仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
避難所 垣谷美雨
e0001808_16142166.jpg ネネが本屋の立ち読みで、この本のことを言った。 東北には、まだまだ長老が威張っていて、避難所で授乳する嫁が、毛布で隠そうとしていると、「みんな赤ん坊に乳をやるときは隠さんものだった・・」とか、いろいろ威張っているらしい。 

興味が出たので、図書館に注文した。最近新書版が出て、「女たちの避難所」というタイトルだったが、親切な図書館は、「大きい活字のほうが・・」と「避難所」として出した最初の本を知らせてくれた。2014年出版。

一気に読んだ。小説だが、もちろんデーターは詳細にとって書いている。3人の女が主人公で・・お金を浪費する夫が死んで解放感を持っていたが、実は生きていた。離婚というのは、この地では考えられない。

冷蔵庫にしがみついて流れてきた小5、の男の子は、母親と会うが、母親がスナックをやっていたと、いじめにあって不登校。

若い美貌の赤ん坊をつれた嫁は、独身の義兄と義父が残って、夫は死亡。弔慰金も義父の管理下。

そんな3人が避難所暮らし。囲いの段ボールも来てるのに、世話がかりに立候補して舞い上がっている男は、「和が大切だ。絆を大事に・・」と拒否する。

まぁ、人の不幸の話だが、土地柄ではさもありなん・・と。でも若い世代では確実に変わっているのですが、・・私のような昭和ヒトケタ組は、まだ威張っていられる風土のようで。

子連れの美貌の女性が、最後に亡き夫に手紙を書く。・・東京ではおばぁさんが、一人で喫茶店に入る・・映画館にも入る・・夜も散歩してる。サングラスもしてる・・ばあさんが、そんなことしたらみんなにわらわれるべ・・

確実にこういう世界が来ているのですが、まだ、周囲に波風立てない。と気を遣う世界が残っている土地柄なんですね。

開放的な北海道では、ちょっと気がつかない世界でした。
 
[PR]

by oss102 | 2018-01-11 16:41 | | Comments(6)
Commented by あきの at 2018-01-11 18:00 x
ちょっと驚きです。こんなに世の中が進んでしまっているのにねえ。
Commented by tmshanagn304 at 2018-01-11 21:51
戦前のお話ですか?
Commented by orientexp at 2018-01-12 05:26
人が集まるとそれぞれの日常が出ますものね。
↓褒めるっていいことですね。
口角を上げる、私も意識してやってはいるのですが。
Commented by oss102 at 2018-01-12 10:30
あきのさん
あれから7年経っていますが、土地柄ではまだこのような気風は残っているのでしょう。
私たちの子供ころは、父親が威張ってましたから、その世代が絶えると、こういう地域にも、女たちの自由がくるのかな。
Commented by oss102 at 2018-01-12 10:32
304さん
東北全部がそうだとは言えませんが、確かに7年前ではそういう世界が遺っていたのでしょう。一度得た権力を手放すのは死んだときです。
Commented by oss102 at 2018-01-12 10:35
sakuraさん
よいところを気がついていても、口にだして褒めるというのは、心がけていなくては出来ませんね。
それにお世辞は大嫌いですし。似て非なるものを使い分けるのは難しい。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 徹子の部屋 山中教授 頬笑みつくって・・・ >>