仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
この気持ち、ほんとによ〜..
by あきの at 16:19
さなえさん そうなんで..
by oss102 at 11:54
あきのさん 真っ白に見..
by oss102 at 11:51
松風さん もう一つの発..
by oss102 at 11:47
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:45
素晴らしい経験でしたね。..
by さなえ at 06:56
感激ものでしたね。やっぱ..
by あきの at 20:00
皆さんの努力で 素晴ら..
by 松風Ⅱ at 19:53
大きなお仕事が一つ終わり..
by mikihana922 at 19:30
fu-and-boroさ..
by oss102 at 21:26
304さん チョッチャ..
by oss102 at 21:23
松風さん なんといって..
by oss102 at 21:21
わたしも若い頃は遠慮もあ..
by fu-and-boro at 13:05
「自由に外出も出来ない」..
by tmshanagn304 at 21:13
一人になってよかったと思..
by 松風Ⅱ at 16:38
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

渋皮煮
e0001808_1551686.jpg 渋皮煮・・といえば栗のことだろうか? ほかにもあるのかなと思って、調べてみたけど、やっぱり栗だけみたい。

大きな渋皮煮をネネがもらってきた。我が母娘は甘いのが苦手・・といえども好むのもある。
カステラ系とこしあん・饅頭の類が苦手で、これは美味しかった。

でも超甘かった。ネネは1ヶで降参。 私は日をおいて1ヶずつ全部食べた。人生初物である。

栗といえば父を思い出す。実家には大きな丹波栗があり、風の強い日にはパラパラと音をたてて落ちた。 ソレッと袋を持って外に飛び出す。 ツヤツヤの大きな栗が草むらに光っていた。

戦後の食糧難のことである。近所のワルガキが忍び込んくる。「コラーッ・・人の畑に入るな~」 と叫んでいた父は、51才。 軍隊仕込みの自慢の大声である。(10年ほど前、家族の思い出の中に書きましたが、もう時効ですので、今1度)

晩秋、薪ストーブの上での焼き栗でした。さるかに合戦のように、ハジケないようにナイフで角をカットしました。 頭にシラミのたかったオカッパ頭の・・でも夢一杯の少女でした。

渋皮煮なんて、大人になってから聞いた料理方です。


e0001808_15501272.png
 
[PR]

by oss102 | 2016-10-11 15:54 | 思い出 | Comments(8)
シニアカー
 以前からみるとかなりシニアカーが増えている。観光客も家族に支えられてシニアカーで参加してる。 よい時代になったな~・・

とは思うものも、その意識で歩道をいくと、とんでもない歩道が多い。
なにせ車のない時代に繁栄した街だから、むりやり狭い歩道を作ってはいるが、急坂とぶつかるあたりの斜度ときたら・・・歩いていても、「ここ、絶対滑る!」という場所が多い。

花銀どおりという商店街があるが、ここの歩道も膨れ上がっていたり、斜めっていたり・・普通に歩くのでも緊張を強いられる。

80代万歳さんのブログに通っている?が、足の痛いhisakoさんは、シニアカーだと、筋肉が弱って歩けなくなる。・・とネットで探して、オリジナルの3輪車を作ってもらった。値段はシニアカーより高い。これなら足の筋肉が衰えない。 でも歩道を行くにも恐ろしい場所があると・・・

小樽は歩道はムリだ。除雪も車道ばかりで、歩道まで手が届かない。

杖をついている人が多いが、杖ですむうちはいい。

助け合って肩をかかえて歩く老夫婦。私にはほほえましい・・・なんて言葉は出ない。
いつか必ず来る日なんだ。

10月に入って1週間が過ぎた。ササラ電車の整備がニュースになった。
画期的な北国仕様のシニアカーは出ぬものか。 そのうち出るよね。きっと出る!!

