは、この年にして緊張が違う。時代物の1節を、冒険ものの1部を、朝日新聞のコラム・雨にも負けず・・を読む人。
講師が、上手によいところを褒め、間の取り方や、速さをアドバイス。

私は、以前お寺で保育児あいてに紙芝居をして、そのとき来てくれて紙芝居の良さを強調してくれた仲間を誘って、紙芝居にした。

彼女は、瀬戸内寂聴の月とうさぎ・・画家の名は忘れたが幻想的な素敵な絵だった。
私はやっぱり「かわいそうなぞう」・・7分程度すむ紙芝居はいがいとないものだ。

終わって懇親会のランチへ・・・食べたサラダそば・・撮るの忘れた。(^_-)-☆
まぁ、冷やしラーメンのソバ版というところ。

いつもこのメンバーとのおしゃべりは最高なのだが、中座して・・・つづく

[PR]

by oss102 | 2016-10-27 16:44 | 朗読
パーマをかけに・・
 私は美容院では、ロットを巻き終わると、黙って瞑想するのが好き。ほんとは週刊誌を読みたいのだが、短い毛にきつくロットを巻かれるとメガネがかけられない。

e0001808_14591860.jpgそういう女だが、ここへパーマを掛けにくると、二人とも爆発しように喋り捲る。
犬猫の話だ。

以前にも書いたが、この黒ちゃん、よだれがとまらない汚い臭い猫なのだ。
それを保護して、よだれだらけになるので、居間との境に柵をおき、玄関をクロちゃんのスペースにしている。 
玄関はヒンヤリしているので、終日ヒーター点けっぱなし。
洋服もかわいいのが数枚。
「犬派でネコは嫌いだったが、こんなにネコが可愛いとは思わなかった・・・」とその臭い猫に頬ずり。

オスネコだがデッカイ!! 頭も体もショウマの倍の大きさ。

e0001808_155710.jpg
こちらは過去虐待されていたナナちゃん。縫いぐるみのように可愛い。

ちょっとクロちゃんに嫉妬してる。

ところで、彼女1週間ほど恩師の葬儀で東京へ行っていた。留守はどうしてたの?
近所の友達が、面倒見の良い人で、あちらこちらから買い物など頼まれる。高台にある集落。

それで仕事として、まぁ、便利屋のような商売を立ち上げた。
その女性二人連れが、朝晩クロちゃん・ナナちゃんのシッターにきてくれたと。
朝晩2回で800円で、1週間見てもらっても5千円ですんだ。

高齢家族や一人暮らし、車も持たない暮らしには、有り難い存在。なにか頼めば、お礼の品にも気を使わなければならず、女性も片手間で出来る仕事で、いいではないか。

時代が変われば、それに見合う生き方が生まれるもんですね。

[PR]

by oss102 | 2016-10-26 15:22 | いとしのネコたち | Comments(8)
わらび
 今年はパークをしなかったから、枝豆もワラビもフキも現地調達の安いものは手に入らなかった。
行く思いをすれば、少々高くてもとガンガン買って食べていた。

毎日食べていた枝豆も市場が終わったのかパタッと姿を消した。

毎年駅前のアーケードのある商店街で、近郊の農家の直販の収穫祭をやる。
塩漬けしてあったワラビの塩抜きしたのを2把400円で買った。 大変においしい。

また土曜日にいったら、今度は塩漬けしたままのものを500円。おばちゃんが「よく聞いてよ!」といって塩抜きのやり方を教えてくれた。
「85度のお湯に入れて1時間・・それから・・・」ちゃんと全部聞いて、買って麻雀に行った。
e0001808_13251730.jpg
しわしわの細いワラビがびっくりするぐらい太くなるそうだ。

私が採ったんだよ・・うまいよ・・とオバチャンは保証した。



e0001808_13275516.jpg 
太い! みごとなワラビだ。 私も85度の熱湯に1時間漬かりたい。

復活の姿に感動して、小鉢にカットしてゴマ油をたらして・・ちょっと味見したら、まだまだショッパイ!! あれ水にさらすのだったか・・・まぁ、1晩がまんして今夜は食べられるだろう。

