仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
女性はどこも元気ですね。..
by kiyoko at 17:06
素晴らしい会ですね み..
by hanairomimi201 at 16:54
mikihanaさん ..
by oss102 at 15:13
sakuraさん 白髪..
by oss102 at 15:10
fu-and-boroさ..
by oss102 at 15:07
あきのさん あきのさん..
by oss102 at 15:04
hanairomimiさ..
by oss102 at 15:02
kiyokoさん あら..
by oss102 at 15:00
上手に着回しされる方がい..
by mikihana922 at 13:37
いえいえ、忙しくしている..
by orientexp at 00:53
大雑把に夏用と冬用ですが..
by fu-and-boro at 19:18
あるものも、普段着以外き..
by あきの at 18:57
最近出かけなくなってウイ..
by hanairomimi201 at 17:46
出掛ける機会が多くなると..
by kiyoko at 16:50
あきのさん 時代が変わ..
by oss102 at 10:50
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人の心を読む ナイーブなフーロ
e0001808_14112575.gif
 夜、娘とくつろいでTVを見ていると、何か音がする。 家の横は狭い小路なので、又車がなにかにぶつかったのかと、娘と顔を見合わせ、いぶかしんでいると、ゴトンッ! ゴトゴト ドンッ!!と大きな音。 お風呂場だ!と娘は立ち上がる。
 娘が行くと、お風呂場から、フーロが出て行ったという。
お風呂の窓辺に、ネコたちのいたずらから逃れるために、避難していた苔玉7ヶが、無残に風呂ふたの上で、転がっている。 庭石菖の葉は、すでにかじり取られている。 他の苔玉は、何とか無事だ。

娘はフーロを探す。 2階を探してもいない。 フーロ フーロと呼んでも出てこない。 何処にいるのか、出て行くところないよネ、と確かめる。

風呂場の戸を、いつもは風通しのために、少し開けておくのだが、苔玉のために、チャント閉めておくように、娘にも言っておいたのだ。 他の戸は、店のシャター以外は、ことごとくフーロは、何の苦もなく開けてしまう。 その風呂場の戸を、うっかり、いつものように、すかして開けていたのだった。

ネコは、外の空気の匂いに敏感だ。 一度風呂場の窓から脱走したこともある。 それ以来、数センチの幅だけ、風通しのために開けておいて、つっかえ棒をしていたのだが、苔玉に明かりが必要なので、2重の窓の内側の窓は、全開にしてあった。

フーロはその窓に飛びつき、苔玉をころがして物音を立て、失敗したのだった。

小1時間後、娘は私を呼ぶ。 「お母さん お母さん アレを見て」  居間を出て2階を見上げると、ドアのところから、半分顔を出したフーロが、私たちをうかがっている。

苔玉を転がしてしまったことに、フーロの心が打撃を受けている。

 もっと小さい頃にも、こんなことがあった。
私たちが、楽しみにしている、TV番組ポチたまを、録画し損なったとき、お互いに気付いて、同時に、アーッと大声を出したことがあった。

私の足にひっついて眠っていたフーロは、ハッと目をさまし、いつもはつりあがった細い目をまんまるにしたと思ったら、ズボッと、ねこの出入り口から、大急ぎで逃げ出していったことがあった。 なにも悪いことをしたわけでもないのに、フーロには思い当たることがあったのだと、私たちは、しばらく、お腹をよじらせて、大笑いをしたのだった。
[PR]

# by oss102 | 2005-10-07 14:52 | いとしのネコたち | Comments(4)
吹き抜けの棚にあがって、いたずらするフーロ
e0001808_1453343.gife0001808_14533777.gif











 ネコはなんでも袋や箱が好き。 ビニール袋に入り込んだところで、持ち上げて「グルグルふーちゃん」といいながら、振り回す。 その重いこと。

フーロはかなり、ごきげんで中で大人しくしているが、だんだん袋が破れてくる。
[PR]

