仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
加減が難しいのですね~ ..
by komiti15 at 20:48
筋肉は何歳になってもつく..
by knock at 19:53
oss102さんは大丈夫..
by さなえ at 18:56
わたしは痛くても気にしな..
by あきの at 16:34
sakuraさん 歌の..
by oss102 at 14:29
komiti15さん ..
by oss102 at 14:24
あきのさん そうですね..
by oss102 at 14:22
私のブログを紹介してくれ..
by orientexp at 02:34
私も男性の居る方が、気持..
by komiti15 at 20:39
そうですよ。私たちも男性..
by あきの at 16:37
sakuraさん 寝る..
by oss102 at 10:19
fuchanさん 初雪..
by oss102 at 10:16
私が行く施設では寝る人が..
by orientexp at 09:42
仕事一筋だった男性ほど、..
by fuchan_k at 16:27
さなえさん あぁ、かな..
by oss102 at 13:13
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
体育の日とひとあし早い紅葉 
 ちょっと高いところでは、もう雪虫が舞っているという。ソダネ・・10月も1週間を過ぎた。
体育の日は、いつも朝里温泉の方のホテルのテニスコートを2面借りて、札幌の仲間もよんでテニスを楽しんだものだった。 あぁ、もうヒト昔の話。

買い物に行く。下界ではまだ紅葉には早いのだが、ここだけは下が川なのでとっくに紅葉して、もう終わりかかっている。
e0001808_14362016.jpg

河川ロードを歩きたいが、もう下りの柵にカギがかかっていてダメ。 ザンネン。

若者がゴールデンレトリバーを連れてきた。ほっそりした犬は落ち着きなくロープをひっぱり、私を見るとこちらを向いて止まった。 ハハア・・若い犬だ・・「可愛いねぇ・・」と声をかける。尻尾ビュンビュン・・2才だという。 なでていいですか?と許可してもらってから、しゃがんでなでなで・・いいお天気で気持ちがいいねぇ・・犬・ネコ大好きなの・・

バイバイと別れた。今日はいい日だ、ワンコに会えた。

e0001808_15141490.jpg昨日は、北海道盲導犬協会の老犬ホームの職員(辻恵子)が書いた本を読んだ。 この本は2年前出版の本だけど、老犬ホームは北海道が世界で最初なんだって。
それまでは、ユーザーが老犬の引き取り先を探してたんですって。大変ですよね。

私も若いころ、こういう施設にボランテアに行きたかった。近所だったら絶対行ってた。
でもこの著者は、初めはドック美容員の資格を取ってから行ったから採用されたのだけど、ただのボラだったら清掃専門で、ワンコにはさわれないだろうな~ 

健気で一途で最後はやっぱり泣いた。

[PR]

by oss102 | 2018-10-08 16:00 | 日々のこと | Comments(6)
Commented by komiti15 at 2018-10-08 17:00
盲導犬の生涯って幸せにも満ちていましたか?
娘が若い頃盲学校に勤めていたことがありましたから
その従順さは聞いていたのですが、老犬ホームが出来て
良かったです
Commented by あきの at 2018-10-08 20:16 x
話がちょっと外れます。
ハーネスを外して。ジーンときてしまいました。
じっさいにバスの中で目の見えない人に添った犬を見たことがあるので。
Commented by さなえ at 2018-10-09 05:03 x
盲導犬って老犬になっても職務をしようと頑張るようですね。健気ですが最後の日々、それまでずっと一緒だった飼い主と別れて過ごすってどんな気持ちだろうって考えてしまいます。捨てられたような気がしないかしらと。それまでの飼い主も辛いでしょうね。どうしようもないことですが…。はい、おセンチですw。

Commented by oss102 at 2018-10-09 15:07
komiti15さん
盲導犬の生涯も、オーナーによってそれぞれでしょうね。
ピッタリ息の合った生活なら、いいですね。
別れは本当にどちらも辛いものでしょう。
でも使い捨てじゃなくて本当によかったです。
Commented by oss102 at 2018-10-09 15:11
あきのさん
図書館の盲導犬に関する本は、ほとんど読みつくしていまが、別れが辛いのは犬もオーナーも同じです。
以前は今までの犬をペットにして、代わりの犬を仕事に・・と思うオーナーもしましたが、犬にとっては残酷なことと、思い知っています。 犬がどうして自分をつれていかないと・・大変嫉妬するのです。やはり思い切りが必要ですね。
Commented by oss102 at 2018-10-09 15:13
さなえさん
ハイ、私もオセンチです。なにせ教えられたとおりの健気な生涯です。別れはボロボロ泣きます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 回覧板 花がら摘みをしていると >>