仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
↓お友達リンク集
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
すかっと目が覚めたのです..
by さなえ at 07:20
北国の春の営み、十分にお..
by tmshanagn304 at 21:31
そうなのね、わたしも同じ..
by さくら at 21:22
天気が良いけれど気温は低..
by あきの at 16:58
souuさん 越してき..
by oss102 at 11:16
さなえさん 私は夫の単..
by oss102 at 11:11
あきのさん ちゃんと理..
by oss102 at 11:05
mikihanaさん ..
by oss102 at 11:01
sakuraさん お孫..
by oss102 at 10:44
fu-and-boroさ..
by oss102 at 10:41
あきのさん アレコレ・..
by oss102 at 10:37
時には冷蔵庫を空っぽにし..
by souu-4 at 06:47
昨日、毎夕、食事を届けま..
by さなえ at 06:00
これたけ頭脳料理で腕を震..
by あきの at 19:04
母の日にはポン酢やカーネ..
by mikihana922 at 14:51
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アオバトの講師

 アオバトの朗読会が始まって5年になる。初めは新聞の付録のような印刷物に生徒募集の記事が載った。 それが始まり。

講師がどんなキャリアを持っているのかしらず、どんな朗読を目指しているかも知らず、自分たちがなにかを得たいと申し込んだ。そのとき8名だったかな。

札幌の先輩グループの発表会・講師の発表会などに、お付き合い気分で出かけたが、会を重ねるほどに講師の凄さが分かってきた。

今年の語りの独演会が圧倒的で・・その講師が、私たちのアオバトを、12月9日の発表会を最後に止めると言う。

先生は60代後半。秋のさねとうあきら追悼公演のときは、帯状疱疹が目の神経のところに出ていて、2重に見えると言う痛々しさのなかでの公演だった。

公演が終わって、検査に行くと頭の血管に3ミリのコブがある。5ミリ以上になると手術が必要といわれた。 内視鏡手術ができればいいが、それができなければ頭蓋骨を切っての手術になるという。

また、2人姉妹のお姉さんが、透析を受けることになって、なにかと手伝いたい・・などなどの理由だった。

さぁ、私たちは困った。こんな素晴らしい講師に巡り合えたのは奇跡。幸運だったと年ごとに確信が深まって喜んでいたのだ。         
      つづく

e0001808_9575390.gif

[PR]

by oss102 | 2017-11-18 16:00 | 朗読 | Comments(3)
Commented by mikihana922 at 2017-11-18 16:32
せっかく楽しみに、また刺激を受けながらの朗読でしたのに
残念ですね。
講師の方も続けていくための体力に自信を
なくされたのでしょうか。
でも、ひょっとすると体調が戻ったときには
お姉さまのことがあっても、
また皆さんと朗読を復活されるかもしれません。^^

Commented by oss102 at 2017-11-19 10:36
mikihanaさん
どうも復活は難しそうです。残念です。
Commented by fu-and-boro at 2017-11-19 15:20
残念ですね、
でもせっかくここまで来たのだから今の同志で続けるということはできないのでしょうか?
時々アドバイスをいただけるような方…いらっしゃれば良いのですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アオバトの講師  2 天然冷蔵庫 >>