仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
304さん 引っ越しを..
by oss102 at 13:58
あきのさん 質素に暮ら..
by oss102 at 13:56
hanairomimiさ..
by oss102 at 13:54
8000はちょいとキツか..
by tmshanagn304 at 22:14
毎日の散歩でも日によって..
by あきの at 20:16
カッコいいカートですね・..
by hanairomimi201 at 17:01
fu-and-boroさ..
by oss102 at 11:56
sakuraさん 奮発..
by oss102 at 11:52
松風さん なくなったら..
by oss102 at 11:49
あきのさん 新しいしま..
by oss102 at 11:47
kiyokoさん 洋服..
by oss102 at 11:44
さなえさん 置く場所を..
by oss102 at 11:41
hanairomimiさ..
by oss102 at 11:38
私もあります、しょっ中で..
by fu-and-boro at 10:21
安いマグロは食べないので..
by orientexp at 05:42
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
生態系を守る
  今、猛毒をもつヒアリというアリが侵入してきているかと、こちらの港でも大変です。
環境省が殺虫剤の入ったエサの設置を要請したが、専門家が国内の生態系に影響があると指摘され、変更を検討中とのこと。

こちらの港でも、見たこともないアリを猛暑の中、雑草の根元など点検中だったが、上からの指示が変わるので、早く決めてほしい。翻弄されるのはいつも現場だと、嘆いているとの記事だった。

こういう毒アリは、早くやっつけてほしいですね。

お借りしてきた写真ですが。
e0001808_1451401.jpg生態系を守るといいながら、セタカアワダチソウがオミナエシにとって代わり、西洋タンポポが普通になった。最近名を覚えたブタナ・・というタンポポもどき。クレタ島では、食材にもなっているとか。
茎が細くながいのですが、ちゃんと茎は空洞になってます。

調べると1934年に侵入植物として、要注意外来生物指定・・とものものしい。私が生まれた年ですよ。 これだけながく日本に馴染んでいるのに、まだ、侵入扱いですか。

だいたいが、人間がいちばん侵入外来動物じゃないですかね。古くは朝鮮から・中国から・ブータンから・・今や全部がオール混血。

それでも、生態系は守らなくちゃいけないですか。

[PR]

# by oss102 | 2017-07-17 15:03 | 日々のこと | Comments(10)
ショウマが占拠
e0001808_1159387.jpg  私の籐椅子をショウマが占拠してます。夜もここで寝ますから、私は気を遣わずに寝返りができてラクチンですが。

下りるときは、台所用に買った踏み台が・・・




e0001808_1282653.jpg最近はネネの部屋の戸を開け放しているので、チャッカリ風の通り道で・・・

海からの風が通って時には、クシャミが出ることも。暑さも・寒さも・・
大きな建物は影響が少なくありがたいですね。

それでも陽だまりで寝ることも・・
e0001808_12133840.jpg

道東の方は、37度なんて大館地方にも負けない高温。どうなっているんでしょう。
北朝鮮もこわいですが、温暖化は地球を壊してしまいます。人間が恩恵を受けながら壊しているんですね。

草地からの風は涼しいんですよ。舗道の風はムットします。

[PR]

# by oss102 | 2017-07-16 16:00 | いとしのネコたち | Comments(10)
パワーポイント
 ってご存知でしたか? OSSの学習会でパワーポイントで遊びましょう・・とお誘いがあった。
私は、もう絶対に使う気はないなと思ったけど、まぁ知識の世界をひろげてみようと参加した。

ワードでタイトルや画像を作り、それをフェードアップ・回転・ポンピング、様々に動かす。
パワーポイントなんて機能は、我がPCにはない・・と思っていたらアッタ。
その上、アクセサリも引っ越しの時に間違って削除した・・と思っていたら、奥深く眠っていた。
それでも不自由しなかった私のPCライフ。

テキストはあらかじめ、参加者にメール添付で送られてくる。
となりに座った男性が、ウロウロしている私に助言をしてくれる。最近は知らないメンバーが増えた。 それだけOSS行事からご無沙汰していた。 

