仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鍋作法 箸
やはり自民党は悠々とトップでしたね。小党がアチコチで、いくら正義を唱えても、イザというとき結束できるのかという気持ちが多くて、ムダ金ばらまいているな~と冷めた気持ちでした。

清き1票でもどうにもなりません。

サテ、氷雨が降っていて夕方には初雪の予報もあります。
また、今夜も鍋にするかな~と思っていますが・・・

先日の人生相談に、30代の男。取引先の客や上司たちと鍋を囲むと、みんな自分の直箸をつっこむ。取り箸を使わない。食べないでいると、どうして食べない?と自分の取り皿に盛り上げる。
気持ち悪いとは言えない。 どうしたものか・・という相談。

そうか、私も直箸組だな・・コンサート後の宴会の幹事役のネネに聞くと「みんな直箸つかうよ・・」という。 この会もシニアが多い。 

若い人でも、スポーツをしてきた人は気にしないという。バーベキューとか鍋とかバンバンやりますよね。初めは取り箸つかっても、途中から直箸で取り分けてたり。

人生相談の回答者は、「鍋は嫌いだ。」なぜ嫌なのかを説明せよ。そもそもマナー以前のコミュニケーションをよくすること。とあったが、これは難しいでしょうね。

そういう人が多くなったのだと、気をつけようと思います。

こういう人が増えているのですから、会食は苦手だな~ 


e0001808_1464297.png

[PR]

# by oss102 | 2017-10-23 16:00 | 日々のこと | Comments(16)
あおばとの講師の舞台
 今回は、さねとうあきら追悼公演でした。
講師は、長い芸歴の中で、さねとうあきらの物語に心ゆさぶられ、何度も公演して、氏とも交流がありました。

82席のこじんまりした会場は、満席、両脇にも臨時の椅子が置かれていました。
e0001808_12225236.jpg

遠慮しながら、撮りましたが・・鬼のお面をかぶったシーン。「べっかんこ鬼」

狐提灯とこの種目を、ひとり何役もの語り。私たちは数行のセリフも暗記できてないのに、どうなっているの?
特大の長いお琴と男性奏者の篠笛ほか和楽器数種。 効果的でした。

幕間に和楽器奏者が。太鼓・灰皿くらいの大きさのシンバル他をユーモアたっぷりに実演して、笑わせたりしてくれました。

どのセリフも聞き漏らすまい・・と補聴器つけて集中して聞きましたので、心底疲れました。
泣き虫ですから、涙も・・・

素晴らしい舞台が終わって、客の関係者が講師に挨拶してる間、私たちは最期まで待っていました。

先生は「帯状疱疹になったので来月はお休み・・」ということでした。 過労でしょうね。でも気丈に立派な舞台を・・感動です。

100名ほどの観客は、オールシニア・・全員の年齢を足すと何才になるのかなぁ・・とバカなことを考えながら、疲労と満足を抱えて帰途につきました。

夕暮れの公園の紅葉もすばらしかったです。

[PR]

# by oss102 | 2017-10-22 16:00 | 朗読 | Comments(10)
アオバトの講師の舞台へ
e0001808_19315415.jpg アオバトの講師は、毎年いろいろな形で舞台に出る。
今日もその日で、小樽組6人がそろって出かけた。会場は中島公園横の渡辺淳一文学館。

快晴の中島公園は最高の紅葉日和となった。

プロらしいカメラを据えている男性も・・・

その横でオソマツですが、パチリ。 みなさんの想像力に期待します。
e0001808_1934688.jpg


集中してくたびれましたので、今日はこれにて。

明日につづきます。m(__)m

[PR]

# by oss102 | 2017-10-21 19:41
ひでこさんのたからもの

 先日こはるびよりの本を紹介しました。そのときシリーズで2冊あると聞き、返却を待って昨日かりてきました。 今年の4月に10冊増刷されてます。

夫のしゅういちさんは、88才のときに、念願のタヒチ・クルーズに出かけ、昔のヨット仲間と再会をしたそうです。

そうして前の本との4年の間に入院。腎臓が悪かったそうです。

それ以来妻の秀子さんは、塩分抜きのお料理のために、おいしい出汁をつくり、その作り方、ケーキ・漬物・編み物・などなどレシピ満載の本になっています。

しゅういちさんは90才と半年、お昼寝したまま眠るように亡くなったということです。

よき妻を得て、幸せな生涯でしたね。 一人になった英子さんは、その後どうなさったのでしょう。

まだまだ、作物を作り、お孫さんにお料理をつくって送るのでしょうか。
仲の良い夫婦は、それはそれで別れの後の生活は厳しいものがあります。

ここまで書いてちょっと検索してきましたら、「ふたりからひとり それから~」など何冊も本を出されています。 中古品でも新本と変わらない値段です。

人気のほどがしのばれます。 やはり女はつよいですねぇ・・・


e0001808_15225525.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-10-20 15:25 | Comments(12)
初鍋

