人気ブログランキング |

仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
面白そうな番組でしたね。
by あきの at 22:02
fuchanさん 本当..
by oss102 at 17:38
私にはテレビは大切な情報..
by fuchan_k at 17:29
あきのさん 私たちは大..
by oss102 at 16:58
さなえさん いつから嫌..
by oss102 at 16:55
おのま@かなださん ま..
by oss102 at 16:50
fu-ando-boro..
by oss102 at 16:43
人時代前って、異世界の感..
by あきの at 16:16
タバコ、昔は吸わない男は..
by さなえ at 06:10
我が次女は少々ぐれていま..
by おのま@かなだ at 04:36
私も松本清張は大好きでよ..
by fu-and-boro at 19:22
さなえさん でもお子さ..
by oss102 at 10:33
304さん どうして参..
by oss102 at 10:30
あきのさん 以前のポツ..
by oss102 at 10:27
oss102さんの努力に..
by さなえ at 04:51
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
一着30万円
 読書が苦痛になってTVを見る時間が多くなった。
昨夜、途中からだがリモコンを押すとコシノジュンコの私邸が出た。あの貫禄・あのメイク・・すっごい邸宅だった。
ひろ~いキッチンの上の食器棚から、取り出したのは、内側は金箔・外側は馬の毛でつくられたお椀。
何に使の?と聞けば「ごはんよ」と。

男性のスーツも、女性のドレスも、ざっと30万円・・「一度買ってくれると虜になるのよ。」と言っていた。 それにバックでしょ・靴でしょ・それに見合うアクセサリー・時計・・とネネに話した朝の食卓だった。 貧乏人も多いけど、金持ちもた~くさんいるの世の中。

 卓球の愛ちゃんが6才のときに負けた悔しさ・リベンジとお遊びの卓球が始まった。
ジュンコは卓球が学生時代から好きで、続けているという。
愛ちゃんもお姑さんにも愛されてしあわせそうだった。

有名人の私生活をあばくものは嫌いだが、なっとくずくの私生活には興味がある。

いろんな世界に人は住んでいますね。

今日、語りの会場にある書棚で、「成功したければテレビを見るな!」という見出しに出会った。

アハ・・いいのいいの老人は・・ゴミ屋敷にはハラが立つけど・大金持ちの邸宅を見るのは好き。

e0001808_1732154.jpg


# by oss102 | 2019-08-22 17:22 | 日々のこと | Comments(3)
たばこの煙むんむん
 先日松本清張生誕記念のドラマを見た。ネネは推理ドラマが大好きだが、私はほとんど見ない。
それでも見る気になったのは、松本清張の本はかなり読んでいたから。もう何十年前のはなしかな?。

そうそう吉展ちゃん事件の頃よね。やっぱりあの頃のことはよく覚えている。

 男たちはタバコをいつも吸っていた。夫は吸い殻入れが山盛りになるのを嫌っていたので、いつもきれいにしていた。 客があるとすぐに吸い殻はたまる。「オイ・・」と吸い殻のたまった灰皿を出されないうちにと気をつかっていた。

渡辺謙は刑事役・・容疑者を相手にタバコはいつもはなさない。刑事たちの部屋もいつもタバコの煙りむんむん。
ついでに・・妻は、いつ帰宅するのかわからない夫を寝ずに待つ。なにも云わずに夫の寝顔をたしかめて、起き上がって電灯のひもを引っ張って消す。 私は電灯のひもは夜は長くして、寝たまま消せるようにしてたな。 リモコン・・便利になったねぇ。

部屋の壁はタバコのヤニで薄汚れ・・そのころ拭けるという壁材でも中々汚れは落ちなかった。
その中で、赤ん坊がすくすく育ったのだ。野菜に農薬だってたくさん使われてました。

今の生活の方がいいに決まっているけど、たくましいよね人間も・・とても残念な生き物にはなれないように出来てます。

やっぱり推理ものって、見ると終わりまで見ちゃいますね。


e0001808_11595167.jpg


# by oss102 | 2019-08-21 15:19 | 思い出 | Comments(8)
歩く 声を出す・・
 と、タイトルに書きこみながら、これが中々思ったようにはできないものだ。
昼間は一人だし、ネネが帰宅しても夕食と一緒に見る録画、会話はするが目の前のネネに大きな声は出せない。

衰え行く身体・脳・生物の致し方ない運命だ。
しか~し、ポツンと一軒家などの番組をみると、そこの住人は恐ろしいほどしっかりしている。
先日も、山奥の有名な寺に行く途中の、休憩所を守る母娘が出た。