今日はネネの誕生日である。3980グラムの初産であった。 私23才と1ヶ月。
これでネネの年はお分かりでしょう。
 
[PR]

by oss102 | 2016-10-25 14:00 | 食べ物 | Comments(10)
鍋物のはじまりはじまり・・
 部屋はまだ20度以上あるので、ストーブはつけない。でも外の空気が冷たいから、じっとしているとウソ寒い。

この秋、初のシャブシャブをした。うまい!! 食事当番のネネは、暑い暑いと膝上までスエットの裾をまくりあげる。

二人並んで真央ちゃんのスケートと日ハムの試合を、CMごとに交互に見る。う~ん、どちらもカンバシクナイ・・・真央ちゃんは、ひと頃のオーラを失っている。日ハムは大谷を出してもやっぱりダメだ。

足を投げ出している4本の大根には、必ずショウマはネネの方へ行く。私を乗り越えていく。
体温も太さも違うのだ。 誰もいないときは毛布やベットの上で寝るが、潜るということを知らない。 こっそり、毛布の下にホカロンを入れておくが避けて寝てる。

これは、私だけの足しかないとき・・・鼻先まで埋めて温まろうとするショウマ。
e0001808_13265031.jpg

私は早くもユニクロのヒートテックのスパッツであります。
お見苦しいものをごめんあそばせ。

[PR]

by oss102 | 2016-10-24 16:00 | 食べ物 | Comments(7)
ヘミングウエイの猫たち
 先日のTVでヘミングウエイはネコ好きで、50匹も飼っていたというのをご覧になりましたか?
そうして、その直系のネコを彼の住んでいた家で、やはり50匹程飼っているんです。

それがリンク先に沢山写真が載ってますが、全部6本指なんですよ。
足が大きいでしょ。しっかりした感じがしますよね。

1枚だけお借りしてきました。
e0001808_1655532.jpg


その後、日本の写真家夫婦がアメリカに行って、猫の写真を撮る風景など見ました。
岩合さんのネコ歩きをいつも見てますから、だいたいは分かるのですが、まぁ、動くものですから複数の子猫の愛らしい表情をそろって撮るのは、辛抱とタイミングですね。

この頃猫番組が多いので、私も忙しいのです。^^

自然な姿の猫が一番。わざとらしい遊ばせ方や、仕組んだものは嫌なのですが、それでも文句を言いながら見ている母娘です。

[PR]

by oss102 | 2016-10-23 17:04 | いとしのネコたち | Comments(6)
タラの頭
 何頭分のタラの頭だろうか・・・250円盛りで市場に売っていた。
でも頭半分にはカットされているだけで、そのままタラ汁に放り込むわけにはいかない。

視線の先をみて、すすめるオヤジさん。「切ってはもらえないよね・・」と弱気。
「切るよ!バンバン!!!」と大きく包丁を振り上げるしぐさをした。

食べやすい大きさにカットされた一盛りは倍の大きさになった。ヒェイ、すんごい量だ・・とは思ったが、ありがたく税込み250円を払った。

半分は冷凍にして、その夜はネネのいない一人食のタラの潮汁にした。入れるのはじゃがいもだけ。
丼にジミーな色合いの潮汁を盛る。

骨にはたっぷりのトロトロの皮と身がついていておいしい。骨をセセリセセリ骨の山を築く。
のどに刺したら大変だ。慎重に・慎重に・・

小樽生まれの夫は、アラ汁が大好きだった。私は面倒で嫌だった。
今、暇な時間ができたら好きになった。 冷凍庫の半分は酒粕汁にしようかな~

ネネはまだ現役選手なので、こんなパクパク食べられないのは苦手。

タラの頭が一番安いけど、カジカ・鮭・ゴッコと季節限定のアラ汁用の品が並ぶ。
やっぱり、スーパーのより安くてウマイ。 秋のひとり食。


e0001808_10754.png

[PR]

by oss102 | 2016-10-22 16:00 | 食べ物 | Comments(8)