平均年齢は上がり続けるOSSだが、私より若い人が増え続ける。お肌がピカピカに見える。

最後に、プロジェクトで作った画像をいくつか見せてくれる。
桜咲く公園に子供。上がる花火・・フォトショップでは、動く画像を習ったことはあるが、ワードでも出来るのね。 ちょっと楽しかったよ。^^

来月はエクセルだって・・関数やらいろいろ習ったな。そのころの仲間が、講師になっている。
勉強への打ち込み方が全然違う。 

 33°の100年ぶりとかの猛暑。クーラーの真下にいて寒かった。バスで行ったらやっぱり冷たい空気が直撃。長袖を用意していったけど、寒かった。PCは重い。リュックには入らなかった。
PCとスノーシューが入るリュック買わなくちゃ。

朝、日の射さないうちにと、満開のペチュニアの撮影。ベランダから大きく腕を伸ばして外側から撮る。 カメラが悪いから^^分からないけど、輪郭が黄色・中が濃い紫です。何度撮っても、ベランダのスリッパと私の足が写りこみます。

e0001808_1025388.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-15 16:00 | 日々のこと | Comments(10)
カッポックという植物と・・その他
e0001808_1038861.jpg  植物をおいてあるところなら、どこのカポックも元気に繁茂している。
知らなかったけど超丈夫な植物と知った。

我が家のカポックも、一昨年の晩秋は160円のミニサイズだった。それがぽつりぽつりと枝の間から若草色の5ミリほどのゲンコツをだして、開いてパーになる。
今年は、本体がしっかりしてきたのか、もう6枚目になる。最初の葉も落葉しない。
鉢を替えていったら、大木になりそうだ。 でもあんまり丈夫なのは、ちょっと物足りない。

e0001808_10465870.jpg何度もアップしているが、この植物のモサたちは大好きだ。

押し合いへし合い、どれが勝つ?

8月には咲くはずのサギ草は、いまいち元気がない。条件のよいところで2年おきの植え替えが、栄養もあたらずに3年目の植え替えだったから・・・少しでも咲いてくれないかな~・・根元が黒くなったり・黄色くなっていたり、たくさん抜いた葉があった。

ホットリップスは可愛いが、花ガラをたくさん落とす。そこを掃除するもの、まぁ楽しみなんですけど。
こうして世話をしながら、以前の花たちは、結構条件のいい場所ったんだなと思う。

西日が当たってどうの・・といっていたけど。小路奥からサワサワといつも風が吹き抜けていたし、動物病院の壁がベージュだったので、照り返しの効果があった。灯油タンクの下は、強い雨を避けてくれて、小さい草花を守ってくれた。 壁のラテイスは、強風にもビクともしなかった。

ここのベランダ園芸の一番の欠点は、どこで見てもみんな逆光で見るということ。
それでも、夜カーテンを開けっぱなして、見える範囲に鉢を集めて眺めている。

ないよりはず~~とマシ。

黒法師・・というネーミングの多肉植物。どこにおいても目立たない。"(-""-)"

e0001808_1172648.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-14 16:00 | いとしの花たち | Comments(10)
杜のひろばで・・
 
楽しみにしている語りの日。30度になるというので、老体はバスでいく。
2名欠席で講師をのぞく11名。 地味な会だがジワ~っと増えてきた。

やっぱり私みたいに、手芸も歌もダメ・・なんとか好きな本でつながっていたい人は多いようだ。

いろいろテーマが出て話し合ったが、今日はそれはさておき・・講師のところに、午後からチュニジアの女性が来るという。 富良野で数日を過ごして、講師宅で泊まる。

チュニジアはイスラム教徒で、頭巾を巻き・肉にも制限があるうえ、小麦粉のアレルギー持ち。
どんな食べ物を出したらいいか、みんなでレピシを考えて・・と。

醤油にも小麦粉が入っていることがあるから注意・五目ずしは?チクワやデンブの成分表に注意・水炊きが・・ポテトサラダは?・・おやつは?・・いやはや面倒なお客様だ。

猫は大丈夫?ときくと、向こうで6匹飼っていると。それは喜ぶね。講師のところは、コロンビア産の若猫と、日本産の老猫とで2匹。

よく面倒みるねぇ・・私たちの世話も一生懸命見てくれるし、コロンビアの娘さんの関係で、こうした泊り客もしばしば・・そのうえ、5人もの後見人になっている。

ひとりっ子で育ったという70才。私の肩くらいしかない小柄な人なのに、どうしたら、こんなにタフで優しくなれるのだろう。 私には絶対ムリ。


e0001808_14402498.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-13 14:40 | 朗読 | Comments(15)
車のない生活
昨日は車を見送ってから、初めてのウオーク。同じMCの男性がウオークに行っているのだが、いずれ彼も車を手放す生活に入る。 人の車に頼ってはいけない。

