仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
83才・・老衰ってかぁ
 今朝の有名人の特別なお悔やみ欄に、元参議院議員の後藤美也子さんの名が載った。 老衰・・とあった。
へぇ・・昔ならしらず、83才で老衰ねぇ・・確かに83才の私も老いて衰えてはいる。
いるけど、今は特に大病でもしなければ90代まで生きるじゃないか。

大病なら、肝臓がんとか多臓器不全とか病名が載る。
老衰をえらんだのは、遺族の意志かな?  どうでもいいけど・・・

徹子の部屋の今日のゲストは、童話絵本作家の角野栄子・83才。
児童文学のノーベル賞といわれるアンデルセン賞をもらった。
お洒落な素敵な人。 自宅訪問のときの映像は、赤いフレームのメガネと白地にピンクの模様のドレス。 インテリアも素敵。 素敵な角野ワールドを作り上げてる。 
 いいねぇ・・

          お茶の間のTVからちょっとシッケイ

e0001808_13534763.jpg

[PR]

# by oss102 | 2018-08-15 16:00 | 日々のこと | Comments(3)
生産者に悪いけど・・グチと思い出
 夏も今や最盛期というのに野菜が高い。 そりゃ~冬は1本90円もしたキュウリが3本100円だから、冬よりは安いけどね。 でも細いのが3本100円。
例年なら曲がりきゅうりなら山盛りで100円だよ。そうして自家栽培の人を嘆かせてるのに。

今日も野菜だけで1700円も払う。肉代がなくなるじゃないか。
お盆だから、近くの市場は景気よくウニなど並べているけど、お金持ちはここにもいるんだ・・と感心するばかり。

兄嫁がガッコウの先生の兄と結婚して、あの時代、そりゃ~薄給だった。
それでも、チマチマとなにかのためにと貯金して・・少しばかりゆとりのある時代に入っても、チマチマ癖はなおらない。 「使い果たさなければ死んでも死にきれない・・」というのが当時の我々の話題。

野菜高に汲々として、食べたいものも食べないで、今死んだら後悔するよ!!・・と活を入れては買い物をする。 でも1玉700円の白菜なんか買ってやらない。ウニもかってやらない。

貧乏性は死ななきゃ治らない。


e0001808_16183573.png


1億7千万円、国税庁が査察に入るからと、騙されて詐欺にあった横浜のご婦人。
かえってサッパリしたかしら。

[PR]

# by oss102 | 2018-08-14 15:54 | 食べ物 | Comments(4)
リフォーム業
 昨日、がっちりマンデーでリフォームの業界のことをやっていた。ヒロミがゲストだ。
ヒロミは一人リフォームでなんでもやる。すっかり変わるリフォームを見るのは面白い。

ガッチリ・・というのは、ガッチリ儲けている業界をとりあげて、なぜ儲かるのか・・という番組。

幼稚園のリフォームにはビックリ!! 幼い子供が身近にいない私は、こういうことにウトイ。
子どもはトイレにいくのを嫌がる。ところが壁一杯にたのしい風景を描き、床も拭き掃除一回だけで臭いが消える。 園庭はグリーンと木材。屋根は空色の透ける素材で熱遮光。

今の幼稚園ってこんなのがあるんだ。 イイネェ・・

小さな飲み屋がびっしり入っていた古い建物は、洒落た宿泊施設に・・リフォームを、壁は壁、トイレはトイレ専門業者に、と言うと高くつく。
それで一人でなんでもできる専門家を育てる。一人でなんでもできると安くつく。ヒロミが例に上がる。なるほど・・・

何かできる人は、次から次といろいろ覚えて面白がる。ビフォアアフターを見ているとそれが分かる。 いい世界だ。

ところで我が家は居間・私とネネの部屋全部絨緞にした。居間の絨緞はきれいだったのでそのまま・オールウール。リノベーションのとき、私とネネの部屋は指定しなかったので化繊。 ウールの方はどこから掃除機をかけてもOKだが、化繊の方は織りに向きがある。奥の方から掃除機をかければ問題ないが、居間側からかけると逆向きで掃除機が滑らない。 奥はチェストとか置いたあるから、当然解放されている居間からがかけやすい。 以前の家ではウールだったから、向きの事なんか意識になかった。

やっぱり高いものは理由がある。せめて織り方の向きの知識があったら、あらかじめ指定できたのに。


e0001808_1225619.jpg

[PR]

# by oss102 | 2018-08-13 16:00 | 日々のこと | Comments(8)
挿し芽

 去年、チョコレート色に黄色のフチが入った新種のペチュニアを挿し芽で増やしてマンシヨンの花壇に植えた。 日当たりの威力を見せてみるみる大きくなったペチュニアは、住人や通行人に、「珍しい柄ですね・・」と称賛された。「種がほしい・・・」とも言われた。

「新種は10年間、種では咲かないように処理がしてあります。もし発芽しても全然違う色になるんですよ・・」と答えていた。

やはり自分の植えた花は、手入れする。買い物帰り・お出掛けの帰りには必ず花柄を摘んだ。
春植えの花たちが終わっても、晩秋まで咲き続けて寒くなってようやく始末した。 

移植したのはお盆過ぎだった。

今年は早めに挿し芽して、もう少し早いデビューをと思って、あんまり伸びていない花枝を切り取って挿し芽にしていた。 ところが・・雨続きのせいか、ほとんどが根付かずにしおれてしまう。
発芽促進剤もつけてもう一度トライ・・どうもイケナイ・・花茎があんまり短いせいかな?