 マンションは暖かいのでまだストーブは点けていません。そろそろ鍋もいいかなと白菜鍋にしました。 先日友人からタ○○の麴2倍減塩という味噌をもらったのです。これがおいしい。

私はもともと酒粕が好きなんです。麹もそんなおだやかな味がします。
特売の牛肉の細切れが冷凍庫にあって、ゴボーが1本乾き気味のが残っていました。長ネギとシイタケも。

コンロを引っ張り出して、みそ味の白菜鍋。〆はインスタントラーメン。
ラーメンがすっかりスープを吸い取って、1滴も残りませんでした。

今夜は孤食の夜です。残りのスープにウドンでも・・との心づもりが・・・まぁ、同じようなものを今夜も食べることにします。

暑がりのネネは、部屋着を夏物に着替えていました。鍋はあったまりますね。キムチがあればなおよかったかな?
いつもは、味噌とゴマ油とスリゴマの、ラムシャブ鍋ですが、おいしい味噌ならこれだけで大満足でした。

でも美味しい物の味をしめると不経済ですね。"(-""-)"


e0001808_1024282.png

[PR]

# by oss102 | 2017-10-19 16:00 | 食べ物 | Comments(4)
神思内バス旅行  2
e0001808_118263.jpg
 
前日もこの日の朝も雨の予報だった。ポンチョを持って行こうか・・カッパ上下を着て行こうか寝ないで考える。やっぱりカッパだ!と朝になって決断。

雨具を着たり、ストックを持ちながらの撮影は面倒だ・・とストックを持たないことにした。
結果はOK。あんなところでストックを置いたり、また持ったりしてたら面倒なことでした。

トイレタイムのところのローソク岩で・・夕日がとてもきれいな場所です。看板の写真を撮りました。ローソクの形が違うのは、角度のせいです。

1回目のウオーキングは神思内の村の散策でした。人口800人の村と説明がありました。
ここは泊(トマリ)村原発のところから近いので補償が出て、豊かなのだそうです。
海の見える公園、曲がりくねった道路の石垣には、有名な外国の絵(笛を吹く少年とかピアノを弾く少女とか)が大きく何枚も次々に飾られています。 施設も立派です。
紅葉は息をのむような・・とは言えませんが、まあまぁ、部分的にきれいな場所もあり、なにより青空がのぞき始めて、嬉しかったです。

e0001808_1121130.jpgこれもローソク岩というのかな?それとも観音像と言われてるのかな? (調べたらこれもローソク岩と言われていました。)

神威岬に着いて3班に分かれて岬へ・・私は2班。どこでもウオール登攀ができそうな断崖絶壁。
今はしっかりした鋼鉄やコンクリートの柵が出来ていますが、昔は板とロープで足もとが見えて超恐ろしかったそうです。


e0001808_11314654.jpg物凄い強風で、カメラを片手に(もう片手は柵につかまってます。)手を伸ばすと、揺れてしまいます。一般客も沢山きていて、譲り合いの通路です。物凄い急階段もあり、ちょっとバランスを崩してコケたら、大怪我に・・ここに救急隊はたいへんだろう・・・と緊張しました。

まぁ、全員無事で岬の湯で露天風呂など楽しみ、2時過ぎようやくビールにありつけました。(^◇^) 帰りのバスはもうけっこうな雨降りになりました。 よかったなぁ。

係りの方たち、いつものことながら、下見から準備から大変お世話をかけました。
深く深く感謝をささげます。<(_ _)>

この日の歩数12600余。ハードな1万2千歩で明日あたり、ドット疲れが出ると思うよ。


e0001808_1140746.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-10-18 16:01 | 運動 | Comments(12)
神恵内ゆうなぎ散策コースバスツアー

 神恵内(カモエナイ)と呼びます。ウオークの紅葉探索バスツアーに行って来ました。
e0001808_17562098.jpg

クリックすると大きくなります。

上の方までよ~く見て・・ずうっと白い柵がみえます。いけどもいけどもてっぺんまでの道はアップダウンを繰り返してキツかったです。

明日、書き足しますが今日はこれにて・・・<(_ _)>

[PR]

# by oss102 | 2017-10-17 17:56 | 運動 | Comments(6)
あしたも、こはるびより
e0001808_13382613.jpg こんな本を読んだ。
杜のひろばの語りのメンバーが紹介してくれた本。

図書館で予約して読んだ。このとき83才と86才の夫婦の園農生活。今は89才と92才になってますねぇ。 でもまだお元気だと思いますよ。この後のシリーズ本も予約中です。