いつもより30分早く家をでて、バスで4区間乗った。7分。それからゆるい上り坂を、草花みながらゆっくり歩いた。15分。家からバス停まで3分だから、30分以内には着くと分かった。
ってことは、いつもより10分早く家を出れば、仲間とのお喋り時間10分を入れて、10時の集合時間には、間に合うのだと分かった。

帰りは図書館に寄るので、リュックを背負って行った。4冊で我慢して出ようとすると雨が降っていた。 雨は午後からと云っていたのに・・こういう時は車がいい。
ちょっと濡れて、駅前の長崎屋に・・100均の傘をと思ってたけど、そのころはもう雨は上がっていた。

今日は朝里の朗読。車なら余裕をみて9時40分に出る。温泉行のバスは1時間に2本しかない。
9時7分と47分・・9時に家を出た。 10時からの朗読に、25分に着いてしまった。ここで40分の差。
帰りは、途中で下りてパーマ屋さんへ。 こういう時は今までとはかなり時間の余裕をみなければいけない。 でも不思議な循環をするバスのことが分かって、これを利用すると便利だということが分かった。 勉強ですね。

以前、公共の乗り物を利用する人は、自家用車の人よりボケない・・という記事を読んだ。
ハハハ、ちとボケにくくなったかな。


e0001808_1615318.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-12 16:15 | 日々のこと | Comments(10)
懐かしい草花の鉢植え
エノコロ草と待宵草とトキシラズ・・と、以前書いた。ところが気を付けて道端や草地をみていると、待宵草なんて物凄くデッカイ。病院の敷地の雑草の中の待宵草は、栄養がいいのと競争相手がいるためか、見上げる茎の先に、チョボチヨボと黄色い花弁をつけている。

これじゃ風情がない。いくら鉢植えといえども、葉も花もあまり魅力的とは言えない。
テニスコートの夕暮れに咲く土手の待宵草は素敵だったんだけど・・

e0001808_14253243.jpgなえぼ公園に行ったとき、念願のクルマバ草を採ってきた。

これは、去年トイレのコップに挿して楽しんだ。中々しおれない。こうして小皿に広げておいても丸3日間は持つ。花は白い地味なブツブツが5センチほど咲くだけです。丸鉢の隅っこに植えました。
これとほとんど同じ形の草があるのですが、なんと全身体にねばりつくような毛が生えていて、ゴッソリ繁茂しています。

e0001808_1458372.jpg強い草花ばかり集めて1鉢作ろうと、アイビーとかドラセナ・アジュガ他数種を植えたのですが、後でドラセナのタグを見ると・・直射日光には絶対当てないで・・と書いてありました。
観葉植物は南国のもので、ジャングルのあまり日の射さないところで生きる植物。
あら~高さに惚れて植えてしまった。

仕方がないので、陽射しの強い時はテントをかけてやりました。100均の車のリアウインドウの日よけです。車には1度も使わなかった。役立ちました。
菜箸や、ヤキトリの竹串にセンタクバサミで止めてます。
e0001808_1595565.jpg

誰も見ないベランダ園芸は、ハチャメチャです。まぁ、こうしてお披露目してるんですが。

[PR]

# by oss102 | 2017-07-11 15:13 | いとしの花たち | Comments(12)
金澤翔子 ふたたび
  先月ここで記事にした書家・金澤翔子・涙の般若心経(2013年出版)を借りてきた。
やっぱり感動した。

ダウン症は染色体が23のところ1本多い24本ある。こういう子が世界中に同じ確率で生まれている。千人に一人だ。知能は低いのだが、おだやかな性格で、犯罪率は極めて低い。