余った花をボールに入れて楽しんでいた。

e0001808_150341.jpg「アッ!! そうだ!・・始めに1時間ほど水揚げをよくするために水に入れとくんだった。
すっかり忘れていた。 ボケですねぇ・・"(-""-)"

延びてはよい形になった花たちをまたカットして再びトライ。 今度は根付いてくれるかな?


早くと思ったのに、やっぱりお盆になってしまった。

[PR]

# by oss102 | 2018-08-12 16:00 | いとしの花たち | Comments(8)
レースフラワー
e0001808_14221393.jpg 道端に今一杯咲いているのがこのレースフラワー。

花茎がとっても細くてなが~~い。色はこの白色だけらしくてピンクの花色などは見たことはない。
除虫菊のように、乾いた階段・舗装の道端・電信柱の根元など、どこにでも咲いている。
丈は1mくらいもある背高さんだ。
あんまり沢山咲いているので5・6輪ちぎって^^きた。なるべく蕾みのものを。

コップに挿すと首が重たげでフラフラする。だめかなぁ・・やはりこの細い茎ではコップにはムリかぁ・・と諦めたが。 なんと!! シッカリしてきて花が開くではないか。

ヘウレーカ!! やっぱり道端の花は強くできているのだ。いくら茎が細くても、ちゃんと生存できる仕組みがあるのだ。

タンポポに似たブタクサも、やはり細い長い茎を持っている。乾燥にも強い。

コップのレースフラワーは、小さい蕾をみんな開いて大きくなった・・が・コマかい小さな花粉が一面に落ちる。 たくましいこの花の根はどんな形をしてるのかな?

調べてみた。ノラニンジンの異名もある。色は白色だが、ニンジンの形をした根だと。

花が散ると、ウス草色のかわいいゲンコツ状になって、そのままドライフラワーになります。
秋の末ころまでゲンコツが道端に楽しめます。(^^♪

 ヘウレーカを知って、関心のないものはパスしますが、先日の堤防脇につくる魚道や、盆地の京都を水害から守る、巨大な地下タンクなど大変面白く見てます。


註 京都の地下タンクは、探検バクモンでした。<(_ _)>
[PR]

# by oss102 | 2018-08-11 16:00 | いとしの花たち | Comments(10)
お盆
過疎地のこの地も、お盆となれば人口が膨らむ。近くの対面市場は活気があった。
混みあう狭い通路を大きな声・・「群馬からきたよ! 暑い群馬から・・」
市場の店員さんに「どこから来たの?」と聞かれたのだろう。

子どももウロチョロ・・肉屋さんでは、大きな肉片を薄皮に山盛りにして買っていく人。
あの量だと、5人分かな? スポンサーは誰だ? バアチャンは大変だな。

e0001808_13305496.jpg大変でない私は、小雨が降って気温の低い今日は・・焼きなす・卵と挽肉詰めの巾着・そして昨日の余りもの。 

市場では長ナスと小揚と枝豆とバケツを買ってきた。 バケツはなにかイベントのとき売り出す品で、6切れのカラ揚げ入って、470円プラス税。

これだけあれば、明日のマージャン帰りの夕食も心配しなくていい。あぁ、いい身分だ。

国道をいつもの5倍くらいの車が走る。それでも渋滞まではいかない。
昔お盆の墓参りには、渋滞で約束の時間に4時間も遅れてお寺に着いた。地元の夫の姉たちもやっぱり4時間遅れてお寺に着いたっけ。 みんな若かった。


e0001808_14183876.png

[PR]

# by oss102 | 2018-08-10 16:05 | 日々のこと | Comments(6)
ランチ
 語りの会は月に2回だが、10月の発表会に向けて3回になった。
あぁだこうだと、なんとか形が見えてきた。

会が終わるといつもリーダーを中心にランチに行く。はじめのころはアチコチの店に行っていたが、今は老人施設に併合しているところへ行く。

お茶・コーヒー飲み放題、日替わりランチは税込み700円。2時まで。あんまり美味しくはないが、ゆっくりおしゃべりができる。 ここでのオシャベリは気の合う相手ばかりなので、午後からの予定がなければ参加している。

いつもの常連が用事で2人いなかったので、5人のコンパクトなランチは盛り上がった。制限時間が来て外に出て、駐車場でさらに40分の立ち話。(^^♪ 
女の武器は口のスタミナ。

私の紙芝居のオレオレ詐欺の話が口火となった。

持ち家を売って、施設に入るのも足が出る。5才の猫を連れてとなるともっと高額になる。・・などのやっぱり〆は老後の資金話。 解体費用やら、相続・それだけで40分だ。
雨が落ちてこなかったら後20分くらいは続いてたでしょう。

