仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
無洗米って水を吸わないの..
by さなえ at 20:55
そんなに水加減ちがうので..
by あきの at 16:37
304さん その態度や..
by oss102 at 11:03
あきのさん 間違って郵..
by oss102 at 11:02
fuchanさん 平凡..
by oss102 at 11:01
本日は謹慎します。
by tmshanagn304 at 20:54
これは面白そう。さっそく..
by あきの at 17:57
そのようなアプリがあるの..
by fuchan_k at 16:09
fu-ando-boro..
by oss102 at 12:51
さなえさん この時はネ..
by oss102 at 12:48
あきのさん そうですね..
by oss102 at 12:45
mikihanaさん ..
by oss102 at 12:43
ショウマちゃんのおねだり..
by fu-and-boro at 11:58
写真の生足は102さんの..
by さなえ at 06:06
我が家のおねだりとそっく..
by あきの at 17:08
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
災害と救出
 朝のニュースはタイの少年たちが全員救出・・という朗報だった。よかったな~~・・遠い国のことでも心からそう思いますね。

ところが地元日本では200人を超える死者・行方不明者。こちらの問題は、洞窟からの救出に比べて分かり憎い。 片方に無事な家屋があり、無事な家庭があり・・そしてこちらは泥流に家ごとながされる。 どうして?? ウチが・・

その泥流の中には、どれだけの犬猫が・・そして流された森の中には小鳥・野生の動物・どれだけの命があったのだろうと考える。 災害のときにはいつもいつも、そんなことを考える我が母娘。

不幸って圧倒的なかたちで来るんですね。
その中から生き残った者たちは立ち上がらなければいけない。
生きるために。生きてしまったから。  過酷です。 

そういうことを考えている私は、昨日の続きをしています。多分明日も明後日も・・・続きの生活が出来ると思っています。 
まぁ、人間は生の方に向かって生きるように出来ているのだと思います。

タイの少年たちに明るい未来あれ。 生き残った被災者の明日に希望の灯を・・

貧者の一灯をささげます。

e0001808_13445563.png

[PR]

by oss102 | 2018-07-11 16:00 | 日々のこと | Comments(10)
Commented by あきの at 2018-07-11 16:10 x
昨日までみんな同じ生活をしていたのに、たった1日2日で生活がまるっと変わってしまう。
泥水を書き出している姿がお気の毒ですねえ。
でもタイの子達はみんな救えてよかったですね。犠牲者を忘れてはならないことも大事です。
Commented by fuchan_k at 2018-07-11 16:22
全員、無事に救出されて本当に良かったです。
楽しい筈の洞窟遊びが一転、危険との隣り合わせでした。
引率?のコーチも責任を問われるのでしょうか。

従兄弟の奥さんの実家も、1階は水没したものの
2階に避難していたので、人的被害はなかったもよう。

今日という明日は来ないかもしれない。
思ってはいても実際にはなかなか。
ノホホンとおくる毎日です。
Commented by tmshanagn304 at 2018-07-11 22:24
今回の水害は思った以上に甚大ですね。岐阜県も危ないところでした。
しかし、日本は災害からの復旧が歴史のようなもんですから、被災地の皆さんもなんとか立ち直ってもらいたいです。
私も水害のメッカ、濃尾平野の住人で過去には経験がございます。その時は自治体の広域連携とかボランチアなんてなかったです。
Commented by さなえ at 2018-07-12 09:27 x
朝ドラの半分、青いで、目は前を向いてついているから前に進むように出来てるというような台詞がありました。祖先たちも営々と数多い災害を乗り越えてきた、偉大ですよね。

タイの少年たちのコーチは僧侶で少年たちに洞窟の中で瞑想を指導していたようです。発見された時点で確か10日ほど経っていたはずですが、彼らは3日ほどだと思っていたそうです。また瞑想して心を静める方法を知っていたので、泳げないにもかかわらず、パニックにならず、9時間もの時間を耐えて洞窟から脱出できたそうです。禅寺で修行しようかしらと思いましたよ。
Commented by fu-and-boro at 2018-07-12 13:33
昔、禅寺で座禅を体験したことがあります。
何も考えずに座禅を組む…と言われたけど どうして良いのかわかりませんよね。 訪ねました、何も考えずに座禅をと言われてもいろいろなことを考えてしまう、どうすれば?、
答えはいろいろなことを思い浮かべるのは構わない、ただ一つのことにこだわり考え込まないことと言われました。
次から次と流れるように思い浮かべることは 最初は難しかった。
でも流れるように思い浮べるうちに次から次と自然に出てくるようなった気がしましたよ。
瞑想と座禅は違うものだそうですが根本的には同じだと思います。
つまらない集会の時はいつも瞑想(私の場合は瞑想もどきですが)しています(失礼、笑)
※ 座禅体験の話でした

Commented by oss102 at 2018-07-12 14:59
あきのさん
他人事だと、どうしても忘れていきます。それが暮らしというものですね。 そしてまた次の災害が起こる。
それでも支援体制が出来ていきますから今はいいですね。
昔の災害に会った人たちは、どうしていたのでしょうね。
Commented by oss102 at 2018-07-12 15:03
fuchanさん
そうなんですよ。今日が無事なら明日も・・と考えるのです。
でもたった3日間、自力で生きる準備を・・ということさえ出来ていません。
こういう人が他人の足を引っ張るのですよね。
やっぱりリーダーが上手く指導したようで・・心の持ち方って大事ですね。
Commented by oss102 at 2018-07-12 15:06
304さん
そういう経験もお持ちなんですね。これからは、こういう規模の災害にも備えなければ・・ますます大変です。
こちらも崖だらけです。
Commented by oss102 at 2018-07-12 15:11
さなえさん
そういう心理的指導があったのですね。さすが僧侶。
少年たちもサッカーをしていたので体力も団結力もあったのでしょう。よかったですね。 タイの軍部も威信にかけたようで。
あそこは観光地なんだそうで・・地球って色々なものを作るもんですね。
Commented by oss102 at 2018-07-12 15:14
fu-and-boroさん
座禅体験・・そうですか。やはり訓練なんですね。
つまらない集会の時・・アハハ 
精神生活は鍛えている場合とそうでない場合では大きな違いが出るでしょう。 やはり人間は高度な精神を持ってますから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< だぶだぶファッション ニシン漁ロードを訪ねて >>