# by oss102 | 2005-10-07 14:30 | いとしのネコたち | Comments(0)
極少庭園 10月の花 地味だけれどこれはこれで、大好きな花 いわしゃじん
e0001808_1575455.gif糸のような枝にびっしりとつく花たち。 腕前のせいで、美しい紫色が表現されないのが残念。
[PR]

# by oss102 | 2005-10-03 15:15 | いとしの花たち | Comments(0)
こぼれ種からのひだかみせばや お気に入りのべにちがやなのだけれど・・・
e0001808_15424739.gife0001808_15431447.gif
去年軽石に植えていた、ひだかみせばや。 交通事故で軽石は粉々。 その後にいろいろなところから分身が顔を出して、私を喜ばせてくれた。 
ハンキングする植物たちは、土中に埋めて越冬するのだが、その中からもいい具合に顔を出していて、今満開。
ひだかみせばや、なんて優雅なネーミングでしょう。

 べにちがやは欲しくて欲しくて、ようやく手に入れた2年もの。 ところがうっかり水遣りのとき、つないでいたねこたちの近くに置いてしまった。 気がついたときは、だいぶかじられたあと。
フウチ草とべにちがやは、ねこたちの大好きな草。胃の調整にいいのだろう。
[PR]

# by oss102 | 2005-10-03 15:06 | いとしの花たち | Comments(0)
去年のこねこ時代は、今よりももっと戦国時代
e0001808_1804787.gif

晩秋、とてもいい色に立ち枯れていたあじさいの花のドライフラワー。 後ろ足の障害のためにジャンプ出来なかったショウマは、心配なかったが、運動能力抜群のフーロの魔手からのがれんと、足がかりになりそうなところには、わざと邪魔なものを置いて上れないようにして、サイドボードの上に飾っていたのに、帰宅してみるとご覧のような次第。

「わぁ~~」っとがっかりはするのだが、すぐに「カワイイー!!」とカメラ持ち出した親ばかであります。
[PR]

# by oss102 | 2005-10-01 18:09 | いとしのネコたち | Comments(0)
ときには豚狸とよぶおデブなフーロ
e0001808_17283713.gifいつもショウマの残したえさが入っている食器戸棚に、マンマと入り込んだフーロ。引きずり出すのに大変な思いをした。

e0001808_17285951.gif

新聞を読んでいると、必ず上に乗って、人間の視線を独り占めしたいフーロ。気持ちよく寝られると、卓上のPCも使えず、待機となる。

ショウマがタラタラと何度もエサを食べるのに対し、フーロは犬のように一気食い。ウッカリしているうちに、フーロがショウマの分を全部平らげていることがしばしばあり、アッというまに、でぶフーロが出来上がっていた。 
これではフーロの健康に悪いと、気をつけていたが、ショウマに何度もエサをやる度に、フーロがかわいそうになる。
ダメというと、淋しそうに長々と水を飲んだりする。 子猫時代、首に鈴をつけたときも、ショウマはなんでもなかったのに、フーロはストレスで1週間ほど下痢をした、ナイーブなフーロ。
それでエサやりの時間はこちらも忙しいのに心傷つくフーロの関心をそらそうと、抱っこしてあちらこちらを歩き回って、気をそらそうとするのだが、これが5・5キロほどもあるので、重くてかなわない。
[PR]

# by oss102 | 2005-10-01 17:53 | いとしのネコたち | Comments(0)
おととしの作品 園芸教室展示会 出品作品を懐かしむ
e0001808_1951395.gif 入学してから初めての産業会館での展示会。 苔玉2点とガラスびんの中の植物を、富士砂に植えて出してみた。 題名は「森の調べ」 今は亡き中島会長が、研究熱心と褒めてくれたのが忘れられない。

e0001808_21482085.gifそしてもうひとつ、野の花を数種植えてアレンジしてみた。 「廃屋の庭」とネーミング。 沢山の人に好評を得たが、当時の副講師の小柳先生は、農業畑出身の方で、園芸は植物を最高の状態で生育させること、という認識で、飾るということには、心が向かないようで、これを会場に持ち込んだときは、これはひどいと、顔をしかめたという。 こういう認識のズレが、今ひとつ園芸教室の魅力を薄いものにしていて、24人も一挙入学した、我々同期生は、今二人しか残っていない。