[PR]

by oss102 | 2016-10-10 17:25 | 日々のこと | Comments(6)
ペットの王国

 今朝のペットの王国はショックだった。売れないペットが出ると、引き取り業者に1万~3万円で引き取らせる。
ペット業者からの不要犬・猫は保健所でも引き取らないし、殺処分する業者は、世間が騒ぐ。
それで保護するという名目で引き取らせる。

引き取り業者は、すぐに殺せない。一応ケージに入れてエサと水だけ与えて、自然死するのを待つのだ、 不潔なケージに入れっぱなしの犬猫。 なんという哀れな末路か。

お金がからむと、必ず陰につきものの世界がある。
先日書いた、臓器の売買のために売られる子供。

昨夜は、幸せをつかんだ犬猫の話。保護している部屋が手狭。それで森泉リニュアールを請け負う。
猫たちを遊ばせる場所を高いところに設定して、高みから観察するネコの本性を引き出す。

3匹の幼い犬は、猫たちに押しまくられて、片隅に固まって尻尾を巻きこんだまま。
それが、猫たちがみんな高いところに行っちゃうと、シッポを上げて好奇心一杯に遊びだすではないか。

この子たちもみんな保護ネコだが、ひとまず幸運をつかんだ子たちだ。
保護活動する仲間を尊敬。 一人は昼間ここで保護活動をして、夜はトラック運転手に変身という。

e0001808_1313240.png

[PR]

by oss102 | 2016-10-09 16:00 | 動物 | Comments(4)
シミ
 死ぬまで洋服を着せてもらえない顔のシミについては、サテおこう。
今日は体のシミ・・・40代の頃、左腕のちょうどツベルクリン反応(知っている人いるよね)の注射をするあたりに、ボールペンでつついたような青いシミが出来た。

よく目に留まる場所なので、見ていると2・3年経って、シミが広がりだした。1センチくらいなのだが、ランダムな広がり方。色はそのまま青い。

ガンセンターに行った。抽出しての検査もなく、目視だけで「切っちゃいましょう・・」と言われ、大げさな手術着をきせられ、切り取られた。 その跡はまだかすかに残っている。

80才過ぎて左太ももに薄い茶色のシミが出て、それもちょっと乱れた楕円だが、シミの位置が浅いのと色も薄茶なので、観察中。 左上腕部には虫にさされたような5ミリほどの赤いポチが出来、盛り上がってきたな・・と思っていたら、そのうち乾いて皮膚が割れてきた。
そのまま固まったようで変化なし・・・

見える所なら観察もできるが、これが背中側だと気づきませんよね。

シミではないが、今度は目の話。閃輝暗点・・という病名を知っていますか?
数年前、古い変色した小さな文字の本を、上下、夢中で読んだ後・・・
目をつむると、とつぜん銀色の鮮やかな輪がクルクルと眼球の周囲を回りました。ビックリ!

そのころドライアイで眼科にかかっていたので、訴えると、医師も看護師もセセラ笑いました。
それほどポピュラーな現象だったのですね。

片頭痛前兆の症状で血管が収縮して起きる現象のようです。年寄りは血管が弱くなってますから、普通の老化現象のようでした。

まぁ、そんなわけで、老化現象として色々な様相が体には表れてくるもんだなぁ~と思っています。


e0001808_1044221.jpg

[PR]

by oss102 | 2016-10-08 16:35 | | Comments(8)
足親指のしこり
  ここによくコメントをくださるあきのさんのブログに、長年腕にある大きなしこりが、検査の結果良性と分かったと、載っていた。
生きている体には、いろいろな症状が出たり引っ込んだりするものだ。

私は、40代のころからテニスをしていたが、小さないろいろな症状が出没していた。
今は、右足親指の裏、ちょうど踏み込む場所にシコリがある。
なにか、ソックスの中にゴミでも入っている?と何度も確かめるが、何にもない。放っておくといつの間にか消えているのだが。

以前は小豆くらいの大きさだったが、今回のは花豆くらいの大きさ。いつも利き足の右に出る。

検索してみると、老廃物が滞っているらしい。心配のない症状と出ていた。
数日気になっていたが、書こうと思って意識してみると、今朝はもう消えている。

無事、老廃物は体内のどこかへ流れていったのだろう。年を取ると老廃物も大きくなるのね。

先日書いた、左頸椎の痛みも最近はほとんど消えている。あれはなんだったのだろう。

長くなるので、体のシミについては明日にします。


e0001808_10362293.png

[PR]

by oss102 | 2016-10-07 16:00 | | Comments(4)
秋の野菜たち

 水害だのなんだのと、野菜の値段が高い。白菜なんて半分で200円以上します。
今日、徒歩12・3分のスーパーがリニュアールオープンして、大特売のチラシが入りました。