翔子の母親は苦しんだが、外国で医者になったダウン症の人がいる・・と知って、心の支えにする。

書家の母親は、5才から筆を握らせて書かせる。200人を超える規模となった書道教室には、知的障害・ダウン症の子30人や、自閉症の子らもいます。
席につけない筆も持たずに動き回る自閉症の子に、翔子が「書きなさい・・」というだけで大人しく筆を持つというのです。不思議な力です。

イルカは病んだ人がいるほうへ寄って行く・・といいますが、翔子もイルカのようです。
千人以上いる席上揮毫や、個展会場でもすぐに困っている人や病んでいる人を見つけて寄って行きます。 ダウン症の子を抱いた母親が「この子は3才になっても歩けないのです。」
翔子は、床に下ろした子を「歩ける・あるける・・」といいながら背中を押して歩かせたのです。
マザーテレサのようですね。

10才、泣きながら書いた般若心径
e0001808_1326638.jpg

25才の時に書いた般若心径も載ってますが、かなり整った書になってます。

でも、後に個展を開いたときに、大勢の客が来て、11才の書にむかいボロボロ泣かれるというのです。
いろいろな有名寺で大勢の客にかこまれ、のびのびと筆をふるい大成功をおさめます。
NHKの大河ドラマの平清盛のタイトルも書きます。

小学校時代の同級生だった青年は、「俺たちの中でいつもビリだった翔子が、トップになっちゃたね」 勝ち負けは無関心の翔子。

こういう奇跡のような人生もあるのですね。


e0001808_13571960.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-10 16:04 | | Comments(6)
OSS美術展 2

 暑い日になった。2室続いている風の通らない奥の部屋で仲間とお喋りしていると、ツーツーと頭から汗が落ちる。帽子をかぶっていたが、乱れてひどい白髪頭をむきだしにした。
27.1度と今朝の新聞に載っていた。 ちょうどいいじゃないかと本州の方は思うでしょうけど、こちらは低温続きでしたから・・それに湿度もあったようで。

そこここでおしゃべりしたり、大きいスクーリーンで仲間が作った動画を見たり。

別室の休憩室で備えの冷茶とオムスビ食べていたら、今年新会長になった男性が仲間と向かいに座った。スキー仲間でもあるので「どう?会長はタイヘン?」と聞くと「ウン・・」とうなずく。

いくら優秀なスタッフが実務をこなすといっても、やっぱり会合も多く大変なんだろうなぁ・・

やはりスキー仲間の男性が、旅行帰りと知って「どこへ?」ときくとムニャムニャ・・外国?・・エ、ちょっと・・「あぁ、豪華客船りょこうだったのね?」
この男性は、夫婦で入会して3・4年目かなぁ・・奥さんは道内でゴルフで名をはせているそうな。

いろんな人がいるのが会のよさ。

オムスビ食べ終わって、午後の部、マージャンへ。メチャクチャついてなくてボヤキマージャンとなった。

 なんねん前になるのかな・・このPC絵は、札幌のPCの会で集まってちょっと好評だんですよ。
でも最初見せた時、亡き講師は抵抗があったようで、首をかしげていたんですよ。せめて上半身を描いてほしかったようで・・首だけってのは抵抗があったんでしょうね。
懐かしい思い出です。  おわり

e0001808_11314879.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-07-09 16:05 | 日々のこと | Comments(10)
OSS美術展
 今年も盛大にOSS美術展が開かれました。
e0001808_18102521.jpg

吊るしてあるのは折り紙で、素晴らしい手芸品がならんでます。みんなよくやるなぁ・・と只々感心。
油絵・水彩・書道・みんな師範級です。

e0001808_1818250.jpgなかでも懐かしかったのは、OSSに入ってまもなく、オエカキクラブに入ってPC画を習いました。
その講師のH氏は今年90才で亡くなって、回顧展のコーナーが作られていました。
カラコラムなど外国の山々を歩かれて、そういう作品も多かったです。

e0001808_18222370.jpg
私は、PCの操作を多角的に覚えたくて入ったのですが、一生懸命描いたおかげで、ドライアイになってしまい、退会のハメに。 でもなんにも関心のなかった絵を、少しは興味を持ってみるようになりました。 
カジルことは大切です。

つづく

[PR]

# by oss102 | 2017-07-08 20:43 | 日々のこと | Comments(6)