子供たちのアトリエに建てたつもりの、小さな家に入って園農生活。
妻は、お茶の時間と食事中以外はいつも体を動かし続けます。
畑仕事、雨降りは機織り、ケーキ・ジャム作り・・客人があると自家製のごちそうで大パーティー。

夫はヨットにのめりこんだ生活で、整理魔。自分のコーナーはコックピット。ロープ操作はお手のもので屋根の補修なども。梯子をどんどん上る体力があります。アイロンかけもピシッと。

妻の英子は、豊かな家の生まれで、現金など持ったことない子供時代。いつもお手伝いさんに囲まれて育った。上質の家具や食器の中で育ったので、今でも、気に入った食器を少しずつ集めたい・・と。

そこなんですよ。83才で食器を買いたい。今は断捨離の世界でしょ。それなのにまぁ、まだ食器にこだわるの? 娘さんがいて、よい食器を上げるけど、気に染まないと返却されることも。

農生活の衣類は孫のはなちゃんの着なくなったTシャツやズボン。
写真に写ってるけど、オシリや膝の傷んだところは、ステッチでつくろってあります。

トコトン、自分の気に入った生活を楽しんでいます。これぞ上質な生活というんでしょうね。
写真をみて、文章読んでウットリするのが好きな私ですが。 
6年前に出して4年前に11刷発行。

やっぱり、こういう暮らしにうっとりする人が多いようで。

[PR]

# by oss102 | 2017-10-16 16:00 | | Comments(10)
多肉植物
杜のひろばの園芸教室に見学だけの日も入れて5回通いました。そして今月から退会を決めました。引っ越しの年は、いきなり大改造にぶつかって、園芸は完全休止してた。その気持ちに活を入れようと入会したんです。

e0001808_14452536.jpg完全室内の教室なので、どうしても小物ばかりになる。
今、インテリアに小物植物は欠かせない。必ずコーナーや飾り棚にミニ鉢が置かれる。
それで多肉植物の小鉢や、フレームもインテリア向きの鉢が取り入れられていた。

今月はクリスマスの飾りの下ごしらえ・次はお正月の飾りの鉢。
わが家には、小物はもう置くところがない。飾りはいらない。それで退会を決めたのです。

もう2年先から入会している人が殆どで、素材を先生からもらうと、家で植え込むからと30分も残してさっさと帰る。先生も帰る。

私はそういう時は、みんなの庭の情報も聞きたいし、先生の園芸履歴も聞きたいと思った。
先生は市の園芸教室の講師もしているので、超忙しい方だ。 新人があまり、あぁしてこうしてと希望をだすのは気が引ける。

でもおかげで多肉植物の面白さも学んだ。趣味の園芸も熱心に見る気になった。

写真はカポックは別ですが、こんな2鉢が手元に・・チビ鉢を床に置くと邪魔ですが、ある程度の日射が必要ですので・・
床に置かれたこの鉢は、時々ショウマがひっくり返してます。

e0001808_1505070.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-10-15 16:00 | いとしの花たち | Comments(8)
最低気温がヒトケタ
e0001808_9582392.jpg  寄せ植えのドラセナが気になっていた。最近は、強い陽射しから守るためのカバーを夜には掛けてやっていた。 やっぱり室内に避難させてやらねば・・・

これについてはモンモンとしていた。どんな鉢に入れて・・いや成長するのだから、ある鉢に入れてカバーにお金をかけようか?

どうもしっくりこないものばかり。どんなジャングル育ちで直射日光を嫌う植物だって、やはり柔らかな日差しは必要なのだ。 アイビーやオリヅルランのような超丈夫なものでさえ、室内の照明の灯りだけでは無理だった。

そうなるとコーナーには置けない。気持ちが決まらないまま、夜冷えはつづき、とりあえずと昨日室内に入れた。 白いプラ鉢だ。

私の場合とりあえずが・・ず~っと続く。カポックだって今年次々と新芽をだしてコンモリしてきた。 3枚のチビ葉、160円で買ってきたときは、100均の鉢で、「ガマンしてね・・もっと大きくなったら素敵な鉢にいれてやるからね・・」とブログでも誓った。 2年たっても、まだこれからも大きくなるから・・とそのまんま。 

そのうち、世話する当人がカンオケの世話になるだろう。ダンボールのカンオケで結構。
これが私じゃ。  まだまだ花じまいは終わらない。


e0001808_10114653.jpg

[PR]

# by oss102 | 2017-10-14 16:00 | いとしの花たち | Comments(10)