チラシを見ると、超安いです。ブロッコリー50円、長ネギ3本、50円、鮭筋子100g295円、きょう限定・・とかとか・・それに行けばボックスティシューも1箱もらえる券もあります。

よく昼食に食べるマルチャンの焼きそばは98円。これ冷凍できます。ほしいなぁ~・・

でもこんなに安いと腰が上がりません。超混雑がみえみえ・・今日が休日のネネに、やっぱり5パーセント引きくらいの混雑がいいなぁ・・といいながら、近くの市場へ野菜を買いに・・やっぱり市場はいつもより、ずっと空いていましたよ。

先日から、なんだろう?グスベリみたい・・と思っていたら、この小さいのトマトですって・・
e0001808_1452288.jpg

青くても、柔らかくなったのを食べると、ちゃんとトマトの味がして甘いのです。

ひとやま100円だし、珍しいから買ったけど、飾りにするにしてもやっぱり赤いほうがかわいらしい。
枝豆は毎日食べてます。よそではもっと高級なケーキなど食べているのだから、枝豆くらいは・・と言い訳しながら、ビールのお供か、枝豆のお供がビールか。 まぁ、同格くらい好きですね。

これもそろそろ終わりです。新漬けばかり食べていましたが、キュウリも高くなったことだしと、久しぶりにマリネにしました。

近いうちに鍋物も・・あぁ、白菜が高いんだった。( ;∀;)

[PR]

by oss102 | 2016-10-06 15:03 | 食べ物 | Comments(10)
急に冷たい秋が
 昨日は急に冷たい風が吹いて、ウオークでもみんな風よけのコートを着て歩きました。
一気に晩秋になった気配。 イガクりがたくさん落ちて、栗拾いしている人も・・・小さな栗なのに面倒がらずに剥く人がいるんです。
e0001808_2110693.jpg

ハマナスの実・ナナカマドの実・・やっぱり秋、その次は冬だぁ・・・

引っ越しの時、よほど捨ててしまおうかと思っていた綿コート。今の季節にピッタリで、捨てないでよかったぁ・・・

朝、車を出すとき、なんとなくアクセルが重い。空気圧見てもらわなくちゃとスタンドに行った。
左後輪タイヤの圧が少なくなっていた。 それもあるけど、やっぱり急に気温が下がって空気が縮んじゃったのね。

もうあと一月でタイヤ交換だもの。お金がかかるなら冬タイヤに換えちゃうから、私も来年は運転止めるし・・というと、ガソリンスタンドの真面目な青年。私のシラガ頭みて「ダイジョウブです。2162円で直ります。」

その足で、劇団四季上がりの住職さんのお寺に行った。てらぷろの一環で、発声法教室をすると、ブログにあったので、応援と復習に。

子供もいたけど、母音法はちょっと難しくて・・いや馴染まない練習法なので、小学生にはちょっと無理かな? もっと子供たちに声を出させたほうがいいな。

一日一杯出て歩いて、生協で買い物して帰宅したら、しょんぼりショウマが・・・
e0001808_21361049.jpg

生き物にサンキューを見ながら、べたべたゴロゴロ甘えさせてから、おしゃべりブログに取り掛かりました。 お風呂に入って寝ます。

[PR]

by oss102 | 2016-10-05 21:41 | 日々のこと | Comments(12)
マンションの人たち
 入居してほぼ1年が経った。ごみ出しの日の朝はここの人たちと顔を合わすことが多い。
お互いに黙礼したり、笑顔で「おはようございます!」と声を出したり・・やはり同年代だと声を出しやすい。

まだ、詳細は分からないが、ここは元サラリーマンが多い印象だ。ここで子育てして今は二人暮らし。理事長は最近奥さん(81才)を亡くしたばかり。子供さんはいないそうだ。

