仔猫時代 今でもず~っと仲良し
by oss102
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のコメント
mikihanaさん ..
by oss102 at 09:33
komiti15さん ..
by oss102 at 09:29
304さん あの真備の..
by oss102 at 09:26
あきのさん アハハ・・..
by oss102 at 09:23
さなえさん 前回の地震..
by oss102 at 09:18
災害はいつやってくるかわ..
by mikihana922 at 22:46
自宅用の飲み物確保ですか..
by komiti15 at 22:22
スーパーで水を買うのは馬..
by tmshanagn304 at 21:34
コメント書こうとページに..
by あきの at 17:52
NHKを見ていたので、緊..
by さなえ at 17:40
fu-and-boroさ..
by oss102 at 17:03
よかった、よかった、便秘..
by fu-and-boro at 13:36
fuchanさん 今回..
by oss102 at 09:28
あきのさん 食べないと..
by oss102 at 09:26
いいえ!いいえ!くだらな..
by fuchan_k at 22:22
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鍋かジンギシカンか・・・
 ネネは、隔週の土曜日には、札幌へチェロをかついで習いに行く。しかし一応休日なので食事当番である。 私はのんびりマージャンに出かける。 帰りはとっぷりと暮れている。

女同志は食事にも思いやりがあって、また、鍋でいいよ・・とか焼き肉でいいよという。
白菜鍋の〆にインスタントラーメン。応えられないおいしさ。 いつもは1人前の3分の2の炭水化物・・と云っているのに、鍋は特別、1人前を平らげて、翌日残ったスープは、またうどんか冷凍ご飯で私の昼食になる。 インスタントラーメンは、鍋のスープを吸うので、生麺より格段においしい。

ジンギスカンもたれ付き冷凍製品を買う。転勤で東京に行ったときは、ラムもジンギスカンのたれも売っていなくて、淋しい思いをした。 今は普通に売っているのだろうか?

北海道の温かい部屋で、発泡酒を飲みながら晩秋の夜。

まだ、街には初雪が来ていない。北海道でこんなに遅い初雪は132年ぶりとTVでは云っていた。

雪がおそいのは歓迎だが、地球が変わっていくのは恐ろしい。


e0001808_1725399.png


by oss102 | 2018-11-10 17:25 | 食べ物 | Comments(8)
Commented by knock at 2018-11-10 18:20 x
私も寒い時期になると一人鍋を
よくします、今日も出かけて帰って
簡単に、鶏肉、春菊、ネギ、舞茸
豆腐、ちくわの鍋でした。
インスタントラ―メンってタレは
いれないで麺だけ入れるのですか?
Commented by oss102 at 2018-11-10 19:11
knockさん
そうです。付いているスープは使いません。そのまま入れて味が足りなければ、ポン酢を少し入れてください。
ぜったい美味しい!!保証します。(^^♪
Commented by あきの at 2018-11-10 19:52 x
ァハハ、読んだだけで、生唾ものです。
Commented by さなえ at 2018-11-11 10:04 x
やっぱりお鍋は一緒に囲む人がいてこそですよ…。お鍋には多種入った方が美味しいので、作ったら最後何日か食べ続ける羽目になります。同じ物は続けて食べたくないのでとても悲しい。
ビーツを見かけたばかりに久しぶりで作ったボルシチ、ようやく4日目にして消化できました…。
Commented by oss102 at 2018-11-11 12:09
あきのさん
毎年この時期には同じようなことを書きますが、お許しあれ。^^
Commented by oss102 at 2018-11-11 12:10
さなえさん
今はひとり鍋もはやっていますが、やはりあれこれ材料をそろえると作りすぎるのですね。
ビーツ・・あの物凄い色のでるやつですね。(^◇^)
Commented by fuchan_k at 2018-11-11 14:24
野菜がたくさん食べられるので、我が家でも出番が多く
なりますが、ついつい作りすぎてしまうので小ぶりな
電気鍋を愛用しています。
〆のラーメンも美味しいですね。
Commented by oss102 at 2018-11-12 13:50
fuchanさん
私は残った野菜とスープで、翌日うどんやらごはんやらをぶち込んで食べるのが楽しみです。余らなかったら困るの・・!(^^)!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 指導の仕方 今が一番しあわせかもしれない >>