愚痴話ばかりでなくて、みんな具体的なデーターを出してくるので熱があがる。

こんな人たちと施設に入居できれば楽しいだろうな~と思った。


e0001808_16254841.jpg

[PR]

# by oss102 | 2018-08-09 16:24 | 朗読 | Comments(8)
紙芝居を
e0001808_1526341.jpg  今日の施設朗読は紙芝居でした。先日図書館に行ったおり、子供向けの書架の目立つところにおいてありました。 よし!今度はこれだ!と決めていて、昨日のウオークの帰りに借りてきたのです。

ところが夏休みのことで、舞台が一番古い状態のが1台残っていて・・・

8月なので例の「かわいそうなぞう」とセットでお披露目してきました。

オレオレ詐欺は、老人施設向けの紙芝居で新作でした。

おばあちゃんが、アメリカにいる息子からの電話と思い込んで、100万円送りそうになる。銀行員がアドバイスして、目が覚めたおばあちゃん。 今度は、芝居を打って、トム?・・などと誘いをかけて騙します。

それからはお金を貯めるばかりでなく、楽しいことに使おうと、オジイチャンを温泉旅行に誘うのです。 生きてるうちにお金は使おう・・という主旨ですね。

そんなこと言ったって、施設に入るのもお金がかかるし、自宅介護だって大変なお金がかかる。
娘や息子にせめてお金の迷惑をかけちゃぁいけない。 というのが本音じゃぁありませんか。

ところで電話がかかってくる音が、とるるるるるる~と書いてあるの。舌を上あごにつけて、とるるるる~と、家では上手く出来ても、本番では自信がない。
仕方ないので「電話がきました・・」と味気ない表現。

昔ならリーンリーン・・でよかったのにね。(^◇^) 
みなさん とるるるるる~できますか?


e0001808_15465567.png

[PR]

# by oss102 | 2018-08-08 16:00 | 朗読 | Comments(8)
3度の大型船 
 快晴27度の予報。しかしながら海からの風は意外に冷たく、これは秋風・・ストックを持ちながら、お盆前にこれは早やすぎだろうと家を出た。 また本州に台風がくるらしい。

公園の見晴らし台で休憩していると、小さい子連れの母親とその友人に会った。新潟からのフェリーで来たという。両親に会いにきたのかな? それとも涼み旅行かな?

私は2度フェリーに乗ったことがある。船酔いを心配する私に、仲間は、大きな船だから酔わないよ・・と太鼓判を押してくれた。その2度とも、2日前に大風が吹いた。見事に酔った。
1度目は、6月にスキー仲間と月山へ行った。全国のスキー仲間の研修会だった。
船には酔ったし、ようやく着いたらガスでなんにも見えなかった。

翌日は晴れてベタ雪・暑くて汗ビッショリ。

2度目は新潟に猫と花とワインというペンションに猫仲間とネネと・・二人でフェリーのお風呂に入っていると、揺れて揺れて酔ってしまい、とうとう楽しみな夕食は食べられなかった。

そのオーナーはいま小樽近郊に、同じような暮らしをしている。
近くだと安心してなかなか行かない。

大型船の船酔いの最初は、小5年のときの樺太からの引き揚げ船。
貨物船の船底に、ビッシリ詰められて体を伸ばす場所もなかった。

船はボートくらいがよろしいようで・・・


e0001808_13551998.png

[PR]

# by oss102 | 2018-08-07 16:00 | 思い出 | Comments(6)
28年の経過ということ
 夫の父親が建てた築85年の家を解体して、築25年のマンションに移った。
ここも出来た当時は、かなりモダン(フルイ!!)だったようで、キッチン・洗面台などイタリアからの輸入品だ。 トイレ・浴室への段差は、なんと17・5c。 ヨッコラショ!!と掛け声をかけたくなる。

1階からのエレベーターの前には5段の階段があって、先日ネネが一緒になった杖をついたご婦人は、「ここに入った時は、こんな筈ではなかったんですがねぇ・・」と苦笑していたそうな。
一応真面目に仕事をまっとうしてきたお役人が多い。

集会室に置いてある古いアルバムなどを見ると、新年会・お花見旅行などなど・・みなさん若く、アクセサリーつけたり・和服姿も・・元気で和気藹々の雰囲気が伝わる。

年を経て、先日トイレのタンク部品を交換した話を載せた。同時にトイレのドアがニャァニャァ~泣き出した。 下の2ヶ所にミシン油を注した。 泣き止んだ。
間もなく一番上の金具が泣きだした。 高いのでネネに頼んだ。 泣き止まない。
私が油を注すと泣き止んだ。 「おかあさん、油を注すのはうまいねぇ・・」と尊敬された。

古い人間は、古いものを修理する術を知っているのだ。

と同時に、玄関ホールの電灯が切れた。LEDの丸い電球は、同じ60ワットで1280円と、2480円と2種類あった。 私が生きてる間なら1280円のでいいだろう・・とは思ったが高い方を買った。

今度の部品交換はどこだろう・・・私の部品も交換したい。

e0001808_1415786.png

[PR]

# by oss102 | 2018-08-06 15:50 | 日々のこと | Comments(10)