母93才だったかな?その娘だから60代くらいか・・覚えていないが。

急坂を何時間も登って、そこの有名なお寺詣でをする人が・・それも毎年とか、何度も来る人がいて、休憩所はなりたっているんですね。下からロープで飲み物などを運ぶ。

その93才のおばあちゃんは、3ヶ月に1度は、病院に行くために下の町へ降りるという。
強力で?・・ときくと・・「休み休みですよ、そんなもの使ってたら30万もかかるよ・・」という。

TV局の若いスタッフでも音を上げていた急坂を、休み休みとは言いながら、93才が。

下りる気力があるだけで、もう病院へは行く必要がないのじゃないかと思った。

そういう高所では、客との会話ははずむでしょうね。頭も鍛えられるはずだ。

死ぬまで自力で生きるのが理想だが、それを可能にするためには・・金力と脳力と筋力の保持か。

ネネが部屋に引き上げると、録画したTVを見ながら一人・・アナウンサー・・ナレーター・・画面下を流れるタイトルを忙しく読み上げる。 努力はしているんですが・・やっぱり接客をしている人はちがいますね。 気配り・立仕事・会話とやらねばならない段取りと・・継続してこその元気とみた。 カナワン!!


e0001808_15191955.png


# by oss102 | 2019-08-20 15:14 | 運動 | Comments(6)
少しでも生きのびればいいか・・
 今朝の読売歌壇に・・山里のひとり暮らしの九十才独居のなかに猫が十匹・・という句が載った。 

まぁ、それは素晴らしい暮らしだけれど・・先が心配だな~・・・

先日もポツンと一軒家の番組で、中洲の中に毎日通う70代夫婦が出た。そこで何匹いたのか、生まれてしまった子猫が殖えていた。避妊のことも考えていないらしい。 この先どうするのかな?

やはり保護活動家のお世話になるのか。

飢えていればエサを与えたい。エサをあたえれば居つく・・殖える。困ったねぇ。

でも、今飢えて死ぬより、少しでも死を先延ばしにして生きていたいだろうな。猫たちにしてみれば・・

エサをあげるお金があれば・・どうにかして生きているうちに避妊・去勢をしてほしい・・そのくらいのお金は死んだ後に遺ると思うのだが・・生きているうちは、先の暮らしが心配で使えないのか・・今さえよければ・・の気持ちが強いのか。

歌壇入選を喜ぶお祝いに・・そのネコの先の暮らしも考えてやってね!・・と思った今朝の短歌でした。 
選者の小池先生も、影でのアドバイスをしてるのかな? かなり動物好きらしい。


e0001808_14355176.jpg


# by oss102 | 2019-08-19 14:30 | いとしのネコたち | Comments(6)
ジュニア・コンサート
 鶏肉の生煮えで体調を崩したネネは、ほぼ元に戻りセッセと練習に励んでいる。
ほぼ・・というのは、ビール量をやや控えているからだ。

ジュニアのピアノコンチェルトのための練習が入っていて忙しい。
今年はここの管内での当番になっていて、一人一人のピアノの曲にあわせて演奏する。
「ピアノの先生もついてくるし、両親揃って・・じいちゃんばーちゃんも一緒にきて・・」とかで、練習曲もおおくなる。

今日は5時間の練習なので、みんなで夕食してくるから・・という。

ピアノか~~・・私も子供の時になにか習い事をしたかったな~・・引き揚げてきた5年生のときの仲良し,Rちゃんは日本舞踊を習っていた。 戦後だから周囲の子たちは、習い事をする子は少なかったけど、Rちゃんの母親は、元芸者さんで、夫が電工の仕事をしていて、かなり羽振りがよかったのだ。

当時ふつうの家庭には電話などがなかったころ、電話があって「電工のTです!」と切り口上の気の強さが、田舎では評判だった。 Rちゃんは継子ということだった。

元気でいるかな~~


e0001808_10245391.jpg


# by oss102 | 2019-08-18 14:53 | 日々のこと | Comments(4)
キョウダイなのに!!! 土曜アーカイブ編
 2006年8月3日の記事です。log.jp/3926479/

家族そろって故郷の家に帰りついたことだけでも、幸せと言わなければなりません。
満州から・・シベリアから・・の悲惨な引き揚げ体験がたくさんありましたね。


# by oss102 | 2019-08-17 15:33 | 思い出
矍鑠とした100才以上
 昨日は終戦・いや敗戦記念日だったので、どこでも戦争にまつわる番組だった。
特攻隊の生き残りの人生や、226事件のことも。

その事件に父や祖父がかかわったという人も、沢山出た。100才以上がずらり。
まことに会話もしっかりできて、動作もきびきび。 補聴器も見えないし、これで103才?とか一々ビックリして見てた。

もちろん、沢山の取材の中からえらんでの映像だろうから、ボケ老人は外されるのだが。
生死の境目ってどこにあるんでしょうね。

 今、若者が信じられない事件を起こす。老人も万引を繰り返す。
よく恵まれない子供たちの笑顔が、はじけるようだ。・・と後進国にボランテアで行った人たちが云います。
飢え・死の境界に立つと、人間はまっすぐに生をもとめて、素になれるのでしょうか。

