仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
304さん そうおもっ..
by oss102 at 10:09
kiyokoさん 本当..
by oss102 at 10:06
あきのさん やはり外出..
by oss102 at 10:04
靴は間に合わせではいけな..
by tmshanagn304 at 22:02
靴は高いから良いと言うも..
by kiyoko at 17:17
わたしは問屋の安売りが来..
by あきの at 17:03
上から落とすとき、大声で..
by さなえ at 15:39
kiyokoさん あら..
by oss102 at 13:37
あきのさん 本当にどう..
by oss102 at 13:35
香水は知っていましたが大..
by kiyoko at 18:10
ええっ、知りませんでした..
by あきの at 17:44
fu-and-boroさ..
by oss102 at 14:19
fuchanさん 見て..
by oss102 at 14:16
本当にありがたい、どんど..
by fu-and-boro at 12:22
は〜い、視ましたよ〜。 ..
by fuchan_k at 22:51
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国が変わって行くとき
 今日は私だけのひとり朗読になりました。 ペアがそれぞれ用事があったのです。
一人で40分です。相手は施設の体力のない方たち。 声が変わると気分も変わるでしょうから、2人が基本でしたが。

新美南吉の「おじいさんのランプ」を読んできました。
山あいの孤児の巳之吉は、村で走り使いをして身を養ってきましたが、町で初めてランプを見て、村にランプを持ち込み、行灯生活からランプ生活へと変えていきました。ランプ屋になったのです。
 
家も建て、妻子も得て順調でしたが、町には電柱がたって、電灯の暮らしに変わりました。
村にも電気がきました。 電灯の明るさに新聞の文字も見える・・・でも文字は見えても学校へ行かなかった巳之助には読めないのです。

村長さんに文字を教えてもらった己之吉は、50いくつのランプを木に掛け、点火し、明るさを背に去って行きます。 そして本屋になります。 孫にその話を聞かせるのです。

時代はドンドン変わって行きます。 己之吉は転身を計れましたが、「こう年をとってしまいましら、時代について行くは大変ですねぇ・・」と昨夜のNHKの「クローズアップ現代」で、データーをもとにしてコンピューターが小説を書く・絵を描く・という番組の話をしました。

いつも熱心に聞いてくださる女性も、この番組を見ていたらしく、嬉しそうに大きく頷いてくださいました。 どこまで暮らしが変わるのでしょうね。イヤと言ってもドンドン動いて行きます。

政治はもとより、商店・会社経営者の世界の動向を見る目の確かさが求められます。
巳之助じいさんのように頑張ってほしいですね。


e0001808_14393392.png

[PR]

by oss102 | 2016-07-13 16:01 | 朗読 | Comments(6)
Commented by tmshanagn304 at 2016-07-13 20:35
最近囲碁の場合もコンピュータがプロに勝ったということが話題になりました。小説を書くということもあり得ることですね。この分でいくと,電車や車の運転手という技能的な職業は無くなるとも言われています。人口減少時代ならその方が良いようにも思いますが、どうなんでしょうねえ。

Commented by あきの at 2016-07-14 06:26 x
一人で40分はきつかったのでは〜。のどからからになりませんでしたか。
おしゃべりなら、長くても平気かもしれませんが、緊張しての連続は、大変と思います。
Commented by kiyoko at 2016-07-14 09:49 x
40分の朗読は大変、でも聞いてくださる人がいると頑張れますね。
世の中どんどん変わって先を読んだ人が勝ちですがまたうっかりすると置いていかれたり商いは大変です。
Commented by oss102 at 2016-07-14 13:16
304さん
今朝、ハンドルから手を放してカーブを走るシーンを見ました。
はみだしはなくなるでしょうね。とっさの事故の対応も人間より速いでしょう。チャップリンの機械文明のときと同じよになりますね。今に人間も優秀なのが人工子宮から生まれますよ。
そうなったら、我々のような平凡人間はいなくなるのかな?
あ、我々なんて,304さんは含みませんから・・キニシナイデネ。
Commented by oss102 at 2016-07-14 13:18
あきのさん
それほどきつくはないのですが、本好きな人ばかりでなく、部屋の清掃、ベットメーキングの間の時間なので・・・まぁ、いつも数人が熱心に聞いてくれればと思って読んでいます。
Commented by oss102 at 2016-07-14 13:22
kiyokoさん
本当に商売は、環境がちょっと変わるだけでダメージを受けますから、時代に先行する目が大事ですね。
それでも先日、ガイアの夜明けだったか?木製の櫛をつくる職人さんがでて、同業者はみんな止めてしまったけど、木の櫛のよさが見直されて、海外にも出して、息子さんが後をつぎ、数年先までの予約があるとのこと。
頑張れば、こんなこともあるんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 夏祭り 天狗ウオーク >>