下町で雑多な職業の人たちを相手に、タバコ・リサイクル屋と過ごしてきた身には、30年ぶりに故郷に帰ったような気持ちの安らぎがある。ふれあいはないが、同じ仲間という安心感。

まぁ、親しくしたければ、親しくもなれる。アッサリと距離を取りたければそれも出来る。

元の家もとても便利なところだったが、ここは交通・買い物、もっと便利なところだった。

元の家はもともと庭もない家に、むりやり花を植えていたが、ここはベランダ園芸が出来る・・と書きたいところだが、土いじりにストレスが出る。 鉢土の替えのわずらわしさ。土の処分。

最大の難点はネコの存在。ダメなことを承知で飼っている後ろめたさ。

1年経って、まぁ、こんなところ。 私が倒れたらこんなことは言ってられない。
言えるうちが花か・・


e0001808_1443927.png

[PR]

by oss102 | 2016-10-04 14:24 | 日々のこと | Comments(12)
エレベーターの故障
 大改修は全部すんで、片隅のプレハブ小屋も撤去された。
各戸ごとの排水口の点検も終わった。 だが、改修途中にエレベーターの故障があった。

我が家と向き合う家、18所帯が使うエレベーターが止まるとき、床と3センチほどの段差ができることがあった。 何度か点検してある部品の不良と判明。3日間停止のお触れがまわった。

9階の人は大変だなぁ。デイケアの車もきてるし・・すっかり直って、中の壁も張り替えてきれいになり、エレベーターの電気はつけっぱなしだったのが、省エネで使用時だけ点くことになった。

だが、古いのはここだけではない、事故にならないうちに、ほかのエレベーターも全部、本格的に点検修理をすることになった。5階以上の階段のコーナーには、休憩用の椅子もおかれ、集会所も開放と、なにかと気を配っている役員のかたたち。

工事関係者への住民の挨拶も気持ちよく、感謝の言葉が載せられていた。

総工費、何億だったか何十億だったか・・直接財布から出さないので忘れました。^^


e0001808_15384140.jpg

[PR]

by oss102 | 2016-10-03 15:12 | 日々のこと | Comments(8)
薬の副作用
 昨日は今年上半期の医療費を書いたが、下半期の9月になってまた病院へ行った。
泌尿器科である。 そもそもマンションに越してきて期待したのは、温かいということ。

本当に暖かく・夏は涼しかった。・・なのに、また膀胱炎の初期症状がきた。ガッカリしながら、あらかじめもらっておいた抗生物質でしのいだ。

だが、今回はいつものように抗生物質を飲んでも、あまりスッキリしない。
いよいよ効かなくなったか?・・この後は腎臓透析の身になるのか?

市立病院のような大きな病院はゴメンだ。近くの初めての病院に行った。
「尿に菌は出ていない。菌がないのに抗生物質は無意味」といって尿意を抑えるというクスリと、尿意が気になって眠れないと訴えたら、導眠剤を出してくれた。以前ときどき飲んでいたハルシオンよりは弱いという。

精神的なものが大きかったのか、すぐに不快な尿意はとれ、夜はグッスリ眠れた。ヤレヤレ・・

夜だけ飲む1週間分の薬を真面目に飲んでいた。

ところが、数日経って、起きるとどうもフラフラする。今度はパーキンソン病になったか・・そんな感じ。
ネットで調べてみた。
副作用として出ていた。ハルシオンより弱いというのに? 昨夜は半錠にカットして飲んだ。

どんな薬にも効き目がある分、副作用がある。 成人の1錠と、老人の1錠では違うのだった。

父親がご飯をボロボロこぼして、前掛けを掛けて食べていたことを思い出した。
よろよろ歩いていたのに、薬を止めたら見違えるようにシャンとした。

そんな経験もあるのに、忘れていた。グッスリ眠れる幸福感で一杯だった。
ちょっと不幸でも、導眠剤は減らしていこう。

爆睡がうらやましい・・・

e0001808_12204694.jpg

[PR]

by oss102 | 2016-10-02 16:00 | | Comments(6)