死んでいった若者たち・命令した組織の上官。 悪役と逆らえない主役をみながら、私の体験も歴史というもの長さになったのだぁ・・と思います。


e0001808_10383470.jpg


# by oss102 | 2019-08-16 15:13 | 日々のこと | Comments(10)
雑炊それぞれ
 ネネは先週から通勤しているが、食事はハム・ベーコンは食べるが肉類は避けている。
病院からもらった薬に痛み止めが入っているせいか、会社での昼食の後は、非常に眠くなって困るという。 帰宅して小1時間ほど寝てから、夕食になったりしている。

木曜の今日はいつもの休日だが、キャベツや卵などいれて雑炊・・「ママも食べていいよ・・」というが、私はワタシで我流の雑炊をたべたい。

先日のオデンの汁がある。その出汁のきいた汁で・・ラーメンかソーメンかうどんか雑炊か?
少しでも米ぬかが傷みかかったコメを消費したい。
冷凍のゴハンを入れて卵とこれも冷凍のコーン。 それにいつも干しエビと根コンブのとろろ・・
素晴らしく美味しい!!

戦後の雑炊なんか、汁ばかりで具は浮いていた。卵なんかあるものか。

冷蔵庫の残り物が、それぞれ体内に消えていくのは快感だ。
しかし、生きて自炊していく以上は、これは永遠にゼロにはならない。

徹子の部屋には、今日は山本富士子だ。写真として長谷川一夫も出た。
あ~ぁ・・戦後の少女だったワタシ・・共感度がちがうもんね・・雑炊の味とおんなじか。


e0001808_14174873.png


# by oss102 | 2019-08-15 14:18 | 食べ物 | Comments(6)
お盆なので
 今日は隣町の施設まで朗読でした。快晴・最高気温は26℃くらいだったかな?
私は、13年前の8月に書いたブログ・・終戦のころの思い出・・を読みました。
ここの施設では9年前に読んでいます。

最後に、戦後お腹を空かせた思い出のある方は?・・と聞くと3人ほどが手をあげました。
本州出身の方かな?・・北海道は空襲もなかったし(小樽は1度だけありました。)土地もありますから、案外飢えた・・という経験者は少ないのですよ。

昨夜もあちこちのすずさん・・とう番組を録画でみました。
美容院で、木炭持参で何時間もかけてパーマをかけるのでした。非国民とそしられてもお洒落心は強いのです。
明治・大正とかっこよかったモボたちの姿が、かなり影響されてたのでしょう。

赤紙・・召集令状の配達人が、夜中に配達するようにと指示されていて、大変なご苦労があったことも・・よく保存されていました。

 伝えていくということは大変むずかしいものです。

ごご、PCの会があり、眼の手術の話などお喋りしてきました。色々な情報がもらえます。


e0001808_14513446.jpg


# by oss102 | 2019-08-14 14:46 | 朗読 | Comments(2)
お盆です。
 川沿いの道をスーパーヘ行きます。道路からかなり下がったところにあるので、風が通らないので、蒸し暑いのですが、瀬音が気持ちいい。

前を行く母娘・幼稚園くらいの女の子です。はしゃいでいます。ふと母親の横顔をみると・・アレマ・・親子じゃなくて祖母と孫でした。
60代くらいですと、パーファーを羽織って後ろ姿は娘さんです。
私も高齢ですから見分けが厳しくない。

スーパーへ行くと、私のような年代の女性と、まだ学齢前の男の子。これはひ孫か?・・今は晩婚もかなりあるから孫かもしれぬ。 昔のイメージのパターンを崩さねば。

カートの上下イッパイにして買い物していく中年夫婦。一族集って墓参りか・・

近くの市場は、いつもの来客の層よりかなり若返っています。狭い通路が渋滞してます。

ネネの職場のパートさんも、来客で忙しく体調を崩したとか。

ネネは昨日から職場に出ましたが、食事は慎重に戻しています。ビールと肉は食べません。
そうなると、何を作ったらよいのか困ります。
昨日は、大根と茹で卵とくるま麩と・・私だけが食べるツキコンニャクでオデンでした。

この2・3日は、和風洋風のオジヤをつきあいました。
終戦記念日も近いことだし、まぁ、いいでしょう。

 昨日は池上の番組で、終わりの方の「無言館」で涙が出ました。
きけ・わだつみの声・・は高校生のとき担任が少し読んでくれました。
そんなことを思い出しました。 やっぱり若い時の記憶は残ります。


e0001808_11391297.jpg


# by oss102 | 2019-08-13 15:33 | 日々のこと | Comments(2)