仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
枕辺朗読
 聞き手の少なかった施設に、なんとかしたいと申し入れて、紙芝居と枕辺朗読を各月ごとにしてもらった。 先回の紙芝居はうまくいった。

今月は枕辺朗読。上体を起こしていられない方の希望者。スタッフが体調を見て、本人の希望をとり15分ずつの割り当て。 初めての試みで、どう15分を楽しんでいただけるか不安だった。

ペアの人と、別々のお相手でつまり私は2人の相手。

一人の方とは会話ができる。犬猫が好きか・・と聞いて、飼ったことがある。と確かめてから、私の好きな「黒猫のお客さま」を読んだ。 15分じゃあ、ほかの会話はできない。今度は短くしてみよう。

二人目の方は、ほとんど枕から頭が上がらない弱々しい感じ。ようやく小樽出身と確かめてから、小樽の海岸に立つおたもい地蔵さまの、いわれの話を読んだ。 哀しい話に傾いた顔の左の目じりに涙があった。
私もいつも泣きそうになる。 あぁ、ちゃんと聞いてくださったとホットする。
相部屋の中の一人だけへの朗読。 ほかの方にも聞いてほしいけど・・聞きたくない人はうるさいかな~・・スタッフの話を聞きながら模索していこうと思う。

午前中はスノーシューでした。動けることに感謝です。


e0001808_1632462.png

[PR]

by oss102 | 2018-01-18 16:32 | 朗読 | Comments(8)
Commented by kiyoko at 2018-01-18 17:54 x
いろいろ工夫をして続けられていますね。寝たきりの方には楽しみが増えたのではないですか。頑張って下さい。
↓私もこういう番組は好きで見ていました。こうして代々引き継がれることは嬉しいですね。
Commented by あきの at 2018-01-18 18:07 x
話の内容をそこまで詰めて、考えての一回一回なんですね。えらいなあ。
Commented by orientexp at 2018-01-19 04:21
<動けることに感謝>その通りですねと実感。
こちらでは、インフルエンザが流行り、朗読に行っているところでは訪問を調整していましたが、先日解除のメールがきました。
悲しい話は、私もすぐ泣くので我慢するのがきついですね。
Commented by hanairomimi201 at 2018-01-19 09:42
いろいろな症状の方に合ったものを考えて読み聞かせなさるのですね・・それは喜ばれるでしょうね
動けない方の眼から涙が・・私も胸がつまります・
Commented by oss102 at 2018-01-19 10:49
kiyokoさん
歌舞伎の番組は初めて見ました。ニュースなどではチョコチョコ見てますけどね。kiyokoさんは、本も時代物が好きでしたね。
理解も深いでしょう。
スタッフがあらかじめ朗読を聞きたいか・・といって要望した方への朗読ですが、どんなものが喜ばれるのか、時間制限もあって選択が難しいです。
Commented by oss102 at 2018-01-19 10:52
あきのさん
短い文章で、聞きやすくて喜ばれるもの・・って選ぶのが難しいです。今度の人が、先回の人なのかもわからない、ぶっつけ本番ですが、まぁ、試行錯誤で楽しんでやります。
Commented by oss102 at 2018-01-19 10:55
sakuraさん
体調は戻りましたか? こちらでも、1月の朗読がインフルがでましたので・・とお断りの連絡が入りました。
施設側でも気を遣うでしょうね。
声を出して読むと、感情が高まるのでしょうね。黙読より泣き虫になって困ります。
Commented by oss102 at 2018-01-19 10:59
hanairomimiさん
ようこそ! どんな方なのか、いきなりその方の枕辺なので、当たり障りのない地方の伝説などの本を持って行きました。
ペアの方のお相手は、ドドンパ節を唄い出したとか・・そういうお相手は気が楽ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< プレバトに泣く 中村勘三郎づくし >>