去年の出品作は、残念ながら写真をとるのを忘れたが、「秋のお気に入りの植物たち」と書いて
べにちがや・しらさぎかやつり・いわしゃじん・オレガノの鉢4点を出す。木柵でかこって出したのだが、これから沢山の花が咲くというところの、いわしゃじんに展示会中、水遣りをしてくれなかったらしく、からからに乾いていて、当番の人たちの名を、名簿で恨めしく眺めたことだった。
ほとんど枯れていたのに、強靭ないわしゃじんは、今年よみがえり、またたくさんのつぼみと、今数厘の花を咲かせている。
[PR]

# by oss102 | 2005-09-22 20:03 | いとしの花たち | Comments(0)
今年初めての苔玉作り
 昨日、仲間と大滝村へアロニア採取ツアーに出かけた。 アロニアはブルーベリーよりももっと目にいいそうで、目に不安を持つ仲間は大量に買い込んでいた。
私は冷蔵庫も小さいし、2キロだけ。 後はキノコ採りの連中も気になって、落葉林の中に入り込んでみた。 キノコは1本も見つからず、木の根元に、美しいハイ苔が大量についているのを発見。 うれしくてどんどんはがし、ビニール袋1杯もはがし持ってきた。
e0001808_13165946.gif

 今日は苔玉つくり。 苔が大量にあるのに、素材が足りない。 五色べんけい、おりつるらん、ペペロミア、ヘデラ等、挿しただけでつく植物を使って、手抜き苔玉作りとあいなる。
1ヶ月ほど、様子をみたいのだが、虎視眈々とねらうネコたちの視線から、どうして一ヶ月もの長い間、隠しおおせるのだろうか。 頭が痛い。
[PR]

# by oss102 | 2005-09-21 13:25 | いとしの花たち | Comments(0)
9月8日 台風避難の花たち
e0001808_1215302.gif去年の9月8日の台風はひどかった。 産業会館に園芸教室の展示品を持って行って、車のドアに叩きつけられる小石で、塗料がはげ、修理に3万5千円もかかってしまった。 今年もかと、ザンザン雨降りの中を、カッパ着て花の避難。 どっぷり水を含んだプランターは重い。 一気に運びこむ。
灯油タンク下にも、びっしり。 店前のトレリスも片付ける。
これから一杯に咲く朝顔は、トレリスとひもに巻きついているので、仕方なく、一枚だけトレリスを残して、自販機の横につけて、レンガとブロックでおさえる。
e0001808_12313855.gif

ツンベルギアも鉢をアーチの枠にひもで結びつける。

準備万端であったが、拍子抜けするほど、台風はたいしたことなかった。 よかった、よっかた。
この後、腰が痛くて、疲れて、雨をよいことに、昼風呂入って、半日ベットで読書とあいなった。
[PR]

# by oss102 | 2005-09-08 12:29 | いとしの花たち | Comments(2)
極小庭園 9月 はつゆき草(ユーロホルビア)とホットリップス
e0001808_11144090.gife0001808_11145564.gif







はつゆき草は、秋の終わり頃、種をまくといいそうだ。 春に数本苗をもらって、春の花たちの間に、ポツポツと植えておいた。 背が高いのでいい具合に花たちの間から顔をだしてくれる。

夏の間は、ほとんど白かったホットリップスは、朝晩の気温が下がって、また赤くなる。
白と赤のツートンのときが一番いいのだが。

9月になると、花たちの勢いはグッと衰えてきて、花柄摘みも少しだけ。物足りなくてうろうろしてしまう。 水遣りも本当は朝に切り替えた方がいいのだが、朝は忙しくて、つい未だ夕方にやってしまう。
[PR]

# by oss102 | 2005-09-08 11:29 | いとしの花たち | Comments(0)